イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)とは?特徴とビットコインとの違い・スマートコントラクトの仕組み解説

この記事を読んでほしい人
✔ イーサリアム取引をしたい方
✔ イーサリアムがどのような仮想通貨なのか知りたい方
✔ イーサリアムの価格が今後どうなるか知りたい方

ビットコインに次ぐ人気を誇る仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)。2019年3月時点では、約2000種類以上ある仮想通貨の中で時価総額ランキングは2位になっています。

一時期、イーサリアムの時価総額は3位でしたが、2019年に入りリップルを超えて2位を奪還しました。それだけ、実用性などの観点で需要が高いということが分かりますよね。

そこで今回は、そんなイーサリアムの特徴・将来性・買い方についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • イーサリアムの大きな特徴は「プラットフォーム」「プルーフ・オブ・ステーク」「アップデート」
  • イーサリアムのメリットは「非中央集権化されたプラットフォーム」「送金が速い」「発行枚数上限がない」、デメリットは「セキュリティが完全ではない」「アップデートが延期されがち」「価格が上昇しにくい」
  • イーサリアムは多くの企業に注目されており、今後価格が上昇することに期待できる
  • イーサリアムを購入できるおすすめの取引所は「GMOコイン」「コインチェック」「ビットバンク」

イーサリアム(ETH)とは

通貨名 Ethereum(イーサリアム)
通貨略号 ETH
公開日 2015年7月
公式サイト https://www.ethereum.org/
発行上限 上限なし
国内取引所 bitFlyer, Zaif, DMM bitcoin, GMOコイン, QUOINEX, bitbank
海外取引所 Binance, Bittrex, Hitbtc 他多数

イーサリアムは2013年、ヴィタリック・ブテリン氏によって設計・開発されました。

イーサリアムプロジェクトの資金による管理は、2014年にスイスで設立された「イーサリアム財団」によって管理されています。

イーサリアムとビットコインの特徴の違い

ビットコインは、銀行や政府などのこれまで中央集権的に管理する第三者がいた決済ネットワークに代わり、参加者同士での直接取引が可能な支払いシステムを構築するために開発されました。

つまり、ビットコインは決済のための通貨です。

一方でイーサリアムは、正確にはブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称。私たちがイーサリアムと呼んでいるのは、プラットフォーム上で流通する「イーサ」という通貨のことです。

イーサリアムプラットフォームでは、アプリケーションのプログラムを履行するために「ガス」と呼ばれるコンピュータパワーの原価に当たるものを支払わなくてはなりません。この支払いに使うのがイーサです。

イーサリアムのスマートコントラクトとアプリケーション

アプリケーションとは、スマホアプリやパソコンのアプリなどを含むソフトのこと。イーサリアムにおいてはDApps(Decentralized Applications、自立分散型アプリケーション)の開発基盤に特化しています。

また、イーサリアムには「スマートコントラクト」という仕組みが実装されています。これはブロックチェーンに契約の執行される条件と契約の内容を記録することで、契約そのものを自動化するというもの。

スマートコントラクトを使えば、今まで人の手や多くの書類を介して行われてきた契約を自動化することで人件費や手間を削減し、なおかつ契約を確実に履行することが可能。金融分野や不動産分野など、契約が重大な意味を持つ分野で注目されています。

特徴を知る前に、イーサリアムは決済以外にも様々な目的を有していること、プラットフォームの基盤となるという目的があることを押さえておきましょう。

イーサリアムとビットコインのマイニングの違い

イーサリアムとビットコインは、仮想通貨のマイニングのルールや仕様が大きく異なります。

ビットコイン イーサリアム
マイニング報酬 12.5BTC 3ETH
ブロック生成時間 10分 15秒
通貨発行上限 2100万枚 無限
(年間1800万枚まで)

それ以外にも、イーサリアムのマイニング報酬が一定に保たれている一方で、ビットコインの報酬は約4年に1度訪れる半減期によって変動します。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムの特徴的な仕組みは以下の3つ。

  • 特徴1:プラットフォーム
  • 特徴2:プルーフオブステーク
  • 特徴3:アップデート

以上の3つの特徴について、詳細を説明していきましょう。

特徴1:プラットフォーム

イーサリアムは、世界に開かれたブロックチェーンネットワークです。

  • システムの開発
  • クリプトグラフィー(文字の暗号化)
  • アルゴリズムの開発

通常、ブロックチェーンを開発しようと思うと、これらを構築するために膨大な時間と人的資源が必要

しかしイーサリアムを活用することで、ブロックチェーンを利用した仕組みを、誰もがゼロから作るよりも圧倒的に簡単に開発することができます。

これがイーサリアムがプラットフォームと呼ばれるゆえんであり、多くの開発者に利用される理由です。

特徴2:プルーフ・オブ・ステーク

イーサリアムは、取引承認方式にプルーフ・オブ・ステーク(PoS)という仕組みを実装することを目指しています。

プルーフオブステークとは、イーサリアムを多く保有しているマイナーに報酬が支払われる仕組み。計算処理を基準にしていないため、マイニングマシンの消費電力を抑えられるメリットがあります。

ただし、現在はイーサリアムもプルーフ・オブ・ワーク(PoW)という仕組みで動いており、今後のアップデートで移行を予定している状態です。

プルーフ・オブ・ワークとは

プルーフ・オブ・ワークは、ビットコインでも採用されている方式。

プルーフ・オブ・ワークでは、取引の承認のためにマイナーがパソコンを使って「ナンス」という値を計算します。そして最初にナンスを探り当てた人に報酬が支払われるという仕組み。

保有量に関係なくすべての投資家に報酬を得る機会があり、プルーフ・オブ・ステークよりも仮想通貨の基本的な理念である非中央集権的なあり方に近いといえます。

しかし、プルーフ・オブ・ステークよりも消費電力が高くなってしまうというデメリットもあります。

特徴3:アップデート

イーサリアムは、以下4段階のアップデートを控えています。

  1. フロンティア
  2. ホームステッド
  3. メトロポリス
  4. セレニティ

これまでのアップデート

フロンティアは2015年7月30日に行われました。これは開発者向けのアップデートで、バグが起きたときにバグが起きる前に戻ることができるようにするなど、イーサリアムの本格始動の前段階としてのもの。

本格的にイーサリアムが始動したのは、2016年3月に行われたホームステッドを終えてのことです。ホームステッドではフロンティアの時点で発見されたバグが修正

このアップデートにより、本格的に開発者がイーサリアムプラットフォームへ参入することができるようになりました。

これからのアップデート

現時点では、3段階めのメトロポリスまで完了。ハッキングリスクの低減やマイニング報酬の減額などの機能の実装が特徴の大型アップデートでした。

メトロポリスは前半と後半に分けられていて、2019年1月に後半の計画(コンスタンティノープル)が延期になりましたが、3月1日に再実施されました。

2019年11月には、最終段階セレニティの前半段階であるイスタンブールが行われる予定。セレニティではプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへ、コンセンサスアルゴリズムを移行させる計画となっています。

イーサリアムのメリット・デメリット

イーサリアムの特徴が、市場でどのように評価されているのか解説していきます。

今後の価格は市場の評価によって決まりますから、メリット・デメリットをきちんと把握しておきましょう。

イーサリアムのメリット3選

イーサリアムは、アプリ開発などを目的としたプラットフォームを運営するための仮想通貨。そのため他の仮想通貨と比べ、プラットフォーム運営に適したメリットがあります。

具体的には、以下の3点がイーサリアムのメリットです。

非中央集権化されたプラットフォーム

イーサリアムの長所は、完全に非中央集権化されたプラットフォームであるということ。

ネットワーク上での活動や取引はすべて分散型台帳(ブロックチェーン)に記録されているため、外部からのハッキングや記録の編纂は行われません。

これまではGoogleやFacebook、Appleなどといったプラットフォームでの活動を余儀なくされていたソフトウェアやプロジェクトが、誰の干渉を受けることなく運営できるようになります。

送金が速い

ビットコインではおよそ10分に1度ブロックが生成されますが、イーサリアムでは15秒に1度ブロックを生成します。ブロックの生成速度が高いということは、送金が速いということ。

ビットコインでは、投資家が増えることで送金が詰まったり手数料が高額になり過ぎるという、スケーラビリティ問題が懸念されています。

しかしイーサリアムは送金が速く、手数料もビットコインより安いため、スケーラビリティ問題とは無縁。

イーサリアムは送金に限らず様々な用途に使われますが、ブロックの承認が速いのはあらゆる分野で利便性の向上につながります。

発行枚数上限がない

仮想通貨はたいてい、発行枚数に上限を設けています。

  • ビットコイン:2100BTC
  • リップル:1000億XRP
  • ライトコイン:8400万LTC

イーサリアムは、発行枚数に上限を設けていません。開発者のブテリン氏は上限を設けなかった理由は特にない、としています。

イーサリアムはプラットフォームを円滑に運営するための仮想通貨。今後プラットフォームの利用が拡大すれば、イーサリアムの価格が高騰します。もし発行枚数上限があると価格が過熱してしまい、物理的に購入できない人が出るかもしれません。

そうなればプラットフォームを利用できない人が現われ、サービスの普及が遅れてしまいます。発行枚数上限がないことで価格の過熱を抑え、普及を助けることができるのです。

イーサリアムのデメリット3選

投資の対象として見たとき、イーサリアムにはやや不安になる要素があります。投資して利益を出す存在であることが仮想通貨の目的のすべてではありませんが、将来的に価格が伸び悩むことがあると普及にも遅れが生じる可能性も。

イーサリアムのデメリットは、以下の3点。イーサリアムに投資を考えているという人は、よく検討してください。

セキュリティは完全ではない

たとえイーサリアム上で開発されているプログラムでも、完全なセキュリティが保証されているわけではありません。

開発されたアプリ自体に欠陥がある場合には、そのプログラム内での情報や通貨が失われてしまう恐れがあります。

過去にイーサリアムネットワーク上で起こった大きな事件が、the DAO事件。the DAOというスマートコントラクトを使ってベンチャー投資を行うプロジェクトでしたが、約50億円近くの資金がハッキングされました。

イーサリアム自体のデメリットというわけではありませんが、ブロックチェーンは万能ではないということを象徴する事件です。

アップデートが遅れている

イーサリアムは当初、2018年10月にメトロポリスアップデートを完了させる予定でしたが、最終的に2019年3月まで延期されました。

セレニティの前半段階であるイスタンブールも2019年10月に実装予定でしたが、11月に延期となっています。

これまでイーサリアムがアップデートすると、必ず価格が上昇しました。それだけ、投資家はイーサリアムの動向について注目しているということ。

セレニティはコンセンサスアルゴリズムを移行するなど、大きな変化を伴う大型アップデートで注目度も高いです。もし大幅な延期が発表されれば、投資家の失望によって価格が下落することもあり得るでしょう。

価格が上昇しにくい

イーサリアムは発行枚数上限がないため、価格が上昇しにくいという特徴も。他の仮想通貨であれば発行枚数を限定させたり、定期的に流通分を破棄したりすることで、希少価値を高めて価値が上昇するよう誘導します。

しかし、イーサリアムはそういった仕組みがまったくないために価格が上昇しにくく、投資目的で見るとやや魅力を欠いているといえるでしょう。

ブテリン氏はイーサリアムの発行枚数上限に対して、「みんなで決めるべきだ」と述べています。今後の動向次第によっては、イーサリアムにも発行枚数上限が設定され、投資家にとってより魅力的な通貨になる可能性もあるかもしれません。

イーサリアム(ETH)の実用化

イーサリアムは、ブロックチェーンを開放したネットワーク。

ネットワーク上でイーサリアムのブロックチェーンを使ったプロダクトが実用化されることで、社会を豊かにする可能性を秘めています。

DAppsの開発

イーサリアム上では、25,000を越えるアプリ(DApps)が開発されています。

知名度の高いアプリでは、アメリカのメジャーリーグ機構と協力して開発をしたMLB Crypto Basebllというゲームが有名。ゲーム内で試合に勝利したり、選手の売買など特定のアクションに応じてイーサリアムが取引されるという仕組み。

実際にゲームで遊ぶときには、イーサリアムのウォレットを利用します。

トークンへの利用

イーサリアムのネットワークを利用して、アプリだけではなく新しい仮想通貨やトークンの開発もされています。仮想通貨Augurは、イーサリアムで開発されている通貨の代表例。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼ばれるトークンによる資金調達が一時大きな話題になっていましたが、多くのトークンがイーサリアムのネットワークをベースに開発されました。

ICOに用いられるトークンは、イーサリアムベースのトークンも多く、イーサリアム対応ウォレットを用意すれば受け取ることができます。

トークン利用の技術規格 ERC

イーサリアムのプラットフォームは様々なトークンに利用されており、技術の標準化の指針としてERC(Ethereum Request For Comments)が定められています。

イーサリアム上で発行されるトークンはこのERCに準拠し発行されますが、トークンの仕様について定めたものがERC-20と呼ばれるもの。これを利用して、すでに1万種類を超えるトークンが発行されました。

ERCにはERC-20のほかにも、上位互換である「ERC-223」やDAppsゲームに使われる「ERC-721」など、多くの種類があります。

イーサリアム(ETH)のチャートと価格遷移

イーサリアムの価格は、以下のように推移しています。

2017年のイーサリアム価格推移

2017ethchart

2017年3~5月にかけて、それまで横ばいだった価格が一気に上昇に転じました。これはアルトコインバブルという、新規参入のユーザーが一気に増加した事によって起こった価格上昇。

それまで15ドル前後で取引されていた価格が、最高で400ドル近くまで上昇しました。20倍以上の価格上昇が、その凄さを物語っていますね。

イーサリアムの価格動向
2017年 9ドル ⇒ 839ドル

2018年のイーサリアム価格推移

2018ethchart

2018年に入ると、過去最高の1300ドルを突破しました。2017年1月に100万円分持っていたイーサリアムが、たった1年で1億5000万円になったという計算ですね。

この時点で何人もの億り人が誕生。そこから価格は下落を続けていますが、ある意味正常な価格帯に戻ったとも言えるでしょう。

イーサリアムの価格動向
2018年 1448ドル ⇒ 83ドル

2019年のイーサリアム価格推移

2019ethcahrt

2019年に入っても、方向感に乏しい相場が続きました。ただ、適正価格で推移しているともいえますので、ネガティブ相場と捉えない方がいいでしょう

228日時点では、136ドル台の小幅な値動きとなっており、ボックス相場を形成しています。

5月には価格が上昇に転じ、6月のピーク時には200ドルを超えました。同時期にはビットコインも価格を上昇させており、相場全体が影響を受けた可能性があります。

スマートコントラクトを活用したアプリ開発などが進めば、堅実に上昇することが期待できるでしょう。また、10月にはイーサリアムの開発者の集まる大型カンファレンスである「デブコン」が日本で開かれる予定。内容次第によっては価格が大きく上昇するかもしれません。

イーサリアムの価格動向
2019年 102ドル ⇒ 200ドル以上

イーサリアムの価格遷移まとめ

イーサリアムの価格遷移をまとめた表がこちらです。

イーサリアム価格レンジ
2017年 9ドル ⇒ 839ドル
2018年 1448ドル ⇒ 83ドル
2019年(~10月) 102ドル ⇒ 200ドル以上

イーサリアム(ETH)の将来性

イーサリアムが採用しているスマートコントラクトは様々な企業が注目しており、トヨタ自動車やマイクロソフト、インテルなど一流企業も導入に向けて研究しています。

他にもDApps(分散型アプリケーション)を動かすことができるため、スマホ向けゲームやシステムアプリの開発・リリースされている点にも注目です。

またイーサリアムを企業や市場に適用させる団体のエンタープライズ・イーサリアム・アライアンスに加盟している企業は100社を超えました。

企業向けのイーサリアムである「エンタープライズ・イーサリアム」もすでに公開。10月のデブコンでは、その新バージョンが発表される予定です。

仮想通貨業界だけでなく、様々な業種への応用・活用が期待されるイーサリアムは、経済界からも注目を集めています。

▼イーサリアムの将来性についての専門家の意見! 詳しくはこちら

【2019年】イーサリアム(ETH)の将来性!今後の見通しと価格が上がるか暴落するか専門家が予想 ビットコインに次いで時価総額も大きく、人気の高いイーサリアム。 イーサリアムへの投資に興味があるが、しっかりと将来性を見極...

イーサリアムの評判、口コミ

現在、イーサリアムの価格は200ドル前後で推移しています。時価総額2位の人気を誇っている通貨だけに買い増し、将来性を評価してガチホ(長期保有して手放さないこと)を検討している人も。

大手企業も注目するだけに、今後目に見える形でイーサリアムが実用化する可能性もあります。そうなれば価格が大きく上昇するかもしれませんし、それまでは辛抱強く保有すると決めているユーザーも多いようですね。

また、アップデートに期待している意見もあり、201931日に実施予定されるコンスタンティノープルには要注目です!

イーサリアムを購入できる取引所ランキング

国内の仮想通貨取引所の中でも、イーサリアムを購入出来る取引所のランキングおすすめ上位3つがこちら。

  1. GMOコイン
  2. コインチェック
  3. ビットバンク

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

第1位 GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

GMOコインが人気の理由は、大手のGMOグループによる運営という点での安心感と、取引所・販売所を兼ね備えたオールラウンドで使える利便性によるもの。

イーサリアムは販売所でも取引所でも、好きなタイミングで売買可能です。

第2位 コインチェック

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェックは取引所・販売所両方の機能のある仮想通貨交換所。日本円でイーサリアムを売買可能です。

コインチェックではイーサリアムを販売所で購入する必要があり、スプレッドがかかってしまいます

しかしアプリや注文のしやすさが群を抜いており、人気の取引所です。

第3位 ビットバンク

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

ビットバンクは取引所専業で運営している仮想通貨交換のプラットフォーム。

活発に投資をする利用者が多く、取引高が非常に大きいことが特徴です。

イーサリアムはビットコインで購入する必要があるので、初めて投資をする人は少し手間がかかりますが、取引手数料がー0.2~1.2%とリーズナブルなので、大きなデメリットにはなりません。

イーサリアム(ETH)はまだまだ伸びしろのある通貨

この記事のまとめ
  • イーサリアムの大きな特徴は「プラットフォーム」「プルーフ・オブ・ステーク」「アップデート」
  • イーサリアムのメリットは「非中央集権化されたプラットフォーム」「送金が速い」「発行枚数上限がない」、デメリットは「セキュリティが完全ではない」「アップデートが延期されがち」「価格が上昇しにくい」
  • イーサリアムは多くの企業に注目されており、今後価格が上昇することに期待できる
  • イーサリアムを購入できるおすすめの取引所は「GMOコイン」「コインチェック」「ビットバンク」

イーサリアムは、実用性や多様なポイントで活用される可能性の大きさから、まだまだ需要が高まることが期待されている仮想通貨。

世界的な大手企業がイーサリアムの有する技術を高く評価しており、今後イーサリアムブロックチェーンが私たちの身近なところで実用化される可能性もあります。

時価総額でビットコインに次ぐほどの仮想通貨ですから、イーサリアムが今後、仮想通貨業界をけん引することも十分ありえるでしょう。