コインチェック

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引の始め方、特徴、手数料を解説

この記事を読んでほしい人
✔ すでにコインチェック(Coincheck)で仮想通貨取引をしているという方
✔ コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引再開を心待ちにしているという方
✔ コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引のやり方を知りたいという方

「コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引が再開された時に備えて、始め方を覚えておきたいなぁ」という方もいるのではないでしょうか。

コインチェック(Coincheck)取引所は、2019年5月時点で少しずつ各サービスを順次再開し始めており、今後レバレッジ取引も再開する可能性があります。

そこで今回は、コインチェック(Coincheck)でレバレッジ取引を始めたい方に向けて、Coincheck取引所の特徴や、レバレッジ取引の始め方についてお伝えしていきましょう。

▼コインチェック(Coincheck)の評判についてはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の評判・メリットとデメリット!再開後に調査 「コインチェックに興味があるけど、前に事件があったからなぁ・・」 コインチェック(Coincheck)は事件を起こして以降...

この記事の要約

  • コインチェック(Coincheck)はレバレッジ倍数が最大5倍で、上級者には物足りない反面、初心者には始めやすいレバレッジ取引といえる
  • コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引は取引手数料は無料だが、1日ごとにスワップ手数料がかかる
  • 2019年1月現在、コインチェック(Coincheck)でレバレッジ口座を開設することはできない
  • コインチェック(Coincheck)は近いうちにレバレッジ取引が再開されるかもしれない

コインチェックのレバレッジとは

コインチェックではレバレッジ取引も可能で、レバレッジ倍数最大5倍で設定しています。またレバレッジ取引で取り扱っている通貨は、ビットコインのみ。

2018年1月に起きた仮想通貨流出事件の影響で、2019年5月時点でレバレッジ取引のサービスは停止中です。

コインチェック(Coincheck)のレバレッジの特徴

レバレッジ取引自体は、どの取引所も同じ仕組みですが

  • 取扱通貨
  • レバレッジ倍数
  • スワップ手数料

などが異なります。特に取扱通貨に関しては、取引したい通貨があるか確認しておきましょう。

特徴1:初心者に使いやすいレバレッジ倍数や取扱通貨

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引は、比較的初心者向けとなっています。

  • 取扱通貨:ビットコインのみ
  • レバレッジ倍数:上限は5倍

初心者向けの理由は、まず取扱通貨がビットコインのみだからです。どの通貨にしようか迷うことはありませんね。またビットコインは仮想通貨の基軸通貨としての役割もあるので、価格帯が厚く約定しやすいというメリットもあります。

レバレッジ倍数については、2018年頃まで他の取引所の方が高かったのですが、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の方針によって、一律4倍へと切り替わりつつあります。

特徴2:取引手数料が無料

コインチェック(Coincheck)は、レバレッジ取引の取引手数料が無料です。

コインチェック(Coincheck)と同じように取引手数料が無料という仮想通貨取引所もあります。しかし取引方法によって異なる場合もあり、そもそも取引手数料がかかる仮想通貨取引所。

その点コインチェックは取引手数料無料ですので、取引回数を気にすることなく取引可能です。また、入金手数料(銀行振り込み)も無料になっています。

特徴3:スワップ手数料とスプレッドコストがある

コインチェック(Coincheck)の取引手数料は無料ですが、スワップ手数料とスプレッドコストがかかります

  • スプレッドコスト:買値と売値の間に存在する価格差
  • スワップ手数料:一定期間ポジションを保有することで発生する手数料

そしてコインチェック(Coincheck)のスワップ手数料率は、以下のような設定です。

  • 買い:1日ごとに0.04%
  • 売り:1日ごとに0.05%

たとえば7時に買い約定した後、翌日の7時を過ぎてから売り約定を完了させると、0.04%のスワップ手数料がかかります。長い期間ポジションを持つほどスワップ手数料が高くつくので、短期間で売り買いした方がお得となるわけですね。

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引とFX取引の違い

コインチェックのレバレッジ取引

レバレッジ取引やFX取引など、似たような取引方法が並んでいて紛らわしく感じてしまいますが、違いはいったい何なのでしょうか?

  • 信用取引:証拠金取引で、なおかつ現物取引方式
  • FX取引:証拠金取引で、なおかつ差金決済方式であるため、ポジションを保有しても仮想通貨を決済や送金などには活用できない
  • レバレッジ取引:倍数をかけた取引のことで、国内では最大倍数4倍に切り替わりつつある

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引は、仕組み上FX取引にあたるので、FX取引として考えると分かりやすいですね。

また土日の取引も可能ですが、日本円にしか対応していませんので、取引通貨についても事前に確認しておきましょう。

取引タイプ レバレッジ取引 FX
取引ツール 無し コインチェック独自のツール(ウェブ版のみ)
建玉制限 無し 市況によって異なる
手数料 無し 取引手数料無料
通貨ペア 無し ビットコインのみ
コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ倍数

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引で設定されているレバレッジ倍数は最大で5倍となっており、他の仮想通貨取引所とそれほど変わりありません。

  • レバレッジ倍数が高いわけではなく、大きな利益をあげにくい
  • その分、取引におけるリスクを抑えることができる

という特徴があり、慣れている方には物足りなく感じてしまうかもしれませんが、初心者の方にとっては始めやすいともいえますね。

他の取引所とレバレッジ倍数を比較

Coincheck取引所のレバレッジ倍数は最大5倍ですが、他の仮想通貨取引所は5倍以上になっているケースが比較的多い傾向でした。

取引所名 レバレッジ倍数 備考
コインチェック 最大5倍 サービス停止中
GMOコイン 最大4倍へ切り替え開始 5月15日~
BITpoint 最大4倍
DMMBitcoin 固定4倍
bitflyer 最大4倍へ切り替え開始 5月28日~

2019年5月時点でコインチェックを除く国内取引所は、レバレッジ倍数最大・固定4倍に切り替えています。GMOコインとbitflyerは徐々に切り替えを行う予定ですが、新規注文については最大4倍の設定です。

そのためコインチェックのレバレッジ取引が再開された際に、5倍から4倍へ変更されるかもしれません。またレバレッジ倍数10倍以上で取引したい方は、海外の仮想通貨取引所で取引する必要があります。

コインチェック(Coincheck)のレバレッジの手数料

コインチェック(Coincheck)取引所のレバレッジ取引は、取引手数料は無料ですが、スワップ手数料とスプレッドコストがかかります。

  • 買い:1日あたり0.04%
  • 売り:1日あたり0.05%

スワップ手数料は上記のとおり。またスプレッドコストは相場状況によって変動します。

他の取引所と手数料を比較

他の仮想通貨取引所の取引手数料などを比較してみました。

取引所名 手数料 スワップ
コインチェック 無料 買建て0.04%、売建0.05%
GMOコイン 無料 0.04%
BITpoint 無料 買建、売建問わず0.035%
DMMBitcoin 無料 0.04%
bitflyer 無料 0.04%

※1: (ビットコインの場合)Lightning FX/Futures・販売所無料、ビットコイン簡単取引所・Lightning 現物、約定数量(BTC) × 0.01 ~ 0.15%


取引手数料はどの国内取引所も無料ですので、スワップ手数料や取引ツール、取扱通貨から比較検討するのがおすすめです。

またスワップ手数料は手数料率が異なっていたり、利益が出た時に手数料を取られることもありますので、口座開設する取引所の手数料表はすべて確認しておきましょう。

▼コインチェック(Coincheck)の手数料は安い? 詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の手数料(取引手数料・入出金手数料)は安いのか? 検証して説明 仮想通貨取引において、手数料が高いほど利益を出しにくくなってしまいますが、コインチェック(Coincheck)の手数料は他の取引...
コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)のレバレッジの始め方

コインチェック取引所でレバレッジ取引を始めるためには、まず口座開設と入金を行う必要があります。

そこで、まずは口座開設の手順について解説していきましょう。

ステップ1:アカウント作成

まずはコインチェックの公式サイトへアクセスし、メールアドレスとパスワードを登録します。そして登録したメールアドレスに、コインチェック側からメールが届きます。

そのメールに記載されているURLへアクセスすると、本人確認手続きの作業に入ります。

ステップ2:本人確認手続き

本人確認手続きに進んだら、電話番号認証の手続きを行います。電話番号認証は、今契約しているスマートフォンの電話番号を、コインチェックの入力欄へ入力する作業です。電話番号の入力ができたら、SMS送信のボタンを押して認証が完了します。

そして本人確認書類の提出へ移ります。コインチェックが本人確認書類として認めているのは下記のとおり。

  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード

書類を提出する際は、提出前に認められているか確認しておきましょう。本人確認書類は画像をアップロードすれば提出したことになります。あとは後日、コインチェックからハガキが届くので、審査が完了していれば入金や取引が可能になります。

ステップ3:レバレッジ口座へ入金

口座を開設したら、メニュータブの「口座振替」から、レバレッジ口座に資金を入金することができます。

レバレッジ口座を選択し、振替金額を入力すればOKです。

コインチェック(Coincheck)のレバレッジのやり方と注文方法

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引の始め方について

  • 注文の手続き
  • 決済の手続き

の2ステップに分けてお伝えしていきます。

2019年5月現在、コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引は停止していますが、再開された時のために手順をしっかり見ておきましょう。

ステップ1:注文の手続き

レバレッジ口座に資金を入金したら、レバレッジ取引を開始します。チャートを見ながら取引できるトレードビュー画面で注文の手続きを行いましょう。

  • 「レバレッジ残高」を選択する
  • 「レバレッジ取引」を選択する
  • 指値注文の場合は希望価格を入力し、成行注文の場合は「成行注文」にチェックを入れる
  • 注文量を「10%」「20%」「50%」「100%」から選択する
  • 「ロング(買い)」か「ショート(売り)」を選択する

以上のことを決めたら、注文ボタンをクリックして注文手続きは完了です。

ステップ2:決済の手続き

「ポジション一覧」で決済をすることができます。「買い」ポジションの場合は値上がりすれば、「売り」ポジションの場合は値下がりすれば利益を得られる仕組みです。

ここで活用したいのが指値注文と逆指値注文

  • 指値注文:指定の価格まで下がったら自動で決済する(売りの場合は指定の価格まで上がったら決済)
  • 逆指値注文:ここまで下がったら自動で決済する(売りの場合はここまで上がったら決済)

指値注文は逆張り投資にも活用でき、逆指値注文は損切やトレンドに沿った取引にも活用できます。どちらも「ポジション一覧」から行うことができます。

指値注文

コインチェックのレバレッジ取引では、指値注文も可能です。取引画面にある「レバレッジ」タブを選び、以下の項目を入力します。

  • 注文数量
  • 注文価格
  • 必要証拠金の割合(10、20、50、100%)

そして買い、売りどちらかのボタンを押し、注文が完了します。

成行注文

コインチェックは成行注文も用意していて、取引画面の「レバレッジ」タブを選びます

そして「成行注文」のチェックボックスにチェックを入れたうえで、注文数量を指定すると設定完了。

最後に発注ボタンを押して注文が完了、ポジション保有ができます。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引再開に期待

この記事のまとめ

  • コインチェック(Coincheck)はレバレッジ倍数が最大5倍で、上級者には物足りない反面、初心者には始めやすいレバレッジ取引といえる。また今後4倍に統一される可能性がある
  • コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引は取引手数料は無料だが、1日ごとにスワップ手数料がかかる
  • 2019年5月現在、コインチェック(Coincheck)でレバレッジ口座を開設することはできない
  • コインチェック(Coincheck)は近いうちにレバレッジ取引が再開されるかもしれない

さて、コインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引の特徴や、レバレッジ取引のやり方についてお伝えしてきました。2018年のコインチェック(Coincheck)事件によってサービスが一時停止していましたが、少しずつサービスの再会が始まっています。

レバレッジ取引も近いうちに再開されるかもしれませんから、今のうちにコインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引の特徴や使い方をチェックしておきましょう。

また、レバレッジ取引の倍率については、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の定めるガイドラインで、多くの国内取引所で最大倍率4倍と定めるなど状況が変わってきています。

ですのでコインチェック(Coincheck)のレバレッジ取引が再開した時は、他の取引所と同様に最大4倍となる可能性もあります。

今後レバレッジ取引が再開されることも視野にいれて、口座開設から注文方法まで覚えておきましょう。

コインチェック
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト