投資でお金を増やす

1年後には100万円!?暗号資産(仮想通貨)の積立投資をわかりやすく解説

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産(仮想通貨)で積立投資をしようと思っている方
✔ リスクを少なくして、堅実に稼ぎたいと思っている方
✔ 暗号資産(仮想通貨)の積立投資ができる暗号資産(仮想通貨)取引所を知りたい方

暗号資産(仮想通貨)への投資と言ってもさまざまな方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。中でもおすすめの投資法が積立投資です。

積立投資は暗号資産(仮想通貨)の特徴にも合った、優れた投資法です。うまく利益をあげることができれば、小さな元手であっても1年で100万円を貯めることも不可能ではありません。

今回は暗号資産(仮想通貨)の積立投資を徹底解説します。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)の積立投資は、少額からでもできるリスクの少ない投資方法
  • 暗号資産(仮想通貨)の積立投資のメリットは「リスクが少ない」「感情的な投資をしなくなる」「知識が必要ない」、デメリットは「結果が出るまでに時間がかかる」「毎月投資する必要がある」「一気に利益は出ない」
  • 暗号資産(仮想通貨)の積立投資に向いている人は「忙しくて時間をかけられない人」「細かい分析や専門用語が苦手な人」「長いスパンで投資を考えられる人」
  • 暗号資産(仮想通貨)の積立投資はCoincheckの「Coincheckつみたて」で行えるが、それ以外の暗号資産(仮想通貨)取引所でも自分で毎月の積立額を決めて行う方法がある

これから投資を始めるならビットフライヤーでまずは登録しましょう。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資とは? 1,000円からスタートできる定期預金として利用可能!

投資と聞くと、値動きを見ながら売り買いを繰り返して利益を狙うイメージがあるかもしれません。確かに過去には売り買いを繰り返すことで大きな利益をあげた人もいます。

積立投資は短期的に売買をするものではありません。毎月決まった額を暗号資産(仮想通貨)に投資し、積み立てていく投資です。イメージとしては定期預金に近いものです。

積み立てる金額も1万円や、1000円といった少額からでも大丈夫です。そのため投資や暗号資産(仮想通貨)の初心者であっても気軽に始めることができます。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資には、

  • 口座から毎月自動で積み立てられる方法
  • 自分で決まった額を入金し積み立てる方法

の2種類があります。自分や暗号資産(仮想通貨)取引所などの環境に合った方法を選ぶといいでしょう。

ドル・コスト平均法

積立投資は、より正確には「ドル・コスト平均法」という投資方法です。ドル・コスト平均法は、暗号資産(仮想通貨)のような価格変動のある商品を定期的に一定額分購入することで、平均的な購入単価を下げる投資方法です。

ドル・コスト平均法は、相場が高いときに暗号資産(仮想通貨)を買い過ぎてしまう「高値掴み」のリスクを下げ、相場が安いときにはより多くの暗号資産(仮想通貨)を買うことができます。

例えば毎月1万円分ビットコインを買うとしましょう。

  • ある月には1BTC=1万円なので、1BTCを購入します
  • 別の月には1BTC=2万円に上がっていたので、0.5BTCしか買うことはできません
  • また別の月には1BTC=5000円にまで値下がりしていたので、2BTCも買うことができます

(※1BTCの金額はわかりやすいように、仮定の数字で説明をしています。)

毎月購入額を決めることで実際の購入量が相場の上下に合わせて自動で調整されるのです。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資メリット3選

暗号資産(仮想通貨)は価格変動も大きく、安定して利益を出すことが難しい金融商品です。そのため積立投資と相性がよく、メリットも大きくなります。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資のメリットを具体的に3点紹介します。

投資リスクが低い

暗号資産(仮想通貨)は株式やFXといったほかの金融商品と同じ感覚で取引をすると、投資リスクが非常に大きくなってしまいます。相場の値動きが大きく、大金を投じてもあっという間に失ってしまうことも珍しくありません。

積立投資は同じ金額であっても分散して、長期的に定額ずつ投資をします。そのため投資リスクを低くすることができます

値動きが激しい暗号資産(仮想通貨)市場の中で、ローリスクで投資を楽しむことができるのは積立投資の大きなメリットです。

感情的な投資をしなくなる

積立投資では毎月決まった金額を機械的に積み立てます。そのため投資に私たちの感情が入る余地がなくなり、感情的な投資をしなくなります

2017年末から2018年にかけて、暗号資産(仮想通貨)市場は「暗号資産(仮想通貨)バブル」といわれる空前の高騰を迎えていました。

バブル時には盛んに暗号資産(仮想通貨)に関するCMなどが流れ、「暗号資産(仮想通貨)はもっと値上がりする!」、「今買わないと乗り遅れてしまう!」と多くの人が期待し、最高値付近で投資をしています。

しかし結果として、2018年1月にはバブルが弾けて相場が急落し、バブルに踊らされて投資をした人は大きな損をしてしまいました。

理屈などを無視した感情的な投資では、安定した利益をあげることはできません。バブル時でも冷静に積立投資をしていれば、損失は最低限に抑えることができたはずです。

積立投資は投資から私たちの感情を排することで、リスクを抑えることができます。

特別な知識が不要で初心者もできる

短期的な取引で利益をあげようと思うと、投資について知識を身につけ、相場の値動きを予測して売り買いをしなくてはなりません。初心者からすれば、ハードルが高くなってしまいます。

その点、積立投資は相場も何も見る必要はありません。毎月決まった額をただ積み立てればいいだけなので、初心者でも簡単にできます

積立投資で投資を始め、積み立てる期間を使って投資について勉強するのもいいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)、積立投資のデメリット3点

積立投資のメリットを紹介してきましたが、積立投資も投資である以上当然デメリットがあります。

メリットとデメリットは表裏一体です。いいところだけでなく、悪いところも見て積立投資をするかどうかを選ばなくてはなりません。

結果が出るまでに数年のかかることも

積立投資は結果が出る、利益を確定するまでに数年単位の時間がかかります。同じ資金であれば、まとめて取引をしたほうがすぐに、大きな利益を短期的に出すことが可能です。

積立投資は数年単位で毎月定額を投資して利益を狙います。

結果はすぐには出ませんが、だからこそ短期的な投資よりもローリスクになります。

毎月一定額の投資資金が必要

積立投資では、毎月一定額を積み立てます。つまり、家計からすると、積立投資は、家賃や車のローン、駐車場代などと同じ固定出費と同じ用に感じるかもしれません。

継続することに意味があるので、毎月の固定出費でカツカツになってしまう人には難しいかもしれません。

ただ、積立投資で積み立てた暗号資産(仮想通貨)は数年単位で値上がりを待つ立派な資産のひとつです。(つまり費用ではなく、投資です)言うなれば年金や保険料と同じ「将来への蓄え」と言えます。

将来に備えて現金を貯めるか、暗号資産(仮想通貨)を貯めるかの違いでしかありません。そして暗号資産(仮想通貨)はこれから価値が上がることも期待できます。少額からでもいいので、積み立てを検討してみてください。

一気に利益は生み出せない

投資家の中にはビットコインの値段がまだ低かったころ、あるいは大きく値段が下がったころに何百、何千万円分もビットコインを購入し、値上がりしたタイミングで売ることで大きな利益を狙う人がいます。

実際に売り買いで大きな利益をあげた人もいますが、更にビットコインが値下がりし、大きな損失を負った人もいます。

積立投資は短期的な売り買いで一気に利益を生み出して一発逆転を狙えるような投資ではありません。しかし同様に、大きな損失を被ることもない、堅実な投資方法と言えます。ローリスクローリターンである点は考慮が必要です。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資に向いている人の特徴

投資方法には、それぞれメリットやデメリットがあります。そして結局積立投資を選ぶべきかそうでないかというのは、個人の性格や資質による部分が大きいです。

自分に合わない投資方法は続かないものです。積立投資に向いている人の特徴を紹介しましょう。

投資にかける時間が1ヶ月に数回程度

サラリーマンなどをしていて、副業として暗号資産(仮想通貨)に手を出したい人だと、普段は忙しくてなかなかチャートを見たり取引をするための時間がないこともあるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資は、1ヶ月に1度入金さえすればいいだけなので、忙しい人にこそ向いている投資方法です。毎日チャートを見る必要もありません。投資にかける時間はほんのわずかで済みます。

細かな分析や専門用語が苦手

チャートの値動きを元に暗号資産(仮想通貨)を取引する場合は、価格がどう変化するのかを予測するためにチャートを分析しなくてはなりません。そのため細かな分析を行うための知識や専門用語を理解しておく必要があります。

積立投資は毎月積み立てておけばあとは放置しておけばいいので、分析や専門用語が苦手な人にはおすすめです。反対にチャートを見て値動きの予想を楽しめる人は、積立投資には向いていません。

1年から3年など長期的に投資を考えられる

積立投資は結果が出るまでに数年かかります。すぐに目に見える結果が欲しい、アクティブな人には積立投資は向きません。

積立投資は1年から3年ほどといった長期的な視野で考えなくてはなりません。粘り強く、辛抱強く投資ができる人に合った方法です。

自動積立可能な暗号資産(仮想通貨)取引所はCoincheck

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタム
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

実は日本国内で自動積立が可能な暗号資産(仮想通貨)取引所はCoincheckくらいしかありません。日本では自動積立のできる取引所はごくわずかで、かつて対応していたところも自動積立をやめてしまうケースが相次いでいます。

ただ自動引き落としでなくとも、自分で毎月定額を入金して暗号資産(仮想通貨)を積み立てる方法であれば、どの取引所であっても積立投資をすることは可能です。

Coincheckの「Coincheckつみたて」

Coincheckでは「Coincheckつみたて」というサービスを利用することで、指定の銀行口座から自動で積立投資をすることができます。

最小金額は月1万円からで、

  • 月に1度積み立てを行う「月イチつみたてプラン」
  • 設定した月額を該当月の日数で割って毎日積み立てる「毎日つみたてプラン」

の2種類のプランから選ぶことができます。

「Coincheckつみたて」で特筆すべき点は、積み立てに発生する口座振替手数料やサービス手数料といった手数料が一切かからないことです。その分多くのお金を積み立てに回せます。

bitFlyerとZaifの積立投資は停止中

かつてはCoincheckのほかに、bitFlyerZaifも自動積立サービスを行っていました。

Zaifの「Zaifコイン積立」では手数料こそかかるものの、最小で月に1000円から積み立てができました。bitFlyerでもクレジットカードから積み立てを行えました。

現在ではいずれのサービスも停止しています。ただ今後再開する可能性もないわけではないため、頭の片隅に入れておいてもいいでしょう。

「自分で定額入金して積立」もおすすめ!

Coincheck以外の暗号資産(仮想通貨)取引所であっても、自分で毎月定額を積み立てるように習慣づけることができれば、充分積立投資は可能です。

自動積立だと、毎月機械的に同じ額を積み立てます。そのためちょっと今月は余裕がなくて積立額を減らしたい、あるいは反対にボーナスなどが出て余剰金があるので積立額を増やしたい、といったケースへの対応が難しくなります。

自分で入金していれば、自分の加減で積立額を変えられるので便利です。

ほかにも自分で入金をしていると、積立投資をしていることに対して自覚的でいられます。「○○円まで積み立てたい」というような目標設定もしやすいです。やや手間に思うかもしれませんが、自分で定額入金をして積立投資をするのもおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資におすすめな取引所4選

積立投資はどんな暗号資産(仮想通貨)取引所でも行うことができますが、中でも積立投資に向いているところがあります。積立投資では1年から3年ほどの長い期間、資産を預けておかなくてはなりません。

そのため特に暗号資産(仮想通貨)取引所の信頼性を重視する必要があります。積立投資におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック)

積立投資を語るうえで欠かせないのが、「Coincheckつみたて」で自動積立のできるCoincheckです。Coincheckつみたては手数料無料で自動積立ができます。

Coincheckはかつて大規模な流出事件を起こしましたが、その後は経営体制を一新し、セキュリティ対策を強化してきました。現在では信頼して資産を預けることができる取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、かつてできたクレジットカード積立こそ停止していますが、依然として積立投資におすすめの取引所のひとつです。bitFlyerは日本で最もビットコインの取引高が高く、サービス利用率も日本一の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

bitFlyerは日本で最初に補償制度を定めるなど、セキュリティや補償に力を入れています。信頼性はとても高く、安心して資産を預けることができます。

GMOコイン

GMOコインは積立投資にかかる取引手数料などをはじめとするさまざまな手数料が一律で無料であり、その分多くのお金を積み立てることができます。

加えてGMOコインはあのインターネット大手であるGMOインターネットグループが運営しており、信頼性は抜群です。GMOインターネットグループはGMOクリック証券など、ネット金融のノウハウを豊富に有しており、セキュリティ対策なども万全です。

bitbank(ビットバンク)

bitbankは手数料の安い手数料であり、条件次第ではマイナス手数料、つまり手数料分を反対に受け取ることができます。積立投資ではなかなか受け取ることはできないかもしれませんが、狙えるのであれば狙ってみるのもいいでしょう。

またbitbankはすべての資金をコールドウォレット(ネットワークにつながっていないウォレット)で管理するなど、セキュリティも信頼性が高いです。

暗号資産(仮想通貨)の積立投資はリスクが少ない堅実な投資方法

この記事のまとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)の積立投資は、少額でもできるリスクの少ない方法
  • メリットは「リスクが少ない」「感情的な投資をしなくなる」「知識が必要ない」
  • デメリットは「結果が出るまでに時間がかかる」「毎月投資する必要がある」「一気に利益は出ない」
  • 「忙しくて時間をかけられない人」「細かい分析や専門用語が苦手な人」「長いスパンで投資を考えられる人」におすすめ
  • 自動の積立投資は「Coincheckつみたて」で行える

これから投資を始めるならビットフライヤーでまずは登録しましょう。

今回は暗号資産(仮想通貨)の積立投資について紹介しました。

積立投資は毎月決まった額を積み立てることでリスクを抑え、堅実に投資をすることができます。チャートなどを見る必要もないため、手間もかからず忙しい人にもおすすめです。

長期的に見ると、暗号資産(仮想通貨)市場は今後更に価値が上昇していくことが予想されます。この将来性を考えると、価格の低い今のうちに積み立てを開始すると大きな利益を狙いやすくなります

ぜひ検討してみてください。

投資でお金を増やす
最新記事