モナコイン(MONA)

モナコイン(monacoin)とは?特徴やチャート、将来性を紹介

monacoin

モナコイン(MONA)とは?

モナコインは日本発の仮想通貨で、インターネット掲示板の2ちゃんから誕生しました。日本発の仮想通貨であるため日本での人気が高いです。

通貨名 モナコイン
開発者 Mr.Watanabe
サイトHP https://monacoin.org/
発行開始日 2013年12月
主な利用用途 送金/決済

リアルタイムチャート

powered by Coinlib

モナコイン(MONA)の特徴

発行枚数 6000万枚
発行上限 1億512万枚
送金速度 約1分30秒(変動する)
できること
  • 送金速度がビットコインの6倍以上速く送金可能
  • 発行枚数が多いため、他の仮想通貨より価格変動が起きにくい

現在モナコインは投げ銭機能などに活用されており、インターネット上を中心として、リアルの世界でも普及が進んでいきます。

日本発祥のためモナコインを支払いで導入するなど、モナコインのシステムの導入は日本から行われていきます。

2ちゃんねるを中心としたコミュニティでの活動が活発なため、これからも引き続き開発が行われていく。

モナコイン(MONA)購入におすすめの取引所

国内では4つの取引所がモナコインを取り扱っています。

順位 取引所名 取引手数料 取扱通貨 使いやすさ 特徴
1 bitbank maker:-0.05
taker:0.15%
6 チャートが見やすい

モナコインを取引所で取引可能

2 fisco 0.1% 6 モナコインを取引所で取引可能
3 zaif 無料 5 小さいスプレッドでの取引が可能
4 bitflyer 7 取扱通貨が多い

モナコイン(MONA)の今後の注目ポイント

  • 日本国内での普及が進んでいく
  • 投げ銭サービスや決済サービスで利用されている

日本国内での普及が進んでいく

モナコインのコミュニティは活発に動いているため、様々なサービスの導入が進んでいくと予想されます。

[tipmona]という投げ銭サービスはTwitterのアカウントを持っている人であればだれでも利用できます。Twitterは多くの人々に利用されているSNSなのでモナコインは誰でも送りあうことが可能な仮想通貨だといえます。

決済サービスで利用されていく

Zaifが展開しているZaif Payment(ザイフ ペイメント)はビットコインやモナコインを円と交換して決済をすることができるサービスです。

ビットコインとモナコインの二つだけが利用できることから、モナコインの注目度が高いことがわかりますね。

送金時間が短いのでモナコインは決済手段としてさらに普及していく可能性がさらにあります。

モナコイン(MONA)を購入して投資を始めてみよう!

モナコインは日本発の仮想通貨であるため、日本語での情報が多いです。公式サイトも日本語で書かれています。通貨に関しての情報を多く得ることができるためモナコインの性質を理解し、安心してモナコインの取引を行うことができます。

取引を行う際、情報量が多いことから日本人が海外の人より優位に取引を進めやすい通貨だといえます。

早速、口座開設をしモナコインの取引を始めましょう。