仮想通貨比較

おすすめの仮想通貨は?様々な点から仮想通貨を徹底比較!

仮想通貨ってたくさん種類があるけど何が違うんだろう」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では仮想通貨をさまざな点から比較し、それぞれの点で最も優れている仮想通貨の特徴について説明していきます。

比較ポイント①時価総額

比較ポイントひとつ目は「時価総額」です。

数ある仮想通貨の中の時価総額トップ5と、最も時価総額の高いビットコインの特徴について見ていきましょう。

時価総額トップ5

仮想通貨の時価総額トップ5は以下の通りです。

  • 1位 ビットコイン(約7兆円)
  • 2位 リップル(約1兆4900億円)
  • 3位 イーサリアム(約1兆4500億円)
  • 4位 ビットコインキャッシュ(約250億円)
  • 5位 EOS(約238億円)

時価総額約7兆円と仮想通貨の中でもっとも高額であるビットコインの特徴について見ていきます。

時価総額1位のビットコインの特徴

ビットコインはSatoshi Nakamotoと名乗る人物が執筆した論文をもとに作られ、2009年から運用されている仮想通貨です。

数ある仮想通貨の中でもっとも流通量が多く、仮想通貨の代表格として知られているビットコインはどのような特徴を持っているのでしょうか。

特徴1:中央銀行が存在しない

日本円やアメリカドルのような法定通貨は、国家や中央銀行が通貨として発行し管理していることでその価値が保証されています。

しかしビットコインには中核的な開発者と協力者のグループは存在しますが、日本銀行のような中央銀行に相当する管理組織が存在しません。つまり非中央集権的な性格を持っているのです。

特定の管理者が存在しないため、取引の透明性が高いという特徴があります。

特徴2:P2Pネットワーク

中央銀行が存在しないビットコインの取引情報は、P2Pネットワーク上に分散保存されています。

ビットコインは、取引情報が世界中の膨大な数の端末によって記録共有されることで、情報の整合性が確保されセキュリティが実行されています。

国家という権威によって価値が保証されている法定通貨とは違い、決められたルールにしたがって取引を行う世界中のユーザーの信頼によって、ビットコインの価値は保たれているのです。

特徴3:発行数に上限がある

ビットコインは誕生した当時から、発行数は2100万枚と上限が決められていました。

ビットコインには管理する中央組織が存在しないため、現実の通貨のように流通量を調整することができません。必要以上に流通し価値が下がってしまうことを懸念して、あらかじめ発行枚数の上限が決められました。

必要以上に発行できないようにすることで、ビットコインはその価値を保証しているのです。

ポイント②送金スピードの速さ

比較ポイント二つ目は「送金スピードの速さ」です。

仮想通貨の中の送金速度トップ3と、送金速度の速さで有名なリップルの特徴について見ていきましょう。

送金速度トップ3

仮想通貨の送金速度トップ3は以下の通りです。

  • 1位 リップル:ブロック生成速度5秒
  • 2位 リスク:ブロック生成速度10秒
  • 3位 イーサリアム:ブロック生成速度15秒

それでは送金速度第1位のリップルの特徴について見ていきましょう。

送金速度が速いことで有名なリップルの特徴

リップルは2004年から開発が始まり2005年から運用が開始されたアルトコインのひとつです。また、リップルはリップル社が運営する決済システムのことも意味します。

現在数多くの仮想通貨が流通していますが、リップルは世界中で資産をやりとりできることを目標に開発されています。そんなリップルの持つ特徴について見ていきましょう。

特徴1:中央管理者が存在する

前述したように、ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨には特定の管理者はおらず、非中央集権的な性格を持っています。それに対しリップルには管理者が存在し、「Ripple.Inc」と呼ばれる会社がリップルの発行や管理を行なっています。

リップルは中央集権的な体制を取ることで、早い決済速度や安価な手数料、マイニングの廃止などを実現することができたのです。

特徴2:ブロックチェーンを使用していない

ビットコインをはじめとした仮想通貨の多くがブロックチェーンに取引や送金のデータを記録して分散管理しています。

一方リップルは、リップル社が開発した「コンセンサス・レジャー」と呼ばれる仕組みを使って取引データを管理しています。

この仕組みを使い、マイニングをリップル社が信用する一部のValidatorのみで行うことによって他の通貨を凌駕した送金スピードを実現しているのです。

特徴3:大手メガバンクが導入を検討している

国際送金の手数料の高さや送金の遅さは長い間重要な問題となっていました。そこで国際送金にリップルの技術を用いることで、手数料は安くなり速度の向上も期待できるため、大手メガバンクはリップル導入に積極的になっています。

実際に2018年5月に三菱東京UFJがリップルを使った実験を開始しており、イギリスの銀行バークレイズも導入を検討しています。

さらにリップル社はイングランド銀行やインドネシア銀行といった各国の中央銀行とも提携し、積極的に共同実証を行なっています。

ポイント③将来性

比較ポイント三つ目は「将来性」です。

それでは将来性の高いアルトコインとして注目を集めているイーサリアムの特徴について見ていきましょう。

将来性の高いイーサリアムの特徴

イーサリアムとはアルトコインの中でも人気のある通貨で、今後の発展が期待されている通貨のひとつです。

時価総額3位を誇り、国内外問わず多くの取引所で取り扱われているイーサリアムの特徴について見ていきましょう。

特徴1:スマートコントラクト

イーサリアムの一番の特徴と言えば何と言ってもこのスマートコントラクト機能でしょう。スマートコントラクトとは送金情報だけでなく、さまざまな契約をブロックチェーン上で契約・締結できる機能のことです。

この機能によって今まで多くの人手と労力を必要としていた不動産の登記などの手続きを自動化することが可能になるのです。

このようにスマートコントラクトは不動産業界や保険業界などで活用することで、面倒な契約を自動化しコスト削減に繋がると期待されています。

特徴2:イーサリアムはプラットフォームである

イーサリアムというプラットフォームを基盤として、さまざまな通貨やサービスを作ることができるのです。

実際にEOSやTRONなどイーサリアムをベースとした仮想通貨やサービスが続々と誕生しています。「分散型のアプリケーション(DApps)」や「スマートコントラクト」もそのうちのひとつです。

特徴3:独自トークンを発行できる

イーサリアムは拡張性が高くオープンソースで開発が進んでいるプラットフォームのため、さまざまな開発に利用されています。イーサリアムを元に作られたトークンは400種類以上あると言われています。

イーサリアム上で発行されるトークンの代表的な共通規格として、ERC20というものがあります。このERC20を使ってトークンを発行することで、イーサリアムの基本的な機能を利用できたり対応しているウォレットで一元管理できるなどの利点があります。

仮想通貨にはそれぞれの強みがある

いかがだったでしょうか。
同じ仮想通貨でもそれぞれ全く違った機能や特徴を持っていることがわかりましたね。

仮想通貨を買う際は、用途にあった特徴をもつ仮想通貨をぜひ探してみてください。