ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)とは?特徴や仕組み、ビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュ(BCH)のリアルタイムチャート

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインキャッシュについて知りたい方
✔ ビットコインキャッシュの価格が上がるか知りたい方
✔ ビットコインキャッシュが買える仮想通貨取引所を知りたい方

仮想通貨といえば、「ビットコイン(bitcoin)」というイメージになりがちですが、「ビットコインキャッシュ(bitcoincash)」という、よく似た名前の仮想通貨があります。

ビットコインキャッシュとは、どのような仮想通貨なのでしょうか。そして、どのような特徴を持っているのでしょうか。わかりやすく解説します。

この記事の要約
  • ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから分裂してできた仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはビットコインよりもブロックサイズが大きく、送金のスピードが速い
  • ビットコインキャッシュは将来性が高く、今後価格が上昇する可能性がある
  • ビットコインキャッシュを取引できるおすすめの仮想通貨取引所は「bitFlyer」「GMOコイン」「bitbank

まだ口座を持っていない場合はこちらからbitFlyerに登録!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、2017年に誕生した新しい仮想通貨で、bchとあらわす

「ビットコイン」という名称がついているのは、ハードフォークという過程を経てビットコインから分裂して誕生した経緯を持つ仮想通貨だからです。

ハードフォークとは仮想通貨の仕様を変更することです。前の規則を無視し、ある地点から新しい規則を適用することで、仮想通貨は古い規則のものと新しい規則のものに分裂をします。

ビットコインキャッシュの場合は古い規則のものがビットコイン、新しい規則のものがビットコインキャッシュとなります。

ビットコインから派生した仮想通貨ですが、アルトコインの一種に分類されます。

通貨名ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)
通貨略号BCH
公開日2017年8月1日
公式サイトhttps://www.bitcoincash.org/
発行上限2100万枚
国内取引所BITPoint(ビットポイント)、bitbank(ビットバンク)、GMOコイン、Coincheck(コインチェック)、DMM Bitcoin、Bit Trade、QUOINEX、Zaif、フィスコ仮想通貨取引所、BTC BOX他
海外取引所Binance(バイナンス)、Poloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットトレックス)他

ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した理由は送金(トランザクション)詰まり

  • ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた実用化のための技術的な課題を解決するために開発された
  • その課題とは、取引情報を記録しているブロックの容量不足

ビットコインはブロックチェーンという技術によって運営されています。

  • ブロックチェーン:取引記録をブロックという単位にまとめ、ブロックを正当であると承認してつなぐ仕組み
  • ビットコインはすべての利用者で分散してネットワークを管理するP2Pネットワークという仕組みで管理されるため、承認も特定の個人ではなく、マイナーと言われる利用者が行う

マイナーは暗号化された取引記録を、膨大な数を計算することで解くマイニングという作業を行うことで承認します。取引記録がブロックという単位でまとめられ、マイニングで承認されることで初めてビットコインを用いての送金が完了するのです。

ビットコインが盛んに取引されるようになると、当然送金などの数も増えます。するとブロックサイズが小さいために、1度ですべての記録をブロックにできず、余ってしまいかねません

この余ってしまう問題こそ、送金詰まりです。

送金詰まりを解決する2つの方法

送金詰まりを解決するには、以下の2つの方法があります。

  • ブロックサイズ自体を大きく拡張する方法
  • 取引データを圧縮する方法

ビットコインでは10分に1度ブロック生成されるようにするという決まりは変えられないため、一度のマイニングで承認できるデータ量を増やさなくてはなりません。

ブロックサイズ自体を大きくすることができれば、一度のマイニングでより多くの取引記録を承認することが可能になります。

また同じブロックサイズであっても、何らかの方法を用いて取引データを圧縮することができればより多くの取引データを1つのブロックに収めることができます

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインに待ち受ける技術的な問題を解決するために開発されました。

先に紹介した内容とも重なりますが、ビットコインキャッシュの特徴を紹介します。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決

  • ビットコインキャッシュはビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題(送金詰まり)を解決している
  • スケーラビリティ問題:ビットコイン取引が拡大することでビットコインの処理能力を超え、処理されない取引データが増えてしまう問題

スケーラビリティ問題が発生すると平均処理速度が低下し、同じ取引データでも処理されないことがあります。すると送金する人は優先して処理してもらうために、より高額の手数料を支払います。

その結果、平均処理速度が落ちたうえに処理手数料が高騰するという負のスパイラルに陥ってしまいかねません。

ビットコインはブロックチェーンの外で取引を行うことで取引データを大幅に圧縮するライトニングネットワークなどの技術を導入することで、スケーラビリティ問題を回避しています。しかし根本的な仕組みは改善されていません。

ビットコインキャッシュはハードフォークを経て、抜本的に仕組みを改めることでスケーラビリティ問題を改善しています。

Segwit(セグウィット)とBig Block(ビッグブロック)とは?

  • 2017年5月、ビットコインのコミュニティやマイナー、ビットコインを利用する事業者の間でスケーラビリティ問題の解決方法を巡って対立が起きた
  • このとき提示された解決方法がSegwit(セグウィット)とBig Block(ビッグブロック)

Segwit

ビットコインのコミュニティはSegwitを推しました。

  • Segwit:取引データのうち、送信者の確認に用いる署名部分をブロックチェーンとは別の領域で管理する技術

署名部分の分取引データを小さくできるため、同じブロックサイズであってもより多くの取引データを処理することが可能となります。ですが根本的な解決とは言えません。

Big Block

一方ビットコインのマイナーはBig Block(ビッグブロック)を支持します。

  • Big Block:ブロックサイズを大きくすることで、より多くの取引データを一度に処理できるようにする方法

この方法であれば後からSegwitを実装するなどの拡張性を持たせることができます。

しかしBig Blockにはハードフォークが必須です。ハードフォークを経て新しい仮想通貨が生まれることでビットコインのマイナーも分かれてしまったり、生まれたての仮想通貨で処理能力を占有し、取引の改ざんを行おうとする者が表れるリスクもあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインの違い

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークを経て生まれた仮想通貨です。そのためビットコインとは違う点がいくつもあります。

特にビットコインの抱える問題を解決するために分岐したため、ビットコインよりも性能面は改善されている部分も多いです。具体的な違いを紹介しましょう。

マイニングの難易度の調整頻度

  • ビットコインキャッシュは、マイニングが不安定という欠点を持っていた
  • マイニングの難易度調整が改善されて、より安定した

ビットコインキャッシュが潜在的に持っているスペックが、マイニングの難易度調整頻度の改善によって十分発揮できるようになりました。す。

こうして、さらに人気が高まると考えられます。

ブロックサイズの違い

  • ビットコインのブロックの容量は1MB
  • ビットコインキャッシュはブロック容量が8MBと、とても大きくなった

ブロックのサイズを大きくすることで、送金にかかるスピードがアップしました。

ブロックが大きい、つまり送金にかかる処理のスピードが早いことが、ビットコインキャッシュの特徴といえます。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)どっちがおすすめ?

  • ビットコインとビットコインキャッシュはビットコインキャッシュの誕生の経緯から、たびたび比較されることがある
  • しかし、どちらも甲乙はつけがたい

ビットコインは最初に登場した仮想通貨であり、仮想通貨の時価総額で不動の1位を誇っています。2020年4月現在、ビットコインの市場規模は仮想通貨全体の市場規模のおよそ65%を占めています。

一方ビットコインキャッシュはビットコインの抱えるトランザクション問題を解決するという強みはありますが、時価総額は全体の5位。上位ではありますが、全体の2%と、ビットコインには遠く及びません。

  • 性能面で優れたビットコインキャッシュと、価格の高いビットコインは両方とも持っておくことがおすすめ

ビットコインの価格が上がれば、ビットコインキャッシュも価格が上昇します。またビットコインキャッシュは将来的にはビットコインよりも安定して送金ができます。

両方のいいとこどりをするためにも、どちらも保有しておくことがおすすめです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性は?

  • ビットコインキャッシュはビットコインより優れた機能を持っているうえ、誕生の経緯から知名度も非常に高く、注目されている

ハードフォーク当初からアメリカの大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)などが上場を発表したほか、イギリスではビットコインキャッシュを基軸通貨にした取引所も誕生しました。

日本でもあの金融大手のSBIグループがビットコインキャッシュを基軸通貨に据えたVCTRADEを設立しています。

ほかにもビットコインより優れた機能を持っていることから、ビットコイン決済サービス大手のBitpayも2018年8月29日にビットコインキャッシュでの決済に対応することを発表しました。

2018年3月には電話番号のみでビットコインキャッシュを送金できるCoinTextというサービスがローンチしたほか、2019年12月にはスロベニアのバーガーキングがビットコインキャッシュ決済に対応しました。

ハードフォークで誕生した仮想通貨は数多くあります。しかしビットコインキャッシュはその中でもひときわ注目を集めており、今後も利用が拡大していくことが予想されます。そして利用が拡大すれば、価格にも好影響を及ぼすでしょう。

2020年以降は価格が上がる可能性がある

  • 2020年4月現在、ビットコインキャッシュは1BCH=25000円前後で推移している

残念ながら、現状ビットコインキャッシュは順調に価格を伸ばしているとは言えません。

現在世界の金融市場全体を混乱させる新型コロナウイルスに加え、2020年4月8日に迎えた半減期の影響で価格が伸び悩んでいる状態です。

ただコロナによる影響が表れる以前、ビットコインキャッシュは価格が右肩上がりに推移していました。今後コロナが終息し、半減期による影響が落ち着けば、価格の上昇は充分に見込めるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の過去の価格推移(チャート)と歴史

ビットコインキャッシュは誕生以後、激しく価格を変動させながら時価総額を伸ばしていきました。

これからの価格変動を予測すうえでは、これまでの歴史を振り返ることは欠かせないでしょう。過去の価格推移と歴史を振り返ります。

ビットコインキャッシュはハードフォークで誕生

  • ビットコインキャッシュは2017年8月1日に、ビットコインからハードフォークで誕生した

そのため、およそ3年ほどの歴史しか有していません。しかし誕生の経緯から、誕生した当初から価格が大きく動いています。

2017年のビットコインキャッシュ価格推移

ビットコインキャッシュチャート

2017年の年末にピークが訪れているのがチャートからみて伺えます。当時誰もが、ビットコインキャッシュは儲かる仮想通貨だと思っていたのでしょう。

10月から12月末までの3ヶ月弱の間に価値が10倍にまで跳ね上がりました

2018年のビットコインキャッシュ価格推移

2018年の1月をはじめに、ビットコインキャッシュは下落の一途をたどっていきました。

2018年の初めは30万円台だったビットコインキャッシュも次第に下がっていき、2018年の年末には10000円台を記録してしまいました。

その背景には仮想通貨市場そのものの低迷に加えて、ある仮想通貨から別の仮想通貨へと派生していくハードフォーク問題が起きたのも原因の一つでした。

2度目のハードフォークを迎える

  • 2018年11月、ビットコインキャッシュは2017年11月に続き、2度目のハードフォークを迎えた
  • 1度目のハードフォークは調整としての意味合いが強かったが、2度目のハードフォークは「ハッシュ戦争」に発展

2度目のハードフォークは、当時のビットコインキャッシュの開発者の対立が招きました。

  • ビットコインキャッシュをアップデートし、仮想通貨取引所を介さずにトークンをやり取りできるようにしたい派閥
  • ビットコインキャッシュに余計な機能を持たせず、ビットコインとしてのビジョンを重視したい派閥

前者はビットコインABC、後者はビットコインSVとしてハードフォークを完了。しかし両者がビットコインキャッシュを自称したため、より多くのブロックが作られたブロックチェーンがビットコインキャッシュの後継となるというハッシュ戦争に発展しました。

両派閥の対立は深刻でした。ビットコインSVの代表者がビットコインABCを非難したうえ、両派閥がハッシュ戦争を制するために、保有していたビットコインを売却し、マイナーを買収したという噂まで流れました。

結局、現在では多くの仮想通貨取引所がビットコインABCをビットコインキャッシュとして扱っています

2019年のビットコインキャッシュ価格推移

  • 2019年のはじめもビットコインキャッシュは低迷
  • 2019年3月から2019年4月にかけて、緩やかだが回復傾向を示し始めた

ビットコインキャッシュに関して特に大きなプレスリリースはなかったので、仮想通貨全体のトレンドに乗じた自然回復であると予想できます。

2020年ビットコインキャッシュの価格推移

2020年BCHチャート

2020年のビットコインキャッシュは上昇基調で始まりました。1月には22000円ほどだったものが、2月には一時50000円を超えています。

特に目立った上昇要因があったわけではないため、同時期にビットコインが価格を上昇させた影響だと思われます。しかし2月以後は価格は下落へ転じ、3月12日にはコロナによる影響で1日で価格を大暴落させました

その後はおおむね横ばい状態で推移しています。

ビットコインキャッシュの最新の価格や、価格推移については以下の記事で確認できます。常に最新の情報を更新しているため、ぜひ参考にしてください。

https://mastand.com/news/

ビットコインキャッシュ(BCH)は2020年4月8日に半減期を迎える

2020年4月8日、ビットコインキャッシュは半減期を迎えました。半減期とはマイニングの報酬として与えられるビットコインキャッシュの量が半減するタイミングのことです。

半減期は仮想通貨にとって重大なイベントのひとつです。今回の半減期による影響を紹介します。

マイナーの利益がほぼゼロへ

  • 半減期直後、ビットコインキャッシュでは2時間弱もの間、ブロックの生成が遅延するという事態に発展した

つまり、著しく処理速度が落ちたということです。

ビットコインキャッシュはビットコインよりも容易にマイニングを行えるため、個人でマイニングに参加するマイナーも多いです。半減期を迎えたことで報酬が半減し、利益がほぼゼロになったマイナーがビットコインキャッシュから離れたことで、ブロックの生成が遅延したのです。

この事態は相場にはさほどの影響を与えませんでしたが、ブロック生成の遅延はその後も数日続いています。

ビットコインSVも半減期を迎える

  • 2020年4月には、ビットコインSVも半減期を迎えました
  • ビットコインSV:2018年11月にビットコインキャッシュからハードフォークを経て誕生した仮想通貨です。

現在のビットコインキャッシュであるビットコインABCが数多くの拡張機能を有する仮想通貨であるのに対し、ビットコインSVは余計な機能を排した非常にシンプルな仮想通貨となっています。

ビットコインSVも半減期を迎えた直後に処理速度が大幅に下落しました。価格もビットコインキャッシュより大きく下落するなど、半減期の影響はより大きくなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の発行枚数は2100万枚

ビットコインキャッシュはビットコインと同様、発行枚数が2100万枚に設定してあります。2019年8月時点で、全体の80%にあたる約1800万枚が発行済みとなっています。

今後は半減期で発行ペースを調整し、数十年以上かけて発行を完了する予定です。

発行が上限に達しても売買はできる

  • 仮に発行枚数が上限に達したとしても、ビットコインキャッシュが使えなくなるわけではない

例えば今すぐ日本円が発行をやめても、即座に日本円が使えなくなったり、手に入らなくなるということはあり得ません。

日本円と同じで、ビットコインキャッシュも上限に達したとしても機能面はまったく変わりなく利用ができます。売買や送金などは変わらないはずです。もっとも新規発行されないと、手に入れにくくなる可能性はあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の評判

ビットコインキャッシュはビットコインの派生型のアルトコインとして大変注目を集めています。ここで、ビットコインキャッシュのSNSの反応を掲載したいと思います。

人生最大のチャンスと見て、ビットコインキャッシュにかける

「数年遅れたおかげで安く手に入れることができた。今のBCHが1BTCだったら増やせる人は限られてくる。本当に人生最大のチャンスだと思うし、そう確信できる材料がある。期待しかない。」

この口コミからビットコインキャッシュの将来に大きな希望を抱いていることがわかります。

どんどん応援したいビットコインキャッシュ

「去年の8月・9月とBCHをポジティブに買ってた人ツイッター界隈にどれくらいいたかな…。当時からするとコミュニティも無茶苦茶大きくなってるし、本当にサイコー。

新規の方もBCHは、まだまだこれからなので、どんどん応援していきましょう!」

ビットコインキャッシュを応援していこうという声が高まっているようですね。ビットコインキャッシュの評判の良さがわかります。

ビットコインキャッシュ(BCH)が取引におすすめな国内取引所ベスト3

ビットコインキャッシュは日本でも多くの仮想通貨取引所が取り扱う人気の仮想通貨です。中でもビットコインキャッシュの取引におすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

以下の記事では、3位以降も紹介しているためぜひ参考にしてください。

ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)を取引するならここ!おすすめの取引所ランキング、手数料から取引方法までご紹介 ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインが分岐することで誕生したアルトコインです。 ビットコインの後を継ぎ...

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

ビットコインキャッシュを取引するのに最もおすすめの仮想通貨取引所がbitFlyerです。

  • ビットコイン取引高日本一、サービス利用率日本一を誇る、日本で最も人気の仮想通貨取引所
  • 取引所形式と販売所形式の両方を備えている(ビットコインキャッシュは販売所形式のみ)
  • 資本金やセキュリティが充実しており、安心して取引ができる
  • ビットコインキャッシュでレバレッジ取引ができ、大きな利益を狙える

GMOコイン

GMOコインはあのインターネット大手のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

  • ネット金融のノウハウも豊富に有しており、セキュリティ面などは万全
  • GMOコインは仮想通貨の取引に必要な入金、送金、取引で一切手数料がかからない
  • レバレッジ取引でも手数料が1日に0.04%と非常に小さい

手数料の分だけ効率よく取引ができるため、おすすめの仮想通貨取引所と言えます。

bitbank(ビットバンク)

bitbankは取引所形式の仮想通貨取引所です。

  • bitbank最大の特徴はマイナス手数料
  • セキュリティやその他の手数料も高水準
  • 2020年2月には国内の仮想通貨取引所で取引量国内第1位に輝く

板に売買を載せたときにかかるメイカー手数料は-0.02%。取引をすれば、手数料分仮想通貨をもらえるようになっています。うまく活用すれば、かなり効率のいい取引ができます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は半減期後の将来性に期待できる

この記事のまとめ
  • ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから分裂してできた仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはビットコインよりもブロックサイズが大きく、送金のスピードが速い
  • ビットコインキャッシュは将来性が高く、今後価格が上昇する可能性がある
  • ビットコインキャッシュを取引できるおすすめの仮想通貨取引所は「bitFlyer」「GMOコイン」「bitbank」

まだ口座を持っていない場合はこちらからbitFlyerに登録!

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって誕生しました。誕生の経緯によって大きく注目されるほか、機能面も改善されており、利用も着実に拡大しています。

2020年4月現在、ビットコインキャッシュはコロナや半減期の影響で価格が伸び悩んでいます。半減期後はなかなか価格が伸びにくいものです。しかし今後半減期の影響が落ち着けば、長期的には価格の上昇が見込めるはずです。

むしろ価格が低い今のうちこそ、ビットコインキャッシュへの投資のチャンスとも言えるかもしれません。