ビットコイン(BTC)

ビットコイン(bitcoin)とは?特徴やチャート、将来性を紹介

ビットコイン(BTC)とは?

仮想通貨=ビットコインと呼ばれるほど、知名度も高く、最も人気のある通貨です。

仮想通貨に馴染みなくても、多くの人は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ビットコインはSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)と名乗る人物が執筆した論文をもとに作られ、2009年から運用されている仮想通貨です。

デジタルゴールドと称されるビットコインは金融資産としての地位を獲得しています。

通貨名 ビットコイン(Bitcoin/BTC)
開発者 Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)
サイトHP https://bitcoin.org/en/
発行開始日 2009年1月3日
主な利用用途 送金 / 決済 / スマートコントラクト

リアルタイムチャート


ビットコイン(BTC)の特徴

発行枚数 1680万BTC
発行上限 2100万BTC
送金速度 約10分(変動する)
できること
  • 決済手段として使える
  • 低コストで誰にでも送金できる
  • 口座を簡単に何個でも作れる

ビットコインの特徴は、発行数の上限、P2Pでの維持、そして手数料が無料という点です。

ベースとして、ブロックチェーンという技術が使われています。

ブロックには全ての記録が保存されており、書き換えることが不可能になっています。

ビットコイン(BTC)が購入できるおすすめ取引所ランキング

ビットコインは国内で最もメジャーな通貨であるため、大半の取引所で取扱されていて投資することが可能です。

順位 取引所名 取引手数料 取扱通貨 使いやすさ 特徴
1 BITPoint 無料 5 初心者〜上級者までおすすめ
2 ビットバンク(bitbank) 無料 6 初心者におすすめ
3 DMM Bitcoin 無料 7 中級~上級者におすすめ
4 GMOコイン Takerのみ0.1% 6 アプリが使いやすい
5 Coincheck 無料 9 ビットコイン以外にも取り扱い多数

ビットコイン(BTC)のこれまでの動向

ビットコインは2017年12月中旬に大きな値上がりを見せ、ビットコインは220万円を超えました。

値上がり率はなんと20倍を超えるものでした。

上昇要因としては年末に、アメリカでのビットコイン先物取り引きが開始されたこと。また、日本でも、仮想通貨取引所のテレビコマーシャルが放映され、一般の方も仮想通貨を知ることになりました。そして、個人投資家の参入が急増したとされています。

ビットコインの今後の注目ポイント

  • 多くの人に使用されており、日常生活に浸透しやすい
  • 発行数減少による価格上昇の期待

今後より発展へ

WebbotというAIがあります。

これは、元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏によって開発されたAIで、ネット上に書き込まれた「言葉」の情報を収集し、感情データや価格分析などから仮想通貨や株価の価格予想をします。

そんなWebbotは、2020年に1BTCあたり2750万円に価格を伸ばすと予想しました

今後も仮想通貨は発展を遂げていくこと間違いないでしょう。

半減期が訪れる

2020年にビットコインが3回目の半減期を迎えるといわれています。半減期とは、マイナーの新規発行に対する報酬が半減する時期のことです。

半減期には、ビットコインの発行量が少なくなり始めているということなので、ビットコイン自体に希少価値が生まれてきます。

ビットコイン(BTC)を購入して投資を始めてみよう!

今から投資を始めてみよう!という方には少額からの投資がおすすめです。

少額投資からスタートすることができますので、まずは仮想通貨がどのような価格変動をするのかを知るためにも口座を開設して、投資を始めてみましょう。