DMMビットコイン

DMM bitcoinの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説

この記事を読んでほしい人
✔ DMM bitcoinに口座を開設する方
✔ DMM bitcoinの本人確認について知りたい方
✔ 仮想通貨を取引をはじめたい方

DMM bitcoinは、インターネットでさまざまな事業を展開しているDMMを母体とする仮想通貨取引所です。

DMM bitcoinで仮想通貨を取引をしようとするなら、まずDMM bitcoinに口座を開設しなければなりません。

DMM bitcoinに口座を開設するために必要な書類や、手続きの方法などについて、そして、開設が認められるまでに、どれくらいの日数がかかるのかなども合わせて解説します。

▼DMM Bitcoinの登録の流れについてはコチラ▼

あわせて読みたい
DMM Bitcoinの登録方法、本人確認、審査について解説! 「仮想通貨取引してみたいけど、登録方法を自分で調べるのが面倒だなぁ……」、このように仮想通貨取引に興味があるものの、口座開設手続...
この記事の要約
  • DMM bitcoinはしっかりとした本人確認方法を採用している
  • DMM bitcoinの本人確認は郵便物を受け取って完了
  • DMM bitcoinは郵便物が送られてくるまでに数日から1週間程度かかる

安全な取引所を選ぶならDMM Bitcoinがオススメ!!

DMM Bitcoinの本人確認と口座開設の流れ

口座開設の基本的な流れはこのようになっています。

  1. DMM bitcoinのwebサイトの右上にある口座開設をクリックします。
  2. メールアドレスを入力して、送信します。
  3. 登録したメールアドレスに宛てて、DMM bitcoinからメールが送られますので、メールを開いてください。
    そこに、記載してあるリンクをクリックして、口座開設手続きを進めていきます。
  4. パスワードを設定するよう指示がありますから、設定して送信しましょう。
  5. 仮口座登録完了と表示されますので、マイページにログインして手続を進めて下さい。
    マイページにログインをクリックして、メールアドレスとパスワードを入力して送信すると、マイページに入れます。
  6. 左上にある「こちらから本登録をおこなってください」をクリックし、本登録をします。
    ここからは、口座開設の指示に従って、各種個人情報を入力していきます。
  7. 入力が完了したら、「確認画面へ」を選び、「申し込む」をクリックして下さい。
  8. 続いて、本人確認書類のアップロードです。
    後述する本人確認書類をスキャンした画像などを、アップロードして行ないます。
  9. 携帯電話番号の認証手続を行ない、ひとまず終了です。
  10. DMM bitcoinから認証コードを記載した書類が郵便で届くのを待ちましょう。
    この認証コードを入力したら、口座開設手続は完了です。

新規登録の方法

まずは公式ホームページにアクセスし、メールアドレスを登録します。

基本情報の入力

こちらから本登録をおこなってください

ログインをしたら本登録を行っていきます。本人確認書類と同じ書式で住所などを記載するようにして下さい。異なっていると、受け付けてもらえない恐れがあります。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類をアップロードして登録本人確認書類は、1点で有効なタイプと、2点必要なタイプがあります。
利用できる本人確認書類については後ほど詳しく説明します。

郵送はがきの受け取り

dmmbitcoin口座開設はがき

DMM bitcoinの本人確認は、web上で完了するものではありません。
あくまでもDMM bitcoin空送られてくる郵便物を受け取って完了となるものなので、ご注意下さい。

DMM bitcoinの本人確認で利用できる本人確認書類は?

①1点で有効なタイプ

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民台帳基本カード
  • 在留カード

これらすべてに共通するのは、顔写真付き確認書類ということです。

マイナンバーが記載してあるだけの個人番号カードや、通知カードでは認めてもらえません。

②2点必要なタイプ

  • 各種保険証
  • 住民票の写し
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明書 など

顔写真はいりませんが、書類ごとに必ず氏名・現住所・生年月日の3項目が記載されている必要があります。

住民票の写しと印鑑登録証明書は、発行から3ヶ月以内に限られます。

本人確認書類に関するよくある質問

マイナンバーは必要?利用できる?

顔写真入の住民台帳基本カードは使えます。
マイナンバーの通知カードなど顔写真のないものは利用できません。

保険証は必要?利用できる?

保険証は、顔写真がついていないので、利用できますが、もうひとつ本人確認書類の提出が必要です。

住民票は必要?利用できる?

住民票は、顔写真がないので、利用できますが、もうひとつ本人確認書類が必要ですし、住民票自体、発行から3ヶ月以内の書類である必要もあります。

参考:DMM Bitcoinの本人確認書類と送付方法について

本人確認にかかる時間や日

DMM bitcoinでは、web上での手続を終えて、郵送にて書類が送られてくるまでに、数日から1週間程度の日数がかかります。

▼DMM Bitcoinの審査についてはコチラ▼

あわせて読みたい
DMMbitcoinトップページ
DMMビットコインの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 DMMビットコイン取引所に登録したものの、なかなか審査結果が来ない、やっと審査結果が来たと思ったら落ちていた、という方が多くいま...

未成年の場合の本人確認は?

DMM bitcoinでは、未成年の場合、口座開設を認めておりません。

サービス基本約款第5条(1)に、「満20歳以上満75歳未満の行為能力者であること。」と規定されています。
https://bitcoin.dmm.com/policy/regulation/rules.pdf

▼DMM Bitcoinの年齢制限について、詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
DMM Bitcoinに登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説 仮想通貨取引の人気の高まりを反映して、未成年者の方の中にも仮想通貨取引に関心を持つ方が増えてきました。 日本国内の有力な仮...

▼DMM Bitcoinで大学生は登録できる?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
DMM Bitcoinで大学生は取引できる?注意点、オススメな点をチェック 仮想通貨が広がっていくにつれ、仮想通貨取引に関心を持つ方が社会人に限らず増えてきました。 大学生の方の中にも、仮想通貨に興...

本人確認に関する口コミ

モンテスQインベストメントJAPAN @MQInvestmentJP氏のツイートを紹介します。

モンテスQインベストメントJAPAN氏は、奥さんに隠れて仮想通貨取引をしているんですね。なかなか面白いツイートです。

別の取引所での口座開設をおすすめ

DMMbitcoinは大手の仮想通貨取引所であり、本人確認のスピードも早くおすすめですが、それと同時に口座開設をしておきたいのがBITpointです。

BITpointは主要なアルトコインを含む5種類の仮想通貨を取り扱っており、取引手数料も無料なのです。取引所専業ということでDMMbitcoinと異なる特徴があるので同時に開設がおすすめです。

DMM bitcoinの登録を完了して投資しよう

この記事のまとめ
  • DMM bitcoinはしっかりとした本人確認方法を採用している
  • DMM bitcoinの本人確認は郵便物を受け取って完了
  • DMM bitcoinは郵便物が送られてくるまでに数日から1週間程度かかる

安全な取引所を選ぶならDMM Bitcoinがオススメ!!

DMM bitcoinの口座開設について紹介しました。

DMM bitcoinでは、非常にしっかりとした本人確認方法を採用していることがおわかり頂けたと思います。

本人確認がしっかりしているということは、セキュリティ対策の上でもたいへん有用です。

その一方、DMM bitcoinは、未成年者には口座開設を認めていません。
ですので、20歳未満の方が仮想通貨取引を始めようと思っているなら、DMM bitcoin以外の仮想通貨取引所で口座開設をしなければなりません。

未成年者でも口座開設を認めているところとして、bitbankがあります。
未成年者の方なら、bitbankをお選びになることをおすすめします。

DMMビットコイン
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト