ビットフライヤー

ビットフライヤーでイーサリアムを買う方法。送金手数料と注意点もご紹介

この記事を読んでほしい人
✔ イーサリアム(ETH)の取引を始めたい方
✔ ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)の取引を始めたい方
✔ どこでイーサリアム(ETH)を購入すべきか迷っている方

イーサリアム(ETH)はすべての仮想通貨の中で時価総額2位につけるなど、アルトコインの中でも非常に人気の高い仮想通貨のひとつです。

技術面でも高く注目されており、今後もその動向に注目が集まります。

イーサリアム(ETH)は日本国内でも多くの仮想通貨取引所が上場させており、どこで購入すべきか迷うこともあるのではないでしょうか。

この記事では

  • ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を買う方法
  • ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を送金したときの手数料
  • ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)の取引をする際の注意点

について分かりやすく紹介します。

この記事の要約
  • ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)は販売所形式で購入できる
  • 販売所形式の取引では「スプレッド」に注意が必要
  • イーサリアム(ETH)の送金手数料は0.005ETHが発生
  • イーサリアム(ETH)を購入するならbitFlyerがおすすめ

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)は購入できるか

ビットフライヤーではイーサリアム(ETH)を含む以下の8種類の仮想通貨を購入することができます。

ただビットフライヤーでは取引所と販売所という2つの形式を用意しており、それぞれで取り扱う通貨が異なる点には注意が必要です。

取引所で購入できるのはビットコイン(BTC)のみで、ほかの7種類の通貨を買うときは販売所形式で購入しなくてはなりません。

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を購入しよう

さてここからは、ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を購入するために必要なステップを説明していきます。

まだビットフライヤーで口座を開設していない人向けの説明となります。ビットフライヤーで口座開設を済ませている人は、この項目を読み飛ばして、イーサリアム(ETH)を買う方法まで進んでください。

イーサリアム(ETH)が購入できる取引所・販売所一覧

イーサリアム(ETH)はビットフライヤーのほかにも、以下の仮想通貨取引所で購入することができます。

イーサリアム(ETH)を買うときには、自分に合った取引所を選ぶことが大切です。

取引所名 取引所 or 販売所
Liquid by Quoine 取引所
bitbank 取引所
VCTRADE 取引所・販売所
GMOコイン 取引所・販売所
Huobi 取引所・販売所
BTCBOX 取引所
BITPoint 取引所
DMM Bitcoin 販売所
TAOTAO 販売所
coincheck 販売所
楽天ウォレット 販売所
ディーカレット 販売所
BITMAX 販売所

ビットフライヤーにアカウント登録する

まずビットフライヤーにアカウントを登録します。

ビットフライヤーのウェブサイトに移動する

メールアドレスとパスワードを登録することでアクセスできるようになります。

ビットフライヤーの本人確認

サイトにアクセスしたら、取引を開始するために個人情報を登録します。

本人確認書類をアップデートする必要もあるので、合わせて準備しておきましょう。

登録が必要な情報

ビットフライヤーで取引をするために登録が必要となる個人情報は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 性別
  • 携帯電話番号

特にメールアドレスは重要です。登録用のメールが届くため、ドメイン指定での受取拒否などの設定はあらかじめ解除しておいてください。

本人確認書類

個人情報を登録したら、手順に従って「本人確認書類」と言われる身分証になるような書類の画像をビットフライヤーにアップロードします。

本人確認書類となるような書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号(マイナンバー)カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し

郵送の本人確認書類

個人情報の登録と本人確認書類のアップロードが完了したら、ビットフライヤーから完了を知らせる手紙が郵送されます。それを受け取ったら口座開設が完了します。

また2019年12月24日に、ビットフライヤーはスマホを活用してKYCを進める「クイック本人確認」というサービスを開始しました。

クイック本人確認ではスマホで本人確認書類と自分の顔写真を撮影することで、オンライン上でKYCが完了します。従来のハガキを使う方法では数日から1週間ほど取引までかかりますが、クイック本人確認では最短で即日で完了します。

▼ビットフライヤーでの詳しい口座登録方法はこちら▼

ビットフライヤー(bitflyer)の登録・口座開設方法をパソコン、スマホ、アプリ別に解説。一時新規登録中止になった理由と、再開に至った理由もご紹介 「ビットフライヤーの登録の仕方がわからない…」「登録に必要なものは?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで今...

取引所に入金する

イーサリアム(ETH)を購入するには、まずビットフライヤーへ日本円を入金します。

入金方法には銀行振込のほか、ネットバンキングコンビニ入金などがあります。

最小入金額のようなものは設定されていませんが、ひとまずは数万円ほどを入金しておけば問題ありません。

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を買う方法

ビットフライヤーでイーサリアムを買う方法

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を購入するには、まずログインしてアルトコイン販売所を選択します。

そして「ETH/JPY」を選択。現在の購入価格が表示されるので、それを参考に購入数量を入力します。

すると日本円参考価格の欄に価格が表示されるので、それでよければ画面下側の「コインを買う」を選んでください。

これでイーサリアム(ETH)の購入が完了します。

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を送金する場合の手数料は?

ビットフライヤーでは、外部のウォレットなどにイーサリアム(ETH)を送金する際に0.005ETHが発生します。

これはイーサリアム(ETH)の送金などで発生するGASという手数料です。

ごく少額ですが、何度も外部へ送金していると無視できない金額になります。なるべくまとめて送金をしたほうがいいでしょう。

▼ビットフライヤーの手数料についての詳しい解説はこちら▼

bitFlyerロゴ
ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料は高い?取引所別の売買手数料から入金、出金手数料など手数料毎にコインチェックと徹底比較してみた。 ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料、取引・入出金・スプレッドまで解説! ビットフライヤー(bitFlyer)は大...

ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)を取引する際の注意点は?

ビットフライヤーでは仮想通貨取引所と直接売買をする販売所形式でイーサリアム(ETH)を取引します。販売所形式では「スプレッド」に注意が必要です。

スプレッドとは買値と売値の差額のことです。買値より売値を低く設定することで、スプレッドが実質的な手数料として機能します。

インターネットなどで評判を見ていると、ビットフライヤーのスプレッドは広い(大きい)と言われることがあります。スプレッドは相場によって変動するため一概に大きい小さいとは言えませんが、あまり大きくなるようであれば取引を控えたほうがいいでしょう。

そもそもイーサリアム(ETH)とは

最後に、そもそもイーサリアム(ETH)はどんな仮想通貨なのかを紹介しましょう。

イーサリアム(ETH)は同名のP2Pネットワーク(中央管理者を置かず、実際に通信をする端末同士をつなぐネットワーク)を構築するために開発された仮想通貨です。

通貨の正式名称は「イーサ」と言います。

通貨名 イーサリアム(Ethereum)
通貨略号 ETH
公開日 2014年
開発者名 Vitalik Buterin
公式サイト https://www.ethereum.org/
発行上限 未定
通貨の目的 分散型アプリケーションの作成
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)
bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
Liquid(リキッド)
bitFlyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
GMOコイン
Zaif(ザイフ)
海外取引所 Binance(バイナンス)
Poloniex(ポロニエックス)
Bittrex(ビットレックス)
etc

最大の特徴はスマートコントラクト

イーサリアムネットワークは大きな特徴として「スマートコントラクト」というものがあります。

通常、ビットコインなどでは取引記録がブロックチェーンに記録されますが、イーサリアム(ETH)では「誰がいついくら送金する」などといった内容をブロックチェーンに記録することで特定の契約を自動で、かつ確実に履行できます。

このスマートコントラクトを利用してイーサリアムネットワーク上ではdApps(分散型アプリケーション)などが開発されています。

スマートコントラクトは世界の大企業などが注目しており、イーサリアム(ETH)へ投資をし、企業向けに運用できるイーサリアムの開発などを進めています。

ほかにもイーサリアム(ETH)はイーサリアムのブロックチェーン上で仮想通貨を作るための規格も公開しており、多くの仮想通貨がイーサリアム(ETH)を元に開発されました。

イーサリアム(ETH)の評判や特徴については、以下の記事でより細かく紹介しているので、気になる人はぜひご覧になってください。

関連記事:イーサリアム(ETH)の評判、チャートなどを詳しく見る

ビットフライヤーでイーサリアムを買う方法まとめ

この記事のまとめ
  • ビットフライヤーでイーサリアム(ETH)は販売所形式で購入できる
  • 販売所形式の取引では「スプレッド」に注意が必要
  • イーサリアム(ETH)の送金手数料は0.005ETHが発生
  • イーサリアム(ETH)を購入するならbitFlyerがおすすめ

イーサリアム(ETH)はすべての仮想通貨の中で時価総額2位につく人気の高い通貨です。技術面でも世界の大企業などが注目しており、今後もその動向に注目が集まっています。

ビットフライヤーでは、イーサリアム(ETH)は販売所形式で購入できますが、「スプレッド」に注意が必要。

2019年12月24日からビットフライヤーはスマホを活用してKYCを進める「クイック本人確認」サービスを開始し、最短即日で利用できるのが魅力です。

イーサ―リアム(ETH)の取引を始めたい方は、ビットフライヤーに口座開設してはいかがでしょうか。

ビットフライヤー
国内最大級の定番取引所、ビットフライヤー

\すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitFlyer

最短即日で利用できるのが魅力。アプリも使いやすい
※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

ビットフライヤー公式サイト