ビットポイント

ビットポイント(BITPoint)の評判・メリットとデメリット【安全性徹底分析!】

この記事を読んでほしい人
✔ ビットポイントで口座開設を検討している方
✔ はじめて仮想通貨を購入する方
✔ ビットコイン・アルトコインで100万円稼ぎたい方

「ビットポイントという名前は聞いたことある」「仮想通貨に関するサービスなの?」といったように、攻めの姿勢でCMを行っていることでも評判の取引所『ビットポイント』。

実態はまだよくわからない人も多いかもしれません。

ビットポイントは、取引ツールが豊富な点が大きな特徴です。

そこで今回はビットポイントを利用する前に知っておきたい、評判やメリット・デメリットをまとめました。

電話対応やMT4ツールなど、初心者〜上級者全員を満足させる独自の強みを持った取引所なので、ぜひ取引所選びの参考にしてみてください。

この記事の要約
  • アルトコインを割安で取引ができる
  • 中級者以上も満足して利用できる取引所
  • セキュリティ対策不十分でハッキング発生、2019年12月25日より新規口座受付再開

これから仮想通貨投資を始めるなら「ビットポイント」へ登録しましょう。

ビットポイント(BITPoint)とは

ビットポイント(BITPoint
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 最高水準のセキュリティ対策
  2. ビットコインの送金手数料が無料
  3. ビットコインの現物取引手数料も無料

ビットポイントとは、株式会社ビットポイントジャパンによって開設された仮想通貨取引所です。

サッカー選手としても有名な本田圭佑氏をPRに採用するなど、仮想通貨関連企業の中でも先進的かつ積極的な姿勢で人気を拡大。また取引ツールの充実ぶりやセキュリティの強さが評価され、利用者数を伸ばしつつあります。

管理人も利用する、他の仮想通貨取引所と比べて最もおすすめの取引所です。

運営会社の概要

ビットポイントは、2016年3月にサービスを開始した国内仮想通貨取引所です。

運営元は、株式会社ビットポイントジャパン。

設立は2016年3月。他社の大手仮想通貨関連企業と比較して後発ですが、安定した稼働実績と初心者から上級者まで幅広い利用者層のニーズを満たす充実したツールで、多数の支持を集めています。

主要株主が東証2部上場の企業、株式会社リミックスポイント。上場企業の後ろ盾があることも安心材料の1つです。

運営会社株式会社ビットポイントジャパン
仮想通貨交換業者関東財務局 第00009号
貸金業者登録番号東京都知事(1)第31660号
本店所在地〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
設立日2016年3月3日
資本金49憶3,000万円(資本準備金含む)
URLビットポイント公式サイト
主要株主株式会社リミックスポイント
電話番号0120-004-430
取引所種別現物取引・レバレッジ取引・FX取引
取り扱い通貨BTC,BCH,ETH,LTC,XRP

ビットポイント(BITPoint)の取り扱い通貨

ビットポイントでは、ビットコインやイーサリアムを含む5種類の仮想通貨を取り扱っています。日本円以外の複数の法定通貨に対応しているのも特徴です。

仮想通貨法定通貨
BTC(ビットコイン)JPY(円)
BCH(ビットコインキャッシュ)USD(ドル)
ETH(イーサリアム)EUR(ユーロ)
LTC(ライトコイン)HKD(香港ドル)
XRP(リップル)

ビットポイント(BITPoint)が提供している取引種別

ビットポイントでは、以下3種類の取引方式を提供しています。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • FX取引(MT4取引)

初心者には『現物取引』。中級者以上には、下げ相場でも利益を狙える空売りやハイリスク・ハイリターン取引ができる『レバレッジ取引』または『FX取引』を利用することができます。

取引方式内容
現物取引買い注文からのみ取引可能
レバレッジ取引信用取引のこと(レバレッジ可)
FX取引(MT4取引)証拠金取引のこと(レバレッジ可)

ビットポイント(BITPoint)の最新情報

ビットポイントでは7/11からハッキングによる被害が確認されています。

被害の内容は、同社のホットウォレットに保管されていた仮想通貨5銘柄(ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコイン・リップル)約35億円相当が流出したということです。

今回の事件に伴いビットポイントではサービスの停止が発表されています。

・サービス停止開始時間
2019年7月12日(金) 10:30〜

・利用不可のサービス
WEB取引サイト(ログイン不可・取引不可)
BITPoint MT4取引(ログイン可・取引不可)
API及びSmart APIサービス(ログイン不可・取引不可)
店舗決済サービス(ログイン不可・取引不可)
BITPointWalletアプリ(ログイン不可・取引不可)
BITPointLITEアプリ(ログイン不可・取引不可)
口座開設新規申込み受付(※2019年7月12日(金)15:30 ~)

・再開したサービス
2019年8月6日(火)14時頃~
法定通貨の入出金サービス再開
2019年8月8日(金)14時頃~
レバレッジ取引サービス及びMT4取引サービス再開
2019年8月9日(火)14時頃~
仮想通貨現物の売買取引サービス再開
2019年12月10日(火)17時頃~
仮想通貨の受金(預入)サービス再開
2019年12月25日(水)17時頃~
新規口座開設申込受付再開

現在、全てのサービスを再開しセキュリティを向上させるとともにウェブサイトもリニューアル、デザイン・構成を改善しました。

ビットポイント(BITPoint)のメリットと良い評判

ここではビットポイントの特徴やメリット、ユーザーの声や口コミ、評判をまとめています。

なぜビットポイントの人気が高まっているのか、多くの投資家が利用し始めているのか確認しておきましょう。

今回はビットポイントの特徴を、メリットも含めた9つのポイントに分けてご紹介します。

(1)すべての手数料が無料

ビットポイントでは、取引手数料、出入金手数料(一部お客様負担)、送金手数料が無料です。

他の取引所でもキャンペーン的に手数料無料を行っている場合がありますが、ビットポイントは通常から無料で提供しているため、キャンペーン期間の終了もなく安定して取引できます。また手数料が頻繁にかかるスキャルピングで取引しても、手数料コストは関係ありません。
(※bitbankでの取引手数料無料キャンペーンは終了しました。)

取引手数料
(現物・レバレッジ・FX)(※1)
無料
(一番重要!)
入出金手数料(※2)無料
送受金手数料無料
口座管理手数料無料

※1:レバレッジ・FXは別途手数料あり(スワップ費用・建玉管理料)
※2:入出金手数料は提携の銀行口座からの場合、また振込入金の場合はお客様負担
※3:MT4取引では、スワップ費用が別途かかる
出典:BITPoint手数料・費用

手数料無料に対する評判・口コミ

各種手数料が無料なのは大きなアドバンテージです。特に投資家にとって最もメリットが大きいのは、取引手数料が無料であるという点。

利用者も増えて安定した取引量と出来高が確保できるため、仮想通貨の価格自体も適正になるという効果も期待できるでしょう。

▼取引するのにいくらかかる? ビットポイント(BITPoint)の手数料・費用を解説▼

BITPointの手数料解説
ビットポイント(BITPoint)の手数料は安い?入出金・取引手数料を4社と比較してみた ビットポイント(BITPoint)の手数料は安いのでしょうか?他社と比べてどの程度安いでしょうか? 取り扱い通貨の種類やス...

(2)アルトコインを取引所で購入

取引所を取引する際、販売所形式で取引するか取引所形式で取引するかに分かれます。

販売所形式は注文が確実に通るなどのメリットがありますが、取引所に比べスプレッドが高いというデメリットがあります(販売所は成行注文のみのためスプレッドが運営側の言い値ですが、取引所は市場価格でなおかつ指値注文ができるため、スプレッドコストなしで取引できます)。

無駄な手数料をかけず仮想通貨の取引を行うのであれば、取引所形式で取引した方が良いです。

ビットポイントではアルトコインを取引所形式で購入することができるため、狭いスプレッド価格でアルトコインを入手できるというメリットがあります。

ビットコインは、大半の取引所で取引所形式で取引することができますが、アルトコインで取引所形式を採用しているところは多くはありません。

BITpoint取扱通貨特にリップルを取引所で購入できるのは、ビットポイントとbitbankLiquidの3社のみ。さらにライトコインを取引所で、なおかつ日本円で購入できるのはビットポイントのみです。

注目度が高く将来性の高いリップルやライトコインを取引したいなら、ビットポイントやbitbankの利用がおすすめです。

▼ビットポイント(BITPoint)で取り扱っている通貨とそれぞれの特徴・見通しを解説!▼

BITPOINT
BITPoint(ビットポイント)の取り扱い通貨とそれぞれの特徴を解説 「BITPointで取引できる通貨は?」「どの通貨を取引すればいいの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。 ここで...

(3)MT4を利用できる

高性能の取引ツールMT4を利用できるのが、ビットポイントの大きな強みです。

MT4

MT4とは、MetaTrader4(メタトレーダー4)のことで、世界でも有名な高性能FXツールです。

主な特徴は、自動売買を行うことができる点です。個人で自動売買プログラムを組むのは容易ではありませんが、MT4を利用することによって、あらかじめ決められた最適なプログラムから簡単に利用することができます。

もちろん自動売買プログラムを使ったからといって、簡単に利益を上げられる訳ではありませんが、やみくもに投資するよりも勝率を高めることが期待できます。

またPCやスマートフォン版の取引ツールの使い勝手も良く、初心者から上級者まで満足できる仕様になっています。MT4取引の魅力については、後ほど詳しく解説しましょう。

MT4の主な機能内容
自動売買プログラムが自動で売買タイミングの見極めから売買までしてくれる
チャート分析指定した銘柄のチャートをテクニカル指標などで分析してくれる
アービトラージアービトラージ取引もプログラムによって自動で行う

MT4が利用できることに対する評判・口コミ

分析指標を複数表示させることができたり、自動売買が可能だったりと、レバレッジ取引を行う人にとってはかなり有意義なツール。 好きなようにカスタムをして自分が使いやすいツールへ改良できるので、世界中のトレーダーが愛用しています。

MT4が利用できるのはビットポイントだけなので、他の取引所の大きな差別化を図ることが可能に。

MT4を使用できるからビットポイントを利用するという人も多いです。特にツールの評価が高いビットポイントは他の取引所との差別化ができています。

(4)最大4倍のレバレッジ取引ができる

ビットポイントではMT4を使った仮想通貨FX取引だけでなく、「BITPointADVANCE」(後述で詳しく解説)と呼ばれる取引ツールを使ってレバレッジ取引ができます。

ビットポイントのレバレッジ取引とMT4取引(仮想通貨FX)は、建玉制限や両建ての有無といった点に違いが。

どちらも最大4倍のレバレッジ取引ができる点は共通しているので、レバレッジ倍率を重視している方は、ツールや建玉の上限などで判断するのがおすすめです。

▼ビットポイント(BITPoint)のレバレッジ・仮想通貨FXの詳細と始め方を紹介!▼

ビットポイント(BITPoint)のレバレッジ取引の始め方、特徴、手数料を解説 「ビットポイント(BITPoint)でレバレッジ取引はできるの?」「手数料はどれぐらいかかるの?」このような疑問をお持ちの方も、...

(5)ビットポイント(BITPoint)のセキュリティ対策

ビットポイントは、大手オンライン証券のシステムの開発を行ったメンバーによって構築されたシステムであったのですが、2019年7月11日にはハッキングの被害が確認されていますね。

BITpointのセキュリティ

具体的には、以下のような対策が取られています。

ウォレット独自の管理システムでセキュリティと使い勝手の両立を実現
マルチシグ秘密鍵を複数用意して、安全管理
接続SSL暗号化に対応。最高レベルの証明書を利用
外部アクセス不正侵入検知・防御システムの導入
特記ホワイトハッカーを活用した定期点検を実施

セキュリティへに対する評判・口コミ

ビットポイントはセキュリティ面で高評価を受けていましたが、7/11には35億円に相当する仮想通貨のハッキング事件が起こりました。

今回の事件を受けて会見が行われていないこと、対応が遅かったことにビットポイントユーザーは怒りを露わにしています。

▼ビットポイント(BITPoint)のセキュリティを他社と比較して解説▼

BITPOINT
ビットポイント(BITPoint)のセキュリティは安全?【他社比較で解説】 過去には、取引所がハッキングされてビットコインが流失してしまった事件がありましたね。これは、取引所のセキュリティに問題があったこ...

(6)アプリが使いやすい

ビットポイントは専用アプリでも、取引ツールが使いやすいという評判が多く見受けられました。

BITpoint Lite

MT4は取引頻度が多い方にはおすすめで、1日に何度も取引しない初心者には「BITPoint Lite(ビットポイントライト)」がおすすめ。

BITPoint Liteとは、ビットポイントがリリースしているスマホアプリです。スマホから簡単に取引から資産の管理も行えます。初心者でも使いやすいよう簡略化されたインターフェースが特徴的。

直感的なので使い方がわからなくても大丈夫。取引に慣れていないうちはわかりやすく、簡単に取引ができればうれしいですよね。

(7)親会社が上場企業で安心

ビットポイントの親会社はリミックスポイント社で、東証マザーズに上場している企業です。仮想通貨の運営にも慎重に向き合っていて、上場企業としての信頼感と安定感が魅力。

一時は日証金信託銀行との信託保全スキームに取り組んだり(現在は終了)、後述の電話サポート体制を構築したりするなど、他の取引所に先んじて投資家のためのサービスを提供してくれる企業です。

(8)電話対応でのカスタマーサポート

ビットポイントでは国内の取引所の中でも数少ない、電話対応でのカスタマーサポートを受け付けています。

口座開設方法や操作方法がわからない場合、もしくは取引に関して何か困ったことがあった場合でも、すぐに専門スタッフからサポートを受けられます。未経験者でも始めやすく感じる、心強いサービス体制ですよね。

この点だけでビットポイントを選んでも良いほどの特徴といえます。メール対応ではわからない、微妙なニュアンスも電話であれば解決しやすいでしょう。

(9)週次の相場レポートが無料で読める

ビットポイントでは「BITPoint Weekly Market View」というタイトルで配信されている、週次の相場レポートを無料で読むことができます。

内容はサラリーマントレーダーのひろぴー氏による、先週の相場の振り返りや今週の見通し、各通貨の推移やトレンドをまとめたレポート。

取引していなくともアクセスができるので、まずはレポートを読んでここぞというときに投資するということが可能です。

ビットポイント(BITPoint)のデメリットと悪い評判

デメリットや悪い評判としては、以下のようなものが見られました。

デメリットも把握しておくことで、自分に合った仮想通貨取引所か見極める重要な判断材料になります。

(1)取引量が少ない

ビットポイントは徐々に知名度を高めているとはいえ、bitFlyerやbitbankといった大手仮想通貨取引所と比べると知名度は低く、取引量でも劣っています

取引量が少ないと通貨の流動性が下がり、指値注文時に希望の価格で取引を行うことが難しくなります。しかしビットポイントも利用者を増やす努力をしており、徐々にビットポイント利用者は増加しているようです。

例えば積極的なPR活動、取引手数料が無料という点、地道なサービス提供で利用者が急増中です。MT4ツールを利用できるのも、大きなメリットでしょう。

取引量が少ないことに対する評判・口コミ

まだまだ、知名度では他者に後れを取るビットポイント。取引量の少なさが課題のようですね。

(2)業務改善命令を受けたことがある

ビットポイントは、2018年6月に金融庁から業務改善命令を受けました

また、bitbankやbitFlyerなど大手の取引所も同時に受けていますが、ビットポイントは改善策を金融庁に提出済みです。

しかし、2019年6月28日には金融庁から業務改善命令が解除されています。

▼ビットポイント(BITPoint)で口座する前に安全性と危険性を確認!▼

BITPointセキュリティ
ビットポイント(BITPoint)のセキュリティは安全? 技術と運営会社の信頼性、流出事件履歴を確認 12月17日よりウェブサイトのリニューアルを行ったビットポイント。 ツールも充実しており初心者から上級者まで幅広い層から利...

実際の利用者の口コミ・評判を紹介

私たちMAStandが仮想通貨投資を行う100名の方に独自で行ったアンケートで、実際にビットポイントで投資をしている利用者の方の口コミを紹介します。

気に入っている点や選んだ理由(良い評価)と気に入っていない、改善して欲しい点(悪い評価)をそれぞれ回答してもらっています。

37歳 千葉県 女性  (現物取引 – リップル)
セキュリティ格付けの高さに安心できる。スマホアプリの操作性に若干の課題あり

良い評価:基本的に手数料が無料というところと、情報セキュリティ格付が「Ais」ランクなので、安心して利用できます。 また、取引画面もシンプルで見やすく、今後レバレッジ取引をする際にMT4が使えるというのも大きな魅力だと思います。

悪い評価:特にありませんが、あえて言うならスマホアプリが単純過ぎるということでしょうか。 私は毎月一定額のリップルを定期購入する感じで保有しているのですが、ビットポイントの場合はスマホアプリだと「〇〇円分」という買い方ができません。 リップルのレートを自分で計算しなければならないため、購入の際はPCを利用するようにしています。

35歳 大阪府 女性  (現物取引 – ビットコイン)
アプリが見やすく初心者に最適!アプリの安定性に不安が残る

良い評価:アプリから使用してますが、初心者でもとても見やすく使いやすいです。もともと初心者向けで売り出されていたこともあり、ここからビットコインの投資をはじめてよかったです。

悪い評価:時々アプリの不具合か何かで、日本円の表示が出なかったりログインできない時があります。ビットコインは漏えいすることがあるので、ログインできないと不安になることがあります。

30歳 兵庫県 男性  (現物取引 – イーサリアム/リップル)
住信SBI口座での入金手数料無料が魅力。アプリでの指値注文を希望

良い評価:住信SBI口座からの入金だと手数料がかからなくて済むところ。チャートが非常に詳しくのっている。アプリでの自分の資産画面が見やすい。

悪い評価:アプリで仮想通貨の売買をしようとすると、全て成行注文しか出来ず、指値で価格を狙えないデメリットがある。 そのため指値で注文する際にはパソコンが必要となる。

ビットポイント(BITPoint)の取引ツール・チャート

ビットポイントでは国内取引所の中でも多い、4種類もの取引ツールを提供しています。

  • BITPoint Lite (スマホアプリ版)
  • 初心者でも取り扱いやすい、Web取引ツール
  • 高度な設定も可能な、アドバンス版
  • MT4取引ツール

BITPointADVANCEの機能とインターフェースも優れている

BITPoint ADVANCEは、チャート、板情報、通貨の価格情報など一画面で確認でき、直観的に仮想通貨の取引ができるツールです。

PCで本格的な分析や取引を始めたい方は、アドバンスツールがおすすめです

アドバンスツールは1画面に以下のような多数の情報を表示していて、情報収集から分析まで効率よく作業できます。

  • 選択した仮想通貨のチャート
  • 板情報
  • 発注ツール
  • 各レート一覧
  • 各通貨の取引量
  • 資産をグラフ化
  • 約定履歴
  • 注文履歴
  • 全取引の履歴

シンプルな取引ツールの場合はチャートと発注画面のみなど情報量が2~3点ほどですから、アドバンスツールの多機能さがわかりますよね。

現物取引およびレバレッジ取引の双方に対応しています。

MT4取引のMT4ツールは自動売買機能を搭載

ビットポイントでは、FXでも活用されている「MT4ツール」を利用できます。ただし、MT4取引で口座を別途開設や取引をすることが利用条件

MT4ツールの主な特徴は取引ツールとしての機能だけでなく、描画ツールと多数のインジケーターを標準実装、そしてEA売買(自動売買)できる点です。

  • 描画ツール:チャートにラインを描画できる機能で、売買タイミングの予測やサポートライン・レジスタンスラインを判断できる
  • インジケーター:テクニカル指標(マイナーなものを含め、数十種類以上を搭載)のこと

初心者の方も、いろいろと試しながら意味を理解していくと覚えやすいでしょう。

EA機能(自動売買機能)

さらにEA機能を実装しているのが、一般的な取引ツールとの大きな違い。たいていの自動売買ツールは、別途有料のツールを購入してAPIコードを入力しながら連携させます。しかし難しい設定ですので、仮想通貨初心者には使いにくいツールです。

しかしEA機能を搭載したMT4は、あらかじめ完成されたプログラムを外部から取得・起動させるだけで、自動売買を繰り返します。また停止条件も決められるので、急激な価格変動時には取引しないように設定することも可能。スマホからも利用することができます。

このように優れた取引・分析・描画・自動売買機能を搭載しているMT4を利用できるビットポイントは、ツール面でもメリットの多い取引所といえるのではないでしょうか。

レバレッジ取引とMT4取引どちらもロスカットルールを採用

レバレッジ取引とMT4取引では、追証制度ではなくロスカットルールを採用しています。

追加証拠金を投入する必要がないかわりに、証拠金維持率100%以下になった時点で強制決済されるわけです。

  • メリット:損切を自動で行ってくれる
  • デメリット:基準が証拠金維持率100%以下と厳しく、ロスカットされやすい

損切ラインを証拠金維持率100%付近で設定している方にとっては、取引しにくいかもしれれませんね。このようなデメリットがあることも、口座開設前に覚えておきましょう。

ビットポイント(BITPoint)の取引時間・土日対応

ビットポイントは2017年6月17日より、土日祝を含めた24時間365日の仮想通貨取引に対応できるようになりました。

これまでは平日の24時間だけで土日には取引ができなかったので、大幅に充実されたといえるでしょう。

出典:ビットポイントのサービス内容・取引時間

取引所別 仮想通貨の取引時間をまとめて紹介

ビットポイント(BITPoint)のキャンペーン情報

ビットポイントは通常でもお得に利用できる取引所ですが、加えて期間限定で以下のようなキャンペーンを実施していました。

2019年5月31日時点で新たに実施されているキャンペーンについては、後述にて詳しくご紹介しています。そちらもぜひ確認してみてください。

【終了】キャンペーン:「新規口座開設でリップル10,000円がもらえる」

キャンペーン期間内に新規で口座開設をして、入金をすると10,000円相当分のリップルがもらえるキャンペーンを実施していました。昨年にも同様のキャンペーンを実施しており、好評のため再度実施したとのことです。

また2019年3月18日には延長も発表しており、口座開設は4月12日まで行えればキャンペーンの対象になっていました。以下がキャンペーンの概要です。

口座開設キャンペーン期間2019年3月1日(金)〜2019年4月12日(金)
入金・取引期間2019年3月1日(金)〜2019年4月19日(金)16時まで
対象者期間中に新規に総合口座を開設し、かつ口座開設後に10万円以上または、さらに入金
プレゼント内容リップル10,000円相当分(利用実績に応じて)
申込み方法エントリーは不要、口座を開設して該当の金額を入金するとリップルが付与されます

今後も同じようなキャンペーンが行われるかもしれませんから、まだ口座を持っていない場合はキャンペーンが行なわれているときに口座開設をするといいですね。

(口座開設に3日~1週間程度かかるため、まずはこちらから「ビットポイント」へ登録しておきましょう。

【終了】キャンペーン:「新規口座開設と入金で3,000円相当のビットコイン」

キャンペーン期間内に新規で口座開設をして、入金をすると3,000円相当分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施していました。去年にも同様のキャンペーンを実施しており、好評のため再度実施したとのことです。

以下に概要をまとめています。

  • キャンペーン期間: 2018年12月28日(金)18時00分 ~ 2019年2月19日(火)23時59分
  • 対象者:期間中に新規に総合口座を開設、かつ口座開設後に5万円以上の入金
  • プレゼント内容:ビットコイン3,000円相当分
  • 申し込み方法:エントリーは不要、口座を開設して該当の金額を入金するとビットコインが付与されます

【終了】キャンペーン:「口座開設と入金で3,000円相当プレゼント」

ビットポイントで新規口座の申し込みを行い、口座開設後に初回の入金を行うと、ビットコイン3,000円相当をもらえるというもの。

実施期間は2018年10月9日(火)0時~2018年11月30日(金)16時で、「初めての仮想通貨取引応援キャンペーン」と銘打って行っていました。3,000円は、なかなかうれしい金額ですよね。

ビットポイントでの口座開設を考えている方は、キャンペーンが実施されているときに申し込むのがおすすめです。

【終了】キャンペーン:「ログインするだけでビットコインプレゼントキャンペーン」

来店ポイントと同じような形で、1日1回ログインをするだけでビットコイン(1,000satoshi)をゲットできるキャンペーンを行っていました。

実施期間は、 2018年11月19日(月)16時~2018年12月19日(水)16時。

ノーリスクで、ログインをするだけで投資を始められるチャンス。まだ口座開設をしていない人はこの機会にはじめるとお得でした。

▼ビットポイント(BITPoint)で開催中のキャンペーンを詳しく解説!▼

BITPOINT
ビットポイント(BITPoint)のキャンペーンを詳しく解説!本当にお得なのか? ビットポイント(BITPoint)のキャンペーンってどんな内容?他の取引所と比べてお得なの?といった疑問をお持ちではないでしょう...

【終了】MT4取引でビットコインキャッシュの取り扱い開始

ビットポイントは2019年5月20日に、MT4取引の取り扱い通貨にビットコインキャッシュを追加しました。ビットコインキャッシュを取引する方にとっては、大きな情報ではないでしょうか。

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨で、ブロックサイズがビットコインよりも大きいのが特徴です。また、メジャー通貨として出来高も高くなっています。

【終了】MT4取引にてビットコインキャッシュ取り扱い記念のキャンペーンも開始

ビットポイントでは、MT4取引におけるビットコインキャッシュの取り扱い開始を記念したキャンペーンを行っています。

  • 実施期間:2019年5月27日16時〜2019年6月30日16時
  • 対象:キャンペーン期間の約定累計金額(約定した金額の合計)が、レバレッジ取引とMT4取引合わせて10万円以上の方
  • レバレッジ取引:キャンペーン期間の建玉管理料を全額キャッシュバック
  • MT4取引:新規建てで発生したスワップ料、もしくはポジション決済時に徴収されたスワップ料を全額キャッシュバック

現在、実施されているキャンペーンはありませんが、過去に様々なキャンペーンが行われているので、常に公式ページよりチェックしておいた方が良いでしょう。

定期メンテナンスや臨時メンテナンスに注目

ビットポイントで取引する場合は、定期メンテナンスと臨時メンテナンス情報にも注目しましょう。

それぞれの取引所では独自に定期メンテナンスを行っていますが、その期間は決済ができないため、思わぬ損失を招く可能性もあります。メンテナンス期間に近づいたら決済しておくなど、慎重に取引しましょう。

ビットポイントはシステムメンテナンスとして、1ヶ月に1回程度ログインと取引ができない時間があります。また何かしら不具合が発生した際には臨時メンテナンスもあり、一部サービスが停止になることが多いです。

どちらも重要な情報としてお知らせに詳しく載っているので、定期的に確認しましょう。

ビットポイント(BITPoint)に関してよくある質問

ビットポイントで取引を始める前に、よく聞かれる質問や疑問点をまとめました。評判や口コミに加えて、不安な部分や詳細をきちんと理解をして取引を始めましょう。

質問1:仮想通貨の税金について不安。確定申告はどうすればいい?

ビットポイントで行った取引は、損益計算を計算して、証明書を発行できる機能があります。

確定申告の際は期間を1月1日から12月31日で選択して、CSVまたはPDFでダウンロード可能。そのまま確定申告に利用できるので安心ですね。

ちなみに確定申告期間は、毎年215日~315日頃になっています。近年では電子申告もできるので、自宅にいながらWeb上にて提出も可能です。

質問2:はじめて使う取引所なのでうまく使えるか心配。サポート体制は?

ビットポイントでは、カスタマーセンターによる『電話受付』を行っており、他の取引所にはない圧倒的に手厚いサポート体制を構築しています。

電話受付は通常、平日の午前9時〜午後5時まで(現在は1時間延長し、午後6時まで)対応しています。

初めての利用者でも安心して投資をできるようにサービスを拡充する姿勢は非常に好感を持てますし、安心して利用ができます。

わからないことがあってもすぐ聞けるのが非常に便利。「ビットポイント」へ登録おくのもおすすめです。

現在、サイトもリニューアルしたのでより使いやすくなっています。

ビットポイント(BITPoint)の口座開設方法

ビットポイントの口座開設の手続きは他の取引所に比べてもかなりスムーズで、たいてい1週間以内には取引を開始することができます

ビットポイントでの口座開設の手順は以下の通り。

  1. ビットポイントのホームページより登録
  2. 基本情報と口座開設申し込み
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 申し込み完了メールの受信
  5. 口座開設審査完了メールの受け取り
  6. 転送不要郵便の受け取り(住所本人確認用)
  7. 入金をして取引開始!

すべてのプロセスをスマホだけで完結することもできます。また1週間以内ですべての手続きが完了しますが、口座開設の審査には3~4日程度かかる場合もあります。

インターネットで登録ができ、なおかつ無料ですのでまずはそこまで進めておきましょう。

こんな人にはビットポイント(BITPoint)がおすすめ

この記事の要約
  • アルトコインを割安で取引ができる
  • 中級者以上も満足して利用できる取引所
  • セキュリティ対策不十分でハッキング発生、2019年12月25日より新規口座受付再開

これから仮想通貨投資を始めるなら「ビットポイント」へ登録しましょう。

ビットポイントは各種手数料が無料で、アルトコインを取引所形式で購入することができます。

またMT4をはじめとした取引ツールも魅力的。MT4ツールは簡単にEA売買(自動売買)を起動できるので、初心者の方でも安心して利用できるでしょう。