仮想通貨比較

ライトコイン(LTC)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの取引所【国内・海外】

この記事を読んでほしい人
✔ ライトコインのレバレッジ取引を始めたい方
✔ ライトコインの取引ができる取引所をお探しの方
✔ ライトコインで儲けたい方

レバレッジ取引は、自己資金の数倍の規模で仮想通貨を売買できる取引方法です。

アルトコインの一つであるライトコインも、レバレッジ取引をすれば数倍の利益が得られます。ライトコインでレバレッジ取引をしたい時、どの仮想通貨取引所を選ぶといいのでしょうか。

今回は、ライトコインでレバレッジ取引できる取引所を国内・国外から紹介します。

この記事の要約
  • ライトコインのレバレッジ取引ができる取引所は国内外にある
  • 国内取引所でおすすめは「DMM Bitcoin」
  • 海外の取引所でおすすめは「CryptoGT」
  • ライトコインのレバレッジ取引は海外の取引所の方がレバレッジの倍率が高い

目次

ライトコイン(LTC)とは

ライトコインとは、ビットコインに次ぐ歴史を持つメジャーな仮想通貨です。日本では、まだまだ知名度が低いコインですが、海外では比較的人気のあるコインで、着金速度が早く迅速な取引ができることから一定の需要があります。

また、2019年4月の時点ではライトコインの時価総額は8,700円台で仮想通貨の時価総額ランキングでは第6位となっています。

ライトコイン(LTC)のレバレッジ取引のメリットと注意点

ライトコインでレバレッジ取引をする時にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット デメリット
リターンが大きい リスクが大きい
価格が下落しても儲かる 手数料が高い

メリット①:リターンが大きい

レバレッジをかけて自己資金以上の金額で取引をするため、当然得られる利益も大きくなります。

例えば25倍のレバレッジ設定で証拠金を4万円預けた時、100万円の資金を使って仮想通貨取引をすることができます。

1LTC=1万円だとすると100LTCまで購入でき、1LTC=1.5万円に価格上昇すれば円としての価値は150万円になり、利益は50万円です。

もしも現物取引をしていたら、利益は2万円でした。

自己資金以上で取引のできるレバレッジ取引の凄さ、お分りいただけたでしょうか。

メリット②:価格が下落しても儲かる

価格が下落している時でも儲かるとは、一体どういうことでしょう?

現物取引では、「買い」からしか取引に参加することができませんが、レバレッジ取引では「売り」の注文からも取引を始めることができます。

例えば、1LTC=2万円の時に売って、1LTC=1万円の時に買い戻すと1万円の利益が生まれます。

よって、コインの価格が下がっている時でも利益を生み出すことができます。

デメリット①:リスクが大きい

レバレッジをかけると、利益が何倍にもなると先ほどお話ししましたが、その反面損失も何倍にも大きくなります。

リターンの話をした時と同様に、25倍のレバレッジ設定で証拠金を4万円預けたとすると、100万円の資金を使って仮想通貨取引をすることができますね。

1LTC=1万円で100LTCを購入します。1LTC=0,5万円に下落すれば円としての価値は50万円になり、損失は50万円です。

もし、レバレッジをかけずに現物取引をしていたら、損失は2万円でした。

このように、レバレッジ取引はリターンが大きい分リスクも大きくなります。

デメリット②:手数料が高い

レバレッジ取引には、スワップポイントと呼ばれる手数料が存在します。

スワップポイントは、日にちをまたいでポジションを保有している場合に発生します。そのため、1日のうちに取引を終わらせることをお勧めします。

また、スワップポイントが発生するため、長期の資産運用として仮想通貨取引を考えている人はレバレッジをかけずに現物取引をした方が良いでしょう。

ライトコイン(LTC)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所を選ぶ際のポイント

ライトコインでレバレッジ取引をする際、どのように取引所を選んでいけばいいのでしょうか?比較するときのポイントを伝授します!

ポイント1:最大レバレッジ数

ライトコインでレバレッジ取引のできる仮想通貨取引所を選ぶ時、最初に見るのは「最大レバレッジ数」です。

最大レバレッジ数とは、証拠金に対して最大で何倍のレバレッジがかけられるかを表す数字です。

より大きな利益を望むならできるだけ大きなレバレッジがかけられる取引所を選ぶ必要がありますね。

最大レバレッジ数は、日本国内の取引所よりも海外取引所の方が高い傾向にあります。

ポイント2:スマホアプリ

ライトコインでレバレッジ取引のできる仮想通貨取引所を選ぶ時、次に見るポイントは「スマホアプリの有無」です。

レバレッジ取引は、現物取引よりもハイリスクハイリターンで行われるため、常に価格変動をチェックしていないとチャンスを逃したり、大きな損失に繋がります。

そのため、外出先でも価格変動をチェックできるスマホアプリは必要不可欠なのです。

ライトコインのレバレッジ取引(FX)ができる取引所は?

ライトコインのレバレッジ取引ができる仮想通貨取引所は、いくつかあります。

国内ではDMM Bitcoin、海外ではBitMEXがよく知られています。

もちろん、それ以外にもレバレッジ取引ができる取引所はいくつかあります。そのうち3つに絞って紹介します。

ライトコインのレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所2選!

DMMbitcoinトップページ

ライトコインのレバレッジ取引をするなら、国内の仮想通貨取引所ではこちらがおすすめです。

国内取引所1:DMM Bitcoin

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 仮想通貨の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinのレバレッジは、5倍です。

DMM Bitcoinでは、ライトコインだけでなく、ビットコインをはじめとして、ビットコインキャッシュ・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ネム・リップルと非常に多くの仮想通貨を取り扱っていますんで、通貨ペアの種類は合計で14にもなります。

たくさんの仮想通貨の取引ができるのがDMM Bitcoinの利点です。

国内取引所2:GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

GMOコインの特徴は、注文手数料や約底手数料などの各種手数料が0円というところです。取引コストを考えずに取引できるのが利点です。

GMOコインでのレバレッジ取引では、5倍もしくは10倍から倍率を選びます
もちろん、途中での変更もでき、ホームページにログインして、仮想通貨FXの画面を出します。
レバレッジ・余力情報の下方にあるレバレッジの倍率を確認して、『変更する』をクリックすれば変更できます。

参照:https://support.coin.z.com/hc/ja/articles/115004813188

ライトコイン(LTC)のレバレッジでの購入方法を画像つきで紹介

ライトコインのレバレッジ取引の購入方法を解説します。

GMOコインでレバレッジ取引でのライトコイン(LTC)購入方法

現物取引のときと同様、GMOコインにログインしましょう。

手順1:GMOコインにログインし、レバレッジ取引を選択

左メニューの①「レバレッジ取引」をクリックし、②をクリックしたときに表示される通貨名一覧から「LTC/JPY」をクリック。

手順2:ライトコインを選択して、注文を入力

以下の手順にしたがって、注文を進めていきましょう。

  1. 売買区分を選択
  2. 数量を入力
  3. 価格を入力
  4. 確認画面へ

これで、発注が完了です。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引でのライトコイン(LTC)購入方法

DMM Bitcoinのトップページからログインしてください。

手順1:DMM Bitcoinにログイン

左メニューの取引開始をクリックし、トレード画面を立ち上げます。

手順2:トレード画面から注文情報を入力

別ウインドウで立ち上がるので、右側の発注パネルから注文を入力します。

  1. クリックし通貨を「レバ LTC/JPY」を選択
  2. 注文方法を選択
  3. 数量を入力
  4. 売買区分を選択
  5. 指値の場合、価格を入力
  6. 注文をクリックで発注

これで発注完了です!

ライトコインのレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所3選!

BitMEXトップページ海外の仮想通貨取引所でライトコインのレバレッジ取引をしようと思ったら、どの取引所がいいのでしょうか。

海外取引所1:BitMEX

BitMEXは、日本語で取引できるホームページが開設されている海外の仮想通貨取引所です。

BitMEXのレバレッジは、最大で33.33倍です。

50倍ものレバレッジをかけた時に恐ろしいのが損失です。何しろ損失も33.33倍になってしまうわけですからね。

ですが、BitMEXではゼロカットシステムというシステムが採用されています。これは証拠金以上の損失をBitMEXがかぶるというものです。

33.33倍ものレバレッジ取引をしても、生じた損失が証拠金だけで済むので安心です。

参照:https://www.bitmex.com/app/fees

海外取引所2:CryptoGT

CryptoGTも日本語で取引できる海外の仮想通貨取引所です。

CryptoGTのレバレッジの倍率は、1倍から選択可能で、最大ではなんと200倍です。

もし、1万円を元手としてライトコインのレバレッジ取引に臨めば、200万円に相当する額までの取引ができることになります。

しかも、口座残高以上の損失を請求しない、追証なしです。リスクの心配も少なく取引できるという特徴があります。

参照:https://cryptogt.com/jp/tr-tr-make

海外取引所3:Huobi

Huobiは、2013年に中国で設立された仮想通貨取引所で、今では世界第3位の規模を誇るまでに成長しました。

Huobiの特徴は、アルトコインの取り扱いが豊富というところで、日本語のホームページもあります。

Huobiでは、ライトコインのレバレッジ取引が可能で、その倍率は4倍です。

参照:https://www.huobi.br.com/en-us/markets/

ライトコインの現物取引ができる取引所は?

ここまではライトコインのレバレッジ取引について紹介してきました。ライトコインの現物取引についても少し見ていきましょう。

ライトコインの現物取引ができる取引所とその手数料について見ていきましょう。

取引所名 取り扱っている形式 取引手数料・スプレッド
bitbank 取引所 取引手数料:無料
BITPoint 取引所 取引手数料:無料
GMOコイン 販売所 スプレッド:約300円
DMM Bitcoin 販売所 スプレッド:約70円(レバレッジ取引のみ)
Coincheck なし なし
bitFlyer 販売所 スプレッド:約250円
Zaif なし なし
FISCO なし なし
Liquid なし なし

販売所で購入するより取引所でライトコインを取引した方が安くライトコインを手に入れることができるので、取引所形式であるbitbankまたはBITPointでライトコインを取引しましょう。

▼ライトコインの現物取引が可能な取引所は?詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
ライトコイン(LTC)の購入方法と一番安く買えるおすすめ取引所 「ライトコインの購入方法がわからない……」「ライトコインの購入できる取引所はどこ?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。 ...

ライトコイン(LTC)レバレッジ取引おすすめの取引所は?

今回紹介した仮想通貨取引所の中でおすすめなのは、国内では仮想通貨取扱種類の多いDMM Bitcoin、海外ではレバレッジが最大200倍のCryptoGTです。

もちろん、GMOコインも取引手数料が無料で取引コストが少ない取引所ですし、BitMEXにはゼロカットシステムがあります。

それぞれに良い特徴がありますので、ご自身に合ったところを選ぶのがポイントと言えるでしょう。

ライトコイン(LTC)の現物取引はどこの取引所がおすすめ?

一方で、ライトコインの現物取引におすすめな取引所はビットポイント(BITPoint)です。

ビットポイントは、取引手数料が無料である上に、各種手数料が無料です。また、ビットポイントのセキュリティは証券取引所と比べても劣らないほどしっかりとしています。

現物取引でライトコインを取引するには、手数料も安く、セキュリティも高いビットポイントがおすすめです。

現物取引だけができる国内取引所

国内取引所1:Liquid

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

LiquidはQUOINEXによって運営されている仮想通貨取引所で、元々はシンガポールに拠点を設けていました。

Liquidは、取引に関わる手数料が安いのが特徴です。
ビットコインの現物取引手数料は無料、そのほかの仮想通貨では、約定金額の0.25%です。
法定通貨の入金や仮想通貨の入出金は手数料無料、法定通貨の出金手数料は、金額に関係なく500円です。

仮想通貨のスプレッドの幅も狭く、取引コストが安い仮想通貨取引所と言えます。

国内取引所2:Coincheck

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

Coincheckは、マネックスグループの傘下にある仮想通貨取引所です。

Coincheckでは、ライトコイン以外に、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム ・イーサリアムクラシック・リップル・ネム・リスク・ファクトムなどごうけい9種類もの仮想通貨を取り扱っています。

取引アプリもシンプルで使いやすく、いろいろな種類の仮想通貨を取引したい方におすすめの取引所と言えるでしょう。

ライトコインのレバレッジ取引しよう

この記事のまとめ
  • ライトコインのレバレッジ取引ができる取引所は国内外にある
  • 国内取引所でおすすめは「DMM Bitcoin」
  • 海外の取引所でおすすめは「CryptoGT」
  • ライトコインのレバレッジ取引は海外の取引所の方がレバレッジの倍率が高い

今回は、ライトコインのレバレッジ取引についてまとめてみました。

国内の仮想通貨取引所より、総じて海外の取引所の方がレバレッジの倍率が高く、より多くの利益を狙える可能性があると言えます。

一方、国内の仮想通貨取引所の場合は、やはり国内の取引所といういざという時の安心感があります。

ご自身の考えに合う取引所でレバレッジ取引をすることが大切ですね。

仮想通貨比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト