仮想通貨取引所比較

GMOコインの取扱通貨とは?取り扱いのある仮想通貨の特徴も解説!

この記事を読んでほしい人
✔ GMOコインの取り扱う仮想通貨が知りたい方
✔ GMOコインで仮想通貨取引をはじめたい方
✔ GMOコインでどの仮想通貨を取引するか知りたい方

仮想通貨は、とてもたくさんの種類があります。

すべての仮想通貨の取引が仮想通貨取引所でできるわけではなく、取り扱っている仮想通貨の種類は、取引所ごとに異なっています。

今回は、GMOコインで取り扱っている仮想通貨について特徴とともに紹介します。

この記事の要約
  • GMOコインの取扱通貨は全5種類
  • GMOコインは、販売所と取引所での仮想通貨取引ができる
  • GMOコインは5種類とも現物取引・レバレッジ取引のどちらも可能
  • GMOコインの特徴は少額から取引できる

GMOコインの取り扱い通貨の種類は?

仮想通貨 ビットコイン ライトコイン リップル イーサリアム

GMOコインは、販売所と取引所の2通りの方法で仮想通貨を取引できる仮想通貨取引所です。

GMOコインの販売所・取引所では、どの仮想通貨が取り扱われているのでしょうか。GMOコインでの取扱通貨について紹介します。

参照:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/spot/

GMOコインで取り扱える通貨は5種類

GMOコインの販売所・取引所ともに、現在取り扱っている仮想通貨は同じです。

すなわち、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュの5種類の仮想通貨です。

販売所・取引所問わず、5種類とも現物取引・レバレッジ取引のどちらも可能になっています。

GMOコインは円で取引が可能

GMOコインは、日本円を使っての取引ができる仮想通貨取引所です。例えば、販売所では日本円で支払って仮想通貨を購入し、仮想通貨を売却して日本円で支払いを受けるという感じです。

高価格なイメージが先行する仮想通貨ですが、GMOコインでは1,000円に満たない金額で購入できます。

ビットコインなら40円〜、イーサリアムなら135円〜、ライトコインなら494円〜、リップルなら970円〜、ビットコインキャッシュなら134円〜です。

このように少額から取引できるのが、GMOコインの特徴です。

取り扱いのある仮想通貨の特徴

仮想通貨ビジネスGMOコインで取り扱っている5種類の仮想通貨の特徴を紹介します。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2008年に世界で初めて考案された仮想通貨です。今では、仮想通貨の代名詞とも言えるほどの存在感を持っています。

ビットコインは、世界のどの国家や組織にも属さないという非中央集権の通貨というコンセプトのもとに作られました。そのコンセプトのもと、ブロックチェーン技術によって取引記録を収めたブロックを分散管理し、改ざんを防ぐように設計されています。

また、発行総数に上限が設けられていたり、マイニングによって新しいビットコインを作り出すなど、ビットコイン以降に誕生した多くの仮想通貨に採用された特徴を持っていることから、ビットコインは仮想通貨の基礎ともいえる存在です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインに次いで開発された仮想通貨で、仮想通貨の時価総額では世界第2位です。

ビットコインの後発と言うだけあって、ビットコインにはないスマートコントラクトという技術を採用しています。スマートコントラクトとは、取引時の契約を自動的に実行して記録する機能です。ビットコインとの違いは、取引と同時に契約内容まで自動的に管理できる点です。

イーサリアムのスマートコントラクトは、過去の契約内容を半永久的に保存できるので、信頼性が高いシステムとなっています。

ビットコインキャッシュ(BCC)

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから分離して誕生した仮想通貨です。
分離当時のビットコインと同じ量だけ発行されました。

ビットコインとの違いとして、ブロックの容量の大きさがビットコインの8倍の8[MB]であること、リプレイアタックとよばれるビットコインキャッシュが無限に増やせる現象を防止する対策が組み込まれていることなどに違いがあります。

その一方、ほかの仮想通貨に用いられているsegwit技術は採用されていないなどのビットコインの特徴も引き継いでいます。

リップル(XRP)

リップルは、Ripple社によって開発された仮想通貨です。

Ripple社では、国際送金など決済や送金手段として最も使いやすい仮想通貨にすることも目指して開発しました。

そのために、リップルには、『送金速度』『手数料』『処理性能』の面で、非常に優れた特徴を有しています。まず、送金速度は、ビットコインの66分、イーサリアムの2分と比べ、わずか3秒となっています。

手数料は、ビットコインが約28ドル、イーサリアムが約1ドルですが、リップルは0.0004ドルです。処理性能は、ビットコインとイーサリアムが16回/秒なのに対し、リップルは1500回以上/秒です。

このように、リップルの使いやすさは圧倒的なので、送金や決済という実用面に最も最適化された仮想通貨といえます。

ライトコイン(LTC)

銀が金の補助的な役割を果たしているように、ビットコインの補助的な仮想通貨として開発されたのがライトコインです。

そのため、ライトコインにはビットコインに似た特徴を持っていますが、ブロック生成速度がビットコインの4倍となる点や、Segwitを導入している点、ライトニングネットワークを導入している点など、ビットコインにない特徴も持っています。

また、ビットコインより発行枚数が多いというのも金と銀の関係を維持するために見逃せない点です。

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

取り扱いのない通貨はどこで購入

 

GMOコインで取り扱っていない仮想通貨もあります。

  • モナコイン
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ネム

GMOコインでの取り扱いがない仮想通貨の取引をしたい場合は、GMOコイン以外の取引所に口座開設を行いましょう。

以下の記事では各仮想通貨の特徴と、おすすめの取引所を紹介していますので、取引したい仮想通貨の情報を確認してみてください。

あわせて読みたい
GMOコインでモナコインは購入できる?買い方と取引所を解説 たくさん種類がある仮想通貨のひとつに、モナコインという仮想通貨があります。 モナコインとはどのような仮想通貨なのでしょうか...
あわせて読みたい
GMOコインでイーサリアムクラシックは購入できる?買い方と取引所を解説 仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、ビットコインに次いで有名とされる仮想通貨がイーサリアム。 そのイーサリアムを名前...
あわせて読みたい
GMOコインでリスクは購入できる?買い方と取引所を解説 世界にはいろいろな仮想通貨がありますが、そのひとつにリスクという仮想通貨があります。 リスクという仮想通貨に聞きなじみがな...
あわせて読みたい
Nemロゴ
GMOコインでネムは購入できる?買い方と取引所を解説 ビットコインの登場以来、世界中で新しい仮想通貨が生まれていますが、そのひとつにネムという仮想通貨があります。 ネムとは、ど...

今後将来性がありそうな仮想通貨は?

仮想通貨

将来性がある仮想通貨を予想するのは大変難しいですが、あえて指摘するなら、実用性の高い仮想通貨といえます。

GMOコインの取扱通貨のうちで、実用性の高い仮想通貨は、イーサリアム・リップル・ライトコインです。

これらは、国際送金などの実用性が高く用途が広がっていく可能性が考えられます。
もちろん、ビットコインのように知名度の高い仮想通貨は、それだけで人気を集め、価格が上がっていくことでしょうし、ビットコインキャッシュにはビットコインと同じような特徴を持ちながら、ブロックが大きいことから利便性が高まっています。

それぞれ魅力的な特徴を持っていることから、仮想通貨そのものの将来性も高いと思われます。

GMOコインの評判は?

評判GMOコインはどのような仮想通貨取引所なのだろうか。

気になるその特徴を3つ紹介します。

この3つの特徴から、GMOコインの評判が高い理由がわかります。

▼GMOコインの評判は?詳細はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン評判
GMOコインの評判、メリットとデメリット【良い、悪い口コミも!】 本記事は、仮想通貨取引所のGMOコインの「メリット」と「意外と知られていないデメリット」について説明します。 GMOコイン...

▼GMOコインの安全性は?詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
仮想通貨取引所は安全?知っておきたい危険性と、GMOコインの安全性について 仮想通貨を始めようと思ったときに欠かせないのが仮想通貨取引所ですが、たくさんあるとかえって選びにくいものですよね。 それな...

評判1 入出金手数料が0円

GMOコインに入金する方法は、『即時入金』『振込入金』の2種類あります。

即時入金とは

『即時入金』は、GMOコインが提携しているGMOあおぞらネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行などの限られた金融機関だけになりますが、24時間いつでも入金可能で、リアルタイムで入金が反映される入金方法です。

振込入金とは

『振込入金』は、それ以外の銀行からGMOコインに入金する場合に行われる入金方法です。

入出金手数料

GMOコインでは、入金に際しての手数料が0円となっています。(振込入金の銀行振込手数料はユーザー負担です。)

また、GMOコインからの日本円の出金時の手数料は、金額に関係なく無料です。

このように、入出金に関わる手数料が0円なので、GMOコインの評判は上々です。

参照:https://coin.z.com/jp/corp/guide/deposit-withdrawal/

▼GMOコインの手数料の詳細はこちらで確認▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの手数料(入出金・取引手数料)を他社と比較して解説! 「GMOコインで仮想通貨取引してみたいけど、手数料は安いのかな・・」、仮想通貨取引を始める上で気になる手数料ですが、他社と比較す...

評判2 最大レバレッジが10倍

GMOコインでレバレッジ取引をした場合の、レバレッジの倍率はビットコインなら最大で10倍、アルトコインで最大5倍です。

しかも、注文手数料・約定手数料・ロスカット手数料が無料です。

取引コストが安く、レバレッジの倍率が高いのがGMOコインの特徴です。

参照:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/

▼GMOコインのレバレッジ取引を始めたい方はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコインのレバレッジ取引の始め方・特徴・手数料他者比較! GMOコインのレバレッジ取引についてわからない…、レバレッジ取引の手数料ってどれぐらい?このような疑問をお持ちではないでしょうか...

評判3 今なら20,000Satoshiキャンペーンも

GMOコインでは、GMOコインが口座開設書類を送ってから7日以内の口座開設手続きを完了させると、20,000satoshi分のビットコインをもれなくプレゼントするキャンペーンを2017年8月9日から行なっています。

プレゼントされたビットコインは、口座完了の翌日にはユーザー口座に入金されます。

参照:https://coin.z.com/jp/corp/about/campaign/201708-03.html

▼GMOコインのキャンペーンの詳細はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインのキャンペーンを詳しく解説!本当にお得なのか? 近年では、ビットコインの人気が高まるにつれて、仮想通貨販売所や取引所では新規の顧客獲得競争が激しくなっています。 各販売所や取引所...

GMOコインを中心に複数の取引所がおすすめ

GMOコインは、入出金手数料が無料なことやレバレッジ取引が可能なことで非常に人気の高い取引所です。

しかし、BTCで取引したい!あるいは、GMOコインで取り扱いのない銘柄を取引したい!というような場合のために、GMOコインを中心に利用しながらも、複数の取引所に口座を開設しておくことをおすすめします。

各取引所の取り扱い銘柄を比較したい場合は、仮想通貨取引所の取り扱いアルトコインの種類を一覧で解説!をご覧ください。

GMOコインは5種類の銘柄を取り扱う取引所・販売所

この記事のまとめ
  • GMOコインの取扱通貨は全5種類
  • GMOコインは、販売所と取引所での仮想通貨取引ができる
  • GMOコインは5種類とも現物取引・レバレッジ取引のどちらも可能
  • GMOコインの特徴は少額から取引できる

GMOコインは、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュと5種類の仮想通貨の取引ができる仮想通貨取引所です。

現物取引だけでなく、レバレッジ取引でもこれらすべての取り扱いがあり、しかもビットコインなら10倍、そのほかの仮想通貨んら5倍とレバレッジ取引の倍率が高いのもGMOコインの特徴です。

手数料も安いので、これから初めて仮想通貨を選ぼうと思っているなら、おすすめですよ。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト