仮想通貨の今後

リップルの今後は?将来性・特徴・価格予想をまとめて紹介

この記事を読んでほしい人
✔ リップルについて知りたい方
✔ 仮想通貨投資を始めようとしている方
✔ リップルで儲けようと考えている方

仮想通貨を利用しはじめた人の中には、「リップルってなんだ?」「リップルって他の仮想通貨と何が違うの?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、リップルの将来性・特徴・価格予想について紹介していきます。

この記事の要約

  • リップルは国際送金の問題を解決する
  • リップルは将来性が非常に高い
  • 他の仮想通貨にはない強みを持っている
  • 送金速度が他の仮想通貨に比べて圧倒的に速い
  • 短期的にも長期的にも価格が上がることが予想される

リップルとは?

リップルはアメリカの会社である「Ripple Inc.」が開発した、「価値のインターネット」を目指した国際送金ソリューションです。

リップル社はあらゆる「価値」を情報のように、安く世界中どこへでも動かせるものにすることを目的としています。

主に金融機関を相手としており、国際送金の送金時間や手数料の問題解決を目指しています。

リップル の将来性・価格上昇を期待させるポイント

早くて安い国際送金を実現するであろうリップルは、非常に将来性が高い仮想通貨として注目されています。

リップルの将来性や価格上昇を期待させるポイントについて説明していきます。

  1. 大手メガバンクが導入を検討している
  2. 中央銀行と提携
  3. イーサリアムを時価総額で上回った

ポイント1:大手メガバンクが導入を検討している

国際送金において、送金の遅さや手数料の高さは非常に重要な問題となっていますそこでリップル社の技術を用いることで、送金の速度の向上と手数料の低額化が期待できるため、大手メガバンクはリップル社の技術導入に積極的になっているのです。

実際に2018年5月、三菱東京UFJがリップルを使った実験を開始しています。さらに英国の銀行「バークレイズ」もリップル導入を検討しています。

ポイント2:中央銀行と提携

リップルは大手メガバンクだけではなく、イングランド銀行やインドネシア銀行、シンガポール金融管理局といった中央銀行などとも提携しています。

中央銀行は大手メガバンクとは違い、国家が運営する機関であるため、リップルへの期待の高さが分かります。

ポイント3:イーサリアムを時価総額で上回った

仮想通貨市場全体で大幅な価格減少が起こっています。イーサリアムの価格は-12%以上減少しているのに対し、リップルは最大-8%と他の主な仮想通貨に比べて持ちこたえています。

リップルは、イーサリアムを時価総額で上回る結果となりました。

リップルの将来の価格予想

2018年12月2日現在、リップルの価格は40.123円。

これから先、リップルの価格はどうなるでしょうか。

価格予想1:2018年末までに7ドル

リップルのテクニカル分析をはじめとして、豊富な知識やデータを蓄えているサイトであるRipple Coin Newsがあります。それによると、2018年末までに7ドル以上まで価格を伸ばすと予想されています。

予想2:2019年以降で5ドルを超える

世界最大の証券取引所であるアメリカのNASDAQによると、リップルの価格は2019年以降で5ドルを超えると予想されています。

予想3:2018年末から2019年に約3ドルまで上昇

Microsoftの元コンサルタントが開発したサービスであるWebBotで見てみましょう。リップルの価格は、2018年末から2019年に約3ドルまで上昇すると予想されています。

2017年のビットコインの値動きを高確率で的中してきたWebBot。今回の予想は当たるのでしょうか。

リップルの将来性(特徴、強み)

リップルが注目される理由は、その特徴や強みにあります。他の仮想通貨にはない魅力を持ち合わせていることで注目されているのです。

リップルの他の仮想通貨とは異なる特徴や優れている点について説明していきます。

  1. 送金速度が圧倒的に速い
  2. 中央管理者が存在する
  3. 安価な手数料

特徴1:送金速度が圧倒的に速い

ビットコインでは、送金スピードが約10分と送金に非常に時間がかかるところが問題点として挙げられています。しかし、それに対しリップルは約3秒で送金することができるのです。

リップル社の仮想通貨「XRP」はブロックチェーンを使用していない仮想通貨だということをご存知でしょうか。リップル社が独自に開発した「コンセンサス・レジャー」というシステムで取引データを管理しているため、他の仮想通貨と比べて圧倒的に送金速度が速いのです。

特徴2:中央管理者が存在する

ビットコインをはじめとした数ある仮想通貨には、特定の中央管理者がおらず、非中央集権な形態を取っています。それに対しリップルには中央管理者が存在し、「Ripple.Inc」という会社が仮想通貨の発行や管理を行なっています。

リップルは中央集権的な形態を取っていることで、速い決済速度や安い送金手数料、マイニングの廃止を実現することができたのです。

特徴3:安価な手数料

リップルは、手数料が他の仮想通貨と比べて圧倒的に低いことも大きな特徴の一つです。リップルの公式ツイッターが発表したデータによると、トランザクションごとにかかるコストはビットコインは約3,000円、イーサリアムは約100円、リップルは約0.043円と圧倒的にリップルが安いことが分かります。

仮想通貨 取引コスト
ビットコイン 約3,000円
イーサリアム 約100円
リップル 約0.043円

リップルを買うべきか

これまで述べたように、リップルは非常に将来性が高く、他の仮想通貨にはない強みや魅力を持ち合わせています。大手の価格予想サイトが予想しているように、この先リップルの価格は高くなっていくと考えられます。

短期的にも長期的にも価格が上がることが予想されるリップル。今後の価格の高騰に備えて今のうちにリップルを手に入れておきましょう。

リップルを購入するための取引所

リップルは人気のある仮想通貨のうちの1つです。日本でもいくつかの取引所での取扱いがあります。

リップル買うための取引所①:BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットポイントは本田圭佑がPRに参加していることでも知名度高い取引所。同時に、お得な点や強みも多い取引所です。

  • 取引所専業(販売所形式より割安です)
  • 取引手数料が無料
  • 人気上昇中で利用者多い。安定した取引量
  • リップル以外に5通貨取扱あり、すべて日本円で購入可
  • BITPointでしか使えない取引ツール

リップル買うための取引所②:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットバンクはオールラウンダー的な特徴をもった取引所です。安定した人気があります。

  • 取引所専業(販売所形式より割安です)
  • 取引手数料が無料
  • 安定した取引量
  • リップル含む6通貨取扱あり、一部日本円で購入できない

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後