仮想通貨のリスク

仮想通貨とは?仮想通貨投資が人気の理由

最近ネットやテレビで話題の「仮想通貨」。現在の通貨にとって代わる、ビットコインで時代が歴史がひっくり返る、などと言われるほど、これまでになかった概念の通貨です。

中には、1万円で購入した仮想通貨が1億円に化けたという方もいるほど、投資としての人気も上昇しています。

このページでは、「仮想通貨って何?」「仮想通貨のリスクってどんなものがある?」という疑問にお答えする内容になっています。

今すぐ仮想通貨を購入したいという方はこちらで、購入方法を解説しています。

ページ:仮想通貨の買い方

仮想通貨とは?円やドルと何が違うの?

まずはそもそも「仮想通貨はなんなのか」「これまでの通貨と何が違うのか」を理解していきましょう。

「仮想通貨」とは、ひとことで表すと、IT技術による特定の管理機関が存在しないインターネット上の通貨です。

「特定の管理機関が存在しない」状態を「非中央集権的」と表します。

非中央集権的な性質を持つ「仮想通貨」の反対の位置に、中央集権的な通貨「円」「ドル」「電子マネー」などがあります。

あなたもお持ちの円やドルには「国」という管理機関があり、電子マネーには「交通機関」「民間企業」などの管理機関があります。

図解すると次のようになります。

運営・管理者 具体的な通貨
法定通貨 円,ドル,元
代替通貨 企業 電子マネー,楽天ポイント
仮想通貨 なし ビットコイン,リップル

仮想通貨に注目が集まっている理由は、この「非中央集権的」な点です。

【中央集権的通貨(円や電子マネー)】
個人/法人 ↔ 中央集権 ↔ 個人/法人

【非中央集権的通貨(仮想通貨)】
個人 ↔  個人

中央集権的な従来の通貨(円や電子マネー)と比較して、非中央集権的な仮想通貨は、国境などによる制約や、中央機関の操作、中央機関への「手数料の支払」がありません。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨と現代のお金との違いは分かりましたが、なぜこの時代になって非中央集権的な通貨を実現できたのでしょうか。実は、インターネットの発達が生み出した「ブロックチェーン」という技術が、仮想通貨の非中央集権性を支えています。

代表的な仮想通貨であるビットコインで採用されている、ブロックチェーン技術。ブロックチェーンはひとことで表すことが難しいですが、無理やりわかりやすく説明すると「仮想通貨の取引を全員で証明する技術」になります。

インターネットの発達により、国境を超えて不特定多数の人が取引の証明ができるため、非中央集権的な技術が支えられています。なぜ証明する人がいるのかというと、証明をすることで報酬が得られるからです。

仮想通貨の革新的な技術は理解できました。さて、ではなぜみんな「仮想通貨投資」を行っているのでしょうか?まずは仮想通貨投資について理解しましょう。

仮想通貨投資が人気の理由

「仮想通貨投資」とは、仮想通貨を購入した金額と、売却した金額との差分で儲ける投資のことを指します。

仮想通貨が投資の性質を持つのは、仮想通貨にも価値があり、株やドルなどのように日々、需要と供給が生まれ、価値が変動するからです。

近年「仮想通貨投資」に人気が集まっているのは、これまで説明したような技術の先進性を評価され、価値がまだ一部の人にしか認められていない今のうちに、仮想通貨を買う人が増え始めているからです。

まだ仮想通貨は、情報感度の高い人だけしか購入していないため、今後一般層にまで購入者が広がれば、それだけさらに価値が上がります。

仮想通貨投資で儲けるよくある事例

株などと同じで、買った金額より高い価値になったときに売れば儲かります。しかし、株と異なる点は、仮想通貨を始めるのは1,000円からでも可能な点、変動が激しいためじっくり待てば儲かりやすい点です。

下記は実際のビットコインの値動きで、もし4/19日に10万円分のビットコインを購入して5/6に売れば、たった2習慣で10万円が12万円になります。

もちろん、儲けた2万円だけを下ろしてまた儲かるのを待つのもよし、元本の10万円を引き出して2万円だけ投資に使ったまま、マイナスにならないよう運用するのもよいでしょう。

仮想通貨投資はこのように、簡単かつチャンスの大きい投資です。まだ一般人で参入している方も少ないので、今後一般人にも広がっていくことを考えると「今がチャンス」と言えるでしょう

1,000円からできる!仮想通貨投資を始めよう

とりあえず初めてみるというのも、投資のセンスを磨くためには重要なこと。仮想通貨投資は1,000円からでも可能なので、興味を持たれた方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨の始め方

今すぐ取引所に登録したいという方は、取引所ランキングページをご覧ください。取引所によって、取引できる仮想通貨や手数料が異なるので、とりあえず1位〜3位に登録するのがおすすめです。

取引所ランキング