ファクトム(FCT)

ファクトム(FCT)は2019年年末に上がる?動向から価格予想

factom購入
この記事を読んでほしい人
✔ ファクトムの年末の価格が気になる方
✔ ファクトムに投資しようとしている方
✔ ファクトムで儲けようとしている方

ファクトムは、ブロックチェーン上で書類を管理したり、認証したりする機能を備えた暗号資産(仮想通貨)です。

そのほかの暗号資産(仮想通貨)は、管理者がいないのがほとんどなのですが、ファクトムはファクトム社が管理者となり、開発を行っているところに特徴があります。

今回は、そんな特徴をもつファクトムの価格の動向についてみていこうと思います。

この記事の要約
  • ファクトムは、ブロックチェーン上に書類を管理したり認証したりする機能を持つ暗号資産(仮想通貨)
  • ファクトムは、毎年年末になると価格上昇を示す傾向がある
  • 2017年の年末のファクトムの価格上昇の要因は、暗号資産(仮想通貨)市場全体の大幅な値上がり
  • 2019年始のファクトムの価格下落は2018年から続く下降トレンドが影響していたのではないか

ファクトム(FCT)は年末に動く傾向にある?

ファクトムの価格をチャートから読み取ってみると、年末になると価格に変化が見られることがわかります。

2017年と2018年の年末の動きを見ていきましょう。

ファクトム(FCT)2017年末の価格上昇

ファクトムは2017年の年末に大きく値を上げました。

この時は、ファクトムだけでなく、ビットコインをはじめとして、ほとんどの暗号資産(仮想通貨)が大幅な値上がりを示し、一種の暗号資産(仮想通貨)バブルのような様相を呈していました。

マスコミにも大きく取り上げられたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ファクトム2017年末の価格上昇

ファクトムはいくらくらい上昇したか

2017年のチャートを振り返ってみると、2017年の1月ごろのファクトムは300円ほどでした。

ところが、2017年の年末には一時12500円を超えるほどにまで上昇しましたので、1年足らずの間に40倍ほどにまで価格が上昇したことがわかります。

ファクトムの当時の上昇要因は?

2017年の年末のファクトムの価格上昇の要因は、暗号資産(仮想通貨)市場全体の大幅な値上がりです。市場が盛り上がったために、ファクトムも一緒に値上がりした模様です。

このほか、アンチウイルスソフトで有名なIT専門家のマカフィー氏のツイートやbitFlyerへ上場するという噂の影響もあると言われています。

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジーサンド
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

ファクトム(FCT)2018年末の価格上昇

先ほどは2017年の年末の価格上昇を紹介しましたが、実は翌年の2018年の年末にも2017年ほどの規模ではないのですが、ファクトムの価格上昇がみられました

ファクトム2018年末の価格上昇

ファクトムはいくらくらい上昇したか

2018年11月ごろのファクトムは500円弱でしたが、12月上旬には一時2000円を超えるまでに上がりました。

単純に考えて3週間ほどの間に4倍もの上昇ですから、かなりの上昇率だったことがわかります。

ファクトムの当時の上昇要因は?

  • マイクロソフトとEquatorとの提携
  • 取引停止状態にあったCoincheckでの取引再開
  • 動画投稿サイトYooyaと提携することが発表された

2018年の冬は、マイクロソフトとEquatorとの提携や、取引停止状態にあったCoincheckでの取引再開など、ファクトムにとっての好材料が次々と現れました。

その上、YouTubeの中国版とも言える動画投稿サイトYooyaと提携することが発表されました。

中国市場の大きさを考えると、この提携は大変なビックニュースといえ、これらの発表を受けて2018年の年末にファクトムの価格が上昇したと思われます。

2019年始のファクトム(FCT)の価格下落

ところが、2018年年末の価格の上昇も、2019年に入ると一転し1月の中旬ごろまで下がり続けました。25日の移動平均線と75日のそれをみると、75日の移動平均線が上回っているのでファクトムは下降トレンド入りしたことを示しています。

2019年始のファクトムの価格下落

ファクトムはいくらくらい下落したか

2019年の1月初めのファクトムは1000円くらいの値を示していたのが、1月中旬には一時600円になる程急激に下がったのです。

単純に考えると2週間ほどの間に4割も値下がりしたことになります。

ファクトムの下落要因

ファクトムが2019年に入ってから下落していたのは、2018年から続く下降トレンドが影響していたのではないかと考えます。

1月下旬から3月下旬にかけておおむね価格が安定していたことを考えると、これが底値と言えそうですね。

ファクトムの暴落は発生するのか

2019年の4月中旬までのチャートを見てみると、ファクトムは上昇トレンド入りしています。ですが、永遠の上昇トレンドはあり得ません。いつか再び下降トレンドに入り、これを何度も繰り返しながらファクトムは成長していきます。

再び何度か経験したような暴落をきたす日はあるのでしょうか。暗号資産(仮想通貨)には株式投資のようなストップ安という制限がないので、ないとは決して言えません。

ファクトムもまた、暴落と急騰の間に存在していることには変わりがないのです。

▼ファクトムの価格が暴落した時の対処法を紹介!暴落の知識を身につけましょう▼

factom購入
ファクトム(FCT)はどこまで暴落する?原因と将来の高騰時期予想 ファクトムは、ビットコインやイーサリアムほどの知名度はありませんが、ブロックチェーンを利用した文書管理やその認証に特化した点に特...

2019年の年末のファクトム(FCT)価格予想

2019年の1月から続いたファクトムの下降トレンドは、1月下旬からほぼ横ばいの状態となり、3月下旬から上昇トレンドに変わっています。

実際、25日の移動平均線が75日のそれを4月から上回る状態となり、移動平均線的には『買い』の段階にあると言えます。

このまま年末まで上昇トレンドが続くとは思えませんが、ファクトムの持つ将来性を鑑みると、ひとまず底打ちはしたと考えていいのではないかと思います。
少なくとも2018年末の水準までは戻すのではないでしょうか。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジーサンド
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ファクトム(FCT)は将来性が明るい

2017年の年末をピークにし、今のところその水準を回復する様子はありませんが、筆者はファクトムの将来性については明るいと判断しています。

その理由は、ファクトムが持っているその特徴にあります。
ブロックチェーン上に書類を管理したり、認証したりする機能を搭載しているために、ファクトムを使った取引では、そのコストを低くできるようになります。
現在、この特徴を生かして、不動産ローン市場や電子カルテ市場への参入が期待されています。

また、ファクトム社が管理者として存在することで、開発環境が整えられているため、比較的新技術などを開発しやすい環境にあるのもファクトムにとっては好材料です。

こうした理由に基づいて、ファクトムの将来を楽観視している次第なのです。

まとめ

この記事の要約
  • ファクトムは、ブロックチェーン上に書類を管理したり認証したりする機能を持つ暗号資産(仮想通貨)
  • ファクトムは、毎年年末になると価格上昇を示す傾向がある
  • 2017年の年末のファクトムの価格上昇の要因は、暗号資産(仮想通貨)市場全体の大幅な値上がり
  • 2019年始のファクトムの価格下落は2018年から続く下降トレンドが影響していたのではないか

ファクトムは、ブロックチェーン上に書類を管理したり、認証したりする機能を持つ暗号資産(仮想通貨)です。

毎年年末になると価格上昇を示す傾向があり、今回はそんなファクトムの動向について解説しました。

ファクトムの未来は明るく輝いています。これからもファクトムから目が離せそうにありません。

ファクトム(FCT)
米国株投資の銘柄分析はTipRanks
最新記事