仮想通貨のリスク

仮想通貨や投資は安全?危険を回避する方法や取引所セキュリティランキングをご紹介

仮想通貨の安全性
この記事を読んでほしい人
✔ 安全な仮想通貨取引所が知りたい方
✔ 仮想通貨投資を始めようとしている方
✔ 仮想通貨を安全に利用するポイントが知りたい方

仮想通貨の取引を始めるにあたって、仮想通貨・ビットコインは安全?仮想通貨の取引所は安全?と疑問に感じます。

仮想通貨の危険性が高いのは、仮想通貨を取り扱うにあたっての必要な知識が不足しているからです。仮想通貨は正しい知識を持って取り扱えば、危険な金融資産とはなりません。

今回は、危険を回避する方法やセキュリティレベルの高い仮想通貨取引所をご紹介します。仮想通貨を安全に利用するポイントをおさえて仮想通貨取引を始めましょう。

この記事の要約
  • 仮想通貨はデジタル管理のため常にハッキングの危険性に晒されている
  • 取引所のセキュリティ管理が甘い部分をハッカーは狙っている
  • セキュリティ管理を徹底し、社会的な信用性がある取引所を利用しよう
  • おすすめの取引所は「GMOコイン」「bitbank」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」「Quoinex」

知名度もセキュリティも抜群のGMOコインで仮想通貨取引を始めましょう。

そもそも仮想通貨・ビットコインとは?

仮想通貨とは、サトシ・ナカモトという謎の人物が、インターネット上に公開した一つの論文が元になっています。

論文では、中央集権システムではない、新しい形の管理システムが解説されており、これが仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンです。

ブロックチェーンを利用した通貨がビットコインであり、世界初の仮想通貨になりました。日本でも、2017年4月1日に施行された改正資金決済法で、正式に通貨として認められています。

ビットコインを支払いできるシステムを有する店舗では、両替をすることなく、いつでもどこでもビットコインで支払いができるため、ビットコインは世界共通通貨ともいえるのです。

仮想通貨・ビットコインの安全性が高い理由3選

仮想通貨・ビットコインは実物が存在しないため、なんだか怪しい、と思っている人も多いようです。

しかし、実物がなく、データのみの存在である仮想通貨・ビットコインであるため、安全に保管、利用もできます。

仮想通貨の代表でもあるビットコインの仕組みについて詳しく解説を行なっていきましょう。

ブロックチェーン技術の搭載

ビットコインにはブロックチェーン技術が搭載されています。ブロックチェーン技術は、ビットコインの根幹を支える技術です。

ブロックチェーンは「分散型取引台帳」ともよばれ、中央管理者の存在しないシステムです。

ビットコインの取引データは「トランザクション」と呼ばれ、ブロックチェーン上に記録されます。複数のトランザクションは、一つのブロックに集約されており、このブロックが無数に存在します。

無数に存在するブロックをチェーンのように繋ぎ合わせていることから「ブロックチェーン」と呼ばれているのです。

ブロックチェーンは、データを各ブロックに分散して保管しているため、

  • 改ざんがほぼ不可能である点
  • 暗号技術を使用したセキュリティ対策
  • 取引の承認システム採用

といった安全策を講じています。

中央集権ではない

ビットコインの最大の特徴は、中央集権ではないということです。中央集権とは、通貨の発行元になります。円やドルといった法定通貨の中央集権者は政府です。

基本的に通貨というものは、政府による信用と管理を背景に価値を持たせているのですが、中央集権者や管理者の存在しないビットコインは、需要と供給のバランスのみで成り立っています。

中央集権型である法定通貨は、経済リスクや地政学的リスクで価値が大きく左右されます。最悪の場合、国の信用がなくなると、通貨としての価値も消失するのですが、中央集権型ではないビットコインは、世界中でビットコインを欲しがっている人がいる限り、消失しません。

世界経済が傾いた時こそ、ビットコインの真価は発揮されるとも言われており、未来の安全資産候補として「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

マイナーによる分散型管理システム

ビットコインは中央管理者がいませんが、マイナーと呼ばれる人たちが分散して管理を行なっています。

マイナーとは採掘者を意味しており、ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれるため、金の採掘と同じような意味で、ビットコインを分散管理している人たちをマイナーと呼びます

マイナーたちは、マイニング(採掘行為)と呼ばれる計算を行い、その対価としてビットコインを報酬として受け取ります。マイナーたちが計算を行う理由は、新規取引に対応する、新たなブロックを生成するためです。

新規ブロックを生成するには、暗号化されたハッシュ関数の整合性を膨大な計算で導く必要があります。

この計算を一番にやり遂げ、整合性を確認し、承認することができたマイナーに対し、報酬としてビットコインが与えられるのがブロックチェーンの仕組みです。

このブロックチェーンの仕組みは、ハッキング対策にもなっています。複雑で難解な暗号を計算により解読するには、高度なコンピューターとエネルギーを要します。

仮に、多大な労力をかけて一つのブロックを改ざんできたとしても、その他のブロックが改ざんできなければ、他のマイナーからの承認を受けられず、整合性が確認されないため、その改ざんは無かったことにされてしまいます。

仮想通貨・ビットコインを安全に利用する際の注意点5つ

仮想通貨やビットコインは、現在、簡単に購入、利用することができます。仮想通貨やビットコインに関する情報も多く出ており、身近な存在になりつつあります。

しかし、仮想通貨やビットコインの利用、投資に関しては、注意点を理解しておかないと、大きな損失を被る可能性もあるので注意が必要です。

ここでは、仮想通貨・ビットコインを利用する際の注意点を5つ解説していきます。

仮想通貨の詐欺に注意する

仮想通貨を用いた詐欺が、世界中で増えています。特にICOという仮想通貨のシステムを利用した詐欺が多く発生しています。

ICOは、イニシャル・コイン・オファリング (Initial Coin Offering)の略語であり、新規事業を立ち上げる際に、仮想通貨を新規で発行する仕組みです。

発起人は新規発行通貨の売却で資金を調達し、投資した人は、ICOで発行された仮想通貨が取引所に上場した際の値上がりで利益を得ます。

しかし、海外で行われたICOのほとんどが詐欺であるという、衝撃のレポートもあるほど、ICOは詐欺の温床です。ICOで発行され、上場されることなく消滅したコインを詐欺コインと呼びます。海外の怪しい取引所によるICOの宣伝に踊らされるのは危険です。

国内取引所で取引を行えば、詐欺コインに遭遇することはありませんので、仮想通貨にまだ精通していない人は、国内取引所で仮想通貨を購入することにしましょう。

ハッキングのリスク

仮想通貨で一番怖いのが、ハッキングです。

仮想通貨はデジタルで通貨であるため、インターネット上に保管されます。この保管先をハッカーが攻撃して仮想通貨を盗み出す事件が、世界中で発生しています。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンがハッキングされるのではなく、狙われるのは取引所のウォレットです。取引所のセキュリティ管理が甘い部分をハッカーは狙ってきます。

ハッキングで失った仮想通貨は、基本的には戻ってはきません。取引所で保証される場合はいいですが、そうでない場合、泣き寝入りをしなければならない羽目になります。仮想通貨投資には、常にハッキングリスクがあることを忘れてはいけません。

そうならないためにも、インターネットに繋がっていない仮想通貨ウォレットである「コールドウォレット」を準備するなどの自己管理が重要です。

仮想通貨は価格変動が激しい

仮想通貨は他の金融商品と比べ、ボラティリティ(価格変動)が激しいと言われています。

株やFXなども、価格変動はありますが、仮想通貨は1日で数十パーセントの変動も当たり前です。

仮想通貨取引には、レバレッジ取引もありますが、高いレバレッジをかけることで、大きく利益を狙えると同時に、一気に資金の消失や借金まで背負う可能性があります。

仮想通貨の価格変動には注意して投資をしていきましょう。

送金のミスで通貨を失う

仮想通貨の初歩的なミスで一番多いのが、送金のミスです。

仮想通貨で支払いをするときや、取引所を移行、またはウォレットへの移行の場合、アドレスを使用し、仮想通貨を送金します。

この時、アドレスを間違えてしまうと、送金ミスになってしまい、通貨を失うことになりかねません。取引所によっては、条件が合えば、送金ミスの対応を行なってくれますが、基本的には送金ミスで失った仮想通貨は戻ってこないと考えた方がいいでしょう。

送金ミスは、仮想通貨取引における最も初歩的なミスであり、最も多いミスです。

不安定な取引所を選ばない

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所を利用して購入しなければなりません。

国内取引所では扱いのない仮想通貨も、海外取引所では取り扱っている場合もありますが、海外取引所によっては、不安定な運営の取引所も多くあります。

特に仮想通貨は、国によっては、今後規制が厳しくなる可能性もあり、万が一、仮想通貨取引が禁止されると、取引所の閉鎖にも繋がりかねません。そうなった場合、取引所に預けている仮想通貨も、消失か没収の可能性もありますので、大変危険です。

海外取引所での損失に保証はありません。日本の取引所は、国に認められた取引所ですので、取引所が国によって強制的に閉鎖させられる可能性はありません。

仮想通貨の購入は、安心できる国内取引所をおすすめします。

安全な仮想通貨取引所とは?

仮想通貨を安全に運用するには、安全な仮想通貨取引所を利用する必要があります。

安全な仮想通貨取引所と言える絶対条件は、

  • セキュリティ管理が徹底しているかどうか
  • 社会的な信用性があるか否か

です。以下に、安全な仮想通貨取引所の条件を記載しておきますので、仮想通貨取引を始める際は、参考にしてください。

二段認証機能がある

安全な仮想通貨取引所の条件として、二段階認証を採用しているか否かは重要なポイントです。

二段階認証とは、通常のIDやパスワード以外にも、ワンタイムパスワードという、その時だけのパスワードを使用してログインさせる機能になります。

二段階認証機能がない場合、アカウントを簡単に乗っ取られる可能性がありますので、二段階認証を採用していない取引所は避けた方がいいでしょう。

SSLを採用している

SSLを採用してるかどうかも、安全な仮想通貨取引所かどうかを見極める重要な要素になります。

SSLは暗号化通信であり、データを暗号化してデータの盗み見を防ぐことが可能です。

仮想通貨はデータで管理されていますので、このデータに対するセキュリティが甘い取引所は避けるべき取引所になります。

マルチシグが実装されている

マルチシグのシステムは、複数の鍵が用意されているイメージです。

仮想通貨を送金する際に、この複数の鍵を必要とすることで、例えIDやパスワードが流出しても、鍵さえ流出していなければ、ハッキングによる被害を防ぐことができます。

コールドウォレットを導入している

仮想通貨取引所に預けている仮想通貨が、コールドウォレットで管理されているのかどうかは、とても重要です。コールドウォレットは、インターネットに繋がっていないウォレットになります。

ハッキングは、インターネットに繋がっているホットウォレットが狙われており、セキュリティの甘い取引所は、顧客資産もホットウォレットで管理しています。

コールドウォレットは、インターネットに繋がっていないため、ハッキングのしようがありません。

コールドウォレットを導入していない取引所のセキュリティ管理は、甘い可能性があるので注意しましょう。

顧客資産が守られており社会的信頼がある

金融庁の認可があり、大手企業と共に運営されている仮想通貨取引所は、社会的信頼が高い取引所です。

社会的信頼の高い取引所では、顧客の資産管理について度々アナウンスもあり、安全に資産管理をしていると思われます。

仮想通貨取引を行う場合には、できるだけ社会的信頼の厚い取引所を利用することを強くおすすめします。

仮想通貨・ビットコインが危険に晒された事件

仮想通貨・ビットコインは、過去に多くの危険に晒されてきました。その度に、仮想通貨への風向きが悪くなり、暴落に繋がっています。

仮想通貨・ビットコインが危険に晒された事件を知っておくことで、仮想通貨のリスクも把握しておきましょう。

マウントゴックス事件

仮想通貨を一躍有名にしたのが、このマウントゴックス事件です。

マウントゴックス事件では、マウントゴックス社の10万BTCと、顧客資産500億円が消失するという、当時世界最大の仮想通貨消失事件になります。

ハッキングによる犯行もあったのですが、ほとんどは内部犯行であることが判明し、仮想通貨や取引所への信頼性を失墜させた事件でした。

Coincheckネム流出事件

2018年に発生したコインチェックのネム流出事件は、仮想通貨バブル終焉のきっかけとなった事件です。

2018年1月26日に、コインチェックから約580億円相当のネムがハッキングにより流出しました。

その後、ネムはホットウォレットで管理されていたことや、マルチシグが採用されていなかったことが判明します。

事件のダメージでコインチェックは自力再開を断念。マネックス証券の傘下となり復活を遂げたのです。

Coincheckで取引は危ない?

コインチェックはネムの大量流出をおこし、セキュリティ管理もずさんな状況でした。

しかし、現在は金融大手のマネックス証券の傘下に入り、経営陣も一新。金融庁の認可も受けたことで、セキュリティレベルは高いと言われています。

なんとなく、コインチェックに対してはマイナスイメージがある人もいるかもしれませんが、今のコインチェックは、安心できる取引所と言えるでしょう。

ハッカーが仮想通貨取引所を狙う理由

ハッカーはなぜ、仮想通貨取引所を狙うのか、その答えは簡単です。

個人のアドレスで、せいぜい1BTC程度の仮想通貨を盗むよりも、10000BTCほど入っている取引所のウォレットを狙った方が、効率的だからです。

取引所の管理が怖い人は、個人のウォレットに仮想通貨を移すことも、セキュリティ対策の一つになります。

おすすめ仮想通貨取引所セキュリティランキングベスト5!

仮想通貨取引を始める際は、取引所の選定は重要です。

ここでは、セキュリティレベルの高い、おすすめ仮想通貨取引所をランキング形式で紹介していきます。取引を始める際は、参考にしてください。

1.GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

GMOコインは、GMOインターネットグループだけあって、知名度もセキュリティも抜群です。特にサーバーの強さに定評があり、顧客資産を完全に分離していることも確認されています。

三井住友海上火災保険株式会社と連携していますので、保証も確実な取引所です。

2.bitbank(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank
取扱仮想通貨ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

ビットバンクは、いち早く顧客の資産をコールドウォレット管理に移行し、セキュリティ対策に万全を期している取引所です。

イーサリアム以外の通貨は、全てマルチシグにも対応していますので、セキュリティ重視ならば選択すべき取引所です。

3.DMM Bitcoin

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアムクラシックビットコインキャッシュモナコインステラルーメン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 暗号資産の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinは、DMMグループのビットコイン取引所です。巨大企業のグループとあって、セキュリティレベルも非常に高く設定されています。

24時間、365日、年中無休で複数人がアカウントの管理を行なっており、怪しい動きには即座に対応します。

4.bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

ビットフライヤーは国内外問わず、セキュリティレベルが高いことで有名です。日本最大の仮想通貨取引所であり、多くのユーザーから支持を集めている取引所になります。

保険もGMOコイン同様、三井住友海上火災保険株式会社がバックについていますので、万が一の時でも安心です。

5.Quoinex(コインエクスチェンジ)

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

コインエクスチェンジは、ホワイトリスト機能を採用しています。ホワイトリスト機能とは、ホワイトリストに登録されていないIPアドレスではアクセスできない仕組みです。

こうすることで、セキュリティレベルを引き上げて、顧客資産を守っています。

仮想通貨取引所を安全に利用する方法

仮想通貨取引所を安全に利用する方法は、まずはセキュリティレベルの高い仮想通貨取引所を選択することです。

IDやパスワードも、簡単に読み取られるようなIDやパスワードにしないことも重要です。

フリーアドレスを利用しない

仮想通貨取引所では、メールアドレスを使用しますが、このアドレスをフリーアドレスにすると、セキュリティ的に弱くなりますので注意が必要です。

過去、取引所に不正ログインされ、ビットコインを盗み出された人のほとんどが、フリーアドレスを使用しています。

フリーアドレスは、ネットカフェなどでも気軽に使用してしまいがちですが、もし、クッキーに残されたフリーアドレスを、悪意を持った人間が発見した場合、不正ログインされる可能性があります。

フリーアドレスはセキュリティの必要のないやりとりに使用し、仮想通貨取引所などで使用するアドレスは、プロバイダからの正規アドレスを使用することが望ましいでしょう。

二段階認証に設定する

仮想通貨取引所を利用する際は、必ず二段階認証を設定しましょう。

二段階認証は、アドレスやパスワード以外にも、生体認証やワンタイムパスワードを使用して、セキュリティレベルを高める方法です。

二段階認証を行なっていない場合、不正ログインされる可能性が極めて高くなりますので、仮想通貨取引所を利用する際は、必ず実行しましょう。

パスワードを難解にする

仮想通貨取引所のパスワードは、難解なものにしなければなりません。

誕生日をパスワードにしたり、別のサイトで利用しているパスワードを使い回していると、不正ログインされやすくなります。

実際、不正ログインされている人のほとんどが、上記のようなパスワード設定している人達です。

仮想通貨は手順を守れば安全に管理できる!

仮想通貨はデジタルでの管理が全てです。そのため、常にハッキングの危険性に晒されています。

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンや、仮想通貨自体にセキュリティの問題はありません。

問題があるのは、管理する側です。取引所のセキュリティレベルも向上していますので、あとは、利用者が正しいセキュリティ知識をもち、行動することが何よりも重要になります。

まとめ

この記事のまとめ
  • 仮想通貨はデジタル管理のため常にハッキングの危険性に晒されている
  • 取引所のセキュリティ管理が甘い部分をハッカーは狙っている
  • セキュリティ管理を徹底し、社会的な信用性がある取引所を利用しよう
  • おすすめの取引所は「GMOコイン」「bitbank」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」「Quoinex」

知名度もセキュリティも抜群のGMOコインで仮想通貨取引を始めましょう。

今回は仮想通貨の安全性や取引所のセキュリティに関して解説を行なっていきました。

仮想通貨は、正しい知識と管理を行なうことができれば、安全資産として投資可能です。

今回の記事を参考にして、安心、安全に仮想通貨への投資を行なっていきましょう。

仮想通貨のリスク
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事