GMOコイン

GMOコインの口座開設手順をわかりやすく図解!

この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産(仮想通貨)取引所を探している方
✔ 親しみやすいサイトを探している方
✔ スマートフォンで取引をしたい方

暗号資産(仮想通貨)取引は難しそうだな・・」、「GMOコインに興味があるけど登録の仕方が分からない・・」、などのような悩みを持っていないでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)取引や登録方法自体は難しくありませんので気負わず口座開設手続きを進めてみてはいかがでしょうか。

今回は初心者にもおすすめの、GMOコインの口座開設方法について分かりやすく解説していきます。

更に、口座開設手続きで気を付けることや、GMOコインならではの特徴についてもご紹介していきますよ。

この記事の要約
  • GMOコインで口座開設してみよう
  • 運営母体のGMOインターネット株式会社は、東証一部上場企業
  • スマートフォンアプリが使いやすい
  • 初心者の方も簡単!

初心者でも簡単に口座開設できる暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコイン数日で送付物が届きます

GMOコイン
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークンオーエムジーテゾスクアンタムエンジコインポルカドットコスモス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

GMOコインの口座開設手順

GMOコインで口座を開設するための手順について、順を追って解説していきます。

GMOコインの口座開設手順最短1日で完了でき、すぐに投資を始められます

大きく分けると、以下の3つの段階があることを認識しておきましょう。

  • アカウントの登録
  • 基本情報の入力・本人確認
  • 送付物の受け取り

ここからはGMOコインの口座開設手続きについて、各項目に分けてご紹介していきます。

GMOコインの公式サイトにアクセスし、サイトのトップから口座開設手続きを進めていきます。

①GMOコインへアクセスして開設手続きを開始

GMOコインのサイトが開いたら、「口座開設はこちら」のボタンを押します。

その後メールアドレス登録のフォームが出てきますので正しく登録してください。

②メールアドレスの認証

登録するメールアドレスを入力した後、「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れます。

その後、「無料口座開設」ボタンを押します。

③パスワードの設定

登録したメールアドレスにパスワード設定用のURLが表示されたメールが届きます。メールを開封して、そのURLをクリックします。

GMOコイン登録の認証メールGMOコイン登録の認証メール

 

認証メールの有効期限は1週間です。

メールが届いていな場合は迷惑フォルダーなどを確認して、見逃さないようにしましょう。

④電話番号の設定

パスワードを設定すると基本情報入力の前にSMS認証の画面が表示されます。

必須なので必ず電話番号を登録しなければなりません。

登録した携帯電話あてに認証コードが送られてきますので、その番号を入力してください。その次に口座登録ボタンをクリックすると、基本情報の入力ができます。

メールアドレスとパスワードを設定すると、アカウント作成完了です。

ただし、アカウントが作成できてログインできるようになっても口座開設手続きが完了しているわけではありません。

⑤個人情報の登録

ログインすると、「口座登録に必要な手続き」のメッセージが表示されます。

個人情報の登録→本人確認の順に進めていきます。

まずは、個人情報の入力を行います。規約や注意事項は基本情報入力画面の最下部に掲載されています。

忘れずに読んで納得してから基本情報の入力をおこなってください。

⑥本人確認書類の提出

GMOコイン本人確認書類の提出

GMOコインの本人確認書類提出方法は、次の2種類のどちらかを選択します。

  • 本人確認書類を画像でアップロード
  • 送付物の受取時に本人確認書類を提示

自分に合った方法を選択しましょう。

GMOコインでの審査(数日程度掛かる場合もある)を経て、送付物に記載されたコードを入力すると取引できるようになります。

▼GMOコインの本人確認について詳しくはこちら▼

GMOコイン
GMOコインの本人確認方法と注意点!かかる時間は? GMOコインは、東証一部上場企業GMOインターネットグループの運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。 もしGMOコインに...

⑥-1 アップロードで本人確認を行う場合

まずは、オンラインで本人確認を行う方法をご紹介します。

「画像をアップロード」を選択した場合、画面の指示に従ってアップロードを行います。

申し込み完了後、数日で送付物が届きます。

以下に本人確認書類として使用できる書類リストを載せておきます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 各種健康保険証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明証

⑥-2 書類受取時本人確認の場合

本人確認をオフラインで行うこともできます。

書類受取時に本人確認を行う場合は、オンラインで本人確認を行う場合よりも使用できる書類が少なくないので注意してください。

書類受取時本人確認」を選択した場合は、オンラインで書類を提出する必要はありません。「本人確認画面」で「受取時本人確認」を選択するだけで口座申し込みが完了します。

後日、送付物受け取る際、配達員に本人確認書類を提示します。

以下に、配達員に提示できる本人確認書類リストを載せておきます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明証

▼GMOコインの審査について詳しく知りたい方はこちら▼

GMOコインの審査結果が来ないのは連絡が遅いだけ?審査の対策を徹底分析 GMOコインのサイトで会員登録をしたものの、なかなか審査結果が戻って来ないために不安に感じてはいないでしょうか。 このペー...

⑦GMOコインからの郵便を受け取る

登録から認証設定まで完了したら、GMOコインから送付物が届きます。

『犯罪による収益の移転防止に関する法律』に基づいて、送付物の受け取りによって本当にそこに住んでいるのかどうかをチェックしているのです。

gmocoin本人確認用の転送不要郵便

GMOコインからの送付物が届いたら、開封して内容を確認してください。

送付物には「口座開設コード」が記載されているので、GMOコインにログインし、コードを入力します。それによってハガキが届いたことが確認され、口座開設手続きが完了となります。

⑧2段階認証はそのままにしておく

初回ログイン時には2段階認証はオンのままになっています。そのままにしておきましょう。

2段階認証をオンにしておくとログインしようとしたときに登録したメールアドレスにパスコードが送られてきます。メールを確認して指定されたパスコードを入力してください。

毎回パスコードの入力を行うのは面倒に思うかもしれませんが、万が一第三者にパスワードが流出した際の最後の砦となります。

ログインが終わったら取引するための資金を入金し、それが反映されてから暗号資産(仮想通貨)取引を始めましょう。

【疑問】アプリから口座登録はできる?

GMOコインは、スマホアプリからも簡単便利に取り引きできると評判です。

もちろん、スマホから口座開設することも可能です

PCからの口座開設と同じように、GMOコインの公式サイトから行います。口座開設の流れや注意点はPCの場合と同様ですので、上記の記事を見ながら進めてください。

なお、GMOコインのオリジナルアプリ「ビットレ君」からは口座開設できません。ビットレ君を利用するためには、事前に口座開設しておく必要があります。

▼GMOコインの使い方、入金方法も詳しくチェック▼

GMOコイン
GMOコインの使い方ガイド! 取引の流れやアプリ操作を分かりやすく GMOコインは大手企業が母体という安定感や規模の大きさから、とても人気のある暗号資産(仮想通貨)取引所です。 そこで今回は...

GMOコイン口座開設時の注意点

GMOコインの開設時に、間違いや漏れなく手続きを進められるよう注意点を分かりやすくご紹介していきます。

また、本人確認書類もただ提出するのではなくいくつか気を付けるべき点があるので、提出前に確認しておきましょう。

①住所の表記は本人確認書類に合わせる

GMOコインに限りませんが、多くの取引所で開設手続きの際にミスをしてしまうケースは、ある程度共通しています。

しかし、記入ミスや漏れは、些細な内容でも審査が通らない原因になるので、住所は本人確認書類と全く同じように入力するようにしましょう。

以下が、主な見落としがちなミスです。

  • 住所の入力間違い
  • 名前や住所の表記間違い(漢字やひらがなの間違い)
  • 番地やマンションなどの部屋番号でハイフン(‐)を入れていない
  • 空欄がある

簡単なミスなんてしないと考えているかもしれませんが、ちょっとしたミスでも審査が通らない場合があります。

ちょっとしたミスでもは二度手間になり、口座開設に余計な時間がかかってしまいます。できる限り慎重に行いましょう。

②提出後に記入ミスに気付いた場合

GMOコインの登録手続きと本人確認書類を提出した後で、ミスに気付いた場合は、GMOコインのお問合せページから連絡すると対応してもらえます。

ミスしたことに気付いてそのままにしていると、所定の審査をが行われ、1週間程度は間違った登録を修正できない状態になります。

気付いていない場合は仕方がありませんが、気付いているのであれば早めにお問合せしましょう。

メールアドレスと件名、内容とお問い合わせの種類を記入するだけで、簡単にお問い合わせできます。

③本人確認書類で審査落ちの可能性があるケース

GMOコインで口座開設する場合は本人確認書類の提出が必要ですが、事前に確認しておきましょう。

GMOコインの本人確認書類には、書類の種類が指定されているだけでなく、細かな画像の指定があります。

運転免許証やマイナンバーカードなど、証明書ごとに必要となる部分が決められています

そこで、以下に運転免許証とマイナンバーカードを提出する際の注意点をご紹介します。

運転免許証の審査時の注意点

  • 顔写真がはっきりと写っていること(顔写真部分が切れている画像などはNG)
  • 有提出した時点で有効期限の期限内であること
  • 運転免許証が両面、なおかつ全体が写っていること
  • 番号や免許証右下の印影がはっきり写っていること

ポイントは、ぼやけていたり、はっきり写っていなかったりしていないかということです。

何枚か画像や写しを用意して、試してみるといいでしょう。

マイナンバーカードの審査時の注意点

  • マイナンバー通知カードは不可
  • 住所・氏名・生年月日がはっきりと写っていること
  • 住所・氏名・生年月日が、登録手続きの際に入力した情報と一致していること
  • マイナンバーカードの有効期限が、提出時に期限内であること

その他、未成年の方や海外居住者の方などはの方などは、口座開設できない場合もあります。

GMOコインの登録に関するよくある質問

①口座開設コードの有効期限が切れてしまった場合は?

有効期限が切れてしまった場合は、送られてきたコードは使えなくなります

ログインし、本人確認をやり直さなければなりません。本人確認書類を送り直し、再度GMOコインによる審査を経て、再度口座開設コードが送られてきます。

②引っ越しをしたら必要な手続きは?

引っ越し先の新しい住所を、GMOコインに届けなければなりません。

お問い合わせフォームから住所変更手続きの依頼を行い、送られてくるメールの指示に従います。口座開設時と同様の本人確認書類が必要になります。

③口座開設できませんでしたと通知がきました。

日本在住の20歳以上の個人であればほとんどの場合口座開設できますが、GMOコインの審査によって開設できないと判断される場合があります。

口座開設できない理由のほとんどは、本人確認書類と入力内容が異なっていたためです。

もう一度、よく確認して口座開設手続きを進めてください。また、既に口座を開設している場合や、登録しようとするメールアドレスや電話番号が既に別口座で登録されている場合も、口座開設できません。

④本人確認書類の住所が現住所と異なるのですが。

現住所の確認ができないので、本人確認書類の住所以外の登録はできません。

まずは本人確認書類の住所を現住所にしてから、GMOコインの口座を開設してください。

⑤口座開設コードが記載された送付物は到着までどれくらいかかりますか?

通常であれば1~2営業日程度で審査が完了し、送付物が発送されます。

ただし、口座開設の希望者が集中した場合など、審査に時間がかかる場合もあります。

GMOコインに登録するメリット

GMOコインとは、東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社が提供する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

2019年8月時点で、ビットコインを含め5種類の暗号資産(仮想通貨)を用意しています。

インターネットホームページサービスなどを手掛けるGMOグループのノウハウを活かしたスマートフォンアプリ「ビットレ君」も提供されており、暗号資産(仮想通貨)取引を始めやすい環境をGMOコインでは提供しています。

手数料を安く抑えることが出来る

GMOコインでは、手数料を安く抑えることができます。

口座登録手数料はもちろん、日本円の入出金も無料で出来ます!GMOコインの手数料は、以下の通りです。

現物取引レバレッジ取引暗号資産(仮想通貨)FX
入金手数料振込手数料のみ(即時入金は無料)
出金手数料無料
取引手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料無料
ロスカット手数料建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04% / 日建玉ごとに0.04% / 日
現引き・現渡手数料建玉ごとに20%

GMOコインの最新情報

GMOコインの最新情報から、投資家にも役立つ機能などをご紹介していきます。

①APIの追加

GMOコインは2019年5月29日に、APIの追加について発表しました。

APIとは(Application Program Interface)の略称で、誰でも簡単にプログラムによってGMOコインでの取引や情報収集などができるようにしたツールです。

今回の追加は、現物取引とレバレッジ取引で自動取引や情報取得ができる機能です。

認証不要最新のレートを取得
認証不要板情報の取得(各価格帯と注文数量)
認証必要新規建てなど注文機能
認証必要資産残高情報の取得
認証必要建玉情報の取得
認証必要余力情報の取得(証拠金取引)
認証必要注文や約定情報の取得

※他にもAPIが追加されています

GMOグループに蓄積された金融技術を活かした機能なので、大きな利用メリットといえるでしょう。

また、将来的に自動取引を行いたい方にも、役立つ機能です。

②マーケット情報などの追加

GMOコインは、2019年5月16日に同社のコーポレートサイトで、マーケット情報を追加しました。

暗号資産(仮想通貨)投資で稼ぐためには、最新情報を簡単にまとめて閲覧できる環境も必要です。

そしてGMOコインでも、マーケット情報をまとめて閲覧できる環境を用意したので、スピーディに情報を取得しながら取引できます。

今回の追加で、暗号資産(仮想通貨)関連ニュース・市況・チャートやレートなどの情報を1ページで確認できるようになりました。また、詳しい情報は、各項目をクリックすることで詳細を閲覧できます。

「ビットコイン価格・相場・チャート」
https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/

マーケット情報ページ
https://coin.z.com/jp/corp/information/

GMOコインの登録方法まとめ

この記事の要約
  • GMOコインの口座開設方法紹介
  • GMOは東証一部上場企業
  • スマートフォンアプリが利用しやすい
  • 初心者の方も簡単!

初心者にとって安心できる取引所GMOコインでは、無料で口座開設ができます。

GMOコインのセールスポイントは、親会社のGMOインターネット株式会社が東証1部上場企業であるということです。規模が全てではありませんが、安心感はあります。

また、長らくインターネットコンテンツを手掛けてきたGMOグループが培ってきたノウハウによって、初心者の方でも親しみやすいインターフェースや機能が魅力的です。

暗号資産(仮想通貨)投資に難しさを感じている方は、GMOコインで口座開設してみてはいかがでしょうか。

GMOコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事