ファクトム(FCT)

ファクトム(FCT)はどこまで下がる?下落理由と上がる時期予想

factom購入
この記事を読んでほしい人
✔ ファクトムの下落の原因を知りたい方
✔ ファクトムの今後どうなっていくのか知りたい方
✔ ファクトムで儲けようとしている方

ファクトムはマイクロソフトからも支援をうけているほどの暗号資産(仮想通貨)。そんな将来性のある通貨でも、価格は低迷している状況です

なぜ、ここまで下がってしまったのか。ここでは、ファクトムの価格下落について解説します。

ファクトムの下落の原因を知りたい方、ファクトムの今後どうなっていくのか?について知りたい方は必見です!

この記事の要約
  • ファクトムはマイクロソフトからも支援をうけているほど実用化への大きな期待がある
  • ファクトムが下がる原因は、暗号資産(仮想通貨)市場の全体の影響と知名度が低いこと
  • ファクトムの価格上昇要因となるポイントは、国内取引所での取扱開始や実用化への発展
  • ファクトムは実用化されつつあるので、将来性が高い通貨

ファクトム(FCT)が下がる原因

2017年12月には12,500円を突破したファクトムも、2019年には800円付近までに落ち込んでいます。なぜ、ここまで下がってしまったのでしょうか。

  • 原因1:暗号資産(仮想通貨)市場の全体の影響
  • 原因2:知名度が低い

原因1:暗号資産(仮想通貨)市場の全体の影響

2017年12月は、ファクトムだけでなく暗号資産(仮想通貨)市場がバブル状態になっていました。

ビットコインやイーサリアムといった時価総額上位の通貨はもちろんのこと、暗号資産(仮想通貨)といえばのべつまくなしに買いが殺到し、上昇したのです。

その後、各国の規制や暗号資産(仮想通貨)のセキュリティ問題により、暗号資産(仮想通貨)の信頼が大きく揺らぐ事件が相次いだため、急速に価格が下がっていきました。

この時から、ファクトムの下落が始まっています。ファクトムだけでなく、全ての暗号資産(仮想通貨)の暴落しています。

このことから、ファクトム自体に問題があっただけではなく、暗号資産(仮想通貨)市場全体の影響をうけて、つられて売られただけと考えらえます

原因2:知名度が低い

ファクトムは優れた通貨ですが、日本ではまだまだ知名度が扱っている取引所はコインチェックのみです

以前は、大手取引所にbitflyerに上場する噂があっただけで、価格が上昇しました。

結局は、噂だったため、すぐに価格が元に戻ってしまいましたが、知名度が高い取引所に上場することで、価格の上昇要因になるのは確かです。

▼ファクトムの価格が暴落した時の対処法を紹介!▼

factom購入
ファクトム(FCT)はどこまで暴落する?原因と将来の高騰時期予想 ファクトムは、ビットコインやイーサリアムほどの知名度はありませんが、ブロックチェーンを利用した文書管理やその認証に特化した点に特...

ファクトム(FCT)は暴落しうるのか?

ファクトムは500円の底を打ったあと、800円付近でウロウロしています。よほどのことがない限り500円を割ることはないでしょう。

ですが、800円を超えてさらなる上昇をするのは、難しいです。ファクトムのデメリットとして、開発スピードが遅いので実用化にしても動きが遅いです

さらなる価格上昇には、まだまだ時間がかかると思われます。

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジーサンド
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ファクトム(FCT)の価格が上がる将来性

今後、価格の上昇要因となるポイントを解説します。

  • 将来性1:国内の他の取引所での取扱開始
  • 将来性2:実用化への発展

将来性1:国内の他の取引所での取扱開始

まずは、ファクトムの知名度がなさすぎるので、大手取引所に上場していくのがポイントです。

bitflyerに上場するという噂だけで、買いが殺到するのですから、実際に上場できた場合はどれほど上昇するかわかりません。

今後に期待したいところです。

将来性2:実用化への発展

ファクトムは、ブロックチェーン上に電子データを記録できるプラットフォーム。

重要な書類の記録に適しているので、さまざまな企業で実用化される動きがでています

例えば、住宅ローンの管理。住宅ローンは、意見の食い違いなどを避けるため、必ず第三者機関を挟んで売買を行います。

ファクトムを使用すると、この第三者機関を省けるため、中間マージンや紙の書類の作成に関するコストをなくすることができます

アメリカでは、「ファクトムハーモニー」と呼ばれるプロジェクトが実施されています。約160兆円の住宅市場をパッケージ化させることができます。

ファクトムの実用化が進めば進むほど、通貨の価値はどんどん上昇していくと思われます。

 

ファクトムが上がる時期

この記事のまとめ
  • ファクトムはマイクロソフトからも支援をうけているほど実用化への大きな期待がある
  • ファクトムが下がる原因は、暗号資産(仮想通貨)市場の全体の影響と知名度が低いこと
  • ファクトムの価格上昇要因となるポイントは、国内取引所での取扱開始や実用化への発展
  • ファクトムは実用化されつつあるので、将来性が高い通貨

ファクトムは2017年からみたら、大きくさげましたが800円付近では安定しています。これ以上下げる可能性は低いといえます。

それどころか、ファクトムは実用化されつつあるので、将来性が高い通貨です。

今のうちに仕込んでいくといいでしょう。

ファクトム(FCT)
米国株投資の銘柄分析はTipRanks
最新記事