GMOコイン

GMOコインの評判、メリットとデメリット【良い、悪い口コミも!】

この記事を読んでほしい人
GMOコインの口コミ・評判が知りたい方
✔ GMOコインのデメリットも知りたい方
✔ GMOコインで仮想通貨の投資を始めたい方

仮想通貨取引所のGMOコインについて気になるけど、評判や初心者向きなのか分からないから悩む・・・」、といったようにGMOコインで取引したいけれど、内容が分からないのでためらっていないでしょうか。

本記事は、仮想通貨取引所のGMOコインの「メリット」と「意外と知られていないデメリット」について説明します。

GMOコインは、実際に使ってみると手数料が無料であることや、レバレッジのFX取引、アプリの使いやすさに驚かされます。しかし、GMOコインをよく調べてみると、実は裏側にデメリットも隠れていました。

スプレッドや買いの規制など取引所運営に関わる内容や口コミもあります。
皆さんがGMOコインを使う事を想定した「GMOコインのメリット」と「気を付けてほしいデメリット」をだけでなく、更に知っておくべき深堀したメリット・デメリットも説明します。

ツイッターをはじめとした口コミも集めているので是非参考にして下さい。

この記事の要約
  • GMOコインは大手企業運営の取引所で安心して使える
  • 手数料が安く、スマホアプリ”ビットレ君”が使いやすい
  • WebTraderは81種類もの指標を利用できる
  • 一定のリスクの範囲でビットコインFXに挑戦できる

大手で安心して取引を始めたい人はすぐに「GMOコイン」で取引を開始しましょう。

目次

GMOコインとは

GMOコインの口コミ・評判

取引手数料の安さとFXでレバレッジを効かせた投資、10万人以上のユーザーを獲得したGMOコイン。大企業グループ会社(GMOインターネットグループ)の安心感の後押しも大きく、躍進しました。

※GMOコインは設立当初仮想通貨の販売所のみでしたが、取引所(板取引)とレバレッジ取引の機能も提供しています。

販売所とは:ユーザーの取引の相手は常に運営元の販売所で、販売所とユーザーの間で取引を行うのが販売所です。

取引所とは:取引の相手方が、運営元の取引所に限られず、ユーザー同士が仮想通貨を売買できるのが取引所です。

GMOコインは仮想通貨販売所ですが、一般的な名称である仮想通貨取引所と表記します

GMOコインの運営会社

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOインターネット株式会社を頂点としたGMOグループの傘下の企業です。

GMOインターネット自体は、年商1000憶円、従業員数5000名を超す東証一部上場企業。

会社名 GMOコイン株式会社(関東財務局長 第00006号)
設立 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
公式サイト GMOコイン
電話番号 050-3205-0808
取引所種別 販売所・FX
取り扱い通貨 BTC,ETH,BCH,LTC,XRP

GMOコインの取り扱い通貨

GMOコインの取り扱い仮想通貨は5種類です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)

取り扱いはすべて販売所形式・取引所形式・レバレッジ取引になります。
また、人気の主要通貨(メジャー通貨)はひと通り揃っています。

▼GMOコインの取扱通貨についての詳しい解説記事はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの取扱通貨とは?取り扱いのある仮想通貨の特徴も解説! 仮想通貨は、とてもたくさんの種類があります。 すべての仮想通貨の取引が仮想通貨取引所でできるわけではなく、取り扱っている仮...

GMOコインのスマホアプリ

スマホアプリの開発、提供にも力を入れているのがGMOコインの特徴の一つです。GMOコインのスマホアプリは以下の種類に別れています。

  • 販売所・取引所(現物取引)→GMOコイン 仮想通貨ウォレット、WebTrader
  • 仮想通貨FX→ビットレ君

GMOコインのメリット・良い評判

GMOコインメリット

良い評価の中心はスマホアプリ「ビットレ君」と手数料の安さ、そしてFXに関係するものでした。悪い評判は対応の遅さと、良い評価にも多数登場していたFXに関連するものでした。

仮想通貨取引所の中でもレバレッジ取引で比較的評価の高いのがGMOコインの魅力の一つです。

  • 手数料が無料で送金できる
  • スマホアプリ「ビットレ君」が使いやすい
  • FXでは最大10倍のレバレッジが2019年5月時点でもできる
    (後述でレバレッジ倍率の一部変更点について解説)

メリット1:手数料がほぼすべて無料

GMOコインは、他の仮想通貨取引所で「手数料」が発生する取引が無料で行うことができます。手数料は、取引の回数が多くなるとけっこう負担に感じることが多いです。

ユーザーにとって間違いなく無駄なお金なので、できるだけ安く済ませたいですね。

手数料関連の具体的な数字を公式HPよりピックアップしました。

※GMOコインの入出金手数料

日本円 仮想通貨
入金 即時入金無料 無料(マイナー費用は負担)
出金 無料 無料

※GMOコインの取引手数料

仮想通貨現物売買 仮想通貨FX
取引手数料 無料
  • 新規注文無料
  • 決済注文無料
  • ロスカット無料

※GMOコインの送金手数料

送金手数料 無料

出典:GMOコインの手数料(入出金・取引)

GMOコインの手数料の安さに対する評判

GMOコインは想定しうるほぼすべての手数料が無料です。(メイカー・テイカー手数料あり)もちろん口座開設も手数料無料。キャンペーンと併せて考えると口座開設をしておいて損をしない取引所といえますね。

▼GMOコインの手数料の詳しい解説はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの手数料(入出金・取引手数料)を他社と比較して解説! GMOコインは、国内の大手仮想通貨取引所の一つです。 「これから仮想通貨取引を始めようと思っているけれど、できることなら手...

メリット2:GMOコイン仮想通貨ウォレットアプリの評価が高い

GMOコイン仮想通貨ウォレットアプリはトレードから資産管理までの機能がひとつのアプリに集約されている完成度の高いアプリです。

口座開設から入金・送金も行えますし、もちろん販売所・取引所での取引も可能です。ウィジェット機能でいつでも手軽にチャート&価格の変動がチェックできるのも大きな魅力です。(なんと口座開設をしていなくても使えます。)

更に後述で紹介する最新情報では、ウォレットアプリの追加機能についてもご紹介します。また、使いやすさが更に上がっています。

ダウンロードから取引までのやり方は本当に簡単です。

ウォレットアプリが使いやすい
  • 仮想通貨の取引(販売所、取引所)
  • 口座開設の申込
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 仮想通貨の購入・売却
  • 登録情報の確認・変更
  • セキュリティ設定の確認・変更

GMOコインのウォレットアプリが使いやすいことに対する評判

GMOコインアプリはチャートや価格のチェックにも、注文にもとにかく使いやすいと評判です。アプリをインストールしておけば、すぐにトレードできるのはジワジワとありがたみがわかってくる機能の一つですね。

メリット3:ビットコインFX専用アプリ”ビットレ君”が使いやすい

ビットレ君は、GMOコインが提供するオリジナルのアプリです。

スマホで、外出先でもチャート確認ができ「ビットコインFX」のトレードが出来るように開発されました。買い方もシンプルです。

「チャートが5種類」、「テクニカル指標が4種類」見ることができます。また、チャートへの描画機能もあるので、任意でライン描画可能です。

国内の仮想通貨取引所は、スマホアプリの開発に力を注いでいますが「ビットレ君」はその中でも秀逸で使いやすいと評判です。

特に仮想通貨FXを行っている方や、外出先でもチャート価格をチェックしたい人にはお勧めしたいアプリです。

ビットレ君が使いやすい
  • 24時間365日取引可能
  • FXに特化したビットコイン購入用アプリ
  • タップ1つで取引が可能なスピード注文ができる
  • チャートは好みに合わせて9種類から選択
  • 感覚的に操作ができて見やすい

9種類のチャートは、

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

などを表示できます。スマホでここまで利用できるアプリは他にありません。テクニカルに分析をしたい方には嬉しいポイント。

以前はビットコインしかFXに対応していませんでしたが、2019年5月31日時点では、取引所や販売所と同じく、5種類の通貨に対応しています。

GMOコインのFXアプリが使いやすいことに対する評判

GMOコインはビットレ君というアプリの評判が非常に高いです。

インターネットはスマートフォンでしか利用しない人も多いですよね。

▼GMOコインのアプリの使い方の解説記事はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの使い方・登録方法を徹底解説! 入金・出金・取引方法からアプリまで!! GMOコインは大手企業が母体という安定感や規模の大きさから、とても人気のある仮想通貨取引所。 そこで今回は、GMOコインの...

メリット4:仮想通貨FXは最大10倍のレバレッジ取引ができる

GMOコインの仮想通貨FXでは、レバレッジ倍率は5倍または、10倍で仮想通貨FXが利用できます。GMOコインはレバレッジ10倍ですが、追加証拠金制度無し、取引手数料無料が謳われています。

追加証拠金とは供託した資金以上に(元本)損失が出ないようにロスカットをする制度。

一定のリスクの範囲で大きなリターンを目指して投資を行うことができます。追加証拠金制度がないのはとても安心ですよね。

ただし、ロスカットには時間を要し、急激な相場の変動時には証拠金の額を上回る損失が出る場合もあります。そのため、追加証拠金を実装していた方がいい場合もあるので、どちらのスタンスで取引したいか決めた上でGMOコインの仮想通貨FXを始めましょう。

参考URL:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/

仮想通貨取り扱い各社のレバレッジ一覧

GMOコインを含む、他の仮想通貨取引所のレバレッジを一覧で紹介します。ただし、アルトコインでレバレッジ取引ができるのは、DMM BitcoinとGMOのみです。

ビットポイント 最大4倍
QUOINEX 最大4倍
みんなのビットコイン サービス終了
ビットフライヤー 最大4倍へ変更
GMOコイン 最大10倍
(後述で一部変更点について解説)
ザイフ 最大7.77倍
DMMビットコイン 固定4倍へ変更
コインチェック 最大5倍

国内の主要な取引所のFXのレバレッジの倍率です。

▼GMOコインのレバレッジ取引について詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインのレバレッジ取引の始め方・特徴・手数料他者比較! 「GMOコインのレバレッジ取引についてわからない…、レバレッジ取引の手数料ってどれぐらい?」、このような疑問をお持ちではないでし...

メリット4:GMOコインでは100円以下でもビットコインが買える

1ビットコインが72万円の場合は、なんと「72円」からビットコインを購入することができます。

GMOコイン 0.0001BTC 72円

投資資金が大きくなくても、いくらからでも購入できるのは非常に大きなメリットですよね。

メリット5:GMOコインの強固なセキュリティ対策

GMOコインでは、顧客資産の分別管理だけではなく、コールドウォレットによる仮想通貨資産(暗号資産)管理、マルチシグ対応、サイバー攻撃対策など全体的にバランスのとれセキュリティ対策を講じています。

大手企業が運営しているので、セキュリティ対策も大規模な内容といえるでしょう。

▼GMOコインのセキュリティ対策についての解説記事はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインのセキュリティを解剖!技術面、運営面の切り口で確認 仮想通貨取引所のハッキング事件が相次ぐなか、仮想通貨取引所のセキュリティ対策は絶対に外せないポイントですよね。 そこで今回...

メリット6:二段階認証の設定

GMOコインでは他の取引所と同様に2段階認証の設定を行えます。

2段階認証の設定方法としては、

  1. 電話方式
  2. SMS方式
  3. アプリ方式

の3つのパターンで利用できます。

アプリ方式で、いちいち2段階認証用のアプリを開くのが面倒に感じている方には、登録の電話番号に通知が来る電話方式でも使い勝手が良いです。

GMOコインのデメリット・悪い評判

GMOコインデメリットGMOコインのメリットを見てみましたが、ここからはデメリットです。特にGMOコインを実際に利用されるときには注意してください。
理解していれば、無駄な損失を未然に防ぐことができます。

  • スプレッドが500円固定のはずが全然違う
  • 買いの規制が入ることがある
  • 取り扱いコインが少ない

デメリット1:スプレッドが500円固定のはずがさらに拡大

スプレッドとは仮想通貨取引での「手数料」です。この手数料は、購入価格と売却価格の差額になって現れます。

GMOコインは、開設当初スプレッドを500円に統一していました。しかし、価格の乱高下が激しい仮想通貨の相場では、スプレッドの調整が効かず数万円の価格差が発生することもありました。

現在では、スプレッドの500円固定は廃止されていて、一部流動的にスプレッドが提供されています。ですので、販売所で取引する場合は、スプレッドを常に確認しながら売買することをおすすめします。

スプレッド(手数料)の高さに対する評判

デメリット2:買いの規制が入ることがある

買いの規制とは「仮想通貨を購入できない」ことを意味します。

2017年の12月に買いの規制が入った時の公式ツイートです。

仮想通貨FXは、運営元とユーザーの間の取引なので、単純化するとユーザーが利益を出す=運営がマイナスとなります。そのため、損失を恐れたとか、リップルが売り切れた、等の噂が飛び交いました。

取引所の都合で、儲けのチャンスを失ってしまったと考える利用者もいたため少し評判が悪い結果となってしまいました。

デメリット3:サポートや口座開設が遅い場合もある

GMOコインは、お問合せに対するサポートや入金の反映手続きや、取引所の口座開設の手続きが遅い場合があります。

特に口座開設は手続きが遅いと審査落ちした、と思ってしまう利用者も。

サポートに課題あり

問い合わせをしても対応が少し遅いという意見が聞かれました。

デメリット4:金融庁の業務改善命令を受けている

GMOコインも他の取引所と同じく、金融庁から「実効性あるシステムリスク管理態勢の構築」を行うよう、業務改善命令を受けました。

親会社が大手のGMOインターネットグループなので、資金が足りず対応できないことはありません。

今後の改善、そしてより良いサービスの提供を期待です。

▼GMOコインは安全?安全性について解説した記事はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
仮想通貨取引所は安全?知っておきたい危険性と、GMOコインの安全性について 仮想通貨を始めようと思ったときに欠かせないのが仮想通貨取引所ですが、たくさんあるとかえって選びにくいものですよね。 それな...

GMOコインのメリットとデメリットを深堀

GMOコインは初心者でも使いやすいビットレ君や、手数料コストの低さなど多数のメリットもありますが、他にもメリットとデメリットがあります。

そこで、ここでは前半でご紹介したような、基本的な特徴でもあるメリットやデメリットではなく、更に深堀したメリットとデメリットを3点ご紹介していきます。

今回は取引ルールの変更や取引ツールに関することです。

取引ツールはビットレ君だけではない

前半のメリットでご紹介した、取引ツールのビットレ君ですがGMOコインではもう1つツールをリリースしています。

それは「WebTrader」です。

WebTraderは、レバレッジ取引に特化した取引ツールで、高機能ツールとして位置づけられています。ビットレ君との違いは、1画面に表示される情報量の豊富さと分析ツールが強化されている点です。

ビットレ君の場合は初心者でも使いやすいよう、スピード注文や基本的なテクニカル指標、描画機能を搭載しています。また、画面構成も比較的シンプルです。

一方WebTraderの取引画面は、左側に時間ごとのレートを多数表示、中央には選択した通貨のチャートを大きく表示しています。また、右側には板と発注機能を載せている構成です。

また、下部には建玉や取引履歴を一覧で記載しているので、1画面であらゆる情報を取得できる優れたインターフェースを持っています。

更にテクニカル指標はRSI、フィボナッチ・リトレースメントといった、基本的な指標だけでなく、上級者も使用するエリオット波動など合計81種類搭載している豊富な機能も魅力です。

WebTraderにも描画機能があり、単純にサポートラインやレジスタンスラインを描画する以外にも、予測機能も搭載しており様々な予測を目で見て確認できます。

マーケット情報をサイト内で閲覧できる

GMOコインのメリットは、取引ツールや取り扱い通貨だけではありません。仮想通貨投資に必要な様々な情報を発信している、マーケット情報のページも追加しました

2019年5月16日に追加した新しい機能で、トップページのメニューから「マーケット」ページへアクセス可能です。

マーケット情報の内容は、以下のような構成になります。

  • GMOコインが取り扱っている通貨のレートと簡易的なチャートを画面上部に表示
  • 最新の市況情報
  • 仮想通貨業界に関するニュース
  • 仮想通貨に関連する金融関連のニュース

このように仮想通貨ニュースサイトのように、幅広い情報を取り扱っているので、GMOコインで取引しながら、同サイト内でファンダメンタル情報となる市況や関連ニュースを確認できますよ。

取引ルールの変更

GMOコインのメリットでもありデメリットともいえる要素の1つが、2019年4月から5月にかけて行われた取引ルールや手数料率の変更です。

具体的には以下の変更が実行されました。

変更前 変更後
レバレッジ倍率 最大倍率10倍 最大倍率4倍
手数料率 メイカー0%
テイカー0.01%
メイカー-0.01%
テイカー0.05%

1つは2019年5月15日から切り替えが行われている、レバレッジ倍率の変更です。日本仮想通貨交換業協会の方針に沿って、最大4倍へと引き下げられました

他社もレバレッジ倍率を引き下げているので、相対的にデメリットとはならないでしょう。しかし、高レバレッジ取引を予定している方にとっては、国内取引所で取引を始めるメリットが少なくなります。

そしてもう1つは、現物取引のメイカー・テイカー手数料率が変更になったことです。こちらは、メイカー手数料がマイナス手数料になったので、手数料分だけ受け取れる反面、テイカー手数料は高くなりました

ですので、メイカーで発注している方にとってはメリットですが、テイカーで発注している方にとってはデメリットと感じるでしょう。

GMOコインの最新情報や変更点

ここではGMOコインの最新情報(2019年4月~5月)と、利用者に関係する情報をご紹介していきます。

現物取引とレバレッジ取引でAPI追加

1つ目の最新情報は、2019年5月29日に追加された「API」機能です。

APIとは、投資家が独自に開発したツールと連携できる、公開プログラムのことでGMOコインの各種情報を取得できるようになりました。

今回はそれぞれのAPIで、GMOコインの各情報を取得可能です。以下に主な追加機能をご紹介します。

Public API Private API
認証不要のAPI 認証の必要なAPI
最新レート
板情報の取得など
注文・約定情報
建玉情報
余力情報
注文機能
資産残高情報の取得など

仮想通貨ウォレットの機能追加

2つ目の最新情報は、GMOコインが提供している仮想通貨ウォレットで、機能追加が行われたことです。

今回の追加機能は、次の2種類になります。

  1. 4時間ごとに価格をプッシュ通知できる機能
  2. 急激な価格変動が起きた時にプッシュ通知してくれる機能

iOS版とAndroid版どちらでも、仮想通貨ウォレットをインストールできるので、外出先でスピーディに価格チェックしたい方にもおすすめです。

仮想通貨FXの注文不具合が解消

3つ目の最新情報は、2019年5月29日に発表された仮想通貨FXの注文機能に関する不具合の解消についてです。

GMOコインでは5月29日頃から、仮想通貨FXの注文変更できない不具合が発生していたため、ビットレ君を利用するか、注文取消ししてから再度新規注文する必要がありました。

しかし5月29日23時には、注文変更不具合解消について公式発表されたので、現在では通常通りの注文を行うことができます。

このように迅速な対応と公式発表を行うのも、安心感に繋がります。

GMOコインの登録方法

具体的なGMOコインへの登録方法を説明します。

  • ステップ1:公式ホームページよりメールアドレスの登録
  • ステップ2:届いたメールのリンクをクリックしパスワードの登録
  • ステップ3:2段階認証の登録を必ず行う
  • ステップ4:個人情報の登録と本人確認書類の提出
  • ステップ5:郵送で口座開設コードを受け取り入力

ステップ1:サイトから登録

公式ページにより、メールアドレスを入力して登録します。

本登録手続きに必要なメールが届きますので普段から利用しているアドレスを使ってください。

ステップ2:メールアドレスの承認

登録したメールアドレスにメールが配信されます。

この中に確認用のリンクが貼られていますので、リンクをクリックして公式ページへ移動します。

ステップ3:2段階認証の設定

ログインしパスワードの設定と2段階認証をします。

2段階認証は不正なログインを防ぎアカウントを守るためのものです。

2段階認証はショートメッセージでスマホに認証コードが送信されてきます。そのコードを入力するとログインができます。

ステップ4:本人確認情報の登録

個人情報の登録と本人確認書類の提出を行います。本人確認の書類を提出しなくてはなりませんので、内容に相違がないように入力してください。

  • 住所の番地間違い
  • 漢字やひらがなの間違い
  • ハイフン入れ間違いなど

に注意しましょう。

本人確認書類は、アップロードする方法と、輸送書類の受け取り時に対面で確認する方法があります。

ここで審査も同時に行われます。書類に不備がない場合は、審査に落ちたという話はあまり聞かれないため、順調に手続きを進めれば1回で登録可能です。

ステップ5:はがき受け取りおよび登録完了

後日、佐川急便で「口座開設のお知らせ」という案内が届きます。

この案内の中にある「口座開設コード」をホームページに入力します。

そうすると口座開設登録手続きが完了になります。

▼GMOコインにお得に登録する方法の解説はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコインの登録方法、本人確認、審査について解説! 「仮想通貨取引は難しそうだな・・、GMOコインに興味があるけど登録の仕方が分からない・・」、などのような悩みを持っていないでしょ...

GMOコインのキャンペーンは?

GMOコインはこれまで色々なお得キャンペーンを行っています。過去に行われたキャンペーンを少し振り返ってみます。

  • 「手数料」全部ゼロ!仮想通貨FX 手数料無料
  • ビットコインキャッシュ 最大25,000円キャッシュバック
  • 最大10,000円 キャッシュバック
  • イーサリアム スプレッド50%OFF

GMOコインのキャンペーン情報「もれなく20,000 Satoshi プレゼント」

GMOコインのキャンペーン

現在は20,000 Satoshi プレゼントキャンペーンを行っています。キャッシュバックではないですが、ビットコインを手に入れることができます。

Satoshi とはビットコインの最小単位のことで、「0.00000001BTC=1Satoshi」となります。

1億分の1ビットコインが1Satoshiです。

20,000Satoshiは、0.0002BTCです。1BTC=100万円の価格では、200円になります。

つまり、キャンペーン中に口座開設をすると、200円分のビットコインがもらえます。

200円ですが口座を開設するだけでビットコインホルダーになれます♪

▼GMOコインのキャンペーン情報を詳しく確認▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインのキャンペーンを詳しく解説!本当にお得なのか? 近年では、ビットコインの人気が高まるにつれて、仮想通貨販売所や取引所では新規の顧客獲得競争が激しくなっています。 各販売所や取引所...

GMOコインのよくある質問

GMOコインの取引を始める前によく聞かれる質問や疑問点をまとめています。評判や口コミに加えて、しっかりと不安な部分や詳細まで理解をして取引を始めて下さい。

質問1:キャンペーンのビットコインはいつもらえるのですか?

本人確認審査の完了後、はがきが届きます。ハガキ内の口座開設コードが届いたら、入力をしてログインをします。その翌日にはキャンペーンのビットコインが手に入ります。

質問2:チャットでのサポートはどんな様子ですか?

平日9時から21時このボタンをクリックするとチャットが立ち上がります。
質問内容に併せて、回答をすぐにもらうことができます。

夜の9時までサポートが受けられるのは高評価を受けています。

GMOコインはこんな人におすすめ

GMOコインは東証一部に上場するGMOグループの会社が運営する仮想通貨取引所でした。こんな特徴を持っています。

GMOコインがおすすめ
  • 大手企業運営の取引所で安心して使いたい
  • スマホアプリ「ビットレ君」を快適に使いたい
  • キャンペーンで20,000satoshiを手に入れたい
  • 一定のリスクの範囲でビットコインFXに挑戦したい

GMOコインの評判はおおむね良好

この記事のまとめ
  • GMOコインは大手企業運営の取引所で安心して使える
  • 手数料が安く、スマホアプリ”ビットレ君”が使いやすい
  • WebTraderは81種類もの指標を利用できる
  • 一定のリスクの範囲でビットコインFXに挑戦できる

大手で安心して取引を始めたい人はすぐに「GMOコイン」で取引を開始しましょう。

GMOコインは、アプリの使いやすさ、運営企業の資本力と安定性に強みがあります。

GMOコインは他の取引所との併用で利用するのもおすすめです。入出金の手数料が無料なので、他の取引所と分けて利用をすることでリスクを分散することができます。

今回の情報を参考に口座開設手続きをしてみてはいかがでしょう。

GMOコイン
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト