コインチェック

コインチェック(Coincheck)の本人確認方法と注意点【画像付き】

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)の本人確認方法が知りたい方
✔ コインチェック(Coincheck)の審査が気になる方
✔ コインチェック(Coincheck)で口座開設しようとしている方

暗号資産(仮想通貨)取引を始めるためには、暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設しなければなりません。

日本国内にある暗号資産(仮想通貨)取引所のひとつであるコインチェック(Coincheck)は、取扱通貨が豊富でとても使いやすいことから、多くのユーザーが利用しています。

そこで今回は、コインチェック(Coincheck)にに口座開設するときの手続きや、本人確認の方法について解説していきましょう。

この記事の要約
  • コインチェック(Coincheck)の本人確認方法は2種類ある
  • アプリで申請する「かんたん本人確認」は、審査後すぐに利用できる
  • ブラウザで申請する「ハガキによる本人確認」は、審査後にハガキの受け取りが必要になり、利用まで時間がかかる
  • はやく口座開設したい方は「かんたん本人確認」から申請しましょう

Coincheckで口座開設をして取引を始めましょう。

コインチェック(Coincheck)の口座開設の流れ

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)に新しく口座開設を申請するときの方法について、本人確認の方法を含めて解説します。

事前に準備しておくとスムーズに進められるので、登録前に読んでおきましょう。

1.新規登録の方法

まず、コインチェック(Coincheck)のアカウントを作成します。

コインチェック(Coincheck)のホームページにアクセスしましょう。

Coincheckに新規登録
  1. メールアドレスとパスワードを入力する
  2. 登録したメールアドレス宛てにコインチェックからメールが届く
  3. メールに記載してあるURLを開く

これで、コインチェック(Coincheck)のアカウントが作成できました。

2.基本情報の入力

アカウントが作成できたら、各種重要事項に、同意、承諾します。

次に、電話番号確証(SMS認証)を行います。

3.本人確認書類の提出

次に、本人確認書類を提出します。

コインチェック(Coincheck)の本人確認は、「かんたん本人確認」と「ハガキによる本人確認」の2種類の方法があります。

特に問題がなければ、「かんたん本人確認」を利用しましょう。

ハガキによる本人確認かんたん本人確認
申請方法Webブラウザで申請するスマートフォンアプリで申請する
メリットアプリが使えない、現住所記載の書類を持っていなくても申請ができるハガキの受け取りが不要
審査後すぐに全サービスが利用できる
デメリットハガキの受け取りが必要
申請してから利用できるまでに時間がかかる
スマートフォンアプリが必要
Webブラウザからは利用できない
現住所記載の書類が必要

かんたん本人確認

スマートフォンアプリから、本人確認書類と顔の写真・動画を撮影したデータを送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

ハガキの受取りは不要で、書類の審査が完了すると、全てのサービスが利用可能になります。Webブラウザから「かんたん本人確認」は利用できません。

ハガキによる本人確認

Webブラウザから、本人確認書類を提出して本人確認を行います。コインチェックから届く本人確認ハガキを受け取ることで、全てのサービスが利用できるようになります。

アプリが使えない、現住所記載の書類を持っていなくても申請ができます。
参照:現住所と登録住所が異なる場合はどうすればいいですか?

コインチェック本人確認

ハガキによる本人確認でも、本人確認書類とともに、自分自身が写った写真をアップロードするIDセルフィーとよばれるものがあります。

それに加えて、本人確認書類の表面と裏面をスキャナーで取り込むなどしてアップロードしましょう。

4.ハガキによる本人確認は郵送はがきの受け取りで完了

coincheck口座開設はがき

Webからの申し込みが完了して、コインチェックでの審査が完了すると、コインチェック(Coincheck)から郵便でハガキが送られて来ます

送られてきたハガキを受け取れば、本人確認は完了です。

スマートフォンアプリを使った「かんたん本人確認」を利用した場合は、ハガキの受け取りはなく、アプリ上で審査が完了します。

コインチェック(Coincheck)で利用できる本人確認書類は?

コインチェック(Coincheck)で本人確認に利用できる書類について、注意事項とともに紹介します。いずれか1つでいいので用意しておきましょう。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面)
  • 個人番号(マイナンバー)カード
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 住民台帳基本カード(表面と裏面)
  • コインチェック(Coincheck)では、本人確認にIDセルフィーも必要です。書類のピントにも気をつけて撮影しましょう。
  • コインチェック(Coincheck)に、メールや郵送で登録情報や本人確認書類を送っても口座開設はできません。
  • 学生証は利用できません。

(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

本人確認書類に関するよくある質問

マイナンバーは必要? 利用できる?

「個人番号カード」は利用できます。

ただし、個人番号の「通知カード」は、顔写真がないので利用できません。

保険証は必要? 利用できる?

保険証は利用できません。

住民票は必要? 利用できる?

「住民基本台帳基本カード」は使えますが、「住民票は利用できません。

本人確認にかかる時間や日数

コインチェックの本人確認には、1〜2営業日が必要です。

「かんたん本人確認」は、コインチェックの審査後にすべてのサービスが利用可能になり、最短即日から利用可能になります。

「ハガキによる本人確認」では、コインチェックから住所確認のためのハガキが発送されるため、本人確認書類のアップロードを終えて、数日から一週間前後かかるとみておきましょう。
参考:https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

また、Coincheckに多数の口座開設の申し込みがあると、通常よりも本人確認の審査に時間がかかる場合があります。

本人確認審査の完了後

本人確認が完了すると、日本円の入出金やなどの、全てのサービスが利用できるようになります。

「ハガキによる本人確認」はどこまでの登録を完了するかによって、利用できる機能が違うので注意してください。

①本人確認書類の審査前②本人確認書類の審査通過後③郵送ハガキの受取り後
サイト・アプリ画面閲覧日本円の入金
仮想通貨(仮想通貨)の受取
仮想通貨(仮想通貨)の売買
全てのサービスを利用可能
日本円の入金・出金
仮想通貨(仮想通貨)の受取・送金

参照:https://faq.coincheck.com/s/article/10176

未成年の場合の本人確認は?

コインチェック(Coincheck)では、20歳未満と75歳以上、そして日本国外に住んでいる方のアカウント登録は認められていません。

未成年の方は口座開設ができませんので注意しましょう。
参考:https://faq.coincheck.com/s/article/10100

未成年の方で暗号資産(仮想通貨)を購入したい人は、BITBOXを利用しましょう。

btcボックスの手数料
BTCBOX(ビーティーシーボックス)の評判・メリットとデメリット【安全性を徹底調査】 BTCBOXは取り上げられることが少なく、“マイナーな取引所“という、イメージを持つ方が多いのではないでしょうか?ところが、日本...

コインチェック(Coincheck)の本人確認に失敗する原因

コインチェック(Coincheck)の本人確認に失敗してしまう原因は次のことが考えられます。

  • IDセルフィーの写真が不鮮明
  • 現住所と身分証の住所が相違している

IDセルフィーの写真は、身分証にピントがあっていることが本人確認通過のコツです。

コインチェック(Coincheck)の本人確認に失敗した場合は、コインチェック(Coincheck)からの連絡内容をよく確認しましょう。

コインチェック(Coincheck)の本人確認に関する口コミ

コインチェック(Coincheck)の本人確認に関して、実際に口座開設をした方々はどのように思っているのでしょうか。

Twitter上のつぶやきから、コインチェック(Coincheck)の本人確認に関する口コミを紹介します。

那月@ガルパ垢氏が、コインチェックの本人確認の早さに驚いていることがわかります。

コインチェック(Coincheck)の特徴

取引所名Coincheck(コインチェック)
公式HPhttps://coincheck.com/ja/
交換所タイプ販売所・取引所
取引手数料無料
スプレッド0.08%~
取り扱い通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(NEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTM)
レバレッジ取引4倍(現在停止中)
入金手数料コンビニ入金
3万円未満→770円
3万円以上→1018円

クイック入金
3万円未満→770円
3万円以上→1018円

出金手数料日本円出金 407円

コインチェックは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも取扱通貨が豊富で、その数はビットコイン(BTC)を含め16種類。

取引画面は直観的に使いやすいように設計されており、初心者の方でも簡単に操作することができます。

またスマホアプリは、チャートの確認やコインの売買などをワンタッチで操作でき、初心者の方にとてもおすすめです。

コインチェック(Coincheck)では多くの通貨が取扱可能

コインチェック(Coincheck)では2021年4月21日現在、下記の16種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リスク(LSK)
  5. ファクトム(FCT)
  6. リップル(XRP)
  7. ネム(XEM)
  8. ライトコイン(LTC)
  9. ビットコインキャッシュ(BCH)
  10. モナコイン(MONA)
  11. ステラルーメン(XLM)
  12. クアンタム(QTUM)
  13. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  14. アイオーエスティー(IOST)
  15. エンジンコイン(ENJ)
  16. オーエムジー(OMG)

コインチェック(Coincheck)ではアプリで取引可能

コインチェックアプリは、暗号資産(仮想通貨)アプリにおいてダウンロード数第1位を獲得。250万ダウンロードを記録しています(2019年3~5月 データ協力:App Annie)。

チャートの確認、コインの売買などワンタッチで操作ができ初心者の方でも簡単に使うことができるのが人気の要因でしょう。

アプリ内での通貨購入方法

スマホアプリからは、日本円もしくはビットコイン(BTC)で暗号資産(仮想通貨)を購入可能です。

  • 「チャート画面」より、購入したい通貨をタップします
  • 「購入」「売却」が表示されるので、目的に合った項目をセレクトします
  • 金額・数量を入れて決定すれば、取引完了です

スマホアプリでは販売所形式のため、スプレッドが高めに設定されています。

PC版サイトではアルトコインは販売所形式ですが、ビットコイン(BTC)は取引所形式。ビットコイン(BTC)を取引する場合は、PC版サイトで取引した方がコストを抑えられるでしょう。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)の本人確認まとめ

この記事のまとめ
  • コインチェック(Coincheck)の本人確認方法は2種類ある
  • アプリで申請する「かんたん本人確認」は、審査後すぐに利用できる
  • ブラウザで申請する「ハガキによる本人確認」は、審査後にハガキの受け取りが必要になり、利用まで時間がかかる
  • はやく口座開設したい方は「かんたん本人確認」から申請しましょう

Coincheckで口座開設をして取引を始めましょう。

コインチェック(Coincheck)に口座開設をする場合の手続きや、本人確認の方法などについて解説しました。

コインチェック(Coincheck)の本人確認の特徴は、IDセルフィー。申請者が本当に書類を提出した本人であるか暗号資産(仮想通貨)取引所側が確認するので、セキュリティ面でたいへん有用な方法です。

写真を撮るのが難しい、恥ずかしいなど抵抗があるという方は、GMOコインなどコインチェック(Coincheck)以外の取引所を利用しましょう。

また、未成年の方で暗号資産(仮想通貨)を購入したい人はBITBOXを利用しましょう。

コインチェック
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事