仮想通貨の今後

仮想通貨は年末に動く。過去の動向と2018年の予想

これまで、仮想通貨市場は年末に大きく動いてきました。特に昨年末の盛り上がりはすさまじく多くの人に注目されました。

今年も仮想通貨は年末に動くのでしょうか。

この記事の要約
  • 2017年末のビットコイン価格上昇は先物取引と日本でのPR過熱が要因か
  • 2018年末のビットコイン価格は250-550万円まで上昇するとの予想
  • ビットコインETFの認可次第では再度価格の急上昇が見込まれる

年末の価格上昇を期待して、とりあえずビットコインを買っておきたい方はここから「BITpoint(ビットポイント)」で口座開設しましょう。手数料無料かつ主要アルトコインを含む5通貨を扱う、オールラウンダー型の取引所です。)

ビットコイン2017年末の価格上昇

2017年12月中旬ビットコインは220万円を超えました。他の仮想通貨も大きな価格上昇を見せ、1日40%もの値上がりも珍しくありませんでした。

特に年末には、ビットコイン先物取り引き関連のニュースが多く見られました。実際CBOE(シカゴオプション取引所)にビットコイン先物が上場した後、ビットコインは史上最高の高値を記録したのです。

いくらくらい上昇したか

2017年のビットコイン価格は最大で約20倍になりました。また、夏の時点でも約40万円前後だったので、年末には5倍以上です。

昨年末には、ビットコイン以外の仮想通貨も大きな価格上昇を見せました。特にリップルは年末年始にかけて最も大きな上昇率を見せました。約1ヶ月の間に8倍以上となったのです。

上昇要因は?

年末に、アメリカでのビットコイン先物取り引きが開始されたこと。また、日本でも、仮想通貨取引所のテレビコマーシャルが放映され、一般の方も仮想通貨を知ることになりました。そして、個人投資家の参入が急増したとされています。

市場も楽観的で、ポジティブなニュースが出れば、すぐに10%以上も値上りするなど1日単位でのボラティリティも高かったです。

  1. アメリカでの先物取引の開始
  2. 仮想通貨取引所の認知上昇
  3. 個人投資家の参入

2018年始の価格下落

ビットコインは年末が最高値となり、年始から徐々に価格を下げていきました。イーサリアムは年始から1ヶ月ほど高値を更新し続けましたが、他の仮想通貨は価格を下げていきました。

いくらくらい下落したか

1月から2月にかけて、多くの仮想通貨が価格を下げました。年末の最高値に比べて50%以上価格を下げる仮想通貨もあり、比較的安定していたビットコインでも150万円を割るようになりました。

下落要因

年末に価格が上がりすぎたため調整が入ったこともありますが、最も大きな要因は仮想通貨取引所コインチェックから仮想通貨NEMが不正流出したことでしょう。その後、金融庁の規制は強くなり、市場は悲観的になっています。今ではビットコイン価格は100万円をきっています。

  1. NEMの不正流出
  2. 年末の価格上昇による調整

2018年の価格予想

現在、仮想通貨市場にとって最も重要なビットコインETFが米国のSECに認可されるかどうかが注目されています。もし、認可されれば年末にむけて仮想通貨市場は昨年末を上回る価格上昇を見せるかもしれません。

ビットコインETFが認可されることで、ビットコインは金融商品から証券としても扱われることになります。それによって、より多くの機関投資家やビットコインに不信感を抱いていた層も仮想通貨市場に参入するとみられています。

予想1:「年末には約250万円」

もしビットコインETFが認可されれば、300日間で5倍の価格上昇になる可能性があります。これは、TotalCryptoという仮想通貨情報サイトによる分析です。単純に計算して150日後の年末頃には約250万円ほどでしょうか。

予想2:「3倍の270万円に」

仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、年末のビットコイン価格を約270万円と予想しています。現在の価格からすると約3倍です。ビットコインETFをおり込み済みです。

予想3:「550万円を予想」

ファンドストラット社のトム・リー氏は、ビットコイン価格を強気の550万円以上としています。こちらもETFをおり込み済みです。

トム・リー氏は年始にも強気な価格予想をしています。

仮想通貨取引を始めるにはBITpoint

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

年末に向けて仮想通貨を購入するにはBITpointがおすすめ。BITpointなら『取引手数料が無料』かつ、『取扱通貨5種類(主要な銘柄)』

ビットコインETFの認可が年末相場を左右

昨年末のアメリカでの先物取引開始は仮想通貨市場に大きなインパクトを与え、大きな価格上昇を起こしました。また、その後の価格下落にも先物取引の影響があるとされています。

今年も、アメリカ市場の動向が仮想通貨市場に与える影響は最も大きく、年末に価格上昇するかどうかは、ビットコインETFが認可されるかどうかにかかっているといえます。

この記事のまとめ
  • 2017年末のビットコイン価格上昇は先物取引と日本でのPR過熱が要因か
  • 2018年末のビットコイン価格は250-550万円まで上昇するとの予想
  • ビットコインETFの認可次第では再度価格の急上昇が見込まれる

年末の価格上昇を期待して、とりあえずビットコインを買っておきたい方はここから「BITpoint(ビットポイント)」で口座開設しましょう。手数料無料かつ主要アルトコインを含む5通貨を扱う、オールラウンダー型の取引所です。)

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後