ネム(XEM)

ネム(NEM/XEM)とは?特徴とビットコインとの違い・プルーフ・オブ・インポータンスの仕組み

この記事を読んでほしい人
✔ ネムの投資を始めようとしている方
✔ネムで儲けようとしている方
✔ 仮想通貨、およびネムの基本的な知識を得たい方

「ネムは投資対象として価値があるかなぁ?」
「そもそも仮想通貨ネムってどんな性質があるの?」
「ネムって盗られたんじゃないの?」

日本では、良くも悪くも注目を集めた仮想通貨ネムについてこの記事でまとめています。

この記事の要約
  • ネムはコインチェック事件で話題になった仮想通貨
  • 現在ではコインチェックZaifのみで取扱いをされている
  • 技術的に評価が高く、根強いファンがいる仮想通貨

これからネムの購入をする方は、「コインチェック」がおすすめです。

ネム(XEM)とは

通貨名 ネム(NEM)
通貨略号 XEM
公開日 2015年
開発者名 Utopianfuture
公式サイト https://nem.io/
発行上限 約90億
通貨の目的 企業やユーザーにとって使いやすいブロックチェーン技術の提供
国内取引所 GMOコイン
Coincheck(コインチェック)
Zaif(ザイフ)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
海外取引所 Bittrex(ビットレックス)
POLONIEX(ポロニエックス)
HItBTC(ヒットBTC)
YoBit(ヨービット)
Cryptopia(クリプトピア)
Binance(バイナンス)
etc

ネム(NEM)とは本来ネットワークの名前です。このネットワーク上で扱うトークンがXEMです。

『XEM』と『NEM』でややこしいですが、地味に使い分けられています。

現代の日本では、これらをあまり分けて考えませんが、本文中ではネムと書いた場合はネットワークを、xemと書いた場合には仮想通貨を意味します。

ネムはjavaで書かれたP2Pタイプのネットワークです。高度に分散化した(分散型コンピューティング、非集権型)ネットワークを目標にし、ブロックチェーン技術を導入しています。

2017年末の価格上昇のときには注目を浴びていましたが、コインチェックで580億円が強奪された事件(ネム事件)によって、日本だけでなく、世界でも良くも悪くも一躍知名度をあげた通貨です。

下のグラフはネムの価格遷移を表したチャートです。

ネムのチャート

ネム(XEM)とビットコインの違い

仮想通貨としてのネムは、ビットコインよりも以下の点で優れます。

  • 低コスト
  • 高セキュリティ
  • マイニングがない
  • 承認速度(処理速度)が速い

ネムは技術的なアップデートにも積極的です。今後も成長を続ければ、ネムがビットコインに変わって覇権を取るのではと信じるファンも少なくありません。

ネムは、仮想通貨としての役割だけではなく、技術的な革命も含めて行っていこうとするプロジェクトです。

ネム(XEM)の特徴

ネムは3月10日現在において時価総額19位です。日本の取引所コインチェックで580億円相当のネムが盗難・流出事件が発生していました。

取引所の責任とはいえ、それでもなお高い時価総額を誇っています。

特徴1:新しい経済という意味を持ちファンも多い

NEM(New Economy Movement)からネムというプロジェクトが生まれました。

新しい経済圏の創出がネムの開発理念です。その思想に賛同するコミュニティもなかなかアツいのがさらなるファンを作る理由の1つです。

日本人にも人気高し

実はネムの開発に日本人が携わっていたこともあり、日本を中心とした投資家に人気があります。

また渋谷にはNEMバーと呼ばれる、バーがあります。仮想通貨ネムの愛好家達が夜な夜な集っては新しい経済のある未来について語っているとか、いないとか。。。

特徴2:NEM.io Foundation Ltd(NEM財団)を設立

NEMのコミュニティは2016年12月に国際的な親組織とするべく、シンガポールに保証有限責任会社であるNEM.io Foundation Ltd(NEM財団)を設立しました。

この後に、拡大に合わせて各国や地域に支部を作っていくことになります。日本のテックビューロ社のCEO朝山氏も2017年6月に理事に就任しました。

ネム(XEM)に使われている技術

改良されたアルゴリズム「プルーフ・オブ・インポータンス」

改良されたアルゴリズムをブロックチェーンのコンセンサスで用いています。NEMネットワークの効率的な運用と保守を目指したアルゴリズムです。

ビットコインのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)やイーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の問題点を解消したアルゴリズム、「プルーフ・オブ・インポータンス」を搭載しています。

マイニングをする際には、これまでは計算力や所有量が重要でしたが、この仕組みでは、重要度の高いユーザーほど報酬が受け取り安いシステムです。

これによって、これまでの圧倒的な資本力で独占に近い形で一部の組織がマイニングを行っていた状態からの脱却を図ります。

ブロック生成間隔は約1分

ブロック生成速度(≒承認速度)が約1分と著しく速く、実用的な意味で非常に将来性があります。

ビットコインのブロック生成速度が10分、ライトコインが2.5分です。他の仮想通貨と比べて、著しく速いことが分ります。

ブロック生成速度の速さはスピーディーな取引に必ず役に立ちます。

ネム(XEM)の将来性

ネムはロードマップの発表を行わないことで有名です。他の仮想通貨のプロジェクトではロードマップを出すことが一般的だからです。

長期投資には向かないとも考えられますが、それでもなお、ロードマップなしに十二分に投資を集めている事実があります。

また、仮想通貨は発行上限枚数まで発行されているとはいえ、希少性は維持されているため、価値が上がる条件は十分揃っています。

また、処理能力の向上を意図したプロジェクト「カタパルト」が予定されていることで有名です。

ネムを通じたクレジットカードのようなものがリリースされます。これはテックビューロ社とネムのコアデベロッパーが共同で開発しているものです。

ネム(XEM)のチャートと価格遷移

ネム(XEM)は2017年以降以下のように推移しています。

ネムのチャート

2017年のネム価格推移

2017年当初は、わずか0.003ドルだったネム。

そこから徐々に価格が上昇し、2017年10月から一気に高騰。その価格は年末時点で1ドルに。

なんとたった1年で価値が300倍にもなりました。

2018年のネム価格推移

2018年年初も勢いはおさまらず、価格は上昇を続け、ピーク時には2ドル近い価格もつけました。

4月には0.2ドルまで価格を戻してしましました。その後一時、回復の基調を見せるものの、再度下げ相場に後戻り。

2018年年末には、0.07ドルとなりました。

2019年のネム価格推移

2019年に入ってから、ネムの価格は横ばいが続いています。0.04ドル〜0.07ドル近辺に収まっています。

価格遷移まとめ

2017年 2018年 2019年
0.03ドル〜1ドル 0.07ドル〜2ドル 0.04ドル〜0.07ドル

ネム(XEM)の評判

今後の発展次第ではビットコインすらも凌駕する勢いで成長していきます。

基本的にビットコインのパワーアップ版とも言える面が多く、また、その理念も多くの人に受け入れられ多くのファンが付いています。

ネムは何よりも、「富の再分配を目指す」という思想も持っています。

この思想が投資家に受けられるかはともかくとして、富を持たぬ者の方が圧倒的に多い世界では受け入れられています。

そのため、利用者や知名度が増えていくことは間違いありません。おさえておいて損のない仮想通貨であると言えます。

▼ネムの将来性に言及!こちらもチェック▼

ネム(NEM/XEM)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想 ネムはビットコインと違う仕組みを持ったユニークな通貨。 コインチェックの流出事件といったこともあり、ネムはなかなか評価され...

ネム(XEM)を購入できる取引所ランキング

1位:取引所 Coincheck(コインチェック)

コインチェック株式会社が運営する取引所。

2018年にネムの流出事件を起こしましたが、マネックスグループの子会社となり復活。

以前は「みなし業者」でしたが、正式な「交換業者」として再スタートしています。

取引形式は、販売所形式となっています。スプレッドがありますが、現物取引できるのが魅力。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインネムステラルーメン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

取引所名 Coincheck(コインチェック)
公式HP https://coincheck.com/ja/
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.08%~
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(NEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
レバレッジ取引 5倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

クイック入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

出金手数料 日本円出金 400円

2位:取引所 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

大手DMMグループが運営する取引所です。企業の信頼性は抜群!DMM FXといった金融事業を手掛けているのでノウハウに関しては全く問題ないといえます。

残念なことに現物取引ではネムを扱っておらず、レバレッジ取引のみなので2位としています。

DMM Bitcoin
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 仮想通貨の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

取引所名 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
公式HP https://bitcoin.dmm.com/
交換所タイプ 販売所
取引手数料 無料
スプレッド 0.2〜2%
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
ネム(NEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ
(BCH)
レバレッジ取引 4倍
入金手数料 クイック入金:無料
振込入金:実費手数料負担
出金手数料 無料

3位:取引所 Zaif(ザイフ)

テックビューロ株式会社が運営する取引所。取引所形式で取引でき、手数料が安いので本来であれば1位として紹介したい取引所です。

しかし、2018年に流出事件を起こした影響として、2019年には新規登録を受けつけていません。Fiscoに事業譲渡しており、仮想通貨取引所が統合するとの話があるので、統合した時に使いやすい取引所になっている可能性はあります。

ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
  2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
  3. 低リスクな積立ができる

取引所名 Zaif(ザイフ)
公式HP https://zaif.jp/?lang=ja
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.01~0.15%
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
ネム(NEM)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
レバレッジ取引 7.77倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満:486円
3万円以上:594円

ペイジー入金
3万円未満:486円
3万円以上:594円

出金手数料 銀行振込
50万円未満:350円 50万円以上:756円

他の仮想通貨も気になる。アルトコイン40種類を一気に解説
>>仮想通貨40種類を一覧でまとめて解説(特徴、将来性、発行上限、時価総額etc)

まとめ

この記事のまとめ
  • ネムはコインチェック事件で話題になった仮想通貨
  • 現在ではコインチェックとZaifのみで取扱いをされている
  • 技術的に評価が高く、根強いファンがいる仮想通貨

これからネムの購入をする方は、「コインチェック」がおすすめです。