仮想通貨取引所比較

コインチェックのセキュリティを解剖!技術面、運営面の切り口で確認

この記事を読んでほしい人
✔ Coincheckで仮想通貨取引を始めようと思っている方
✔ Coincheckのセキュリティ対策について知りたいという方
✔ Coincheckで仮想通貨取引をするのは不安だと思っている方

仮想通貨を取り扱ううえで、必須とされるのがセキュリティ対策です。

仮想通貨そのものはブロックチェーンなどによって安全性が高いのですが、それを取り扱う仮想通貨取引所のセキュリティが高いかどうかはまったくの別問題。

そこで今回は、仮想通貨取引所の一つであるCoincheckのセキュリティ対策についてお伝えしていきましょう。

▼Coincheckの評判についてはコチラ▼

あわせて読みたい
【再開後に調査】Coincheck(コインチェック)の評判・メリットとデメリット Coincheck(コインチェック)は事件を起こして以降悪いイメージが強いですが、それまでは初心者にとってピカイチの評価と評判の...

この記事の要約

  • Coincheckでは現在、マルチシグを導入している
  • Coincheckでは一定金額以上の仮想通貨は、コールドウォレットに管理している
  • Coincheckは金融庁の認可を受けている
  • Coincheckはマネックスグループの一員となり、経営面でも安心感が増した

Coincheckのセキュリティの仕組み

Coincheckのセキュリティの仕組み

Coincheckのセキュリティは、

  • コールドウォレット
  • 2段階認証
  • 国内外の情報セキュリティ企業によるシステム監査

が基本となっています。コールドウォレットと2段階認証については、どちらも仮想通貨取引を行ううえで基本ともいえる重要なセキュリティ対策です。

システム監査については、仮想通貨取引所に必須の対策とはされていませんが、仮想通貨取引所のセキュリティを高いものに保つため、Coincheckが独自に取り組んでいるもの。

この姿勢はCoincheckのセキュリティに対する考え方を具現化したものといえるため、きちんと評価されるべきでしょう。

参考:https://coincheck.com/ja/lp

▼Coincheckは安全? 危険? 詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
Coincheckの安全性と危険性を確認!口座開設すべきか? 仮想通貨取引を始めるにあたって、気になることの一つに、仮想通貨取引所の安全性が挙げられます。 仮想通貨取引所のひとつである...
Coincheck(コインチェック)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

技術面でのセキュリティのチェック項目

Coincheckの技術面の取り組み

仮想通貨のセキュリティを考えるとき、忘れてはならない基本ともいえる対策が「マルチシグ」と「コールドウォレット」です。

マルチシグ

マルチシグとは、マルチシグネチャーの略で、仮想通貨を取引するときに必要となる秘密鍵を複数に分け、安全性を高めるセキュリティ対策のこと。

自宅の玄関の鍵が一つしかない状態よりも、複数ついていると泥棒が侵入しにくくなるように、秘密鍵を複数にすることで、セキュリティを高めているわけです。

マルチシグは、主に取引所からの送金時に使われており、複数の秘密鍵をインターネットに接続していないところで保管しておくことで、不正アクセスによる送金の被害を受けにくくすることができます。

ウォレット

ウォレットとは財布のことで、まさに仮想通貨の財布というべきもの。

仮想通貨のウォレットは「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の2種類があります。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットに接続していない、つまりオフライン環境下にあるウォレットのこと。

コールドウォレットに仮想通貨をしまっておけば、不正アクセスを受けないので、仮想通貨の盗難のリスクを低減できるというメリットがあります。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、インターネットに接続しているタイプのウォレット。

インターネットに接続しているため、送金や決済に使うときにはたいへん便利なのですが、不正アクセスの標的となりやすいという危険もあります。

そのため、保有している仮想通貨のほとんどをコールドウォレットに保管し、送金や決済に使う分だけホットウォレットに入れるというように、両方を使い分けるのが一般的です。

Coincheckのマルチシグ

マルチシグは秘密鍵を複数設けることで、秘密鍵の一つが破られたとしても、残る秘密鍵で不正アクセスを防ぐことができるというセキュリティ対策。

Coincheckでは、不正アクセスによるネムの流出事件後、『経営管理態勢及び内部管理態勢強化の取り組み』を行い、『システムリスク管理態勢の強化』の一環として、マルチシグを導入しました。

参考:https://corporate.coincheck.com/2019/01/11/63.html

Coincheckのウォレット

コールドウォレットは、インターネットに接続していない仮想通貨のウォレット。安全性の高さを重視して仮想通貨を運用するなら、コールドウォレットは必須です。

Coincheckは、取扱通貨全てにおいてコールドウォレットが導入されています。

また、一定金額以上の仮想通貨はコールドウォレットで管理するようになっているので、不正アクセスを受けても、仮想通貨の被害を最小限度に抑えることができます。

仮想通貨 コールドウォレット化
ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
リスク
ファクトム
ネム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ


参考:https://coincheck.com/ja/lp

コインチェックのセキュリティのその他の特徴

Coincheckのセキュリテイの特徴の一つに、「IDセルフィー」というものがあります。

これは、本人確認書類と口座開設申請者を一緒に写真に撮影して、Coincheckに提出する本人確認書類の提出方法。

IDセルフィー」を行えば、本人確認書類の顔写真と申請者の顔が一緒に写るため、成りすましを防ぐことができ、本人確認がより徹底されるという利点があります。

経営面でのセキュリティのチェック項目

Coincheckの経営面の取り組み

仮想通貨取引所を選ぶときに、注目したいチェック項目です。金融庁の認可を受けていることは当然として、そのほかのチェック項目も参考にして、選ぶようにしてくださいね。

金融庁の認可

改正資金決済法の施行により、仮想通貨取引所を運営するためには、金融庁の認可が必要となりました。

認可を受けるためには、金融庁の設けている基準をクリアする必要があります。金融庁の認可を得た仮想通貨取引所は、経営面で金融庁からお墨付きを得たともいえるでしょう。

金融庁は、以下のような項目をチェックして、認可するかどうかを決めています。

資本金

金融庁の認可基準では、仮想通貨取引所の資本金は1000万円以上と定められています。

運営

当然と言えば当然ですが、きちんと仮想通貨交換業を運営できなければなりません。

本人確認の徹底

口座開設にあたって、本人確認を徹底することが求められています。

資産の分割管理

顧客の資産と仮想通貨取引所の資産は、別に管理しなければなりません。

外部監査

定期的に外部監査を受ける必要があります。

コインチェックの経営面での状況は?

では、現在のCoincheckがどのような状況にあるのかを理解するために、経営面から状況を紐解いていくこととしましょう。

金融庁の認可

Coincheckは、仮想通貨を取り扱うために必要な金融庁からの認可を受けています。

(仮想通貨交換業登録 関東財務局長第00014号)

経営基盤(運営母体と金融ノウハウ)

現在、Coincheckの親会社はマネックスグループとなっています。

マネックスグループは、マネックス証券が有名ですが、マネックス・ハンブレクトという投資銀行もあります。2018年からCoincheckもその一員になりました。

金融関係の経験の深い大手企業であるマネックスグループの傘下となったことは、Coincheckにも良い影響を与えることでしょう。

運営年数

Coincheckの前身であるレジュプレス株式会社は、2012年に設立されました。

そして2014年からCoincheckのサービスが開始され、ビットコインの取引所である「Coincheck Exchange」のサービスが始まりました。

ですので、Coincheckには通算して7年ほどの運営年数があることがわかります。

参考:https://corporate.coincheck.com/#member

株主構成

Coincheckの株式は100%、マネックスグループが保有しています。

資本金(財務状況)

Coincheckの資本金は1億円です。

経営者の資質(誠実な対応)

かつてCoincheckは不正アクセスを受けて、ユーザーから預かっていたネムを盗まれてしまいました。

その際、Coincheckはユーザーに対し、盗難にあったネムに相当する日本円を返金するという補償を行っています。

この対応によって、「Coincheckの経営者はユーザーに対して誠実に対応する」という姿勢を評価されることとなりました。

参考:https://corporate.coincheck.com

Coincheck(コインチェック)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

まとめ

この記事のまとめ

  • Coincheckでは現在、マルチシグを導入している
  • Coincheckでは一定金額以上の仮想通貨は、コールドウォレットに管理している
  • Coincheckは金融庁の認可を受けている
  • Coincheckはマネックスグループの一員となり、経営面でも安心感が増した

さて、Coincheckのセキュリティ対策についてお伝えしてきました。

過去の不正アクセス事件を教訓に、Coincheckではセキュリティ対策の向上に努めています。セキュリティの高さは、仮想通貨取引においてまさに必須事項。

さまざまなセキュリティ対策を行なっている現在のCoincheckは、以前よりもさらにおすすめできる取引所になったといえるでしょう。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨取引所比較