ファクトム(FCT)

ファクトム(factom)とは?特徴やチャート、将来性を紹介

factom購入

ファクトム(FCT)とは?

ファクトムとは、2015年に開発された新しい通貨です。ほかの仮想通貨とは異なり、書類の保管を目的に作られたのが特徴です。

通貨名 ファクトム(Factom/FCT)
開発者 Factom.Inc
サイトHP https://www.factom.com/
発行開始日 2015年9月1日
主な利用用途 書類管理

リアルタイムチャート


ファクトム(FCT)の特徴

発行枚数 900万
発行上限 なし
送金速度 不明 (変動する)
できること ・ブロックチェーン技術による書類管理

ファクトムはブロックチェーン技術を書類管理に応用しているのが最大の特徴です。

ブロックチェーンは仮想通貨特有のものかと思われがちでしたが、それを、書類管理に適応することで、少ないサーバーの量でもデータの保存、処理を滞りなく行わせることができるのです。

ファクトム(FCT)が購入できるおすすめ取引所ランキング

ファクトムは国内で扱っている取引所が少ないので、海外の取引所で購入することをお勧めします。

順位 取引所名 取引手数料 取扱通貨 使いやすさ 特徴
1 Poloniex 0.15%(M)

0.25%(T)

68 取引量に応じて手数料が安くなる。
2 Bit-Z 0.1% 66 手数料が圧倒的に安い
3 BITTRX 0.25% 199 マイナーなコインが購入可能

ファクトムの今後の注目ポイント

  • 重要書類の管理
  • ライバル企業の増加

重要書類の管理

 ブロックチェーンは取引の記録を分散して管理するので、改ざんのリスクを大幅に減らすことができます。したがって、個人情報が掲載されているような重要な書類も管理することができます。

 ブロックチェーンを書類管理に利用したのはファクトムだけであり、今後期待が持てる仮想通貨とも言えます。

ライバル企業の増加

とはいえ、書類の保管だけだと、ライバル企業に補完されてしまうのも事実です。Dropboxやgoogleにもデータ管理の設備は整っており、ファクトムは激しい競争下に置かれています。

今後の動向と発展に目が離せない仮想通貨となっています。

ファクトム(FCT)を購入して投資を始めてみよう!

ファクトムは現段階ではハイファクトムハイリターンな投資です。「万が一暴落しても生活できる」範囲で投資をしましょう。

ファクトムはまだ新しい仮想通貨ですので成長の可能性はあります。また、ファクトムの利用手段が増えれば、ファクトムの価値も上がります。

今後のFactom.Incのプレスリリースは必見です。