働いてお金を増やす

在宅で稼ぐ方法は?初めてでも稼ぎやすい方法を手順と合わせて詳しく解説!

ハンドメイド
この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ 楽して在宅で稼ぐ方法を知りたい方
✔ これから在宅で稼ぎたい方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

楽して在宅で稼ぐ方法を知りたい、と考える方は多いのではないでしょうか。在宅で稼ぐ方法は多数あり、それぞれで特徴が異なるため、自分に合う方法がわからずに困っている方は少なくありません。

そこで今回は、在宅で稼ぐ主な方法の特徴や手順、メリットや注意点などを紹介しています。これから在宅で稼ぎたい方も既に何らかの取り組みを始めている方も、ぜひご覧ください。

この記事の要約
  • 在宅で稼ぐ方法は、ハンドメイド品を売ったり、クラウドソーシングをしたり、広告収入を得たりする方法などがある
  • 投資初心者には小額の手元資金で手軽に始められる仮想通貨取引がおすすめ
  • 在宅で稼ぎたいのであれば、長く継続できることかどうかが大事
  • まずは自分ができることや必要なスキルが何かを確かめよう

暗号資産(仮想通貨)の取引を始めるなら、ここからCoincheck(コインチェック)に登録

在宅で稼ぐ方法①ハンドメイド品や経験の販売

在宅で稼ぐ方法として、ハンドメイド品を販売したり、自身の経験や知識を販売する方法があります。

例えば、以下のようなハンドメイド品をメルカリで販売して稼ぐことができます。

  • イヤリング
  • ネックレス
  • ぬいぐるみ
  • ポーチ
  • 手さげバッグ
  • マスクケース
  • お弁当入れ
  • キーケース
  • 小物入れ

このようなハンドメイド品を作り、画像を撮って紹介文と一緒にメルカリにアップすれば出品完了です。興味がある人が現れたら、メッセージでやりとりをして売買成立後に郵送をします。

商品にもよりますが、ハンドメイド品は300円〜1,000円程度で売られているケースが多いです。売上価格の10%が手数料としてかかり「売上価格−(手数料+配送料+材料費)」で利益を算出できます。

1,000円で売れても、手数料100円、配送料が200円〜300円かかるので、材料費を考えると利益は200円〜300円程度の可能性があります。労力はかかりますが、利益は大きいわけではありません。

また、ココナラなどのサービスで自身の経験や知識を販売して稼ぐことも可能です。

デザイン、ライティング、Webサイト制作、プログラミングなど200種類以上のカテゴリで個人のスキルを売買できます。ビデオチャットなど、連絡のやり取りもすべてオンライン上で完結できるので場所を選ばず、素早く案件に取り組めます。

自信のあるスキルや経験、知識をアピールして仕事を見つけて提案を行い、提案が選ばれたらやりとりを開始します。

ただし、報酬が良い案件はライバルが多いため、そう簡単に仕事を獲得することができません。また、スキルや経験などを売買するため、相手が満足のいく内容でなければトラブルになる可能性もあります。

ある程度スキルが高くないと稼ぐことは難しいです。

ハンドメイド品は器用で根気がある人、スキルや知識の売買は自信がある人におすすめです。

在宅で稼ぐ方法②ブログ・You Tubeでの広告収入

在宅で稼ぐ方法として、YouTubeの広告収入があります。YouTubeで広告収入を得るためには、YouTubeパートナープログラムに入ることが必要です。

プログラムに加入することで、収入を得られるようになります。YouTubeパートナープログラムに加入する条件は以下2つです。

  • 過去12ヶ月間のチャンネル総再生時間が4,000時間<
  • チャンネル登録者数が1,000人

これらの条件をクリアしないとYouTubeで収益を出すことはできず、ここまでに1年以上かかることも珍しくありません。

また、収益化をしても、一般的にいわれるYouTubeの単価は1再生あたり0.1円程度です。つまり、1万回再生でも1,000円程度の収入しか入りません。

まとまったお金を稼ぐには、チャンネル登録者数が増えて企業案件などをもらわないと難しいでしょう。

YouTubeで稼げるようになるまでは相当な労力と時間が必要な上、必ず稼げる保証はありません。

企画や編集に自信がある方におすすめです。

在宅で稼ぐ方法③クラウドソーシングでの業務委託

在宅で稼ぐ方法として、クラウドソーシングでの業務委託があります。クラウドソーシングサイトとは、仕事を募集する企業や個人と仕事を探している人をマッチングするサイトのことです。

クラウドワークスやランサーズが有名で、

  • ライティング
  • Webデザイン
  • アプリ開発
  • 翻訳
  • ECサイト構築
  • システム開発
  • 動画制作

など、さまざまなジャンルの仕事があります。希望の案件を見つけたら応募をして、テスト案件をクリアしたら契約へと進めます。

報酬の20%程度の手数料は取られますが、1案件で1万円以上稼げる仕事も多いです。ただし、Webデザインや開発などは専門スキルが必要になります。

初心者でもチャレンジしやすいのはライティングですが、ライバルが多く1文字あたり0.5円以下の案件も多いため、1時間あたり400円〜500円しか稼げない場合もあります。

副業を解禁する企業も増えており、人気の案件は50人以上が応募することもあるなど競争率が高いです。

また仕事を獲得できても、クライアントが納得するクオリティでなければ、報酬がもらえなかったり、その後の継続はありません。

プログラミングなどのスキルを持っている方やライティングを得意とする方におすすめの方法です。

在宅で稼ぐ方法④投資・FXでの不労所得

投資やFXによって在宅で稼ぐ方法も1つです。投資やFXは、自分が働かなくても利益を得ることが可能です。

FXであれば、米ドル/円、ユーロ/円など2ヶ国の通貨を売買することで稼ぐことができます。

例えば米ドル/円が1ドル=100円の時に1,000通貨(10万円分)購入し、1ドル=105円の時に1,000通貨を売却すれば5,000円の利益です。

FXは24時間取引ができ、業者によっては4,000円〜5,000円の資金で取引を開始できます。相場変動が激しく、1日で10%〜20%以上価格が上昇することも珍しくありません。そのため、10万円の投資金で1日に1万円〜2万円稼いだり、損失を負う可能性があります。

投資資金が少なすぎると、わずかな相場変動で証拠金維持率が低下してロスカット(全ポジション強制執行)になるので、少なくても10万円以上の資金はあった方が安心です。

株式投資はFXほど値動きの激しさはありませんが、10万円の投資金で月に10%以上の利益を得ることも可能です。ただし、FXも株式投資も損失を負うリスクがありますのでリスク管理を徹底する必要があります。

リスクを抑えたいなら仮想通貨取引がおすすめ

株式投資やFXは不安がある」「もっと少ない投資資金で始めたい」という方におすすめの在宅で稼ぐ方法が仮想通貨取引です。

仮想通貨取引は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を売買して不労所得を稼ぎます。24時間365日いつでも取引ができ、相場の動きは激しいです。

ただし、株式投資やFXよりも少ない投資資金で始められるので、リスクを抑えることができます。

例えば、仮想通貨取引所のコインチェックであれば500円からビットコインへの投資が可能です。

投資資金が少ないので、相場が急落しても負う損失額は限定的です。手元資金が少なくても手軽に始められるので、投資初心者に仮想通貨取引はおすすめです。

ただし、リスクを抑えられるといっても損する可能性がありますので、多くの情報を得た上で判断するようにしてください。

在宅で稼ぐなら継続できるものがおすすめ!

この記事のまとめ
  • 在宅で稼ぐ方法は、ハンドメイド品を売ったり、クラウドソーシングをしたり、広告収入を得たりする方法などがある
  • 投資初心者には小額の手元資金で手軽に始められる仮想通貨取引がおすすめ
  • 在宅で稼ぎたいのであれば、長く継続できることかどうかが大事
  • まずは自分ができることや必要なスキルが何かを確かめよう

これから暗号資産(仮想通貨)の取引を始めるなら、ここからCoincheck(コインチェック)に登録

今回は、在宅で稼ぐ主な方法の特徴や手順、メリットや注意点などを紹介しました。

在宅で稼ぐ方法は、ハンドメイド品を売ったり、クラウドソーシングをしたり、仮想通貨取引をするなど多数あります。

ただし、在宅で稼ぎたいのであれば、簡単に稼げることだけでなく、長く継続できることかどうかが大事です。

継続できれば、ノウハウが蓄積されるので成功確率を高められる可能性があります。

まずは、自分ができることや必要なスキルが何かを確かめてみましょう。

働いてお金を増やす
最新記事