アルトコイン

仮想通貨OMGとは?基本情報・将来性・価格推移まとめ

仮想通貨OMG(オーエムジー)は、OmiseGOのICOで2,500万ドルを調達して2017年に話題を集めました。

現在は仮想通貨GBVが買収し、OMG Networkが発行・運営する独自の仮想通貨として知られています。

今回は、「仮想通貨OMGとは?」をテーマに基本情報から将来性、価格推移から今後の展望まで解説をまとめました。

仮想通貨OMG(オーエムジー)とは?

OMG(オーエムジー)とは、OMG Networkよって発行される仮想通貨(暗号資産)です。

現在は、「OMG(オーエムジー)」の名前で知られていますが、仮想通貨歴の長い方にとっては「OmiseGO(オミセゴー)」の呼び名が馴染みがあるでしょう。

OMGは、元々2017年のERC-2Oトークンを送付するネットワークOmiseGOとして誕生しました。2020年6月にブランド名をオーエムジー(OMG)に変更した経緯があります。

仮想通貨OMGの特徴

OMG Networkの特徴は、イーサリアムの抱えるスケーラビリティ問題を解決していることです。

OMG Networkで送付されるERC-2Oとは、イーサリアムを使って発行されるトークンの規格になります。

トークンとは、特定のプラットフォーム内で通貨や資産として機能する仮想通貨なので、ようするに仮想通貨と同じ認識でも問題ありません。

ERC-2Oトークンは、イーサリアムのネットワークを使って送付できますが、イーサリアムの送金遅延問題やコストが高過ぎるといったスケーラビリティ問題の影響を受けます。

OMG Network上で、ERC-2Oトークンを送付することで、1秒当たり数千の送金とイーサリアムの3分の1の手数料を実現しました。

仮想通貨OMGの将来性

仮想通貨OMG(オーエムジー)の将来性、イーサリアムを軸とした分散型社会において大きく期待されます。

なぜなら、仮想通貨OMGは、ERC-20トークンの送付を担うOMG Networkで使われるからです。

仮想通貨OMGもERC-2O規格のトークンとして発行されています。2021年の仮想通貨市場をイーサリアムが牽引できたのは、ERC-2Oを始めとするイーサリアムを活用したサービスや仮想通貨プロジェクトが注目を集めたのが大きな要因でしょう。

  • NFT (非代替トークン)
  • DeFi(分散型金融)
  • DEX(分散型取引所)

2020~2021年の仮想通貨市場は上記の3つがトレンドです。

トレンドの全てにイーサリアムが関連しており、個々のプロジェクトではERC-2Oの規格を使ったトークンも発行され、運営されています。

イーサリアムの需要が引き続き高まり、ERC-20トークンが多く使われるほど低コストで早い送金を実現するOMG Networkの需要が高まるといった流れです。

ただし、イーサリアムもアップデートされるため、本家のスケーラビリティ問題が解決されるイレギュラーなケースも想定しておきましょう。

仮想通貨OMGはどこで購入できる?

仮想通貨OMGは、ビットコインやイーサリアムと比べるとマイナーな仮想通貨です。しかし、日本の取引所でも取り扱いがあります。

GMOコイン
Coincheck
DMM Bitcoin

上記の国内仮想通貨取引所で取り扱っています。

3社の中でも、GMOコインは販売所によるOMGの購入だけでなく、500円からOMGを定期購入する「つみたて暗号資産(仮想通貨)」や、最大年利3%の手堅い運用が出来る「貸暗号資産」も提供しているのでオススメです。

▼関連記事▼
GMOコインの評判・口コミとメリット・デメリット【完全解説】

仮想通貨OMGの価格推移と今後

ここまで、仮想通貨OMG(オーエムジー)とは何んなのか?といった疑問から将来性・取引所まで解説しました。

次は、投資先としての目線から仮想通貨OMGを見てみましょう

OMG Network/OMGの基本情報
OMG Network/OMGの価格¥914.44
一日の出来高¥89,726,048,860.00
マーケットドミナンス0.06% 
市場ランキング第87位
時価総額¥127,534,973,824.94
直近1年間の高安値225.46円/1,687.08円
発行上限140,245,398.25 OMG

まずは、仮想通貨OMGの基本情報を解説します。

OMGは、2020年9月時点でCoinmarketcapによる、仮想通貨ランキングでは第87位であり、おおよそ90位後半から80位前半までの振れ幅で推移しています。

仮想通貨の種類は2500種類以上と言われており、OMGの市場規模は差ほど小さくはないです。

価格推移としては、直近1年間で最安値が1OMG=225円、最高値は1687円、現在の価格からは1.6倍以上の価格に上がるポテンシャルは十分にあると言えるでしょう。

仮想通貨OMGの注目価格

GMOコインの販売所が提供するOMG/JPY週足チャートから今後の注目価格をみてみましょう。

OMG/JPY週足チャートから分かるように、OMGは長期的には上昇トレンドの見方がつ用意です。おおよそ40円から300円までは、お椀上に底値を固める様な動き(ソーサーボトム)の形成も確認できます。

つまり、底堅い値動きから上昇トレンドを継続する可能性が高いです。上昇トレンドの継続では、直近安値の300円代を下回らない事が重要だと考えられます。

このまま上昇トレンドを継続させれば、2021年5月の高値1200円~1600円を目指すことになるでしょう。また、最終的にはGMOコイン上場以来の史上最高値3000円~3600円の価格も視野に入ります。

▼関連記事▼
【10分で分かる】ビットコインFXで使える「ソーサーボトム」解説

仮想通貨OMGとは? まとめ

今回は「仮想通貨OMGとは?基本情報・将来性・価格推移まとめ」のテーマでした。

仮想通貨OMGは、ちょうどビットコインバブルが世間的に話題となった2017年に誕生したプロジェクトです。2017年に巨額の資金調達に成功した仮想通貨プロジェクトの中には、その後のバブル崩壊と共に開発チームが解散するケースも珍しくありませんでした。厳しい環境下で、OMG Networkは上手く生き残り、OMGも価値を堅調に上げ続けていることから今後もさらに注目を集めるでしょう。

アルトコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事