ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)の入金のやり方と種類、注意点まで解説!

この記事を読んでほしい人
✔ ビットフライヤーの入金のやり方がわからない方
✔ ビットフライヤーに入金したい方
✔ これからビットフライヤーに口座開設する方

ビットフライヤーの入金手順がわからない…」「入金するにはどうしたらいいの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、ビットフライヤーの入金手順、入金までの流れや注意点を解説します。

ビットフライヤーの入金に関してわからない方は、こちらの記事で全て解決します!

この記事の要約
  • ビットフライヤーの入金方法は「銀行振り込み」「クイック入金」の2種類
  • クイック入金の場合、住信SBI銀行は無料で入金できる
  • 入金反映は、銀行振り込みの場合は長くても銀行の翌営業日、クイック入金は即反映
  • 入金の際は必ず本人名義で振り込もう

ビットフライヤーで仮想通貨取引を始めてみましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤーは2014年9月にbitflyer株式会社が設立した仮想通貨取引所です。

また、利用者保護目的で設立した「日本ブロックチェーン協会」の主幹企業でもあります。

仮想通貨業界のなかでは最大手。

仮想通貨を取引したことがある人なら、必ず耳にするほど知名度が高い仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーで仮想通貨取引を始めてみましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴

主な特徴は3点。

  • ビットコインの取引量は国内一
  • セキュリティは世界トップクラス!
  • 珍しい通貨のlisk(リスク)を扱っている

ビットコインの取引量は日本国内で最も多いです。流動性が常に確保されているので、安心して取引できます。

また、セキュリティも優れています。セキュリティーアプリサービスを提供しているSqreenが、世界の仮想通貨取引所のセキュリティを調査し、ランキングで発表しました。

そちらのランキングで、ビットフライヤーは1位を獲得しています。コインベースといったアメリカの大手取引所を抑えての1位なので、相当優れていると判断できます。

取扱い通貨は8種類です。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. イーサリアムクラシック
  4. ライトコイン
  5. ビットコインキャッシュ
  6. モナコイン
  7. リスク
  8. リップル

なかでも、リスクを扱っている国内取引所は、ビットフライヤーとコインチェックのみ

以上の3点がビットフライヤーの特徴です。

ビットフライヤー(bitFlyer)入金の前に登録が必要

ビットフライヤーに入金する場合は、まずは登録(口座開設)が必要です。

サイトにアクセスし、メールアドレスを登録すると仮のアカウント「ウォレットクラス」はすぐに作成できます。

仮のアカウントだけでも入金はできます。ただし、取引できないうえに7日間で10万円までの入金制限があるので、「トレードクラス」の登録が必要です。

ログインし、個人情報の登録と本人確認書類(運転免許証やパスポート)を提出すると2日~3日前後で口座開設できます。

口座開設が完了したら、いよいよ入金です。

ビットフライヤー(bitFlyer)の入金方法を解説

ビットフライヤーの入金方法は、

  • 銀行振り込み
  • クイック入金

の2種類です。

銀行振り込み

銀行振り込みは、ビットフライヤーが用意した専用口座に振込むことで入金が完了する方法です。

ログインし、左メニューの①「入出金」をクリックします。

右側に入金方法の選択が表示されるので、②の「銀行振込」をクリック。

専用の銀行口座が表示されます。

そちらに普段しようしている金融機関から振込手続きを行うことで、入金できます。

クイック入金

クイック入金は、特定のオンライン銀行で振込手続きを行うことで、入金できる方法です。

銀行振り込みと違うのは、即座に入金した金額が口座に反映されて取引ができるようになる点です。

また、指定の銀行がない場合はコンビニからでも行えるのが特徴です。

左メニューの「入出金」をクリックし、赤枠の箇所「インターネットバンキングで入金する」の中から、好きな金融機関を選択します。

住信SBIとイオン銀行の口座を持っていないので、今回は「その他の銀行」をクリックします。

入金したい金額を入力し、「入金する」をクリック。

この後は確認画面が表示されるので、「次に進む」や「同意して次へ」をクリックして先に進めてください。

好きな金融機関にチェックをつけて「次に進む」をクリックするとし、チェックをつけた金融機関のサイトに移動するので、そちらに振込操作を行うことで入金できます。

ビットフライヤーの入金時にかかる手数料

銀行振り込みを選択した場合、振込手数料がかかります

利用する金融機関によって異なるので、金融機関の手数料を確認してください。

ちなみに、ジャパンネット銀行からビットフライヤーに振込む場合の手数料は、

  • 3万円未満…172円
  • 3万円以上…270円

となります。

次に、クイック入金の手数料について。

  • 住信SBI銀行…無料
  • イオン銀行、その他の銀行、コンビニ入金…324円

住信SBI銀行を指定した場合のみ、無料で入金できます。

ビットフライヤーの入金反映にかかる時間

クイック入金であれば、即反映されます。

ただし、銀行振り込みは、利用した金融機関によって違いがありますが、長くても銀行の翌営業日までには入金が反映されます。

クイック入金と違い、即座に反映されないので余裕をもって入金した方がよさそうです。

ビットフライヤーの入金時の注意点

入金の際、必ず本人名義で振り込むようにしましょう。

間違っても他人の名義から振り込むのはやめてください。家族名義でもダメです!

口座に反映されません。さらに組み戻しの手続きをする必要があり、手数料や時間が無駄にかかってしまいます。

登録した口座名義と銀行振り込みの時の名義人の名前は、必ず一致させるようにしましょう。

ビットフライヤーの入金に関するよくある質問

ビットフライヤーの入金に関してよくある質問をまとめています。

最低入金額と上限額について

仮のアカウントを作成しただけの「ウォレットクラス」の場合は「7日間で10万円以内」までとなっています。

トレードクラスを開設しているのであれば、銀行振り込みは上限はありません。また、1円以上から入金できます。

ただし、コンビニ入金だけは、30万円の上限が設けられているので注意が必要です。

クイック入金でも即座に反映されない!

クイック入金を実行した時の通信状況によっては、すぐに反映されない時があります。

その場合はビットフライヤーでの承認作業が完了しだい、反映されます。長くても、翌営業日までには完了すると思われます。

注意点として、クイック入金は即時反映は保証されていません。時には時間がかかってしまうことがるので、注意しましょう。

ビットフライヤーで入金をして取引をはじめよう

この記事のまとめ
  • ビットフライヤーの入金方法は「銀行振り込み」「クイック入金」の2種類
  • 銀行振り込みは振込手数料がかかる。クイック入金は住信SBI銀行は無料で入金できる
  • 入金反映は、銀行振り込みの場合は長くても銀行の翌営業日、クイック入金は即反映
  • 入金の際、必ず本人名義で振り込むようにしましょう

ビットフライヤーで仮想通貨取引を始めてみましょう。

ビットフライヤーの入金方法は、複雑で難しい操作も必要なく、シンプルで簡単です。

操作を覚えて入金できたら、取引をはじめてみましょう!

ビットフライヤー
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事