仮想通貨の今後

ビットコインキャッシュはもう上がらない?その理由と今後の動向を予想

この記事を読んでほしい人
✔︎ ビットコインキャッシュの過去の動向を知りたい方
✔︎ ビットコインキャッシュの下落の理由を知りたい方
✔︎ ビットコインキャッシュの今後の動向を知りたい方
✔︎ ビットコインキャッシュを買うか迷っている方

ハードフォークによってビットコインから分裂し誕生したビットコインキャッシュ。ビットコインABCとビットコインSVの対立によるハードフォーク騒動で非常に注目を集めています。

市場では「ビットコインキャッシュはもう上がらない」としばしば言われています。この記事では、その理由と同コインの今後の動向について見ていきます。

この記事の要約
  • ビットコインキャッシュは伸び悩んでいる
  • 価格下落の要因はハードフォーク騒動と市場全体の低迷
  • ビットコインキャッシュの価格はまだ上がる余地がある
  • ビットコインキャッシュは大きな強みを持っている

ビットコインキャッシュのこれまでの動向

これまでのビットコインキャッシュの動向を確認するため、まずは価格遷移に関するチャートを見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ2017年末の急上昇

2017年末に価格が急激に跳ね上がっているのが見て取れます。この高騰の原因は、ビットコインのSegWit2xと呼ばれるハードフォークの延期、Bitcoin.comの設立者がビットコインに未来はないと発言したことにありました。

ビットコインキャッシュ2018年の暴落

しかし2018年に入ると価格が暴落しています。この暴落は日本の金融庁による仮想通貨規制とコインチェックからのNEMの不正流出事件によるものだったと考えられます。

2018年は上がった後に、下降気味

4月ごろから再び高騰しているのが分かります。この要因は機能性の向上が期待されるハードフォークが実施される予定があったことと、大手マイニンググループによるバーンでした。

その後暴落し、現在まで下がり続けてきていることが分かります。2018年12月3日現在、ビットコインキャッシュの価格は18,574.95円にまで下がっています。

ビットコインキャッシュの値段が上がらない理由は

チャートで見たように、ビットコインキャッシュは2018年5月ごろから下落し続けていることがわかります。

なぜ上がらないのでしょうか。考えうる下落の要因について見ていきましょう。

理由1:ハードフォーク騒動

ビットコインキャッシュのクライアントであるBitcoin ABCとBitcoin SVが大型アップデートの内容に関して対立したことが原因でビットコインキャッシュは分裂し、ビットコインキャッシュとは別に新たな通貨であるビットコインSVが誕生しました。

この二つの通貨は対立しており不安定な状態であるため、ビットコインキャッシュの価格は上がらないのです。

理由2:仮想通貨市場全体の低迷

仮想通貨市場全体が下落していることもビットコインキャッシュが上がらない要因のひとつとなっています。

金融庁による規制強化、仮想通貨取引所からのネム不正流出、アメリカの証券取引委員会(SEC)による仮想通貨取り締まり強化などにより、仮想通貨市場は低迷しているのです。

ビットコインキャッシュの値段を左右する好材料・悪材料は?

ハードフォーク騒動、仮想通貨市場全体の低迷などにより価格が下落し続けているビットコインキャッシュ。今後の同コインの値段を左右する材料は何だろうか。考えうる要因について説明していきます。

材料1:ハードフォーク騒動の収束

現在、ハードフォーク騒動は収束に向かっていますが、対立は続いており価格は不安定なままです。

このハードフォーク騒動が完全に収束した時、ビットコインキャッシュの価格は安定すると考えられます。

材料2:仮想通貨取引所での取引再開

ハードフォーク騒動に伴い多くの仮想通貨取引所で、ビットコインキャッシュに関する一部機能を停止するという措置が取られていました。

騒動が収まり取引所の機能が再開することで、ビットコインキャッシュの信用は戻り価格は回復すると考えられます。

材料3:ビットコインSVの台頭

ハードフォークによりビットコインキャッシュから分裂し誕生したビットコインSVが、ビットコインキャッシュより注目されるようになると価格が伸び悩む恐れがあります。

12月7日にビットコインSVは前日比19%もの価格上昇を見せビットコインキャッシュを上回り、時価総額5位にまで浮上しました。それに対しビットコインキャッシュは前日比16%の下落を記録し時価総額7位にまで後退してしまいました。

ビットコインキャッシュの価格予想

仮想通貨の価格予想を行なっているイギリスのサイト「Finder.com」によると、2019年1月1日時点でのビットコインキャッシュの価格は200ドル(約22,540円)だと予想されています。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは2017年にハードフォークによってビットコインから分裂し誕生した仮想通貨です。

その主な特徴は ①8MBの大きなブロック容量 ②リプレイアタックに対処できる ③発行数に上限がある 以上3つです。

ビットコインキャッシュがビットコインよりも優れていると言えるポイントは、ブロックの容量を拡大したことで実現したその利便性です。ブロックのサイズを大きくしたことで、送金にかかるスピードが格段に早くなったのです。

ビットコインキャッシュを買うべきかどうか

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュは伸び悩んでいる
  • 価格下落の要因はハードフォーク騒動と市場全体の低迷
  • ビットコインキャッシュの価格はまだ上がる余地がある
  • ビットコインキャッシュは大きな強みを持っている

これまで見てきたようにビットコインキャッシュは仮想通貨市場全体の低迷、またハードフォーク騒動の影響により価格が伸び悩んでいます。

しかし今後、騒動が収まり市場からの信用を取り戻すことで価格は回復していくと考えられます。

価格が低い今のうちにビットコインキャッシュを手に入れておくことをお勧めします。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後