DMMビットコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料は安い?高い?他取引所と比較してみた

dmmbitcoin買い方
この記事を読んでほしい人
✔ DMM Bitcoinで暗号資産(仮想通貨)取引を始めようと思っている方
✔ DMM Bitcoinの手数料が知りたい方
✔ DMM Bitcoinの手数料が他の暗号資産(仮想通貨)取引所と比べてどうなのか知りたい方

暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料は、各社それぞれの表現で手数料が説明されていて、イマイチどこの取引所がお得なのか割高なのか理解しづらいですよね。

この記事ではDMM Bitcoinの手数料がどうなっているのか、パッと見てわかるよう簡単に説明をしていきます。

他の取引所に比べてDMM Bitcoinの手数料はどうなのか、DMM Bitcoinの評判という点についてもあわせて見ていきましょう。

この記事の要約
  • DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産は12種類(現物6種,レバレッジ12種)
  • DMM Bitcoinは多くの取引所と同様に取引手数料が無料(※BitMatch取引手数料を除く)
  • DMM Bitcoinは入金手数料・出金手数料・送金手数料も無料
  • DMM Bitcoinは他の取引所と比べると手数料が安くお得といえる

暗号資産(仮想通貨)取引を始めるなら手数料のお得なDMM Bitcoinに口座開設!

こちらの記事もおすすめ!:暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング最新版。手数料無料という罠に注意

暗号資産(仮想通貨)取引における手数料の種類

DMM Bitcoinに限らず、一般的に取引所で取引をする場合、『取引手数料』『入金手数料』『出金手数料』『送金手数料』の4種類の手数料がかかります。

取引手数料暗号資産(仮想通貨)を売買するときに、ユーザーが暗号資産(仮想通貨)取引所に支払う手数料
入金手数料取引所に日本円を入金するときに、ユーザーが負担する手数料
出金手数料取引所から日本円を出金して金融機関に送金するときに、ユーザーが負担する手数料
送金手数料取引所から暗号資産(仮想通貨)を他の取引所に送金するときに、ユーザーが負担する手数料

暗号資産(仮想通貨)取引にかかる手数料にはいくつかの種類があります。

それぞれの手数料の価格が取引所によって異なるので、DMM Bitcoinの手数料の種類について見ていきましょう。

▼とにかく手数料が安い取引所を知りたい人は早速以下をチェック!▼

暗号資産(仮想通貨)の手数料が安いおすすめ取引所ランキング【17社から3社に厳選】

DMM Bitcoinの手数料一覧【徹底比較】

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所です。

2018年1月からサービスが開始されたため、比較的新しい取引所といえます。だからといって暗号資産(仮想通貨)の取り扱いが少ないということはありません。

上記のように、DMM Bitcoinで取り扱いのある銘柄は12種類もあります。

しかし取り扱い種類が多くても、手数料が高ければ使いにくい取引所になってしまいます。DMM Bitcoinの手数料はどうなっているのでしょうか。

▼手数料無料!には落とし穴がある・・・??▼

暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング2020年最新。手数料無料という罠に注意

取引手数料

取引手数料は、取引所で暗号資産(仮想通貨)を売買するときにユーザーが負担する手数料です。

取引する度に手数料がかかってしまうので、何回も取引すると手数料がかさんでしまうので注意が必要になります。

DMM Bitcoinでは現物取引でもレバレッジ取引でも手数料は無料になっていますので安心して取引することができます。

取引手数料
現物取引無料
レバレッジ取引無料

DMM Bitcoinでは、現物取引とレバレッジ取引の2通りの方法が選べます。どちらの方法を選んでも、手数料は無料になっています。※BitMatch取引手数料を除く

参考:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee

暗号資産(仮想通貨)取引所名現物取引 取引手数料
DMM Bitcoin無料
BITPoint無料
Liquid無料
DeCurret無料
BTCBOXビットコイン:0.05%
イーサリアム:0.10%
ビットコインキャッシュ:0.10%
ライトコイン:0.10%

DMM Bitcoinと同様、他の取引所も取引手数料を無料にしているところが多いですね。

入金手数料

DMM Bitcoinの入金方法は、『クイック入金』『振込入金』の2通りの方法が選べます。

どちらもメリットとデメリットがありますので、紹介していきたいと思います。

  • クイック入金:メリットとしては24時間365日手数料無料で入金することができ、即時反映することができるが、利用できない金融機関が存在する。
  • 振込入金:どこの金融機関でも利用することができるが、反映までに少し時間がかかる。
クイック入金振込入金
手数料無料無料
(銀行振込手数料はユーザー負担)
最低金額5,000円以上制限なし
最高金額1億円未満制限なし

参考:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/deposit_withdraw

暗号資産(仮想通貨)取引所名入金手数料
DMM Bitcoinクイック入金:無料
振込入金:無料(振込手数料の負担あり)
BITPoint即時入金:無料
振込入金:無料(振込手数料の負担あり)
bitbank無料(振込手数料の負担あり)
Coincheck振込入金:無料(振込手数料の負担あり)

DMM Bitcoin入金手数料は、他の暗号資産(仮想通貨)取引所と比べて安いといえそうです。

出金手数料

出金手数料は取引所から日本円を出金する際にかかる手数料になります。

基本的に出金手数料はどこの取引所でもかかってしまうものなので仕方がないですが、取引所によっては無料のところもあります。

DMM Bitcoinの出金は、あらかじめ登録しておいた銀行口座に限られており送金できる暗号資産(仮想通貨)は、ビットコインとイーサリアム、リップルでどちらの暗号資産(仮想通貨)も他の取引所に送金するときの手数料は無料になります。

また通貨の送金には最低金額と最高金額が定められていますので注意が必要になります。

日本円
出金手数料無料
最低金額1日1回につき2,000円
最高金額1日1回につき1億円未満

参考:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/deposit_withdraw

暗号資産(仮想通貨)取引所名出金手数料
DMM Bitcoin無料
BITPoint無料(振込手数料のみ負担)
bitbank3万円未満:550円
3万円以上:770円
Coincheck407円
bitFlyer3万円未満:220円~440円
3万円以上:550円~770円

DMM Bitcoinの出金手数料は、他の取引所と比べて非常にお得であることがわかります。

送金手数料

送金手数料は、ある取引所から別の取引所に暗号資産(仮想通貨)を送金する際にかかる手数料になります。

取引所によって非常に金額に差があるため、しっかりと確認することをお勧めします。

DMM Bitcoinから送金できる暗号資産(仮想通貨)は、ビットコインとイーサリアム、リップルです。最低金額と最高金額が定められていますが、どちらの暗号資産(仮想通貨)も他の取引所に送金するときの手数料は無料です。

ビットコインイーサリアム
送金手数料無料無料
最低金額1日1回につき0.001BTC1日1回につき0.01ETH
最高金額1日1回につき10BTC1日1回につき200ETH

参考:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/deposit_withdraw

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは自分の元金以上の取引ができる、レバレッジ取引にかかる手数料になります。

ではDMM Bitcoinのレバレッジ手数料を他の暗号資産(仮想通貨)取引所と比較してみると、DMM Bitcoinの手数料は1日あたりポジションの0.04%の手数料がかかります。

つまり長くポジションを保有すればするほど、多くのレバレッジ手数料がかかってしまいます。

DMM Bitcoinのレバレッジ手数料は他の取引所と比較して高くも安くもない手数料になっています。

▼DMM Bitcoinのレバレッジを詳しく知りたい人へ▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレバレッジ取引の手数料・倍率・設定方法まとめ 「DMM Bitcoinでレバレッジ取引の仕方がわからない……、手数料はどれぐらいか?倍率制限はどうなってる?レバレッジの設定は...

スプレッド手数料

スプレッドとは通貨を購入するときと売る時の価格差の事を指しますが、取引所によってはスプレッドが実質的に手数料の役割をしていることになります。

例えばある取引所でビットコインを購入しようとした時、購入価格が100万円、売却価格が90万円だった場合、この価格差である10万円がスプレッドになります。

DMM Bitcoinのスプレッドは0.24%となっており、他の暗号資産(仮想通貨)取引所と比べると若干高くなっています。

このスプレッド手数料は常に変動していきますので、逐一確認が必要になります。

▼DMM Bitcoinのスプレッドを詳しく知りたい人はこちらも合わせてご覧ください▼

dmmbitcoinトップ
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のスプレッドは高い?大手取引所と徹底比較! 暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶとき、スプレッドがとても重要な要素になります。スプレッドとは買値と売値の差額のことで、この差額が...

結論:DMM Bitcoinは他より安い?

DMM Bitcoinでは、取引手数料・入金手数料・出金手数料・送金手数料いずれも無料になっています。※BitMatch取引手数料を除く

これだけの手数料が無料の取引所は他になかなかないのでとてもお得だと思います。

しかし、スプレッド手数料やレバレッジ手数料はかかってしまうので、その点はしっかりと他の取引所と比較する必要があると思います。

特にスプレッド手数料は少し高めなので、覚えておくといいと思います。

これらを加味しても他の取引所と比べてみると、お得に取引できる取引所であることがわかりますね。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱暗号資産ビットコイン
イーサリアム
ネム
リップル
ライトコイン
イーサリアムクラシック
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料 ※BitMatch取引手数料を除く)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 暗号資産の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinはどんな人におすすめ?

DMM Bitcoinは取引が簡単で手数料も無料が多いことやセキュリティがしっかりとした暗号資産(仮想通貨)取引所です。

大手ならではの手厚いサポートもあり、LINEサポートで365日問い合わせを行うことができるなど、初めて暗号資産(仮想通貨)を取引する初心者の方にオススメできる取引所だと思います。

またアルトコインのレバレッジ取引がしたいという方にもDMM Bitcoinはオススメです。

国内の取引所でNEMのレバレッジ取引が行えるのはDMM Bitcoinのみになります。

DMM Bitcoinの手数料まとめ

この記事のまとめ
  • DMM Bitcoinの取り扱い暗号資産は12種類(現物6種,レバレッジ12種)
  • DMM Bitcoinは多くの取引所と同様に取引手数料が無料(※BitMatch取引手数料を除く)
  • DMM Bitcoinは入金手数料・出金手数料・送金手数料も無料
  • DMM Bitcoinは他の取引所と比べると手数料が安くお得といえる

暗号資産(仮想通貨)取引を始めるなら手数料のお得なDMM Bitcoinに口座開設!

今回は、DMM Bitcoinの取引に関わる手数料について紹介しました。

DMM Bitcoinは、取引手数料・入金手数料・出金手数料・送金手数料が無料です。(※BitMatch取引手数料を除く)

しかも、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・リップル・ネム・モナコイン・ステラルーメン・クアンタム・ベーシックアテンショントーク・オーエムジーと12種類もの暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

また大手取引所であるためセキュリティに力を入れていたり、手厚いサポートも魅力的な取引所です。

暗号資産(仮想通貨)の取り扱い銘柄の多さ、取引に関わる手数料の安さから、DMM Bitcoinはおすすめの取引所といえるでしょう。

▼DMM Bitcoinの登録手順【5分でわかる】▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法を画像付きでわかりやすく紹介! 「暗号資産(仮想通貨)取引してみたいけど、登録方法を自分で調べるのが面倒だなぁ……」、このように暗号資産(仮想通貨)取引に興味が...
DMMビットコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事