仮想通貨の仕組み

仮想通貨の種類はどれくらいある?それぞれの通貨の違いや特徴をご紹介

仮想通貨ビジネス
この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資をはじめようとしている方
✔ 仮装通貨の違いや特徴がよくわからない方
✔ おすすめの仮想通貨が知りたい方

仮想通貨に興味を持って、仮想通貨に投資を行おうと考えた場合、問題なのは、一体、どの仮想通貨に投資をすればいいのかということです。

仮想通貨は大きく分けて、仮想通貨の原型であるビットコインと、それ以外の仮想通貨であるアルトコインに分類されますが、日本で馴染みのアルトコインは、せいぜい10銘柄ほどです。

しかし、世界に存在するアルトコインは2000種類以上とも言われており、今後も、その数は増えていくと考えられます。

今回は、ビットコインとアルトコインの違い、そして各通貨の違いや特徴を詳しく解説していきます。

この記事の要約
  • 仮想通貨の種類は多く、2000種類以上存在している
  • ビットコインは、全種類の仮想通貨の原型で「始まりの通貨」と言える存在
  • アルトコインは、ビットコイン以外の全種類の仮想通貨を指す
  • 「時価総額が高く」「ビジョンがしっかりとしている」仮想通貨がおすすめ

アルトコインとビットコインは何が違うの?

仮想通貨には大きく分けてビットコインとアルトコインに分類されます。「一体何が違うの?」という疑問を解決していきましょう。

仮想通貨とビットコイン・アルトコイン

ビットコインの特徴

ビットコインは、全種類の仮想通貨の原型、始まりの通貨と言える存在です。サトシ・ナカモトという人物が発表したブロックチェーン技術の論文で利用される通貨として、ビットコインは提唱され、実現しました。主な特徴は以下です。

  • 全種類の仮想通貨の原型である
  • 決済通貨としても使用できる
  • 時価総額がトップ
  • 他の仮想通貨を購入する際の基軸通貨である
  • 発行枚数に上限がある

アルトコインの特徴

次にアルトコインの特徴です。アルトコインは「オルタナティブコイン」「オルトコイン」とも呼ばれ、ビットコイン(BTC)以外の全種類の仮想通貨を指します。

ビットコイン(BTC)のように、決済通貨として使用できる通貨もあれば、種類によっては、プロジェクト利用の為に使用される通貨もあり、さらには、国際送金技術の為に使用される通貨など、アルトコインの目的は多種多様です。

日本の仮想通貨取引所でもアルトコインは購入できますが、購入できるアルトコインは、数千種類あるアルトコインのほんの一部であり、それ以上のアルトコインを購入する場合には、海外取引所を利用する必要があります。

アルトコインの特徴は以下です。

  • ビットコイン(BTC)以外の全ての種類の仮想通貨を指す
  • 決済利用できない通貨も多い
  • 日本の取引所では多くの銘柄を購入できない
  • 多くのプロジェクトで利用されている。もしくは利用を検討されている
  • 時価総額が低く名もしれぬ通貨を「草コイン」と呼ぶこともある
  • ビットコイン(BTC)のような流動性がなく、急に消滅する可能性もある

なぜアルトコインはこんなに種類が多いのか?銘柄ごとの違いはなに?

アルトコインは2000種類以上も存在しており、今後、その数はさらに増える可能性もあります。

アルトコインの種類が多すぎる理由は、発行が容易であるということです。

法定通貨の場合、発行権は国が持っており、勝手に発行はできませんが、仮想通貨は知識さえあれば誰でも発行が可能です。アルトコインの種類が多すぎる、その他の理由を以下にまとめてみました。

  • 技術があれば誰でも発行可能
  • お金儲けに利用できる
  • 新しい仕組みを世の中に提供できる

仮想通貨の代表でもあるビットコイン(BTC)のプログラムは、誰でも閲覧可能です。つまり、知識と技術があれば、自分の仮想通貨を作成、発行できます。

オリジナルの仮想通貨を作成、発行し、その仮想通貨を販売する手法が2017年から2018年に大きく流行しました。

株でいう「IPO」(新規公開株)を仮想通貨で行う手法です。これは「ICO」(トークンセール)と呼ばれています。

しかし、この「ICO」で仮想通貨の種類は爆発的に増えたものの、ほとんどが詐欺まがいの仮想通貨であったりと、誰でも作成、発行できる仮想通貨ゆえに、多くの問題も噴出しています。

もちろん、中にはまともな理念や目的でICOを行っているアルトコインも多くあり、日本でも人気のあるイーサリアム(ETH)は「契約の自動」を実現する仕組みを有し、リップル(XRP)は「国際送金の簡素化」を目指しています

アルトコインはそれぞれ目的を持って発行されていますので、購入の際は、そのコインがどのような目的で発行されているのかを確認しておくのがいいでしょう。将来性が高いと判断できれば、長期的な保有も視野に入れることができます。

日本で取引できる主流な仮想通貨を紹介

ここからは、日本でも馴染みのある次の9種類の仮想通貨について種類ごとに解説を行なっていきます。

通貨名 時価総額 特徴
ビットコイン(BTC) 約13~14兆円 ・個人間送金が簡単
・デジタル資産になりうる
・世界中で利用可能
イーサリアム(ETH) 約1兆5千億円から1兆6千億円 ・契約の自動化
・独自の仮想通貨を発行できる
リップル(XRP) 約1兆円前後 ・銀行間送金を劇的に安く早くする
モナコイン(MONA) 約60億円 ・通貨として広く利用されている
・投げ銭という珍しい機能がある
イーサリアムクラシック(ETC) 約500億円 イーサリアムと大きな違いはない
ネム(XEM) 約500億円前後 ・マイニングではなくハーベストでネムを手に入れることができる
・処理の速さがビットコインを大きく上回る
・新規にコインは発行されない
ビットコインキャッシュ(BCH) 約4000億円 ・ビットコイン(BTC)よりも送金時間がはるかに短くなった
ファクトム(FCT) 約50億円 ・送受金ではなく書類などのデータを管理
・中央管理者が存在する
ライトコイン(LTC) 約2800億円 ・ビットコイン(BTC)よりも送金時間が早い
・ライトニングネットワークに対応可能

それでは、詳しく解説していきます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン/円(BTC/JPY)ビットコイン/円(BTC/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/btc_jpy/3600

まずはビットコイン(BTC)からです。

ビットコイン(BTC)の時価総額

全種類の仮想通貨の代表であるビットコイン(BTC)の時価総額は約13~14兆円です。最盛期には32兆円もありましたが、仮想通貨バブル崩壊後は、現在の時価総額で推移しています。

この時価総額は全仮想通貨の中ではダントツで、2位のイーサリアム(ETH)と比較しても10兆円ほどの開きがあります。

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコイン(BTC)の特徴は大まかに3つです。

  • 個人間送金が簡単
  • デジタル資産になりうる
  • 世界中で利用可能

ビットコイン(BTC)は個人間送金が極めて安く行えます。銀行口座を持っていなくても、ビットコイン(BTC)を受け取るアドレスさえ持っていれば、世界中の誰とでも送受金が可能です。

また、ビットコイン(BTC)は将来的にゴールドの替わりになるとも期待されており「デジタルゴールド」とも称されています。

さらに、国際通貨としても使用可能です。世界中でビットコイン(BTC)は決済通貨として使用可能ですので、現地のお金に両替しなくても、支払いを行うことができます。

ビットコイン(BTC)の特徴・詳細を見る

イーサリアム(ETH)

イーサリアム/円(ETH/JPY)イーサリアム/円(ETH/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/btc_jpy/3600

次に時価総額2位であり、多くのアルトコインの種類の中でも、リップル(XRP)と人気を二分する仮想通貨イーサリアム(ETH)について解説します。

イーサリアム(ETH)の時価総額

イーサリアム(ETH)の時価総額は約1兆5千億円から1兆6千億円ほどです。ビットコイン(BTC)ほどではありませんが、アルトコインの種類の中ではダントツの時価総額になります。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)の特徴は大きく2つです。

  • 契約の自動化
  • 独自の仮想通貨を発行できる

イーサリアムは正式には通貨のことではなく、イーサリアムというプラットフォームのことを指します。このイーサリアムのプラットフォームで使用される仮想通貨が、イーサリアムの通貨ETHです。

イーサリアム(ETH)の特徴は「契約の自動化」(スマートコントラクト)です。イーサリアム(ETH)を使用し、契約に必要な書類や第三者をなくす仕組みになります。

契約によっては専門的な知識や書類が必要でも、スマートコントラクトで契約の手続きを簡素化し、時間的、金銭的コストを削減することが可能です。

また、イーサリアムは誰でも利用できるプラットフォームですので、イーサリアムを利用して、独自トークン、つまり仮想通貨を発行できるのも特徴の一つになります。

イーサリアム(ETH)の特徴・詳細を見る

リップル(XRP)

リップル/円(XRP/JPY)リップル/円(XRP/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/btc_jpy/3600

リップル(XRP)は時価総額3位の仮想通貨であり、日本でも大きな人気を有しています。最近は、数多くの種類がある仮想通貨の中で、もっとも実用性がある、とも評されており、アメリカの政府報告書にも記載が確認されるなど、期待度の高い仮想通貨です。

リップル(XRP)の時価総額

リップル(XRP)の時価総額は、約1兆円前後です。2位のイーサリアム(ETH)を時価総額で抜いてしまうこともあり、瞬間的に大きな需要を見せます。

リップル(XRP)の特徴

リップル(XRP)の特徴は以下です。

  • 銀行間送金を劇的に安く早くする

リップル(XRP)の特徴は、銀行間送金を劇的に早くすることです。現在、銀行間送金、特に国際送金は多くの時間とコストを必要とします。リップル(XRP)はそのコストを究極にまで抑えることが可能です。

リップル(XRP)は、国際送金時における法定通貨同士を結びつける「ブリッジ通貨」になります。現在、すでに実用化が始まっており、多くの銀行や送金会社がリップル(XRP)を利用し、送金を開始しています。

リップルの特徴・詳細を見る

モナコイン(MONA)

モナコイン/円(MONA/JPY)モナコイン/円(MONA/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/mona_jpy/3600

モナコイン(MONA)は日本で誕生した仮想通貨であり、アイコンが2チャンネルのキャラクターである「モナー」を採用していることでも有名です。

モナコイン(MONA)の時価総額

モナコイン(MONA)の時価総額は約60億円ほどです。上位のアルトコインよりは大きく下がりますが、2000種類以上ある仮想通貨の中では時価総額ランク100位以内には入っており、高い人気のある仮想通貨といえます。

モナコイン(MONA)の特徴

モナコイン(MONA)の特徴は以下です。

  • 通貨として広く利用されている
  • 投げ銭という珍しい機能がある

モナコイン(MONA)の大きな特徴は、実用通貨としての実績が増えていることです。実店舗支払いもそうですが、ネットショップや珍しい部分ではネット上での「投げ銭」としても使用されます。

ネット発の仮想通貨ということもあり、ネットユーザーからは大きく支持されており、コミュニティも盛んです。愛されている仮想通貨といったところでしょうか。

モナコイン(MONA)の特徴・詳細を見る

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック/円(ETC/JPY)イーサリアムクラシック/円(ETC/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/etc_jpy/3600

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から派生した仮想通貨です。内容としてはイーサリアム同様、スマートコントラクトを実装したプラットフォームになります。

イーサリアムクラシック(ETC)の時価総額

イーサリアムクラシック(ETC)の時価総額は約500億円です。本家のイーサリアム(ETH)には及びませんが、全体的には高い時価総額になります。

イーサリアムクラシックの特徴

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴ですが、正直なところ、イーサリアムと大きな違いはありません

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分岐したプラットフォームであり、あえて違いをいうと、より「非中央集権」になったということが言えます。

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴・詳細を見る

ネム(XEM)

ネム/円(XEM/JPY)ネム/円(XEM/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/xem_jpy/3600

ネム(XEM)は2015年に誕生した仮想通貨です。ネム(XEM)とは「New Economy Movement」の頭文字から命名されており、この意味は「新しい経済活動」という意味になります。

ネム(XEM)は中央集権から離れた経済活動の実現を目指しており、後述する「カタパルト」が、その活動の実現の可否を握っていると言っても過言ではありません。

ネム(XEM)の時価総額

ネム(XEM)の時価総額は約500億円前後です。イーサリアムクラシック(ETC)と同程度の時価総額を有しており、時価総額ランキングでは25位前後を推移しています。

ネム(XEM)の特徴

ネム(XEM)はビットコイン(BTC)と違う特徴を複数有しています。ネム(XEM)の特徴は以下です。

  • マイニングではなくハーベストでネム(XEM)を手に入れることができる
  • 処理の速さがビットコイン(BTC)を大きく上回る
  • 新規にコインは発行されない

ビットコイン(BTC)を新規に手に入れるには、マイニングという作業が必要です。しかし、ネム(XEM)を新規で手に入れる時には、マイニングではなくハーベストを行います。

ハーベストとは「収穫」を意味し、ネム(XEM)のアカウントを持っており「一定量のネムを保有」「取引量が多い」ユーザーに対し、条件を満たすことにより、一定のネム(XEM)が供給される仕組みです。

その他の違いとして、ネム(XEM)の処理速度はビットコイン(BTC)をはるかに上回り、ビットコイン(BTC)が1ブロックを生成するのに10分の時間を必要とするのに対し、ネム(XEM)はわずか1分と、大きく差をつけています。

さらに、ビットコイン(BTC)のようにマイニングによりビットコイン(BTC)が生成されるわけではありません。すでにネム(XEM)は約90億ネムが発行されており、これがハーベストで配布される仕組みになっています。

ネム(XEM)の特徴・詳細を見る

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/bch_jpy/3600

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の問題点を解決すべく生まれたアルトコインです。人によっては、ビットコインキャッシュ(BCH)の方が真のビットコイン(BTC)である、と主張しており、強い人気を誇る仮想通貨になります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の時価総額

ビットコインキャッシュ(BCH)は、時価総額で約4000億円あり、時価総額ランキングでは大体4位につけています。アルトコインの中でも一際人気のあるコインといえるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコイン(BTC)の問題点を解決するためのアルトコインであるビットコインキャッシュ(BCH)の特徴は以下です。

  • ビットコイン(BTC)よりも送金時間がはるかに短くなった

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)から分裂して誕生したアルトコインになります。ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の問題点である、送金完了までの時間を大幅に短縮しました。

しかし現在のアルトコインには、ビットコインキャッシュ(BCH)よりもはるかに速く送金を完了させることのできるコインも多々あります。

送金時間だけでは、他の種類のアルトコインに対しては大きなアドバンテージにはなりませんが、対ビットコイン(BTC)としては有効であり、今後、ビットコイン(BTC)に取って代わる存在になる可能性も否定できません。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴・詳細を見る

ファクトム(FCT)

ファクトム/円(FCT/JPY)ファクトム/円(FCT/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/fct_jpy/3600

ファクトム(FCT)は、書類やデータといった改ざんされてはならない情報をブロックチェーンで管理するための機能を有しています。

そのため、ファクトム(FCT)は、今後実用化が進んでいけば、ビジネスシーンで幅広く利用される仮想通貨となる可能性があります。

ファクトム(FCT)の時価総額

ファクトム(FCT)の時価総額は約50億円です。上位の仮想通貨に比べるとはるかに少ない時価総額ですが、2000以上の種類がある仮想通貨の中では、時価総額ランキング57位前後と、全体で見れば高い人気を誇っています。

ファクトム(FCT)の特徴

仮想通貨はブロックチェーンに送金記録を残しますが、ファクトム(FCT)が残す記録は送金データではなく「情報データ」になります。主な特徴は以下です。

  • 送受金ではなく書類などのデータを管理
  • 中央管理者が存在する

ファクトム(FCT)は先述しているように、送金関係のデータを記録しません。記録するのは情報データです。さらに、他の仮想通貨と決定的に違うのが、中央管理者が存在するということです。

基本的に、仮想通貨に中央管理者はいません。中央銀行や政府に頼らないという目的もある仮想通貨ですが、ファクトム(FCT)にはファクトム(FCT)を開発、管理を行う企業が存在しているのが、大きな違いといえるでしょう。

ファクトム(FCT)の特徴・詳細を見る

ライトコイン(LTC)

ライトコイン/円(LTC/JPY)ライトコイン/円(LTC/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/ltc_jpy/3600

ライトコイン(LTC)はビットコインキャッシュ(BCH)同様、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨です。ビットコインのことをゴールド。ライトコイン(LTC)をシルバーと評することもあり、ビットコインとは兄弟のような関係と言われています。

ライトコインの時価総額

ライトコイン(LTC)は時価総額約2800億円と高い人気を誇る仮想通貨です。ビットコインキャッシュ(BCH)と性質は似ていますが、日本ではビットコインキャッシュ(BCH)の方が人気は高いといえます。

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)も、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨は他にも種類が多々ありますが、ライトコイン(LTC)やビットコインキャッシュ(BCH)のようには活発には取引はされていません。

ライトコイン(LTC)の特徴は、ビットコインキャッシュ(BCH)と同様、ビットコイン(BTC)よりも送金が速くなったというのが挙げられます。主な特徴は以下です。

  • ビットコインよりも送金時間が早い
  • ライトニングネットワークに対応可能

ライトコイン(LTC)は「ライトニングネットワーク」の導入を検討しており、これが導入されることで、ライトコイン(LTC)の高速送金が可能です。高速送金が実現し、ライトコイン(LTC)が決済で簡単に利用できるようになると、需要は大きく増すと考えてもいいでしょう。

ライトコイン(LTC)の特徴・詳細を見る

リスク(LSK)

リスク/円(LSK/JPY)リスク/円(LSK/JPY)

(参照コインチェック)https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/lsk_jpy/3600

リスク(LSK)はイーサリアム(ETH)と同様に、スマートコントラクトを実装している仮想通貨になります。また、サイドチェーンという新たなブロックチェーンを生成することができるという、独特な特徴をもつ仮想通貨です。

リスク(LSK)の時価総額

リスク(LSK)の時価総額は約70億円です。上位仮想通貨に比べると低いですが、実用化されていくと、大きく時価総額を挙げてくる可能性があり、期待が持てる仮想通貨になります。

リスク(LSK)の特徴

リスク(LSK)の特徴は多々ありますが、目立つ特徴は二つです。

  • スマートコントラクトを実装
  • サイドチェーンが生成できる

リスク(LSK)は先述したようにスマートコントラクトが実装されています。そのため、契約の情報などをブロックチェーンに記載して契約を完了させることが可能です。

また、リスク(LSK)はサイドチェーンという新しいブロックチェーンを生成することができます。

サイドチェーンはメインのブロックチェーンの予備のようなもので、万が一、メインのブロックチェーンがハッキングされた場合には、サイドチェーンとメインのブロックチェーンを切り離すことで、情報の漏洩を防ぐことが可能です。

リスク(LSK)の特徴・詳細を見る

結局、将来の価値上昇が見込まれる仮想通貨は?

この記事のまとめ
  • 仮想通貨の種類は多く、2000種類以上存在している
  • ビットコインは、全種類の仮想通貨の原型で「始まりの通貨」と言える存在
  • アルトコインは、ビットコイン以外の全種類の仮想通貨を指す
  • 「時価総額が高く」「ビジョンがしっかりとしている」仮想通貨がおすすめ

数多くの仮想通貨がある中で、どの仮想通貨が価値を上昇させるのかを予測するのは難しい問題です。仮想通貨の世界は動きが早く、急に大暴騰大暴落を起こす可能性があります。

その中で選択を行う場合、オススメする仮想通貨は、時価総額が高く、ビジョンがしっかりとしている仮想通貨です。

あまりにも時価総額が低いマイナー通貨は、突如消滅という可能性もありますので、実用性がはっきりしており、時価総額が高い仮想通貨を選ぶ方が無難といえるでしょう。

今後上がる仮想通貨を選ぼう!初心者におすすめの通貨ランキング

仮想通貨の仕組み
国内最大級の定番取引所、ビットフライヤー

\すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitFlyer

最短即日で利用できるのが魅力。アプリも使いやすい
※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

ビットフライヤー公式サイト