イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(ethereum classic)とは?特徴やチャート、将来性を紹介

ethereumclassic-logo

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシックとは、ハードフォークと呼ばれるアップデートによって、イーサリアムから派生して生まれた仮想通貨です。そのため、イーサリアムと基本的な性能はそれほど変わりません。

通貨名 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
サイトHP イーサリアムクラシック
発行開始日 2016年07月23日
主な利用用途 送金 / 決済 / 投資 / ビジネス


イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

発行枚数 約1億
発行上限 2億1000万枚
送金速度 約15~37秒
できること
  • 高度なセキュリティ
  • スマートコントラクトによる契約管理および契約履行

イーサリアムクラシックの特徴はイーサリアム同様、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーン上に契約内容を記録し、期日になると自動で契約内容を実行してくれるシステムです。

また、イーサリアムクラシックはイーサリアムと差別化を図るために、IoTへの進出を目指しています。

イーサリアムクラシックでは、IoT技術とブロックチェーン技術の融合が期待されています。

イーサリアムクラシック(ETC)購入におすすめの取引所

順位 取引所名 取引手数料 取扱通貨 使いやすさ 特徴
1 bitbank 無料 7 安全性が高い
2 bitFlyer スプレッド分 6 初心者におすすめ
3 DMM Bitcoin 無料 7 運営体制、セキュリティのレベルが高い
4 coincheck 無料 9 初心者でも操作しやすい
5 bitpoint 無料 5 手数料が安い

イーサリアムクラシック(ETC)のこれまでの値動き

なんと、2017年12月の仮想通貨ブームがピークに達したときには、イーサリアムクラシック(ETC)は高値を更新し、分裂当初の価格から40倍以上(3000円)にまで価格が高騰しました。

つまり、発行当時に10万円分買っていたとすると、その価格は400万円以上までに上がっていたのです。

現在は約700円までに下がっています。

イーサリアムクラシックは、ビジネスで幅広く利用される可能性を秘めているため、今後また価格は上昇すると考えられます。

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の注目ポイント

  • IoT分野での活躍
  • サイドチェーンの実装

IoT技術とブロックチェーン技術の融合

イーサリアムクラシックはイーサリアムとの差別化を図るために、IoT分野への進出を目指しています。IoT(Internet of Things)分野では多様なセンサーを接続して膨大な量のデータを処理することから、高い性能と高いセキュリティ能力が必要となります。

イーサリアムクラシックは、The DAO事件の経験からセキュリティが非常に高くなっているため、IoTとの相性が非常に良いのです。

このようにイーサリアムクラシックでは、IoT技術とブロックチェーン技術を融合させたシステムの構築が進められています。

サイドチェーンの実装

サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。

このサイドチェーンが実装されることで、メインチェーンの負担が減り、これまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができます。

さらにインターネットにおけるシステムの処理速度を向上させることができるため、IoTとの融合にも大きな効果を持つと考えられています。このようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)は将来性の高い仮想通貨と言われています。

イーサリアムクラシック(ETC)を購入して投資をしよう

イーサリアムクラシックが今後、IoTなどのビジネスで利用されるようになると価格の上昇が予想されます。

イーサリアムクラシックの購入を考えている人は今がチャンスです!