働いてお金を増やす

収入・給料を上げてお金を増やすための3つの方法と具体的なアドバイス

サラリーマンが収入を増やすたった3つの方法とは

給料を上げる方法は主に3つです。

給料が勝手に上がっていくことを期待するのは不確定要素が多く、生活のプランを立てることができません。

給料を上げたいと思ってる方は、何かしらのビジョンを持ってこのページを見ていられるのではないでしょうか?自身で行動を起こして給料のアップを目指しましょう。

給料を上げるにはその人にしかできない業務をするか、業務の量を増やすしかありません。

給料を上げる方法を見ていきましょう。

方法1:出世する

部長や課長への役職が上がると給料が増えることが一般的です。

出世をすると仕事への責任が大きくなり、その役職でしかこなせないような業務が存在します。

出世すると以前より管理をする範囲や責任を持つ範囲が多く気なります。その分、給料が増えるのです。

方法2:副業する

会社の給料以外の収入を増やすという方法があります。

会社での昇給は月5000円もあれば多いほうだといえます。副業をして、数百万円稼いでいる方も存在します。

簡単な副業でも、月1万円程度を稼ぐこともできます。給料が上がらなければ、他の収入源を作ってしまえばよいのです。

副業は会社の昇給を期待するよりも確実で、大きな給料アップを狙うことができます。もし、副業がうまくいき、本業の給料に届きそうになったら独立をする方法もあります。

▼おすすめ記事▼
【副業時代の到来】とりあえず保存しておきたい32の副業リスト

方法3:転職する

会社からもらっている給料を高める方法として、転職があります。

転職エージェントを利用して転職することで、給料のアップを狙うことができます。

給料の交渉をすると、「自分のイメージが悪くなってしますのではないか」と思って、給料交渉をできない方が多いのではないのでしょうか。

転職エージェントを用いれば、自分では言いづらい給料交渉を転職エージェントが代わってしてくれます。

▼おすすめの記事▼
最近話題の日本のFinTech企業50選!!

出世で年収アップを目指す人:昇進する人の特徴とは

出世できる人には共通点があります。

能力があり、会社の利益に貢献できるような人が出世できるのです。

特徴1:仕事に本気で取り組んでいる人

いやいや仕事に取り組んでいる人と、目の前の仕事に集中して本気で仕事をしている人とでは、仕事の質が大きく異なります。

出世できるような人は努力を努力だと思わずに仕事をできる人です。仕事が本当にできる人は残業も苦に思わず、仕事をすることが楽しいと思って仕事をしています。

野球選手のイチローは毎日昼食にカレーを食べ、試合のときは誰よりも早くグラウンド入りしてストレッチなどをしています。

毎回決まった行動をすることで調子を安定させようという考えです。毎日同じことをしていて苦ではないのでしょうか?

イチローは努力を努力だと思っていないため毎日続けることができるのです。サラリーマンの方も仕事を楽しんでやれるようになれば必然的に出世できるようになるはずです!

特徴2:自分の現状を把握できる人

自分が今どの立ち位置にいて、どこを目指しているのかを明確にすることができたら、あとはやる必要があることをやるだけです。

もし、一つ先の目標が部長になることであれば、今の部長にあって自分にはないものを理解しておく必要があります。部長の座に就くのであれば最低限今の部長ができる仕事を任せられるような人になっておく必要があります。

自分の現状を知るには周囲の人と交流を持ち、他人を通して自分を知ることがよい方法です。自分で考えているだけでは、主観を脱することができません。他者と多くの交流を持つことでより客観性のある自分の現状を導き出すことができます。

特徴1+2:両方の特徴を備えた人が出世する

特徴①の仕事に本気で取り組むこと、特徴②の自分の現状を把握することがどちらもできて、出世できる人の十分条件を満たすことができます。

反対に、自分の現状を正しく把握できないと努力の方向を間違えてしまうことになります。

自転車に例えると、特徴①の仕事に本気で取り組むことは、動力となる「ペダル」の部分に相当し、特徴②の自分の現状を把握することは、方針を決める「ハンドル」となります。

どのような努力が必要かを把握し、足りない部分を努力して埋めていくことで一歩一歩確実に出世に近づくことができます。

副業で給料アップを目指す人:会社員におすすめの副業3選

副業をして収入源を増やして収入を上げましょう。

副業案1:クラウドソーシング

クラウドソーシングとはインターネット上で在宅ワークを中心とした仕事を受注できるサービスです。

代表的なサービスにはクラウドワークスやランサーズなどがあります。主に受注できる仕事の内容を以下に示します。

  • アンケートに回答
  • 記事の執筆
  • 動画編集
  • プログラミング
  • 電話営業
  • 写真提供

などの在宅ワークを受けることができます。出社が基本的にはなく、報酬額の大きい仕事の場合は打ち合わせで数回出金する場合があります。

アンケートの回答や記事の執筆など専門のスキルを必要としない仕事も多いので始めやすいです。在宅で仕事ができるのでスキマ時間を見つけて副業を始めることができます。

②フォトストック

フォトストックとはイラストや写真をインターネット上で販売することができるサービスです。画質の良いカメラを持っている方なら、自分が撮影した写真を販売することができます。

最近はスマートフォンの画質が良くなってきているので、スマートフォンで撮影した写真を販売して収益を得ることもできます。

スマートフォンがあれば気軽に始めることができるため、写真をよく撮る方にはおすすめです。スマートフォンの写真だけで2万円稼いだ人もいます!

③Google Adsense

Google AdsenseはいわゆるGoogleが提供する広告収入を作れるプログラムです。

自分で作成したウェブサイトに広告を貼り付け、その広告がクリックされると報酬が支払われる仕組みです。

自分でウェブサイトを立ち上げ、そこに現在の仕事で身につけた知識などを記事にして投稿します。記事に広告を貼り付けたら、記事の閲覧数が上がるように記事の修正や追加をしていきます。

自分の得意な分野のことを記事にすれば、その分奥の深い記事を書けるので仕事で扱っている分野の知識中心にを発信していきましょう。

転職で給料アップ

稼ぎやすい業界が存在しているのは確かですが、転職すれば必ず給料が上がるわけではありません。

正当に評価が行われていない職場に勤務している場合は転職での給料アップが見込めます。

▼おすすめ記事▼
脱サラとは?脱サラの概要と準備や起業についても解説

給料の高い業界

どんな職種が高給取りになれるのでしょうか?給料の高い職種を紹介します。

  • パイロット
  • 医師
  • 大学教授

どうでしょうか?全て専門の知識を要する職業ですよね。専門性の高い仕事はその人の代えが利きにくいため、給料が高いのです。代えが利かない人こそが価値の高い人だといえます。

得意なことが給料を上げる。

仮にラテアートを作れる人と作れない人の2人のカフェ店員がいたとしましょう。ラテアートを作れる店員は、作れない店員に比べて代えが利きませんよね。

別に、ラテアートに限った話ではありません。

トイレ掃除が得意な店員がいればその店のトイレは使いやすくなり、お客さんの店に対する印象が良くなります。なにか人より得意なことがあれば良いのです。

得意なことがいくつもある人になることができれば、その人の価値は上がっていき、給料も上がります。

正当な評価が行われないため転職

いくらスキルを身につけても給料が上がらない場合もあるでしょう。そこでやっと転職という選択肢を考えるのです。

まずは、今の会社で給料の交渉をしてみましょう。納得のいく結論が得られなかった場合、転職しましょう。

自分の能力を生かせて、自分の仕事を正当に評価してくれる会社を探しましょう。転職の際には転職エージェントなどを用いると便利です。

実際にスキルを持っている人であれば、転職は容易でしょう。

収入を上げるために行動しよう

出世、副業、転職のどれを選んでも大丈夫ですから、あなたにあった方法で収入アップを目指してください。

行動しなければ現実は変わりません。今からできることをやっていきましょう。