仮想通貨の今後

イーサリアム(Ethereum/ETH)はもう上がらない?その理由と今後の動向を予想

この記事を読んでほしい人
✔ イーサリアムを保有している方
✔ イーサリアムの今後の動向が知りたい方
✔ イーサリアムで儲けようとしている方

イーサリアムはスマートコントラクトを実装した高性能な通貨です。

多くの大企業からも注目されているのに、なぜ価格が上昇していかないのでしょうか。

ここでは、イーサリアムの上がらない理由と今後の動向について解説します。

イーサリアムを保有している人、これからイーサリアムを取引したいと考えている人は必見の内容となっています!

この記事の要約
  • 仮想通貨市場は低迷しており、バブルが崩壊から少しづつ適正価格に近付いている
  • イーサリアムは、ビジネス上でも活用できる実用性の高い通貨
  • 長期的にみると、イーサリアムは上昇していくので今後に期待

イーサリアムとは

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨。

スマートコントラクトのプラットフォームとして注目を浴びている仮想通貨です。
スマートコントラクトは、簡単にいえば契約の自動化です。契約を自動化することで、コストの軽減やブロックチェーン上に記録することでの信用性によるメリットが生まれます。

イーサリアムは、スマートコントラクトのプラットフォームとして、ビジネス上でも活用できる実用性の高い通貨として注目されています。

通貨名 Ethereum(イーサリアム)
通貨略号 ETH
公開日 2015年7月
公式サイト https://www.ethereum.org/
発行上限 上限なし
国内取引所 bitFlyer, Zaif, DMM bitcoin, GMOコイン, QUOINEX, bitbank
海外取引所 Binance, Bittrex, Hitbtc 他多数

イーサリアムのこれまでの動向

イーサリアムが正式に取引できるようになったのは2015年。2016年は100円前後で推移し、それほど目新しいニュースはありませんでした。

価格の上昇は2017年になってからです。マイクロソフトをはじめ、日本ではトヨタがイーサリアムに注目し始めた年でもあります。それに加えて、仮想通貨ブームも相まって年末には15万円以上の価格をつけました。

2018年は一時の勢いは衰え、1万円まで価格が下落しています。

イーサリアムの値段が上がらない3つの理由

イーサリアムは一向に価格の上昇が見受けられません。主な要因を3つ挙げます。

  1. 理由1:仮想通貨市場のバブル崩壊
  2. 理由2:ICOがイマイチ
  3. 理由3:アップデートが完了していない

低迷理由1:仮想通貨市場のバブル崩壊

2018年に入ってから仮想通貨市場全体が低迷しています。2017年の後半の価格高騰が加熱しすぎていたとも言えるでしょう。

ビットコインは、2017年初頭には10万円付近だった価格が200万円を突破する勢いでした。それにつられて、仮想通貨全体も一気に注目されて、とてつもない値上がりを見せたのです。まさしくバブル状態。

2018年の後半になって振り返ってみると、2017年の12月をピークにバブル崩壊しているのがわかります。調整局面に入り元の水準に戻っているだけと考えらえます。

あまりも高すぎた価格が単純に適正価格に戻っただけですが、暴落しているように見えるという状況と考えらえます。

▼イーサリアムの価格暴落時の対処法を解説!詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
イーサリアム(ETH)はどこまで暴落する?原因と将来の高騰時期予想 イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨です。 そんな人気のあるイーサリアムですが、過去には価格が急激に下...

低迷理由2:ICOがイマイチ

ICOとは、資金調達の1つです。法定通貨で調達はせずに仮想通貨を発行して調達します。

イーサリアムはICOのプラットフォームです。そのため、ICO人気が高めれば高まるほど、イーサリアムの需要は増します。

しかし、ICOブームの時に好き勝手発行したため、詐欺まがいの案件も増えていき、イーサリアムの価値を著しく損なってしまった面があります。

また、発行したイーサリアムをどんどん売却したことも、さらに下げを加速する要因となっています。

ICOに関する問題がイーサリアムの低迷につながっています。

低迷理由3:アップデートが完了していない

イーサリアムは、大型アップデートを4回にわけて実施しています。

アップデートプロジェクト 対応状況と実施予定
フロンティア(Frontier) 2015年7月に実施
ホームステッド(Homestead) 2016年3月に実施
メトロポリス(Metropolice) 2017年9月~実施中
セレニティ(Serenity) 実施時期が未定

現在はメトロポリスというアップデートが実施されています。

今後は、セレニティを控えていますが、まだ実施時期ははっきりとわかっていません。

全てのアップデートが完了するまでは、積極的にイーサリアムに投資していく人は増えないとみています。これが3つ目の上がらない理由です。

イーサリアムの値段を左右する好材料・悪材料は?

ここまでは価格のあがらない理由を述べました。イーサリアムの今後を占う材料をピックアップしました!

  1. 材料1:アップデートが完了後に上がる
  2. 材料2:ライデンネットワークにより上がる
  3. 材料3:EEA

好材料:アップデートが完了すれば、価格上昇

現時点では、メトロポリスと呼ばれるアップデートが、前半と後半に分かれて行われています。前半はビザンチウム、後半はコンスタンティノープルです。

コンスタンティノープルの内容は、「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」に仕様を変更することです。

現在のイーサリアムはビットコインと同じく「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」を採用しています。PoWには以下の欠点があります。

  • 新規発行のためのマイニングに電気代のコストがかかりすぎる
  • 高性能コンピューターでないとマイニングできない

しかし、PoSに仕様を変更すると、電気代のコストや高性能コンピューターでの計算が不要になります。マイニングの報酬は下がることで、マイナーが撤退し一時的には保有しているイーサリアムを手放す動きが増えて下落するでしょう。

下落した後は、売り圧力がなくなり長期的にみて、イーサリアムは上昇傾向に転じるのではないか、とみています。

結論は、短期的には下げて、長期的には上昇するとみていいかと思います。

短期的に下げたところで、仕込んでいくといいかもしれませんね。

好材料:ライデンネットワークの実現による上昇

イーサリアムは、ライデンネットワークというプロジェクトを立ち上げています。

ブロックチェーン外でもデータのやり取りができるようにする、というものです。ブロックチェーン以外での処理を追加することで、今問題になっているスケーラビリティ問題を解決できる方法とされています。

完成すると通貨の機能が大幅に向上するとみられています。

  • 送金スピードの向上
  • 手数料の低下

送金スピードは現在でも1秒で10件程度処理できますが、実現すると1秒で1万件のデータを処理できるようになります。

完成まではまだ先ですので、完成後は通貨としての価値が向上するので、価格もそれにつれて上昇していくとみています。

好材料:EEAによる実用化の促進

EEAとは、「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」の略で、イーサリアムを企業向けに開発していこう、という目的で設立された連合です。

参加企業の中には、

  • マイクロソフト
  • インテル
  • トヨタ
  • KDDI

といった大企業が参入しバックアップしてくれています。

今後は、より一層イーサリアムを活用した製品が増えていくのではないか、とみています。価格が上昇するかどうかは不明ですが、期待してもいい材料といえます。

イーサリアムの今後の価格予想

2018年12月時点での価格は約12000円。

今まで下げ止まっていた5万円付近を抜けてから、さらに下げが加速したように思えます。目先は、2万円までなら上昇する可能性があります。

次に5万円を目指す展開になると思えますが、すぐに上昇していく展開にはならないでしょう。きっかけとなる材料が必要になってきます。

イーサリアムの購入にはCoincheckがオススメ

イーサリアムの購入をしたい方はCoincheck(コインチェック)がオススメです。

購入手続きも簡単ですし、購入だけでなく売却も500円から可能なため、気軽に取引が出来ます。

イーサリアムは今後に期待できる仮想通貨!

この記事のまとめ
  • 仮想通貨市場は低迷しており、バブルが崩壊から少しづつ適正価格に近付いている
  • イーサリアムは、ビジネス上でも活用できる実用性の高い通貨
  • 長期的にみると、イーサリアムは上昇していくので今後に期待

いかがでしたでしょうか。

現状の仮想通貨市場は低迷しています。バブルが崩壊し、少しづつ適正価格に近付いている状態です。この流れが収まった時点では回復に向かうと予想できます。

長期的にみてイーサリアムは上昇していくので、今後に期待したいところですね。

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト