仮想通貨取引所比較

仮想通貨の口座数(ユーザー数)を国内の取引所でランキング紹介

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨取引所の口座数を知りたいという方
✔ 仮想通貨口座数の多い、おすすめの仮想通貨取引所を知りたいという方
✔ 仮想通貨取引所の口座数がこれからどうなっていくのか知りたいという方

「どの仮想通貨取引所で口座開設しようかな……」「口座数から判断したいけど調べるのが面倒だ……」なんて、考えている方もいるのではないでしょうか。

仮想通貨の口座数は個人でも調べられますが、なかなか時間を割けないという方も多いかもしれません。

そこで今回は、仮想通貨取引所の口座数が気になる方へ向けて、国内の仮想通貨取引所全体の口座数や、仮想通貨取引所ごとの口座数についてお伝えしていきます。

この記事の要約

  • 国内取引所の口座数の総数は約290万口座
  • 仮想通貨取引所ごとの口座数が多いのは「ビットフライヤー」「コインチェック」「Liquid」など
  • 仮想通貨取引所の口座数は、証券口座やFX口座と比べるとまだ少ない
  • 仮想通貨の活用が進んでいるので、今後は仮想通貨取引所の口座数は増えていくと予想される

仮想通貨取引所の日本国内口座数

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の資料によると、

  • 国内の仮想通貨取引所の口座数:287万4971口座
  • そのうち稼働口座:161万4699口座

となっています。また、人数換算では

  • 現物取引:350万人
  • 信用取引・先物取引・証拠金取引:14万2842人

となっていました。信用取引よりも、現物取引の方が多くの人に取引されています。

理由はさまざまですが、現物取引はレバレッジによる大きな損失を招かない(リスクが小さい)ことがあげられるでしょう。

参考:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、会員の仮想通貨取引状況表(月次)

参考:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会、仮想通貨取引についての現状報告

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

国内取引所の口座開設数

国内仮想通貨取引所の口座開設数を、ランキング形式でご紹介していきましょう。

順位 取引所名 口座数
1位 ビットフライヤー 200万口座以上(2018年)
2位 コインチェック 約90万口座
3位 Liquid 75万口座以上
4位 ビットバンク 75万口座以上
5位 ザイフ 約73万口座
6位 GMOコイン 約22.5万口座

口座開設数を比較検討することで、板の厚い市場で取引できるというメリットもありますよ。

1位:ビットフライヤー

ビットフライヤーは、国内取引所の中でも早い段階でさまざまな媒体で広告をだしており、口座開設数や取引量も多いです。

しかし2019年5月現在、新規口座開設手続きを停止しています。新規口座開設を継続している他の取引所が急成長した場合は、状況が変わるかもしれません。

口座数

  • ビットフライヤーの口座数:200万口座以上(2018年の発表)

これは2018年に公式ツイッターにて発表したもので、その後の業務改善命令などによって、多少の変動が生じている可能性があります。

とはいえ、すでに口座開設している方は取引を継続できますから、口座が極端に減少する可能性は少ないでしょう。

2位:コインチェック

コインチェックもビットフライヤーと同様、早い段階からテレビCMなどの広告によって多くの利用者を獲得した国内取引所です。

しかし2018年にハッキングを受けて仮想通貨を流出させる事件を起こしたことをきっかけに、一時サービスを停止することとなりました。

口座数

  • コインチェックの口座数:約90万口座

2019年1月に発表されたマネックスグループの決算資料にて、コインチェックの現在の口座数が明らかになりました。

現在はマネックスグループの傘下となり、正式に金融庁の認可を受けてサービスを再開したコインチェック。

ふたたび口座数が増えていく可能性もありますね。

参考:マネックスグループ 2019年3月期第3四半期決算 説明資料

3位:Liquid

Liquidは法定通貨の取り扱いが多いという点でメリットのある取引所。独自のトークンであるQASHの取引もできます。

海外でも取引所を設置・運営しており、そちらではTaTaTu、Mithril、Daostackといったトークンを上場するなど、事業を拡大しているのも特徴です。

口座数

  • Liquidの口座数:75万口座以上

円以外にもドルやユーロなどで取引したい方は、口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

4位:ビットバンク

ビットバンクは6種類の仮想通貨を取り扱っており、国内取引所の中で、取引量1位を記録したこともあります

またスマホアプリ版で、「TradingView」という取引ツールを利用できるというのも大きな特徴です。

口座数

  • ビットバンクの口座数:75万口座以上

国内取引所の中には新規口座開設を停止しているところもありますから、今後ビットバンクがさらに口座数を伸ばしていく可能性もあるかもしれませんね。

5位:ザイフ

ザイフは2018年に何度かシステム障害や仮想通貨流出事件を発生させており、その後フィスコに事業継承されました。

2019年5月時点でも、新規口座開設・コイン積み立てなど一部サービスが停止しているので気をつけましょう。

とはいえ今後セキュリティ体制などが整った段階で、新規口座開設を再開する可能性はあるので、定期的にプレスリリースや金融庁の情報を確認するのがおすすめです。

口座数

  • ザイフの口座数:約73万口座(2018年11月、フィスコ事業継承時の発表)

現在は新規口座開設停止中ですが、約73万口座と多数の顧客を抱えていることから、今後も一定の市場を維持することが予想されます。

参考: http://www.fisco.co.jp/uploads/20181114_fisco_3Q.pdf

6位:GMOコイン

GMOコインは初心者向けの取引ツールを揃えていることもあり、はじめて仮想通貨取引を行なう方にもおすすめ。もちろん新規口座開設も可能です。

もともとは販売所のみのサービスでしたが、現在は取引所でも取引可能。取り扱い通貨もビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨を網羅しています。

口座数

  • GMOコインの口座数:約22.5万口座(2018年12月発表)

他の取引所より少なく感じますが、右肩上がりで堅調に推移しています。2019年5月時点では、さらに増えているかもしれませんね。

参考: https://www.gmofh.com/ir/library/pdf/presentation_20190206.pdf

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

証券口座やFX口座との比較

  • 証券口座:約2400万口座(1社あたり数百万口座)
  • FX口座:約660万口座(1社あたり数十万口座)
  • 仮想通貨口座:約290万口座

証券口座やFX口座と比較すると、仮想通貨の口座数はまだまだ少ないですね。

参考:http://www.jsda.or.jp/shiryoshitsu/toukei/kanjyo/index.html

参考:http://forexpress.com/data/total_account.html

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

今後の拡大に期待

証券口座やFX口座と比較すると、まだまだ少ない仮想通貨の口座数ですが、今後の拡大に期待です。

2017年末に起こった仮想通貨バブルのような急激な市場拡大は、一時的に口座数が増加するかもしれませんが、バブルが崩壊すれば口座数が激減するリスクもあります。

2019年の市場は堅調な推移で底上げされていますが、こういった流れが投資家にとってメリットが大きいといえるでしょう。

ビットバンク(bitbank
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

仮想通貨の口座数は多くても200万台で今後の成長に期待

この記事のまとめ

  • 国内取引所の口座数の総数は約290万口座
  • 仮想通貨取引所ごとの口座数が多いのは「ビットフライヤー」「コインチェック」「Liquid」など
  • 仮想通貨取引所の口座数は、証券口座やFX口座と比べるとまだ少ない
  • 仮想通貨の活用が進んでいるので、今後は仮想通貨取引所の口座数は増えていくと予想される

さて、国内の仮想通貨取引所全体の口座数や、仮想通貨取引所ごとの口座数についてお伝えしてきました。

現在は新規口座開設を停止している仮想通貨取引所もあり、口座数の増加に歯止めがかかっている状態といえます。

しかし仮想通貨自体はさまざまな業界・企業が取り扱い始めているので、これらの取引所で新規口座開設が再開されれば、口座数の増加が期待できるでしょう。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト