仮想通貨の基礎

仮想通貨とは?仮想通貨投資が人気の理由

最近ネットやテレビで話題の「仮想通貨」。現在の通貨にとって代わる、ビットコインでこれまでの常識がひっくり返る、などと言われるほど、新しい概念の通貨です。

中には、1万円で購入した仮想通貨が1億円に化けたという方もいるほど、投資としての人気も上昇しています。

このページでは、「仮想通貨って何?」「仮想通貨のリスクってどんなものがある?」という疑問にお答えする内容になっています。

今すぐ仮想通貨を購入したいという方はこちらで、購入方法を解説しています。

ページ:仮想通貨の取引所の選び方から買い方まで

また、早速仮想通貨の取引をしてみたいという方は、GMOコインで口座開設するのがおすすめです。

初心者に人気の取引所で、取り扱い通貨も豊富でサービスも使いやすいと定評があります。

仮想通貨とは?円やドルと何が違うの?

まずはそもそも「仮想通貨とは何なのか」を理解していきましょう。

仮想通貨とは、紙幣・硬貨のような実体のない電子上のデータとして扱われる通貨のことをいいます。暗号通貨というように呼ばれることもあります。

そのため、取引や決済を行う際にもすべてオンライン上で手続きが完了します。

オンライン上の手続きを行う通貨として、suicaなどの電子マネーがありますが、こちらは電子通貨といい、仮想通貨とは異なるものです。その違いは、電子マネーと異なり仮想通貨は円やドルなどに換金できることなどがあります。

そして仮想通貨の大きな特徴は、通貨の価値を裏付ける国家が存在しないという点です。

仮想通貨の仕組み

通貨が通貨として成立するためには、その通貨の価値を信頼するに値する裏付けが必要になります。従来の通貨では、この裏付けは中央管理者である国家がその役割を果たしていました。

仮想通貨では、「ブロックチェーン」という技術がその信頼を裏付けるものとなり、管理・発行を行なっているのはネット上の個人ユーザー同士、という仕組みをとっています。

仮想通貨を支える技術

上述したような分散型管理の仕組みを可能としているのがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンとは、わかりやすく説明すると「仮想通貨の取引を全員で証明する技術」になります。

ブロックチェーンは「ブロック」という取引データのかたまりを鎖のような「チェーン」でつなぐことでデータを保存しています。この、ブロックをチェーンにつなぐ役割、つまり従来の金融機関が行っていた「取引の証明」をネット上の個人が行うことで 、分散管理を可能にしているのです。

この「証明」には報酬が発生するため、個人が証明を行う動機付けになります。

この「報酬」として仮想通貨が与えられるため、「仮想通貨の発行」という位置付けにもなります。つまり、通貨の発行から管理まですべてをネット上の個人が分担して行うことができるのです。

仮想通貨と法定通貨の違い

「仮想通貨」とは、ひとことで表すと、IT技術による特定の管理機関が存在しないインターネット上の通貨です。

「特定の管理機関が存在しない」状態を「非中央集権的」と表します。

非中央集権的な性質を持つ「仮想通貨」とは反対の位置に、中央集権的な通貨「円」「ドル」「電子マネー」などがあります。

あなたもお持ちの円やドルには「国」という管理機関があり、電子マネーには「交通機関」「民間企業」などの管理機関があります。

図解すると次のようになります。

運営・管理者 具体的な通貨
法定通貨 円,ドル,元
代替通貨 企業 電子マネー,楽天ポイント
仮想通貨 なし ビットコイン,リップル

仮想通貨に注目が集まっている理由は、この「非中央集権的」な点です。

【中央集権的通貨(円や電子マネー)】
個人/法人 ↔ 中央集権 ↔ 個人/法人

【非中央集権的通貨(仮想通貨)】
個人 ↔  個人

中央集権的な従来の通貨(円や電子マネー)と比較して、非中央集権的な仮想通貨は、国境などによる制約や、中央機関の操作、中央機関への「手数料の支払」がありません。

仮想通貨のメリット(長所)

それでは仮想通貨にはどんな長所があって、法定通貨を越える存在になるではと期待されているのでしょうか。

4つのメリットが仮想通貨を支持する理由となっています。

①制限がない・手数料が安い

これまではお金は国が発行し、銀行が管理するという体制が一般的でした。そのため、様々な制限や、送金などにかかる手数料やコストが大きくかかっていました。

しかし、仮想通貨ではそれらはすべてユーザー同士が行うため、制限もなければ手数料も最低限で済みます。

特に国際送金は銀行などを挟まず個人間で、ネット上で直接行うという利点から手数料、早さの両面で法定通貨より優れています。

②セキュリティが高い

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術では、取引の記録を「ハッシュ関数」という外部からは判読不可能な暗号を用いて暗号化することで、改ざんを防ぐとともに取引内容の情報や匿名性を守っています。

また、上述したような「取引の証明」作業でも不正がないかどうかを確認するため、非常に高いセキュリティが保たれています。

③投資対象となる

仮想通貨は株のようにユーザー同士で取り引きするものであるため、価格は常に変動しています。

価格は需要と供給の関係で決まるため、欲しい人が多くなれば価格は上がります。そのため実用性や価値の向上がみられれば価格も上がることが期待されるため、投資の対象となるのです。

④実用性がある

仮想通貨は投資の対象となるだけでなく、実際に法定通貨のような利用方法が可能です。

具体的には格安の手数料で送金できたり、家電量販店などでの決済を仮想通貨を用いて行うことが可能です。

仮想通貨のデメリット(欠点)

万能のように聞こえる仮想通貨ですが、デメリットや短所・欠点についても理解をしておきましょう。

①値動きが激しい

仮想通貨は価格が常に変動しています。また、比較的新しい市場であるため取引量が安定しておらず、値動きが激しく起こります。

そのため現金のように安定して価値を保存したい場合には不適切だと現時点ではいえるでしょう。

②ハッキングの危険性

現金を財布に入れて持ち出すと盗難されてしまう可能性があるように、仮想通貨はネット上でのハッキングにより盗難の被害にあう可能性があります。

しかしこの危険性は財布にあたる「ウォレット」や取引所の安全性を高めることで減らすことができます。

③法律による規制がある

仮想通貨は革新的な存在であり、まだまだ歴史が浅いため投資・実用の両面に関して法律が整備されていません。

しかし逆にいえば、将来性がまだまだあるということです。

年々法改正は進んでいるのでこれから法律が整っていけば価値向上が期待されます。

仮想通貨とビットコインの違い

仮想通貨とビットコイン・アルトコイン「仮想通貨」というとまずはじめに「ビットコイン」が浮かぶと思います。

しかし仮想通貨=ビットコインではありません。仮想通貨には数千種類の通貨が存在し、ビットコインはその一つです。

とはいっても仮想通貨の代表はビットコインであり、その他の仮想通貨を「アルトコイン」と呼び分けています。

仮想通貨=ビットコイン+その他のアルトコイン というように覚えておくと良いでしょう。

仮想通貨事件から見えてくるリスクや危険性

「仮想通貨」と聞くとまず「危険」というイメージが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。それはニュースで数多くの仮想通貨のハッキングによる盗難事件が報道されているからです。

以下では有名な3つの例をご紹介します。

マウントゴックス(2014年)

仮想通貨取引所マウントゴックスでは顧客のビットコイン75万BTC(当時のレートで約480億円)と預かり資産28億円の計、約114億円の資産が消失するという事件が起こりました

またこの事件は盗難だけでなく元社長のカルプレス容疑者の横領の容疑もあり波紋を呼びました。

Coincheck(2018年)

仮想通貨取引所Coincheckで顧客の保有するアルトコインの一つであるNEMが不正に流出するという事件が起こりました。

被害総額は当時のレートで約580億円と言われており、仮想通貨ブームが起きていたという時期でもあり最も有名な事件となりました。

BITFINEX(2016年)

当時世界2位の取引高を誇っていた取引所BITFINEXで12万BTCがハッキングにより流出するという事件が起こりました。

これは当時のレートで約71億円とされています。

仮想通貨自体のセキュリティには問題ない

覚えておきたいのは、これらの事件が起こったのはすべて仮想通貨の取引所のセキュリティや人間に問題があったため。

上述したような仮想通貨自体のセキュリティは非常に高いものであることは変わりません。

現在ではオフラインで通貨を管理するコールドウォレット、複数の秘密鍵をかけるマルチシグなどのセキュリティ対策が取引所にも施されており、取引所の安全性も年々強化されているため、安心して取引を行うことができます。

仮想通貨投資の現状

2017年末にはビットコインをはじめとする仮想通貨が高騰し、多くの「億り人」と呼ばれる億万長者を生み出し、一躍投資先として有名になりました。

現在では価格は落ち着いていますが、仮想通貨に合わせた税制や法律の整備も進んでおり、メガバンクをはじめとした金融機関と仮想通貨の提携なども発表されるなど、実用化への動きも強まっています。

次なる「仮想通貨全盛期」への準備はもう始まっていると言ってよいでしょう。

仮想通貨の今後や将来性

上述したように、仮想通貨は国際送金を始めとして実用化の動きが強くなっており、決済においても家電量販店などで使える店も増えています。

また、仮想通貨だけでなく、仮想通貨に使われているブロックチェーン技術のセキュリティ面にも多くの企業が注目し研究を重ねています。

実用化で使える幅が広がった場合はもちろん、ブロックチェーン技術の応用が発表された場合でもその技術の使われている仮想通貨の評価は高くなり、価格が上昇することが期待されます。

大きな発表が来る前に早めに買っておくのが投資として賢明だといえるでしょう。

よく聞く仮想通貨ワードの解説

仮想通貨のことはある程度わかったと思いますが、それ以外にもよく使われる言葉を解説します。

マイニングとは

マイニングとは、ブロックチェーンにおける取引の「承認」作業のことをいいます。送金や決済などの取引データが正しいかどうかを確認し、取引を確定したのちにそのブロックをハッシュ関数で暗号化し、チェーンで連結します。

この作業には高度なコンピューターが必要とされますが、報酬として仮想通貨が与えられるためビジネスとして世界中の個人や法人が行なっています。

ハードフォークとは

ハードフォークとは仮想通貨のルールの変更のことです。ブロックチェーンはデータのまとまりが一列につながっているため、ルールを変える際にはある一点からデータを分裂させます。

このため新しい通貨が誕生しますが、従来の通貨も従来のルールで利用することができます。

ハードフォークの目的には、通貨のアップデートによるスペックの改良などがあります。

ICOとは

ICOとは、株式の代わりに「コイン」や「トークン」などといった独自の仮想通貨を用いて資金調達を行うことをいいます。

メリットとしては、仲介業者などがないためコストが安くすむこと、ネット上ですべての手続きが完結できることなどがあります。

仮想通貨投資が人気の理由

仮想通貨が投資対象として人気な理由について最後にまとめます。様々なメリットやデメリットがあるため、絶対に一番良い投資とは言い切れません。

ただ、以下のような理由で投資家を魅了しているのも事実です。

他の投資に比べて新しい投資だから

近年「仮想通貨投資」に人気が集まっているのは、これまでに説明したような技術の先進性が評価され、価値がまだ一部の人にしか認められていない今のうちに、仮想通貨を買う人が増え始めているからです。

まだ仮想通貨は、情報感度の高い人だけしか購入していないため、今後一般層にまで購入者が広がれば、それだけさらに価値が上がります。

市場参加者が増える余地があるというのはそれだけ、価格上昇の余地があることと捉えることができます。

値動きが大きいから

投資で利益を出すために、値動きが一定程度ある必要があります。

特に短期で結果を出したい場合には、1日や1ヶ月の期間での値動きの大きさが重要です。

仮想通貨は1日で10%以上の価格が動く、ボラティリティ(変動幅)が大きい投資対象です。

仮想通貨への賛否が別れているから

投資で重要な考え方の一つに「逆張り」があります。

逆張りとは、価格の動く方向性やトレンドとは、反対の方向に動くことに投資をする考え方です。

仮想通貨の投資については、肯定的な意見と否定的な意見が大きく別れています。その分、逆に張っておいた際に大きな利益を得られるといううまみがあります。

むしろ今の否定的なトレンドは大きく勝ちたいと考える投資家にとって、歓迎と考える向きもあります。

仮想通貨投資を始めるならGMOコインがおすすめ!

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

GMOコインは日本のインターネット大手のGMOグループが提供する仮想通貨取引所です。特に、投資初心者でも簡単に、直感的に使えるツールが好評なことと、安心して利用できることで人気です。

仮想通貨投資は危なそう、と感じる人に一番おすすめできるのがGMOはコインです。

GMOコインは仮想通貨だけではなく、FXや株式のトレーディングサービスも提供し、さらには銀行(GMOあおぞら銀行)までも運営する大手企業です。

運営体制やセキュリティ体制はもちろんのこと、カスタマーサポートまで安心して利用することができます。

万が一、問題が発生したとしても利用者への保証は手厚く行うことが予想できる企業の一社です。

もちろん、金融庁から正式に仮想通貨交換業者としての認可も受けていて、新規口座開設の受付から開設までが早いことも魅力の一つです。

初めて仮想通貨投資を行う人には、まず安心して利用できる取引所を選ぶことをおすすめしています。

仮想通貨投資で儲けるよくある事例

「仮想通貨投資」とは、仮想通貨を購入したときの金額と、売却したときの金額との差分で儲ける投資のことを指します。

仮想通貨が投資の性質を持つのは、仮想通貨にも価値があり、株やドルなどのように日々、需要と供給が生まれ、価値が変動するからです。

株などと同じで、買った金額より高い価値になったときに売れば儲かります。しかし、株と異なる点は、仮想通貨を始めるのは1,000円からでも可能な点、変動が激しいためじっくり待てば儲かりやすい点です。

下記は実際のビットコインの値動きで、もし4/19日に10万円分のビットコインを購入して5/6に売れば、たった2週間で10万円が12万円になります。

もちろん、儲けた2万円だけを下ろしてまた儲かるのを待つのもよし、元本の10万円を引き出して2万円だけ投資に使ったまま、マイナスにならないよう運用するのもよいでしょう。

仮想通貨投資はこのように、簡単かつチャンスの大きい投資です。まだ一般人で参入している方も少ないので、今後一般人にも広がっていくことを考えると「今がチャンス」と言えるでしょう

1,000円からできる!仮想通貨投資を始めよう

とりあえず初めてみるというのも、投資のセンスを磨くためには重要なこと。仮想通貨投資は1,000円からでも可能なので、興味を持たれた方はこちらを参考にしてみてください。

取引所ランキング

今すぐ取引所に登録したいという方は、取引所ランキングページをご覧ください。取引所によって、取引できる仮想通貨や手数料が異なるので、とりあえず1位〜3位に登録するのがおすすめです。

初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト