モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)とは?特徴とビットコインとの違い・技術の仕組み解説

この記事を読んでほしい人
✔ モナコインの投資を始めようとしている方
✔ モナコインで儲けようとしている方
✔ 暗号資産(仮想通貨)、およびモナコインの基本的な知識を得たい方

実は日本で誕生した仮想通貨があることをご存知ですか。2ちゃんねる発の仮想通貨、それが「モナコイン」です。

ビットコインに採用されていない高度な技術が取り入れられていて、日本国内にコアなファンが多いことから注目を集めています。

そこで今回の記事では、モナコインの概要や特徴を詳しく解説します。モナコインの今後を考察する際の参考にしてみてください。

この記事の要約
  • モナコインは国産の暗号資産(仮想通貨)
  • モナコインは価格が急上昇することがある
  • モナコインが大きくなってくれることを願うファンが多い

これからモナコインの購入をする方は、Coincheck(コインチェック)bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

モナコイン(MONA)のリアルタイムチャート

モナコイン(MONA)とは国内で初めて作られた仮想通貨

通貨名モナコイン(Monacoin)
通貨略号MONA
公開日2013年12月
開発者名Mr.Watanabe
公式サイトhttps://monacoin.org/
発行上限1億512万枚
通貨の目的通貨価値の安定
国内取引所Coincheck(コインチェック)
Bitbank(ビットバンク)
FISCO(フィスコ)
bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif(ザイフ)
海外取引所Upbit(アップビット)
Bittrex(ビットレックス)
Livecoin(ライヴコイン)
CryptoBridge(クリプトブリッジ)
EXX
Bleutrade(ブルートレード)


モナコイン(monacoin)は、2013年に日本で開発された初めての国産の仮想通貨です。

2ちゃんねるの掲示板でアイデアが示され、Mr.Watanabeによって開発されて翌年から流通が始まりました。

2ちゃんねるの象徴とも言えるアスキーアートのキャラクター「モナー」から、モナーコインの名称がつき、現在はモナコインと呼ばれています。

単位表記ではMONAと表されます。

モナコインとビットコインの違い

国産の仮想通貨として知られるモナコイン。仮想通貨の基軸通貨であるビットコインと比べると、送金速度が圧倒的に早く、より多くの通貨を供給できる利点があります。

以下は、ビットコインとモナコインの「承認時間」「発行上限」「時価総額」の違いです。これだけ見ても、モナコインが利用しやすい通貨で期待される理由がわかります。
※時価総額は2020年6月10日時点

ビットコインモナコイン
承認時間約10分約90秒
発行上限2100万枚1億512万枚
時価総額約19兆円(1位)約131億円(39位)

モナコインにおける3つの特徴

モナコインには、

  1. 送金時間が早い
  2. 発行枚数が多い
  3. コミケに導入するほど人気がある

といった3つの特徴があります。1つずつ解説しますね。

モナコインの特徴1:送金時間が早い

モナコインは送金にかかる時間がとても早いです。

ビットコインは約10分なのに対し、モナコインは90秒ほど。約8分30秒もの違いがあります。

モナコインはブロック生成時間が短いため、国内外への送金を短時間で終わらせることが可能です。

仮想通貨を使った送金にモナコインを使用すれば、業務効率を高めやすくなります。

仮想通貨処理にかかる時間
モナコイン約90秒
ビットコイン約10分
ライトコイン約2.5分

モナコインの特徴2:発行枚数が多い

仮想通貨の発行枚数は、通貨ごとに決まっています。

ビットコインの場合、発行枚数は最大で2100万枚です。一方、モナコインは1億5120万枚と、ビットコインの7〜8倍も発行できます。

供給量が多いと希少性が生まれにくいので、通貨価格が安定しやすい傾向があります。

モナコインの特徴3:コミケに導入するほど人気がある

モナコインは、人気イベントのコミケでも決済通貨として導入されました。

モナコインを連想させる「モナコインちゃん」がLINEスタンプになるなど、熱烈なファンコミュニティがあります。

また、モナコインのファンが、2017年に秋葉原のラジオ会館ビルと秋葉原UDXの壁面モニターに動画広告を自らの資金で流したこともあります。

2ちゃんねるという匿名の掲示板から生まれた仮想通貨が、いまや現実世界に浸透しつつあるといえますね。

モナコインに使われている技術

モナコインには、

  • Segwit技術
  • アトミックスワップ技術

といった技術が採用されています。これらの技術を使うことでどのようなメリットがあるのかをご紹介しますね。

Segwit技術:取引データのサイズを圧縮

Segwit技術とは、取引データのサイズを圧縮できる機能です。

そもそも取引データには、「インプット」「アウトプット」「電子署名」といった3つがあります。

  • インプット=送信元の情報
  • アウトプット=送信先の情報
  • 電子署名=データに付与される電子的な署名

Segwitでは、電子署名をブロックチェーンの外で管理をすることで、これまでのデータサイズの約60%を圧縮することが可能です。その結果、1回の処理でたくさんのデータの対応ができます。

ビットコインはデータブロックの容量が小さいため、スケーラビリティという送金遅延の問題に悩まされていました。

しかしモナコインでは、Segwit技術を採用したことでブロック容量に余裕を持たせ、スピーディーな送金処理ができるのです。

アトミックスワップ技術:取引所を介さずに両替が可能

アトミックスワップとは、種類が違う仮想通貨でも取引所を介さず、個人間で両替(交換)できる技術です。

ごく一部の仮想通貨に採用されているだけでしたが、モナコインでも実装しています。

より安全に仮想通貨の交換を行うことができますし、手数料や時間を大幅に短縮できるようになりました。

モナコインの将来性:長期的に上昇する可能性あり

モナコインは、一時的に1MONA=2000円以上にまで高騰しました。しかし現在は、下落して190円前後で推移しています。

最大の発行枚数が多いこともあり、短期間で急激に価格が上昇するとは考えにくいです。

とはいえ、モナコインには熱烈なファンが多く存在しています。長期的に価格が上昇する可能性はとても高いです。

▼モナコインの将来性について紹介します!詳しくはこちら▼

モナコイン(MONA)の2019年の今後と将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想 ビットコインの誕生以来、たくさんの暗号資産(仮想通貨)が世界中で誕生しました。その一つが、モナコインとよばれる暗号資産(仮想通貨...

モナコイン(MONA)の価格推移

では、これまでのモナコインの価格推移をチェックしてみましょう。

他の仮想通貨と同様に、2017年末あたりに大きく価格が上昇していますね。各年代ごとに、どのように推移していったのか確認をしていきましょう。

2017年のモナコインの価格推移

2017年のモナコインチャート
2017年のモナコインは、他の仮想通貨と同じく飛躍の年となりました。

ビットフライヤーへの上場が決定したり、仮想通貨の市場全体が上昇したりしたことから、2017年12月前半頃には最高価格の1847円を記録しています。

年始から考えると、約600倍にまで価格が上昇したことがわかります。

2017年1月2017年12月
モナコイン価格3円1800円

2018年のモナコイン価格推移

2018年モナコインチャート
2018年のモナコインは、他の仮想通貨と同様に下落の一途をたどります。年始の始まり値は1160円ほどでしたが、右肩下がりに下落。12月末は、約70円まで下げました。

当初3円だったことを考えれば価格を維持していますが、年末に購入をした投資家にとってはかなりの痛手となりました。

2018年1月2018年12月
モナコイン価格1160円70円

2019年のモナコイン価格推移

2019年モナコインチャート

2019年のモナコインは、しばらく50円を割ることなく推移していきます。50円台を底値としたレンジ相場でした。

4月後半には仮想通貨全体の価格上昇があり、最高139円まで上昇。さらに6月頃にはコインチェックに上場をしたこともあり、380円台まで上昇しました。

しかしそれ以降は下落が続き、12月には100円を割ることになります。

2019年1月2019年12月
モナコイン価格55円86円

モナコイン価格推移まとめ

2017-2019年までのチャートを振り返ると、かなり激しく価格変動したことがわかります。2020年7月現在は、170円ほどです。

モナコインは、日本では知名度が高いものの、海外での知名度は低く取引量はそこまで多くありません。ゆえに、他の通貨に比べると流通量が低く、価格が動きやすい傾向にあります。

投資するには、ハイリスク・ハイリターンの通貨といえるでしょう。

2017年1月2018年1月2019年1月2019年12月2020年7月
モナコイン価格3円1160円55円86円170円

モナコインの評判

モナコインの評判は、いいものが多い印象です。どのような評判があるのかを紹介しますね。

評判1:モナコインは熱いファンが多い

モナコインに期待する熱烈なファンがいるようですね。モナコインの価格変動を常にチェックして、再び盛り上がることを待ちわびるユーザーも少なくありません。

評判2:モナコインのコミュニティ

2ちゃんねるやコミケ、秋葉原などのコミュニティに支えられているモナコイン。

これらの枠を超えて利用されるチャンスが増えれば、価格アップにつながることが考えられます。

日本のオタク文化は世界から注目されていますから、この流れで外国での導入も期待したいところです。

評判3:モナコインは大化けの期待強し

モナコインの人気は、時価総額の高さから伺えます。

これから利用方法が増えてくれば、より高い時価総額になることでしょう。そのため、今の段階から価格アップが期待されているコインといえます。

モナコインを購入できる取引所ランキング

モナコインを購入できる取引所をランキング形式でご紹介します。

どの取引所も魅力的なサービスを提供しているため、取引方法や所持している通貨を考慮しながら参考にしてください。

1位 Coincheck(コインチェック)

モナコインを購入できる取引所ランキング1位はCoincheck(コインチェック)です。

モナコインを含め13種類の通貨を取り扱っており、500円から購入ができます。スマホアプリが使いやすいので、仮想通貨の取引が初めてでも直感的に利用可能です。

Coincheck(コインチェック)では、取り扱っている全ての仮想通貨で高いセキュリティをもつコールドウォレットを構築した上で、ホットウォレットと区分して運用しています。

さらに、ログイン時には二段階認証と自動ログアウト機能を提供。そのため、手持ちの仮想通貨を安全に保管することが可能です。

また仮想通貨の取引だけでなく、自動積立サービスなどを提供しています。新しい時代の積立方法に興味がある方にはおすすめの取引所です。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

2位 ビットバンク(bitbank)

ビットバンクはモナコインの取引量が世界一で、セキュリティ対策も充実している取引所です。

モナコインやビットコイン、その他の仮想通貨の取引手数料は0.5%〜−1.5%と大変お得です。

スプレッドが狭くメイカー(板にない価格で指値注文をする)で取引をすれば手数料が−0.05%なので、取引をするほどお得になりますよ。

ビットバンク(bitbank
取扱仮想通貨ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

3位 ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)もおすすめです。ビットフライヤーは、資本金が国内最大級の仮想通貨取引所になります。モナコインは販売所形式で取引が可能です。

顧客資産の補償制度があるので、初めての方でも安心して利用できます。

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインリスクネムベーシックアテンショントークンステラルーメンテゾス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

4位 ザイフ(Zaif)

ザイフ(Zaif)は、取り扱っている通貨が多いです。

モナコインをはじめ、ペペキャッシュやカウンターパーティー、コムサ、ネクスコインなど、これから注目を集める可能性の高い通貨の取り扱いが豊富なのも人気を集める理由でしょう。

しかしモナコインにだけ焦点を当てた場合、そこまで大きなメリットがあるわけではありません。

モナコインの他にも、珍しいコインの取引を検討している方におすすめです。

ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
  2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
  3. 低リスクな積立ができる

高まるモナコインへの期待!

この記事のまとめ
  • モナコインは国産の暗号資産(仮想通貨)
  • モナコインは価格が急上昇することがある
  • モナコインが大きくなってくれることを願うファンが多い

これからモナコインの購入をする方は、Coincheck(コインチェック)bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

モナコインは、2ちゃんねる発で日本で生まれた初めての仮想通貨です。

Segwit技術など新しい技術を組み込んでおり、機能性も充実しています。キャラクターのLINEスタンプができるなどコアなファンが多く、根強い人気がある通貨です。

ファンの人気に支えられて日本国内のみならず、モナコインが世界へ羽ばたいていくことが期待されています。