仮想通貨取引所比較

リップルの購入方法を買い方から取引所まで解説

「リップルってどこで購入するの?」「どんな方法で購入するの?」という疑問をお持ちではないでしょうか?

法人で利用されることにより、実用化にもっとも近いとも言われている注目の仮想通貨

ここでは、リップルの購入方法について詳しく解説します。

リップルの購入の仕方で悩んでいた人、他の購入方法を知りたい人は、この記事を読めばすぐに解決します。

リップルの購入方法

リップルの購入方法は1つではありません。

  1. 国内の取引所で日本円で購入
  2. 海外の取引所でビットコインで購入
  3. 交換所で他の仮想通貨と交換

大雑把に分けると3パターンあります。順に説明します。

パターン1  国内取引所でリップル購入

日本円で購入する方法なので、まずはこちらの方法を知っておきましょう。

一番オーソドックスな方法です。日本のリップルを扱っている取引所の口座開設をしてから、購入します。

国内の取引所は日本語で対応していますし、日本円でリップルを購入できるので、一番おすすめです。

いくつかの取引所でリップルを購入できますが、特におすすめなのはbitbank(ビットバンク)です。

取引手数料がかからずに購入できる数少ない取引所です。

パターン2 ビットコインで購入

パターン1では、日本円で購入手順を説明しました。

ここでは、リップルをビットコインを利用しての海外で購入する方法を説明します。

海外取引所で購入することで、それ以外の100種類を超える仮想通貨とさらに買い換えるなど投資戦略の幅がかなり広がります。

パターン2-① 国内取引所でビットコイン購入

まず、国内の取引所でビットコインを購入します。

ビットコインであればほとんどすべての仮想通貨取引所で日本円で購入することができます。

ビットコインは、仮想通貨の基軸通貨となっていますので、基本的にどの仮想通貨でも交換できます。国内でリップルに交換することも可能。

パターン2-② 海外取引所でリップル購入

海外の取引所でもリップルを購入します。ただし、取引所は日本円を扱っていなません。ビットコインで海外の取引所に送金してから購入することになります。

日本の取引所で購入したビットコインを、海外の取引所に送金し、XRP/BTCを購入する方法です。

換金したいときは、一度ビットコインに換金してから日本の取引所にビットコインを送金します。

パターン3 他の仮想通貨で購入

日本円とビットコイン以外でもリップルを購入する方法はあります。取引所によりますが、イーサリアムでリップルを購入できたりもします。

しかし、取引所によっては他の仮想通貨でリップルを購入できなかったりするのが残念なところです。ただ、次で紹介するサイトを利用すると、この問題も解決できます。

changellyで交換

Changelly評判changellyは、仮想通貨同士を有利なレートで交換できるサイトです。取り扱い通貨は80種類以上あるので、どの通貨からでもリップルに両替できます。

仕組みは、交換したい通貨を入力するとchangellyが自動で、他の取引所からレートを探し出し、こちらの有利な交換レートを提示してくれるサイトです。そのレートで交換したいのであれば、そのまま送金して両替もできます。

レート見比べるために、複数の取引所の口座開設をしなくてもいいので、非常に便利です。

手数料が高いので注意

取引所とは異なり、changellyは他の取引所の有利なレートを探し出して交換するサイトです。そのため、手数料0.5%支払います。

海外の取引所で交換すると手数料は0.1%程度。多少、割高ではあります。レートが有利であれば、手数料の高さは問題ない。

本当にレートがお得になっているのかを普段使用している取引所と比較してみる必要があります。

日本でリップルの取引所は?

日本でリップルを取り扱う取引所は以下の通りです。まだ、口座を持っていないのでれば口座開設をして早速リップルを購入してみましょう。

DMMはレバレッジ取引でしかリップルを扱っていないので注意が必要です。

リップルの特徴、将来性

リップルリップルは仮想通貨の中でも少し特殊な通貨です。金融機関を中心に法人で利用されている点に注目です。

仮想通貨は実用性が高ければ高いほど、利用者が増えて価格があがっていきます。

今後価格の上昇はあるのか?について特徴や実績を見ながら判断していくのが良いでしょう。

ポイント1 中央管理者がいる

ビットコインなどの仮想通貨と違う点は、中央管理者がいるということです。「Ripple.Inc」という会社が通貨の発行や管理を行っています。

そのため、「Ripple.Inc」が決定したことすべてに従う必要があるので、注意が必要です。

反対にいうと、安定させる目的で管理できるのがメリットです。法人利用を考えると大きなアドバンテージになる特徴でもあります。

ポイント2 送金がはやい!

リップルはブロック生成時間は4秒ほど。そのため、送金スピードも4秒で完了できます!

ビットコインは送金に10分程度かかります。ブロックチェーンは、取引記録をブロックに保存していく仕組みです。取引記録はどんどん増えてくるので、ブロックも新しく生成していく必要があります。

ビットコインは約10分。リップルは約4秒。いかに処理が早く実用的かが見て取れます。

ポイント3 多くの銀行が参入しているので将来性抜群!

2018年5月に三菱UFJが、リップルを使った実験を開始。英国資本の「バークレイズ」なども参入してきています。今後も多くの銀行が金融機関が参入してくると予想。リップルの需要も増えていきます。

リップルは通貨の送金スピードも速く、決済に非常に優れた通貨です。

そのため、国際間同士の決済も非常に安く送金できるメリットがあるので一般的にも普及していく可能性も十分にあるでしょう。

リップルを購入してみよう!

リップルを購入できる方法は3つ。日本円、ビットコイン、他の仮想通貨と交換です。

日本円での購入が一般的なので、まずはリップルを扱っている取引所に口座を開設し、リップルを購入してみましょう。

リップルは通貨として非常に優れた通貨なので将来の資産としても期待できる通貨。興味を持った今だからこそリップルを購入してみてはいかがでしょうか。

 

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨取引所比較