仮想通貨取引所比較

DMM Bitcoinの登録方法を画像付きでわかりやすく丁寧に解説!

この記事を読んでほしい人
✔ DMM Bitcoinで仮想通貨取引を始めようと思っている方
✔ DMM Bitcoinの登録方法を知りたいという方
✔ DMM Bitcoinは未成年でも登録できるのか知りたいという方

仮想通貨を売買したいと思ったら、まずは仮想通貨取引所に登録しなければなりません。

仮想通貨取引所はいろいろありますが、その一つにDMMグループが運営する「DMM Bitcoin」があります。

そこで今回は、DMM Bitcoinの登録方法を、画像を見ながらわかりやすくお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • DMM Bitcoinは7種類もの仮想通貨を取り扱う、セキュリティがしっかりした仮想通貨取引所
  • DMM Bitcoinの登録は「仮登録」「個人情報の入力と本人確認書類の提出」「携帯電話番号の認証」「郵送された簡易書留に記載された認証コード入力」の手順で行う
  • DMM Bitcoinの本人確認書類は「顔写真つきの書類なら1種類、顔写真なしの書類なら2種類」の提出が必要となる
  • DMM Bitcoinでは未成年の登録はできない

DMM Bitcoinとは

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 仮想通貨の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinは、セキュリティがしっかりしている仮想通貨取引所として知られています。

  • コールドウォレット
  • 二段階認証
  • マルチシグネチャー

といった基本的なセキュリティはもちろん、出金・送金時の認証の強化や、生体認証を導入するなど、さらなるセキュリティの向上に積極的に取り組んでいます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • ネム
  • リップル
  • ライトコイン

取り扱っている仮想通貨は上記の7種類と、非常に豊富なラインナップですよね。

登録手順の紹介

DMM Bitcoinの登録手順

では、DMM Bitcoinでの具体的な登録の手順について、流れを追って解説していきましょう。

仮登録

メールアドレス登録編

まずは、仮登録を行っていきます。

:公式サイトへアクセス

DMM Bitcoinのサイトにアクセスして、口座開設をクリックDMM Bitcoinのサイトにアクセスして、口座開設をクリックしましょう。

:メールアドレス登録

メールアドレスを登録

メールアドレスを登録します。ロボットではありませんのチェックマークを忘れずにクリックして、送信するをクリックします。

:パスワード設定

登録完了メールが送信される

入力が完了すると上のような画面が表示されます。登録したメールアドレスに、DMM Bitcoinから確認のメールが送られてきます。

メールを開いて、添付されているリンクをクリック添付されているリンクをクリックしてパスワードを設定しましょう。

パスワード設定

パスワードを入力して、『送信する』をクリックします。

仮登録が完了

これで、仮登録が完了となります。

個人情報の登録と、本人確認書類のアップロード

個人情報を登録

仮登録を済ませたら、次は個人情報を登録していきます。

:個人情報の入力

こちらから本登録をおこなってください

個人情報は『こちらから本登録をおこなってください』から進めます。

:基本情報入力(注意点)

個人情報を入力

本人確認書類と同じ書式で住所などを記載するようにして下さい。異なっていると、受け付けてもらえない恐れがあります。

『申し込む』を押す

登録内容を確認して、間違いがなければ『申し込む』を押しましょう。

▼DMM Bitcoinの審査は厳しい?気になる方はコチラ▼

あわせて読みたい
DMMbitcoinトップページ
DMMビットコインの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 DMMビットコイン取引所に登録したものの、なかなか審査結果が来ない、やっと審査結果が来たと思ったら落ちていた、という方が多くいま...

:本人確認書類のアップロード

次は、本人確認書類のアップロードです。本人確認書類は運転免許証の他、

パスポートをアップロード

パスポートでもOK。

住民台帳基本カードをアップロード

住民台帳基本カードでもOKです。

在留カードをアップロード

日本に在留する外国人の方は、在留カードでも本人確認書類として認められます。

保険証・住民票の写し

顔写真のない書類の場合は、上記から2点を選んで提出しなければなりません。

本人確認書類をアップロードして登録

書類の種類を選んでアップロードします。終わったら『登録する』を忘れずに押しましょう。

▼DMM Bitcoinの本人確認について、さらに詳しく知りたい方はコチラ▼

あわせて読みたい
dmmbitcoinトップ
DMM bitcoinの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説 DMM bitcoinは、インターネットでさまざまな事業を展開しているDMMを母体とする仮想通貨取引所です。 DMM bi...

携帯電話番号の認証

認証設定編

DMM Bitcoinに携帯電話番号の認証を行います。

SMS認証設定

ショートメールに記載してある6桁の番号を入力

登録した携帯電話に送られてくるショートメールに記載してある、6桁の認証コードを入力しましょう。これでいったん手続きは終了となります。

郵便受取り

登録完了

後日、簡易書留で最後の手続きに必要な認証コードが郵送されます。この認証コードはSMSで送られた認証コードとは異なるものなので注意してください。

:本人確認郵便受取

犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づいて、DMM Bitcoinでは簡易書留を送付して、これを最終的な本人確認としています。

簡易書留を受け取ったら、開封して内容を確認しましょう。

そして簡易書留に記載されている認証コードを入力すれば、登録手続きは完了です!

参考:https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

未成年の登録はできない

DMM Bitcoinは未成年者の登録はできない

DMM Bitcoinは、サービス基本約款で「満20歳以上満75歳未満」でなければ登録できない旨を規定しています。

つまり未成年の方は、DMM Bitcoinに登録することはできません。

どうしても成人するまで待てないという方は、DMM Bitcoin以外の仮想通貨取引所、例えばFISCOのような未成年でも登録できるところを選びましょう。

▼DMM Bitcoinの年齢制限について、さらに詳しく知りたい方はコチラ▼

あわせて読みたい
DMM Bitcoinに登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説 仮想通貨取引の人気の高まりを反映して、未成年者の方の中にも仮想通貨取引に関心を持つ方が増えてきました。 日本国内の有力な仮...

20歳以上であれば大学生でも登録できる

DMM Bitcoinは未成年の登録はできませんが、20歳以上であれば大学生でも登録することができます。

  • 運営母体がしっかりしている
  • 現物取引手数料が無料
  • 取引アプリが使いやすい

といったメリットがあり、多くの大学生がDMM Bitcoinで取引しています。

▼大学生でもDMM Bitcoinで取引したい!注意点やオススメな点はコチラ▼

あわせて読みたい
DMM Bitcoinで大学生は取引できる?注意点、オススメな点をチェック 仮想通貨が広がっていくにつれ、仮想通貨取引に関心を持つ方が社会人に限らず増えてきました。 大学生の方の中にも、仮想通貨に興...

まとめ

この記事のまとめ

  • DMM Bitcoinは7種類もの仮想通貨を取り扱う、セキュリティがしっかりした仮想通貨取引所
  • DMM Bitcoinの登録は「仮登録」「個人情報の入力と本人確認書類の提出」「携帯電話番号の認証」「郵送された簡易書留に記載された認証コード入力」の手順で行う
  • DMM Bitcoinの本人確認書類は「顔写真つきの書類なら1種類、顔写真なしの書類なら2種類」の提出が必要となる
  • DMM Bitcoinでは未成年の登録はできない

さて、DMM Bitcoinでの登録方法についてお伝えしてきました。

セキュリティがしっかりしているDMM Bitcoinなので、登録の手順が多めに感じるかもしれませんね。未成年の登録も認められていません。

DMM Bitcoinで仮想通貨取引を始めたいという方は、ぜひ今回の記事を参考にして口座を開設してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト