ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)とは?特徴や仕組み、ビットコインとの違いは?

仮想通貨といえば、「ビットコイン(bitcoin)」というイメージになりがちですが、「ビットコインキャッシュ(bitcoincash)」という、よく似た名前の仮想通貨があります。

ビットコインキャッシュとは、どのような仮想通貨なのでしょうか。そして、どのような特徴を持っているのでしょうか。わかりやすく解説します。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは、2017年に誕生した新しい仮想通貨で、bchと表します。

「ビットコイン」という名称がついているのは、ビットコインから分裂して誕生した経緯を持つ仮想通貨だからです。

ビットコインから派生した仮想通貨ですが、アルトコインの一種に分類されます。

通貨名 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)
通貨略号 BCH
公開日 2017年8月1日
公式サイト https://www.bitcoincash.org/
発行上限 2100万枚
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)、bitbank(ビットバンク)、GMOコイン、Coincheck(コインチェック)、DMM Bitcoin、Bit Trade、QUOINEX、Zaif、フィスコ仮想通貨取引所、BTC BOX他
海外取引所 Binance(バイナンス)、Poloniex(ポロニエックス)、Bittrex(ビットトレックス)他

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた実用化のための技術的な課題を解決するために開発されました。その課題とは、取引情報を記録しているブロックの容量不足です。

そのためビットコインキャッシュは以下のような特徴を有する仮想通貨です。

  • 特徴1:ブロックが大きくなった
  • 特徴2:リプレイアタックへの対応
  • 特徴3:発行数の上限がある

特徴1:ブロックが大きくなった

ビットコインのブロックの容量は1MBです。これが小さいということが問題となっていました。そこで、ビットコインキャッシュは、ブロック容量が8MBと、とても大きくなりました。

ビットコインキャッシュ ビットコイン
ブロックサイズ(処理能力) 8MB 1MB

ブロックのサイズを大きくすることで、送金にかかるスピードがアップしました。

ブロックが大きい、つまり送金にかかる処理のスピードが早いことが、ビットコインキャッシュの特徴といえます。

特徴2:リプレイアタックへの対応

ビットコインの取引データは、ブロックに記録されています。ブロックが鎖のようにつながって記録されていくので、「ブロックチェーン」とよばれています。

「リプレイアタック」は、正しいブロックチェーンのほかに、異なるブロックチェーンをつくり出す悪意のある不正処理です。

気付かないうちに異なるブロックチェーンで仮想通貨を送金させる行為のことです。

ビットコインキャッシュでは、これを防ぐために、送金する時に特定の署名が必要となるシステムを導入しました。

リプレイアタックへの対処ができるようになっているのも、ビットコインキャッシュの特徴のひとつです。

特徴3:発行数の上限がある

ビットコインキャッシュは、総発行枚数が2100万枚と上限が定められています。

ビットコインキャッシュ ビットコイン
総発行枚数 2100万枚 2100万枚

上限を設けることでインフレを防ぎ、その価値を守っています。この点はビットコインと同じですね。

ビットコインキャッシュ(BCH)が使われている技術

ビットコインキャッシュには、どのような技術が採用されて、ビットコインとの差別化がされているのでしょうか。

リプレイテクション技術

前述した「リプレイアタック」を防ぐための仕組みが「リプレイテクション技術」です。

これは、送金の際に識別性の高い署名が無ければ送金できなくする技術です。

仮に、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨をA氏に送金するとします。

このとき、悪意のある第三者が送金時の取引データをコピーして、B氏に送金したように記録を改ざんしたとします。

ところが、リプレイテクション技術を採用していると、送金の際に署名が無ければ送金できません。

こうして、B氏に仮想通貨が流出するのを防ぐことができるのです。

リプレイテクション技術は、ビットコインキャッシュのセキュリティ上の大きな利点といえますね。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

ビットコインキャッシュは、新しい仮想通貨として将来が期待されています。ビットコインキャッシュが今後も成長し続けると予測される理由について説明します。

将来性1:利便性の高さ

ビットコインキャッシュは、ブロックの容量を拡大したことで、ビットコインよりも利便性に優れた仮想通貨になりました。

これによって、ビットコインより決済スピードが格段に速くなったことから人気が増します。

そして、将来価格の上昇をもたらすことが期待できます。

将来性2:改善されたマイニング

ビットコインキャッシュは、マイニングが不安定という欠点を持っていました。ところが、マイニングの難易度調整が改善されて、より安定しました

ビットコインキャッシュが潜在的に持っているスペックが、これによって十分発揮できるようになります。

こうして、さらに人気が高まると考えられます。

将来性3:ビットコインに取って代わるかもしれないビットコインキャッシュ

ビットコインはブロック容量が小さいために、送金に手間がかかるというデメリットがあります。ビットコインキャッシュなら、容量が拡大されているので、ビットコインのそのようなデメリットがありません。

したがって、将来的にビットコインに取って代わる仮想通貨と成り得る可能性があります。

ビットコインキャッシュの将来性は明るいといえるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャートと価格遷移

2018年を通して、ビットコインキャッシュは1万円台まで下落をたどりましたが、2019年に入ってまた、緩やかに上昇していきました。

2017年のビットコインキャッシュ価格推移

ビットコインキャッシュチャート

2017年の年末にピークが訪れているのがこのチャートからみて伺えます。当時誰もが、ビットコインキャッシュは儲かる仮想通貨だと思っていたのでしょう。

10月から12月末までの3ヶ月弱の間に価値が10倍にまで跳ね上がりました。

年月 ビットコインキャッシュ価格
2017年10月 46,750円
2017年12月末 428,730円

2018年のビットコインキャッシュ価格推移

2018年の1月をはじめに、ビットコインキャッシュは下落の一途をたどっていきました。

2018年の初めは30万円台だったビットコインキャッシュも次第に下がっていき、2018年の年末には10000円台を記録してしまいました。

その背景には仮想通貨市場そのものの低迷に加えて、ある仮想通貨から別の仮想通貨へと派生していくハードフォーク問題が起きたのも原因の一つでした。

年月 ビットコインキャッシュ価格
2018年2月 161,060円
2018年6月 106,890円
2018年12月 18,288円

2019年のビットコインキャッシュ価格推移

2019年のはじめもビットコインキャッシュは低迷真っ最中でした。しかし、2019年3月から2019年4月にかけて緩やかではありますが回復傾向を示し始めました。

ビットコインキャッシュに関して特に大きなプレスリリースはなかったので、仮想通貨全体のトレンドに乗じた自然回復であると予想できます。

年月 ビットコインキャッシュ価格
2019年1月 16,310円
2019年4月 26,850円
2019年6月 56,500円

ビットコインキャッシュ価格推移まとめ

ビットコインキャッシュは2017年にピークを迎え、2018年に大幅に価格が下落、それ以降は徐々に回復傾向にあります。

回復傾向にある今こそ、ビットコインキャッシュを購入する最中であると言えます。

しかし、2019年7月10日頃から、米公聴会の仮想通貨に対する厳しい見解により、仮想通貨市場全体が一時的に下落しています。

ビットコインキャッシュも同様の動きを見せていますが、2019年7月19日頃から底を打ち再び50000円台へと戻る兆しがあります。

▼ビットコインキャッシュは将来どうなるのでしょうか?詳しくはこちら▼

ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想 「ビットコインキャッシュも気になるけど、将来性という点で期待できないなぁ」といったように、ビットコインキャッシュは、いまいち地味...

ビットコインキャッシュ(BCH)の評判

ビットコインキャッシュはビットコインの派生型のアルトコインとして大変注目を集めています。ここで、ビットコインキャッシュのSNSの反応を掲載したいと思います。

人生最大のチャンスと見て、ビットコインキャッシュにかける

「数年遅れたおかげで安く手に入れることができた。今のBCHが1BTCだったら増やせる人は限られてくる。本当に人生最大のチャンスだと思うし、そう確信できる材料がある。期待しかない。」

この口コミからビットコインキャッシュの将来に大きな希望を抱いていることがわかります。

どんどん応援したいビットコインキャッシュ

「去年の8月・9月とBCHをポジティブに買ってた人ツイッター界隈にどれくらいいたかな…。当時からするとコミュニティも無茶苦茶大きくなってるし、本当にサイコー。

新規の方もBCHは、まだまだこれからなので、どんどん応援していきましょう!」

ビットコインキャッシュを応援していこうという声が高まっているようですね。ビットコインキャッシュの評判の良さがわかります。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入できるおすすめ取引所ランキング

では、ビットコインキャッシュを購入できる日本国内の仮想通貨取引所について、ランキング形式で紹介します。

1位 コインチェック(coincheck) :ビットコインキャッシュを簡単購入

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

取引所名 coincheck(コインチェック)
種別 取引所・販売所
手数料 無料
スプレッド 販売所あり
取扱通貨 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、XRP(リップル)、XEM(ネム)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、MONA(モナコイン)

ビットバンクは、2014年に設立された日本の仮想通貨取引所のひとつです。

コインチェックでビットコインキャッシュを購入するメリット

  1. シンプルな取引ツールで初心者でも扱いやすい
  2. 取引手数料無料

コインチェックの魅力は、何といってもシンプルなインターフェースと取引ツールでしょう。一般的な取引ツールは、高度な設定ができたりテクニカル分析ツールも実装していたり中級者向けの仕様です。

そのため取引所で取引できるタイプでも、操作などが難しく断念してしまいます。

コインチェックは一時的にレバレッジ取引を停止しているため、販売所のみでしか売買できません。しかし、シンプルな操作性に配慮しているので、初心者でも売買まで完結しやすいでしょう。

まずは、ビットコインキャッシュを購入してみたい方は、コインチェックがおすすめです。

    2位 ビットバンク(bitbank) :ビットコインキャッシュを手数料無料で購入

    ビットバンク(bitbank)
    取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
    手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
    (無料)
    スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
    (ほぼなし)
    セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

    ここがオススメ!

    1. 手数料が安い
    2. 国内一リップルが安く買える
    3. セキュリティ性が高い

    取引所名 bitbank(ビットバンク)
    種別 取引所専業
    手数料 -0.2%~1.2%
    スプレッド 関係なし
    取扱通貨 ETH(イーサリアム),BTC(ビットコイン),LTC(ライトコイン),XRP(リップル),MONA(モナコイン),BCH(ビットコインキャッシュ)

    ビットバンクは、2014年に設立された日本の仮想通貨取引所のひとつです。

    bitbankでビットコインキャッシュを購入するメリット

    1. お得な手数料
    2. セキュリティが堅牢

    ビットコインキャッシュを含む全ペアでお得な手数料で取引ができるのがbitbankの特徴です。

    メイカー テイカ―
    BTC/JPY -0.05% 0.15%
    XRP/JPY
    LTC/BTC
    ETH/BTC
    MONA/JPY
    MONA/BTC
    BCC/JPY
    BCC/BTC

    出典:ビットバンク売買手数料

    堅牢なセキュリティも魅力の一つです。

    ビットバンクでは、仮想通貨のほとんどをコールドウォレットとホットウォレットを必要に応じて使い分けています。ホットウォレットでの保管については、アメリカのセキュリティ会社と提携し、安全性を高めています。

    bitbankのセキュリティ対策
    ホットウォレット 米BitGo社との電子署名で安全性確保
    コールドウォレット 完全オフライン環境でマルチシグ管理

    3位 ビットフライヤー(bitFlyer):ビットコインキャッシュを大手で購入

    ビットフライヤー(bitFlyer
    取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
    手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
    (0.01~0.15%)
    スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
    (1.19%)
    セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

    ここがオススメ!

    1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
    2. 手数料が安い!
    3. 取扱仮想通貨が豊富!

    取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
    種別 販売所
    手数料 0.01~0.15%
    スプレッド 1.19%
    取扱通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC)など多数

    bitFlyerでビットコインキャッシュを購入するメリット

    1. 安定した運営体制
    2. 初心者にも優しい注文ツール

    ビットフライヤーは、取引量や顧客数、資本金の3つが日本トップクラスの仮想通貨取引所です。日本を代表するといっても過言ではないでしょう。

    ビットフライヤーの株主には、リクルートなどの日本の大手企業が名を連ねています。資本金も50億円ほどもあり、安定しているという利点があります。

    また、ビットフライヤーのスマートフォンアプリは、使いやすさに定評があります。初心者でも簡単に取引できるように考えられています。

    3位 ザイフ(Zaif): ビットコインキャッシュとサービスを組み合わせて

    ザイフ(Zaif)
    取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
    手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
    (-0.05%~0.3%)
    スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
    (5.19%)
    セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

    ここがオススメ!

    1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
    2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
    3. 低リスクな積立ができる

    取引所名 ザイフ(Zaif)
    種別 取引所・販売所
    手数料 0.05~0.3%
    スプレッド 5.19%
    取扱通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),ビットコインキャッシュ(BTC),モナコイン(MONA),ネム(NEM)

    ザイフは、日本国内の3大仮想通貨取引所のひとつです。

    Zaifでビットコインキャッシュを購入するメリット

    • コイン積立
    • 追証なしの信用取引

    毎月一定金額を口座から引き落として、仮想通貨を自動的に購入するコイン積立をしています。ビットコインキャッシュが高いときには少なく購入し、安いときには高く購入します。

    こうして、購入時のリスクを軽くすることができます。

    また、月1,000円から始められるので、少額からお手軽に始められるという利点もあります。追証とは、証拠金が一定の水準以下になったときに、追加で入金しなければならない証拠金のことです。

    信用取引には追証がつきものなのですが、ザイフでは追証なしの信用取引ができます。

    まとめ

    ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生した新しい仮想通貨です。

    ビットコインより大きなブロック容量をもち、送金時間が大幅に短縮されたのが特徴です。

    利便性の高さから、将来的にはビットコインに取って代わる可能性を指摘する声もあります。今後の期待の高さから、ますますビットコインキャッシュから目が離せそうにありません。