仮想通貨の今後

仮想通貨の今後の動向に注目!コイン別の展望についても解説

仮想通貨の現状

仮想通貨市場の基軸通貨といわれているビットコインの価格変化を捉え、仮想通貨市場の現状を把握していきます。2018年始に大暴落が発生し、2018年末まで価格が下がり続けました。2019年5月現在、ビットコインの価格は少し回復傾向にあります。

回復傾向にあるとはいえ、現在の仮想通貨市場は低迷期にあります。価格が急騰した2017年末と比べ、仮想通貨に関するTVコマーシャルの放送回数は圧倒的に少なくなっています。今の低迷期を抜けた先に仮想通貨にとっての明るい未来は待っているのでしょうか?

仮想通貨の専門家ごとの今後の見通し

仮想通貨の今後の展望についての専門家の意見を紹介します。

仮想通貨取引所ビットポイントの代表 小田玄紀

仮想通貨取引所BITPointを運営する企業のビットポイントジャパンっで代表取締役を務める小田さんの見解を紹介します。主に以下のことに注目しています。

  • 仮想通貨市場の法整備
  • STO
  • ステーブルコイン

2019年は各国で法整備が進むことで、大手企業や投資家が参加するようになり、仮想通貨市場が盛り上がると考えています。

「STO」と呼ばれる、ICOに代わる資金調達方法が実装されれば、機関投資家が参加していく可能性が大きくなります。STOとは国が決めた法規制の中で行われる仮想通貨を用いた資金調達です。STOでは株式を保証する仮想通貨を用いて24時間取引することが可能です。

株式の取引は証券取引所を用いて行う必要があり、証券取引所が営業している時間帯しか取引を行うことができませんでしたが、仮想通貨に置き換えたSTOで取引を行えば、24時間いつでも取引を行うことが可能です。

仮想通貨の価格の不安定さを解決するものがステーブルコインです。ステーブルコインには法定通貨と1対1の価格で交換できるコイン、無担保で供給量を調整することで価格を一定に保つコインが存在します。ステーブルコインは価格の安定性と仮想通貨の特徴を持ち合わせた仮想通貨です。

小田氏はこの3つの事柄が仮想通貨市場にそろうと、仮想通貨の利用価値が上昇していくと考えています。

仮想通貨取引所ビットメックスのCEO アーサー・ヘイズ

ビットメックスのCEOであるアーサー・ヘイズ氏は金融のプロを多く輩出するペンシルベニア大学のウォートンスクールを卒業しています。ビットコインの価格は上昇していくと予想しています。

政府が進めている支払いのキャッシュレス化の流れに伴い、現金に代わって電子マネーか仮想通貨が選択されます。電子マネーは中央集権的な通貨であり、管理元によって支払いに関するデータを収集されます。

アーサー・ヘイズ氏は電子マネーを利用することは便利だが、管理元に情報を収集されてしますため「プライバシーが欠如してしまう」と述べています。

電子マネーと仮想通貨の比較

2019年5月現在は電子マネーの普及が進んでおり、電子マネーがよく利用されるようになりました。仮想通貨はこの先利用されていくのでしょうか?

以下に電子マネーと代表的な仮想通貨であるビットコインの特徴を取り上げます。

特徴 ビットコイン 電子マネー
ポイント つかない。 つくものが多い。
使用できる場所の多さ ビックカメラなどの一部の店舗で利用可能。

電子マネーと比べ普及率が低い。

コンビニを始め様々な場所で利用可能
送金の可否 送金可能。 LINEペイなどを除き、送金できない電子マネーがほとんど。
管理体制 分散型 中央集権型
利便性 仮想通貨取引所で法定通貨と仮想通貨を交換してから使用する。 お金を銀行から自動で電子マネーに入れることもでき便利。
店側の導入コスト 1%未満 2~4%
価格の変動 現在のビットコインを含めた仮想通貨の価格は大きく変動する。 法定通貨に連動する。一ポイント = 1円で利用可能なものがほとんど。

仮想通貨は店舗の導入コストが低く、送金も可能で電子マネーにはない優れた特徴を持っていますが、価格の変動が大きく通貨としてあまり機能していない現状にあります。

アーサー・ヘイズ氏がビットコインの可能性を指摘している部分はプライバシーの部分とビットコインのセキュリティの高さです。支払い情報のプライバシーを確保したい人々が一定数は存在します。そのような方を含め、プライバシーに対する世間の意識が高まればビットコインを決済で利用するという道が見えてきます。

また、ビットコインは完成してから10年間一度もハッキングされていないことにも注目しています。現金がなくなった時にプライバシーを保護するのはビットコインだと述べています。

ビットコインをはじめとする分散型の仮想通貨の価格上昇の1つの要因として今後の世間のプライバシー保護に対する考え方に注目してみましょう!

仮想通貨市場が盛り上がるタイミング

どんな時に仮想通貨市場が盛り上がっていくのか気になりますよね!?

いくつか仮想通貨が高まるタイミングが存在するため、そのタイミングを紹介します。

法定通貨の信用がなくなった時

従来であれば、どこかの国の通貨の信用がなくなった時に、その通貨を売り、基軸通貨で信用の高いアメリカドルなどの買いが多くなる傾向がありました。

しかし、仮想通貨が現れた現在では、仮想通貨に買いが集中することもあります。仮想通貨も資産の1つになると考えられている結果です。「仮想通貨のほうが信用できる」という状況になった時には仮想通貨の価格が上がるので、仮想通貨を購入する準備をしましょう。

企業との提携が開始されるとき

仮想通貨はあくまで「通貨」であるため価値と価値を交換するものです。仮想通貨の利用先が増えなければ、その仮想通貨の流動性は下がり、通貨としての機能をほとんど持たないものとなります。

企業との提携が開始されるということはその通貨の利用先が広がり、通貨としての価値が上昇するため、企業と提携した際に価格上昇がみられます。

仮想通貨取引所で取り扱いが開始されるとき

取引所での取り扱いが開始されると、その仮想通貨他の通貨と交換しやすくなり、流動性が上がるため価格の上昇がみられます。

反対に取引所で仮想通貨の取引が停止された場合は、通貨の流動性が低くなり、仮想通貨の価格が下がってしまします。

仮想通貨の上場や取扱停止は価格に大きな影響を与えるため、仮想通貨取引を行う際は上場などのニュースには敏感に反応して、売買しましょう。

▼おすすめ記事▼
仮想通貨は年末に動く。過去の動向と2019年の予想

今後あがりそうな仮想通貨銘柄

仮想通貨というと、ビットコインが有名ですが、他にも将来性のある仮想通貨があるので紹介します。

有望な仮想通貨↓

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン

イーサリアム

通貨名 イーサリアム(Ethereum)
通貨略号 ETH
公開日 2014年
開発者名 Vitalik Buterin
公式サイト https://www.ethereum.org/
発行上限 未定
通貨の目的 分散型アプリケーションの作成
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)
bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
Liquid(リキッド)
bitFlyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
GMOコイン
Zaif(ザイフ)
海外取引所 Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットレックス)
etc

イーサリアムにはスマートコントラクトという魅力的で実用的な機能がついています。スマートコントラクトとは、取引をプログラムが実行してくれる仕組みのことです。

例えば、イーサリアムのシステム上で動画を販売するとします。システムが入金を確認すると、システムが自動で購入者に動画を送信するシステムのようなものをスマートコントラクトと呼びます。

DAppsと言われるスマートコントラクトを用いた分散型アプリケーションが開発されています。DAppsの事例としてゲーム、メディア、取引所などがあります。DAppsのゲームではユーザーが手に入れたアイテムやキャラクターをユーザー間で交換できます。ゲーム内で得たものはユーザーの所有物となり、自由に売買することが可能です。
▼おすすめ記事▼
イーサリアム(Ethereum/ETH)はもう上がらない?その理由と今後の動向を予想

リップル

通貨名 リップル(Ripple)
通貨略号 XRP
公開日 2012年
開発者名 Ryan Fugger
公式サイト https://ripple.com/
発行上限 1000億枚
通貨の目的 新たな国際送金システム
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)
bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
Liquid(リキッド)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin
海外取引所 Binance(バイナンス)
Bittrex(ビットレックス)etc

リップルは送金に適した仮想通貨で中央集権的な仮想通貨です。リップルの送金は最短3秒で完了することもあり、他の仮想通貨と比べて圧倒的に送金速度が速いです。送金コストも0.1円未満と破格の安さです。

リップルは価値をスムーズに交換できるブリッジ通貨になることが一つの目標にあります。リップルと日本円が交換でき、リップルとアメリカドルが交換できれば、実質的に日本円とアメリカドルを交換できますよね。このように通貨と通貨を結び付け、スムーズな価値の移動を実現する働きが期待されています。

▼おすすめ記事▼
リップル(Ripple/XRP)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

ライトコイン

通貨名 ライトコイン(Litecoin)
通貨略号 LTC
公開日 2011年
開発者名 Charlie Lee
公式サイト https://litecoin.org/
発行上限 8400万枚
通貨の目的 ビットコインの欠点を補うために誕生
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)
Bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
bitFlyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
海外取引所 Binance(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bittrex(ビットレックス)
etc

ビットコインは金、ライトコインは銀と呼ばれることもある、ビットコインに似た仮想通貨です。ライトコインはビットコインを改良して作られています。

ビットコインをもとにして作られているため機能面での信頼が高いです。ビットコインから主に改良された点は送金時間の速さです。ビットコインは10分ほどの送金時間がかかりますが、ライトコインは4分の1ほどの時間で送金することが可能です。
▼おすすめ記事▼
ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

今後、仮想通貨の価格は上昇していく予想

専門家が予想しているように仮想通貨の技術がさらに発達していけば、仮想通貨は人気を巻き返し価格が上昇していく可能性を大いに秘めています。

仮想通貨取引所の口座を開設していない方は、無料で口座開設できるので、いつでも仮想通貨を購入できるように口座開設を済ませておくほうが、いざという時に購入できるため良いですよ。

仮想通貨の価格は今後上がってく可能性が大いにあります。

初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト