税金対策

年間取引報告書のないZaifとcoincheckの確定申告方法を解説!

この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

CoincheckでもZaifbitFlyerと並んで、昨年末から年前半にかけて非常に多くの投資家に利用された仮想通貨取引所です。

メイン取引所として使っていた投資家の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、年間取引報告書を発行しない、ZaifCoincheckでいかに確定申告を行うのかについて解説をします。

2019年も仮想通貨の確定申告が必要

確定申告のシーズンが近づいてきているので(2019年2月18日〜3月15日)申告の準備をそろそろはじめないとと思っている投資家の方も多いのではないでしょうか。

確定申告が必要なのはサラリーマン(給与所得者)は昨年末に年末調整を行っていれば、雑所得が20万円以内であれば基本的に申告は不要です。

Coincheckで補償金を受け取った方も対象になりうる

仮想通貨相場も下降気味だったので、現物取引メインの方は該当しないかたもいるかもしれません。一方で、今年、平成30年には年初に仮想通貨の流失等が話題になりました。

その際支払われた補償金についても課税の対象となるため知らない間に確定申告が必要な状態になっていた場合があるので注意が必要です。本来、売却する予定でなかった方も補償金によって売却した際と同様の処理が必要となります。

年間取引報告書で簡便に申告ができる・・・はず?

確定申告については、国税庁のアナウンスもあり1月31日を目処に各仮想通貨取引所から「年間取引報告書」が発行されます。

これを使えば複数の取引所で取引をしても損益計算を簡便に行って申告ができることになっていました。

CoincheckとZaifでは年間取引報告書が発行されない

CoincheckでもZaifはbitFlyerと並んで、昨年末から年前半にかけて非常に多くの投資家に利用された仮想通貨取引所です。

しかし、困ったことに利用者の多い「Coincheck」と「Zaif」では年間取引報告書が発行されないことが判明しました。

Zaifでは年間取引報告書が発行されるようになったようです!それに合わせて記事内容を書き換えています。(2019年3月9日)

Coincheck年間取引報告書

▼Coincheck
https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/109

▼Zaif
https://corp.zaif.jp/info/10705/
年間取引報告書が発行されるようになりました。

参考:https://hoetako.com/zaif-coincheck/

そのため、仮想通貨損益計算を自分で行う必要がある

年間取引報告書がなかったとしても申告の義務は変わりません。

そのため、仮想通貨の損益計算を自分自身で行う必要が出てきています。エクセルで計算をしてもいいですが、取引が多い方や少なくても面倒だと感じる方も多い方と思います。

そこでCryptoLinCという仮想通貨税務研究会とクリプトリンク株式会社が提供する無料で使えるツールをご紹介します。

まずはCoincheckとZaifで取引データを取得

それぞれの取引所のデータを取得します。画面付きで紹介をするので、ステップに沿ってファイルを取得してください。

Coincheck(コインチェック)のデータのエクスポート

コインチェックにログインをして各種データを取得します。コインチェックでは少し面倒ですが、以下の手順に沿って各種ファイルを一つずつダンロードしていきます。

画面1:左のサイドメニューからデータが必要な項目をクリックします。

画面が移動したら少し下にスクロールすると、「CSVとしてエクスポート」があるのでクリックをしてファイルをダウンロードします。

  • ① 現物取引(購入)ファイルの取得
    ウォレット>コインを買う>CSVとしてエクスポートを選択します。
  • ②現物取引(売却)ファイルの取得
    ウォレット>コインを売る>CSVとしてエクスポートを選択します。
  • ③現物取引(送金)ファイルの取得
    ウォレット>コインを送る>CSVとしてエクスポートを選択します。
  • ④現物取引(受領)ファイルの取得
    ウォレット>コインを受け取る>CSVとしてエクスポートを選択します。
  • ⑤現物取引(法定通貨預け入れ)ファイルの取得
    ウォレット>日本円/USドルを入金する>CSVとしてエクスポートを選択します。
  • ⑥現物取引(法定通貨出金)ファイルの取得
    ウォレット>日本円を出金する>CSVとしてエクスポートを選択します。

Zaifのデータのエクスポート

アカウント>各種サービス>取引履歴CSV>年の選択>ファイルをダウンロード

仮想通貨の入出金を行った場合

入出金を行った通貨を選択>CSV downloadを選択

CryptoLincでデータを整理

仮想通貨の確定申告が簡単にできるツールCryptoLinCは個人の方であれば現在、無料で利用することができます。

今年の確定申告のために利用してみてください。特に、年間取引報告書がない場合に本当に助かるサービスです。

アカウントの登録

クリプトリンク(CryptoLinC)のサイトから簡単にサービス登録が行なえます。さいとにアクセスをしてアカウントを作成しましょう。

個人の利用者では一切お金はかかりません。

取引データのアップロード

さきほど、ZaifとCoincheckでダウンロードをした取引データを以下の要領でCryptoLinCにアップロードしてください。

アップロード>ファイルをドラッグ&ドロップ>取引所を選択する

年間取引報告書のエクスポート

データの取り込み、計算が完了すると以下の取引データがダウンロードできるようになります。

  1. 年間取引報告書(画面上・PDF)
  2. 年間取引データ(画面上・CSV・PDF)
  3. データ処理報告書(PDF)

こちららの年間取引報告書をPDFでダウンロードします。

Zaifの年間取引報告書が文字化けする場合は

Zaifの年間取引報告書は通常のEXCELでは文字コードの関係で文字化けをしてしまいます。

CryptoLinCでは、以下のサイトを参考に文字化けを直した形でファイルをダウンロードができるZaif年間取引報告書解析ツールも提供しています。(なんとも細やかな気配り・・・!)

▼Zaifの年間取引報告書が文字化けして困ったら
https://corp.cryptolinc.com/2019/03/06/zaif/

確定申告の際に利用

クリプトリンクで出力できる帳票の年間取引報告書上の損益額を利用して申告をしてください。また、クリプトリンクでは計算代行を行うサービスも提供しています。

もし不安な方は、連絡をしてみてはいかがでしょうか?

無料で行えるのでZaif、Coincheck取引でお困りの方は要チェックです。

CryptoLinC(クリプトリンク)はこちらから!

税金対策
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト