コインチェック

コインチェック(Coincheck)はいくらから買える?通貨別の最低取引金額まとめ

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)で暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい方
✔ コインチェック(Coincheck)の最低取引単位を知りたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい方

暗号資産(仮想通貨)を始めようと考えている方の多くが不安に思うことの一つに、費用が挙げられます。

特に、暗号資産(仮想通貨)の急激な高騰を報道で目の当たりにすると、高すぎて無理なのではないか思ってしまうようです。しかし、心配ありません。高額なお金を投じなくても暗号資産(仮想通貨)取引を始めることはできるのです。

今回は、コインチェック(Coincheck)で暗号資産(仮想通貨)取引を始めるにあたって、さしあたりどれくらいのお金があればできるのかについて、解説します。

この記事の要約
  • コインチェック(Coincheck)は合計16種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている
  • コインチェック(Coincheck)の販売所ではすべての暗号資産(仮想通貨)の最低購入金額は500円
  • コインチェック(Coincheck)なら最低取引単位が500円なのでワンコインでチャレンジできる

Coincheckで口座開設をして取引を始めましょう。

最低取引単位とは

日本円で取引するときはXX円と表記しますが、ビットコインの場合はXXBTCと表記します。

円相場のニュースで1ドル=110円というように、ビットコインの価格が40万円というときは、1BTC=40万円を意味しています。

実は、ビットコインにはまだ単位があり、1億分の1BTCを表す単位が設けられています。それはsatoshiという単位です。つまり、1satoshi=0.00000001BTCとなるわけです。

もし、1BTC=40万円ですと、1satoshi=0.004円となりますが、1円にも満たないこの額は、システムの都合上処理できないので、ビットコインは546satoshiを最低取引料として定めています。

ですが、これでも現実的な数字ではなく、取引所ごとに最低取引量を定めています。これが最低取引単位です。

取引所ごとに定められていますので、最低取引単位は各取引所で調べなければなりません。

コインチェック(Coincheck)とは

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)とは、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所のひとつで、マネックスグループの子会社であるコインチェック株式会社が運営しています。

コインチェック(Coincheck)の特徴は、暗号資産(仮想通貨)取引だけでなく、暗号資産(仮想通貨)の貸付サービスや売電事業などいろいろなサービスを展開しているところにあります。

もちろん、口座開設段階の本人確認から顔写真と本人確認書類を同時に撮影するIDセルフィーを導入するなど、セキュリティーもしっかりしています。

コインチェック(Coincheck)の取扱い通貨

コインチェック(Coincheck)では、合計16種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. イーサリアムクラシック
  4. ビットコインキャッシュ
  5. リップル
  6. ライトコイン
  7. ネム
  8. リスク
  9. ファクトム
  10. モナコイン
  11. ステラルーメン
  12. クアンタム
  13. ベーシックアテンショントークン
  14. アイオーエスティー
  15. エンジンコイン
  16. オーエムジー

取扱通貨毎の最低取引単位

Coincheckの販売所では、すべての暗号資産(仮想通貨)の最低購入金額は500円となっています。

2020年3月28日頃の価格最低購入数最低購入金額
ビットコイン約700,000円
約6244697円
約0.00071BTC
500円
イーサリアム約14,000円
約0.036ETH500円
イーサリアムクラシック約520円約0.96ETC500円
ビットコインキャッシュ約23,000円約0.021BCH500円
リップル約18円約27.8XRP500円
ライトコイン約4,100円約0.122LTC500円
ネム約4円約125XEM500円
リスク約110円約4.55LSK500円
モナコイン約130円約3.85MONA500円
ファクトム約210円約2.38FCT500円
ステラルーメン約4円約125XLM500円
クアンタム約127円約3.94QTUM500円
ベーシックアテンショントークン500円
アイオーエスティー500円
エンジンコイン500円
オーエムジー500円

参考:https://coincheck.com/ja/article/6

コインチェック(Coincheck)で取引をはじめるにはいくら必要

コインチェック(Coincheck)で、これから暗号資産(仮想通貨)取引を始めようとする場合、どれくらいのお金が必要なのでしょうか。

コインチェック(Coincheck)で必要とされる手数料や、他の暗号資産(仮想通貨)取引所との比較をみてみましょう。

口座開設は無料

コインチェック(Coincheck)の口座開設は無料です。もちろん、口座を維持するのにもお金はかかりません。

ですから、口座開設にかかる費用は考える必要がありません。

取引にかかる手数料

コインチェック(Coincheck)の手数料は、ホームページに説明されています。

まず、入金手数料は、銀行振込の場合、振込手数料は別として、コインチェック(Coincheck)に支払う手数料は無料です。

出金手数料は、一律407円です。

暗号資産(仮想通貨)の取引に関わる手数料は、現在無料です。

最低入金金額

コインチェック(Coincheck)での暗号資産(仮想通貨)の最低購入金額は、暗号資産(仮想通貨)の銘柄にかかわらず、一律500円です。

コインチェック(Coincheck)なら、余裕を持って1000円も口座に入金すれば、暗号資産(仮想通貨)取引を開始できますね。

最低取引金額の比較

2020年3月28日頃のビットコインの価格、1BTC=約70万円を基準に算出しました。

最低取引単位最低取引金額
bitflyer0.00000001BTC約0.007円
coincheck500円500円
zaif0.0001BTC約70円
GMOコイン0.0001BTC約70円
BitPoint0.0001BTC約70円
bitbank0.0001BTC約70円
DMM Bitcoin0.001BTC約700円
Liquid0.001BTC約700円

コインチェックは最低500円から投資可能

この記事のまとめ
  • コインチェック(Coincheck)は合計16種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている
  • コインチェック(Coincheck)の販売所ではすべての暗号資産(仮想通貨)の最低購入金額は500円
  • コインチェック(Coincheck)なら最低取引単位が500円なのでワンコインでチャレンジできる

Coincheckで口座開設をして取引を始めましょう。

コインチェック(Coincheck)の最低取引単位は、他の暗号資産(仮想通貨)取引所と異なり、ビットコインの数量ではなく、500円という邦貨を基準に設定されています。ですから、最低取引量は暗号資産(仮想通貨)の価格によって変化していきます。

コインチェック(Coincheck)なら500円からですので、まさにワンコインでチャレンジできるような感じですね。

これを参考に、ぜひこれから暗号資産(仮想通貨)投資にチャレンジしてみてください。

コインチェック
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事