ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)の手数料が最安値は?【送金・取引・スプレッドを比較】

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインキャッシュの取引を始めようと思っている方
✔ ビットコインキャッシュの手数料を知りたいという方
✔ ビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨取引所を知りたいという方

銀行の振込手数料や住宅ローンの融資手数料など、いろいろな手数料がありますが、仮想通貨取引にも手数料がかかります。

では、よく知られているアルトコインの一つ、ビットコインキャッシュの取引をしようとした時には、どのような手数料が発生するのでしょうか。

そこで今回は、ビットコインキャッシュの手数料についてお伝えしていきます。

この記事の要約

  • ビットコインキャッシュを取引する時、「入金手数料」「出金手数料」「取引手数料もしくはスプレッド」といった手数料がかかる
  • 仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」という2種類の形式があり、取引所では「取引手数料」、販売所では「スプレッド」がかかる
  • ビットコインキャッシュを取引するなら、取引手数料が安い取引所がよい
  • ビットコインキャッシュを取引するなら、取引手数料が安くセキュリティも高い「Liquid」がおすすめ

ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱う取引所一覧

ビットコインキャッシュを取り扱う国内取引所は以下の通りです。bitbank以外は取引所・販売所の両方でビットコインキャッシュの取引を行っています。

取引所名 販売形態
BITPoint(ビットポイント) 取引所
Bitbank(ビットバンク) 取引所
GMOコイン 販売所・取引所
Liquid(リキッド) 取引所
bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所・取引所
Coincheck(コインチェック) 販売所・取引所
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 販売所
Zaif(ザイフ) 販売所・取引所
FISCO(フィスコ) 販売所・取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引手数料・スプレッドが安い取引所ランキング

ここでは、ビットコインキャッシュを購入した時にかかる各取引所ごとの手数料やスプレッドを安い順にランキング形式で紹介します。

このランキングの評価基準は手数料・スプレッドが共に安いと順位が上になり、手数料が同じならスプレットの安いほうが順位が上、スプレッドが同じなら手数料が安いほうが順位が上になっています。

順位 取引所名 手数料・スプレッド
1位 bitbank.cc 無料・取引所のみなので関係なし
2位 Liquid BTC/JPY建ては無料・0.03%
3位 bitFlyer 0.01~0.15%・1.19%
4位 coincheck 無料・1.44%
5位 GMOコイン 無料・1.93%
6位 Zaif 0.05~0.3%・5.19%
7位 BITPOINT 無料・かなり広い

1位:ビットバンク(bitbank.cc)

取引所名 bitbank(ビットバンク)
種別 取引所専業
手数料 無料
スプレッド 関係なし
取扱通貨 ETH(イーサリアム),BTC(ビットコイン),LTC(ライトコイン),XRP(リップル),MONA(モナコイン),BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットバンクは、取引所のみでしかビットコインキャッシュを取り扱っていません。取引所では手数料無料です。

加えて、サイト・アプリの取引画面が見やすいと評判であり、取扱通貨数は6種類、サーバー・会社の信頼性は問題なしと総合的にバランスのとれた仮想通貨取引所です。

2位:Liquid(リキッド)旧QUOINEX

取引所名 Liquid(リキッド)
種別 取引所
手数料 BTC/JPY建ては無料
スプレッド 0.03%
取扱通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH)

BTC/JPYでの取引手数料は無料。販売所でのスプレットは0.03%と狭いです

サーバーは可もなく不可もなくといった評価ですが、仮想通貨3種に加え法定通貨10種を取り扱っています。

第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
種別 販売所
手数料 0.01~0.15%
スプレッド 1.19%
取扱通貨 ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP),ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC)など多数

手数料は0.01~0.15%と安く、スプレットも1.19%と低めです。

ビットフライヤーはサーバーの強さ・会社の信頼性・サイトやアプリの使いやすさでユーザーから高い評価を受けています。

取扱通貨が6種類とやや少なめであるのが3位の理由です。

ビットコインキャッシュ(BCH)購入にかかる手数料一覧と比較

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引にかかる手数料には、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 取引所では取引手数料
  • 販売所ではスプレッド

取引所とは株式市場のように、ユーザー同士で仮想通貨を売買します。

売りたいと思っているユーザーと、買いたいと思っているユーザーを仲介する場を提供しているのが取引所というわけです。

そして売買が成立した時、仲介手数料のような感じで、取引手数料を支払います。

仮想通貨をユーザーに直接、売ったり買い取ったりしているのが販売所。

仮想通貨の売値と買値は販売所が提示しており、かならず売値と買値に差が出てきます。この売値と買値の差額をスプレッドといい、販売所での売買における手数料となるのです。

取引手数料比較

仮想通貨取引の取引形式には『取引所』と『販売所』の2種類があり、それぞれ取引にかかる手数料が異なります。ここでは、取引所でかかる手数料を比較します。

ビットコインキャッシュを売買するときにかかる手数料です。

取引所名 手数料
coincheck 無料
bitbank 無料
GMOコイン 無料
BITPOINT 無料
Liquid 無料

すべての取引所で手数料無料で同率一位という結果になりました。ビットコインキャシュは取引所形態のところであれば国内どこでも無料で取引ができます。

スプレッド比較

次に、販売所でかかる見えない手数料「スプレッド」について比較していきたいと思います。スプレッドとは、売値と買値の差額のことで、この差額で事業者は利益を得ています。

取引所名 スプレッド
bitFlyer 1.19%
coincheck 1.44%

bitfFlyerやCoincheckでもかなりスプレッドが抑えられています。通貨によっては5%を超えるスプレッドの販売所もあるのでコインチェック1.44%でもかなり狭いほうだと思います。

入金手数料比較

ビットコインキャッシュを購入するためには、まず仮想通貨取引所の口座に入金しなければなりませんが、取引所の口座への入金に対してかかる手数料が入金手数料。

  • 入金手数料は一律で決まっている
  • 特定の金融機関からであれば、入金手数料は無料

など、取引所によってさまざまですが、金融機関に振込手数料が必要となることもあります。

取引所名 入金手数料
BITPoint 無料
GMOコイン 無料
bitbank 無料

ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所の中だと、BITPoint、GMOコイン、bitbankが入金手数料無料です。

出金手数料比較

出金手数料とは、仮想通貨取引所から銀行などへ出金するときにかかる手数料。

  • 出金手数料は無料
  • 出金額に応じて、出金手数料が変動する
  • 出金額にかかわらず、出金手数料は一律で決まっている

など、出金手数料も取引所によってさまざまです。

取引所名 出金手数料
GMOコイン 無料
bitFlyer 216円
Zaif 350円

出金手数料はGMOコインだけが無料という結果になりました。そのほかにも、各金融機関振込手数料によるといった出金手数料の設定をしている取引所も多くありあます。

送金手数料比較

ビットコインキャッシュの送金手数料は取引1回に対して1円未満です。

また、ビットコインキャッシュの送金時間は基本的に10分程度と、処理速度を早めるためにハードフォークして誕生しただけあって、ビットコインよりも早く送金されます。

取引所名 送金手数料
GMOコイン 無料
BITPoint 無料
Zaif 無料

ビットコインキャッシュを取り扱う取引所のうち、送金手数料が無料はのはGMOコイン・BITPoint・Zaifの3つでした。この3つの取引所はその他の手数料ランキングでもよくランクインしています。

取引手数料・スプレッドの注意点

ビットコインキャッシュを売買したい場合は

  • 取引所:取引手数料が安い
  • 販売所:スプレッドの幅が狭い(小さい)

といった点に注目して、仮想通貨取引所を選ぶといいでしょう。手数料はできるだけ安い方がお得ですよね。

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所の選び方

ビットコインキャッシュを購入するとき、どのような仮想通貨取引所を選んだらよいのでしょうか。

ポイント1:ビットコインキャッシュ購入時の手数料の安い取引所を選ぶ

手数料を安くすませたいのであれば

  • 取引所:取引手数料が安い
  • 販売所:スプレッドの幅が狭い(小さい)

という仮想通貨取引所を選ぶことになります。しかし取引手数料が無料の取引所がある一方で、スプレッドがまったくない販売所はありません。

手数料はできるだけ安い方がいいですから、取引所を選んだ方がお得ですよね。

ポイント2:ビットコインキャッシュの取引量が多い取引所を選ぶ

買いたい人や売りたい人が、希望の値段や数量を提示しているものを「板」といいます。

取引量が多いとそれだけ板が厚くなり、希望の価格で取引が成立しやすくなるのです。

選ぶなら、取引量の多い取引所がよいというわけですね。

▼ビットコインキャッシュを買うにはどの取引所がおすすめ?詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
ビットコインキャッシュ
【2019年最新】ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)の購入におすすめの取引所ランキング ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインのハードフォークから誕生したアルトコインです。 ビットコインの後を...

ビットコインキャッシュ(BCH)取引に一番おすすめの取引所はGMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットコインキャッシュを取引するのにオススメな国内取引所はGMOコインです。

GMOコインは、2017年5月にオープンした東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業で、手数料の安さ・レバレッジ取引の対応・強固なセキュリティが特徴です。

ビットコインキャッシュの取引を新たに始めようとしている人はぜひこの機会にGMOコインで口座を開設してみてください!

ビットコインキャッシュの手数料から見る取引所選び

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュを取引する時、「入金手数料」「出金手数料」「取引手数料もしくはスプレッド」といった手数料がかかる
  • 仮想通貨取引所には「取引所」と「販売所」という2種類の形式があり、取引所では「取引手数料」、販売所では「スプレッド」がかかる
  • ビットコインキャッシュを取引するなら、取引手数料が安い取引所がよい
  • ビットコインキャッシュを取引するなら、取引手数料が安くセキュリティも高い「Liquid」がおすすめ

さて、仮想通貨取引所でビットコインキャッシュを取引するときに必要な手数料について、お伝えしてきました。

ビットコインキャッシュを買うときに手数料が高いと、その分だけ買値は高くなってしまいますし、反対に売るときの売値は安くなってしまいます。

これからビットコインキャッシュを取引しようと考えている方は、できるだけ手数料の安い取引所を選ぶようにして下さいね。

ビットコインキャッシュ(BCH)
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト