ライトコイン(LTC)

ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

この記事を読んでほしい人
✔ ライトコインを購入しようとしている方
✔ ライトコインの今後が知りたい方
✔ ライトコインで儲けようとしている方

ライトコインは2011年に誕生した通貨。決済に優れた通貨で、ビットコインの4倍もの送金速度で処理できます。2018年は仮想通貨市場全体が弱気相場となり、ライトコインも大きく価格を下げています。

今回は、ライトコインの将来について解説していきます。

また、ライトコインの特徴もあわせて解説していくので、ライトコインをよく知らない人にとってもわかりやすい記事となっています!

この記事の要約
  • ライトコインはビットコインと性能が近い
  • 新しい決済サービスLitePal(ライトパル)がある
  • ライトコインは今後は決済サービスなどで活用されていくことが期待される
  • ライトコインの購入はBITPoint(ビットポイント)がおすすめ

ライトコインとは?

ライトコインは、2011年に開発されたアルトコインです。

開発者は元GoogleエンジニアであるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏。Googleを辞めた後、仮想通貨取引所大手のコインベースで働きながら開発した通貨がライトコインです。

ライトコインは、ビットコインが金のような位置づけの通貨に対して、銀のような通貨を目指して開発された通貨といえます。

非常にビットコインと性能が近いので、そう呼ぶ人も多いです。

ライトコインの基本情報

通貨名 ライトコイン(Litecoin)
通貨略号 LTC
公開日 2011年
開発者名 Charlie Lee
公式サイト https://litecoin.org/
発行上限 8400万枚
通貨の目的 ビットコインの欠点を補うために誕生
国内取引所 BITPoint(ビットポイント)
Bitbank(ビットバンク)
GMOコイン
bitFlyer(ビットフライヤー)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
海外取引所 Binance(バイナンス)
KuCoin(クーコイン)
Bittrex(ビットレックス)
etc

銀を目指して作られた通貨と言われていますが、実際には送金手数料が安く、送金速度も速い通貨なので、ビットコインより実用性は非常に高いです。

クレジットカードの決済にもライトコインが導入される流れになっているので、今後はますます需要が増えていくのではないでしょうか。

▼ライトコインの特徴を詳しく知りたい方はこちらをチェック!▼

あわせて読みたい
litecoin
ライトコイン(LTC)とは?特徴と今後の将来性・価格予想数あるアルトコインの中でも初期段階(2011年10月)に発行された「ライトコイン」について、その特徴と将来性、またどこで買えばいいのか等...

ライトコインの将来性・価格上昇を期待させるポイント

ライトコインの今後に期待できるポイントを解説していきます。

ライトコインの将来に向けて気になる点は3つ。

  • ポイント1:大手企業と提携している
  • ポイント2:LitePal(ライトパル)
  • ポイント3:2019年に半減期

ポイント1:大手企業との提携

2017年12月には、オンラインゲーム販売のプラットフォームであるSteamと提携し、ライトコインで決済ができるようになりました。

続く2018年に入ると、仮想通貨デビットカードのサービスを提供しているTenX(テンエックス)社と提携しています。

このように続々と大手企業との提携を進めています。今後もさらに思わぬ企業との提携もあるのではないでしょうか。そうなると、ますますライトコインの需要が高まっていくことが期待できますね。

ポイント2:LitePal(ライトパル)

LitePal(ライトパル)は、ライトコインの新しい決済サービスの一つです。

paypalをご存知でしょうか。paypalと全く同じ仕組みで、お店にクレジットカードの番号が知られることがない決済方法です。

ライトコインは決済に優れた通貨。このような決済サービスが今後増えてくるのが期待できます。それとともに、需要が増えて価格も上昇傾向になります。

ポイント3:2019年に半減期

2019年8月に半減期を迎えます。半減期はマイナーの報酬が減り、新規発行も減ります。

よって、供給が減っていくので価格も上がりやすくなっていくと考えられます。

ポイント4:国内取引所での新しい取扱い

新たに取引所で取扱いが始まることも将来性を期待させるポイントの一つです。

ライトコインは価格や人気が安定していることが特徴の一つですが、その結果取引所にとっても扱いやすい通貨であることがポイントです。

日本国内では、新たに取引所を開始したディーカレットでもライトコインの取扱が発表さsれていて今後の流通量拡大に期待が持てます。

ライトコインの将来の価格予想

実用的なライトコインですが、価格はいまひとつです。今後2019年以降の価格はどうなっていくのでしょうか?

価格予想:2200円

ライトコイン開発者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)は、2017年12月の時点で、2200円になると予想していました。

2019年4月のライトコインの価格は6500円ほど。

予想よりも価格は上ですが、この暴落を予想できていたことが驚きです。まだまだ下がる可能性があるのではないでしょうか。底値の2500円ほどは脱した感があります。

価格予想:リップルの時価総額を越えるとの予想

経済雑誌Forbesのアナリストはライトコインがリップルの時価総額を越えるとの予想を発表しています。

リップルは以前から指摘を受けていたように、中央管理者のいる仮想通貨で存在の目的も特殊です。他に代替できるコインが登場すると批判を受けています。

リップルの価値が下がり相対的にライトコインがビットコイン・イーサリアムに次ぐ仮想通貨になるのではと予想しています。

ライトコインを購入するのにおすすめの取引所

国内でライトコインを購入できる取引所は以下の通りです。

取引所名 販売形態
BITPoint(ビットポイント) 取引所
Bitbank(ビットバンク) 取引所
GMOコイン 販売所・取引所
bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所・取引所
Coincheck(コインチェック) 販売所・取引所
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 販売所

取引所1位:BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)は取引手数料無料で、かつ取引所専業運営のため適正価格で購入できる取引所です。現在、口コミも非常に好評で人気を伸ばしている仮想通貨取引所です。

取引所2位:GMOコイン

GMOコインは販売所でライトコインを購入することができるため、多少のスプレッドが発生します。ただし、運営母体が安定していること、将来的に取引所でもライトコインを販売開始する可能性も高いため2位の評価としました。

取引所3位:bitbank

bitbankは取引所専業で運営をしていて、かつ取引手数料も無料で提供する取引所です。(キャンペーン中)ただ、1点注意が必要なのが、ライトコインは日本円で購入できないことです。一旦、bitbankまたは他の取引所でビットコインを購入してから、ライトコインを購入しましょう。

ライトコインは実用性に優れた通貨!

この記事のまとめ
  • ライトコインはビットコインと性能が近い
  • 新しい決済サービスLitePal(ライトパル)がある
  • ライトコインは今後は決済サービスなどで活用されていくことが期待される
  • ライトコインの購入はBITPoint(ビットポイント)がおすすめ

ライトコインはビットコインを金とするなら、銀を目指している通貨。

非常に似た性能を持っています。実用面では、ライトコインが一歩リード。送金速度は4倍もの違いがあるので、今後は決済サービスなどで活用されていくことが期待されます。

また、2019年には半減期もあるので、価格の上昇要因が重なっていくと思います。

今後の展開に期待しましょう!

ライトコイン(LTC)
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト