仮想通貨を売る

ビットコインを現金化する方法を徹底解説!これを読めば完璧

この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

仮想通貨に投資する人はどのように買うか気になるものですが、仮想通貨を日本円に現金化する方法も重要です。

仮想通貨を日本円にする方法に慣れていないと現金が必要なときに困ってしまいますし、売るタイミングを逃してしまうこともあります。

そこで、仮想通貨を日本円に現金化する4つの方法と、税金について解説しますのでぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • 取引所・交換所で換金するのがもっとも簡単で安定する方法
  • 他にもビットコインATMを使う、直接別の人と取引する、決済サービスを利用することでビットコインを換金できる
  • 利益がある状態で現金化したり、別の仮想通貨を購入すると課税対象となる

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に換金する方法

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に換金する方法は大きく4つあります。

それぞれどんな方法なのか簡単に紹介します。

(1)取引所・交換所で換金

ビットコインを日本円にする最もオーソドックスな方法が、国内の仮想通貨取引所を利用する方法です。

コインチェックやビットフライヤーが有名ですが、国内取引所は日本円資産を預けておくことができます。

ビットコインを日本円に換金して、国内の銀行に出金申請することができます。

(2)ビットコインATMで換金

仮想通貨を現金化できるビットコインATMもあります。

ビットコインATMの端末と、ビットコインを入れたスマホのモバイルウォレットを操作して、ビットコインを日本円などの法定通貨に換金できます。

(3)直接欲しい人と取引する

もし知人でビットコインが欲しい人がいれば、その人と取引することで換金できます。

取引相手のウォレットにビットコインを送金して、対価となる日本円を振込してもらうか、手渡しで受け取る流れが考えられます。

ただし、インターネットで知り合った相手など匿名の取引や、知らない相手との取引は危険なので避けましょう。

(4)決済サービスを利用する

ビットコイン払いができる決済サービスを利用する方法もあります。

普段は日本円で支払う決済をビットコインで払うことができれば、実質は日本円に換金しているのと同じことになります。

このうちメジャーな方法は次の2つになります。

  • (1)仮想通貨取引所
  • (2)ビットコインATM

それでは、それぞれのやり方をより具体的に解説します。

仮想通貨(ビットコイン)取引所での現金化の手順

仮想通貨(ビットコイン)取引所で現金化する流れを解説します。

ステップ(1)仮想通貨取引所に仮想通貨を入金する

まず、現金化したい仮想通貨を扱っている取引所に入金します。

ビットコインやイーサリアムを現金化するならどの取引所でも可能ですが、リップルなどアルトコインを現金化するときはその通貨を扱っている取引所を利用します。

まず取引所の口座を開設して、保有している仮想通貨のウォレットから取引所の自分のアドレス宛に送金します。

ステップ(2)仮想通貨を売って日本円に換金する

取引所に仮想通貨を入金したら、そのコインと日本円のペアで取引をします。

できるだけ仮想通貨の価格が上がっているときに売って日本円にしましょう。

ステップ(3)日本円資産を出金申請する

仮想通貨を売って日本円に換金したら、取引所内の「日本円資産」の残高として反映されます。

あとは取引所の手続き方法に従って出金申請すれば日本円として受け取ることができます。

通常は手持ちの預金口座に銀行振込で出金できます。

仮想通貨(ビットコイン)ATMでの現金化の手順

次にビットコインATMで現金化する手順を解説します。

ステップ(1)ビットコインATMの設置場所を調べる

まずビットコインATMがある場所を調べて、近くにあれば設置場所まで行きます。

情報が古いとビットコインATMが撤去されていることもあるので、最新情報を調べるようにしてください。

ステップ(2)ビットコインATMを操作する

ビットコインATMはATMの画面を見ながら操作して、スマホのウォレットを使います

まずATMの操作で仮想通貨を売却する取引を選択します。

そうすると、ATMに仮想通貨を送金する先のアドレスのQRコードが表示されます。

スマホアプリでコードを読み取って、現金化したい仮想通貨を送金します。

ステップ(3)ATMから現金が出てくる

モバイルウォレットからビットコインATMのアドレス宛に送金すると、換金の操作が完了します。

ビットコインがATMのアドレスに届くと、ATMから現金が出てきますので換金完了です。

その際に手数料が引かれた金額が出てきますので注意してください。

仮想通貨(ビットコイン)を現金化する時の税金

仮想通貨を現金化して利益が出ると、税金が課税されます。

仮想通貨の利益に課税される税金は所得税住民税です。

仮想通貨を売って利益が出ると、雑所得という扱いで所得金額が増えるからです。

ホールドしている仮想通貨が値上がりして含み益がある状態ではまだ課税されませんが、それを売って利益が確定するとその年の所得税と住民税が課税されます

仮想通貨(ビットコイン)で5万円儲かって換金したら税金はいくらかかる?

仮想通貨を売った利益は所得税と住民税が課税されますので、それぞれ順番に解説します。

まず所得税ですが、こちらは1年間の所得の合計に対して課税されますので、仮想通貨現金化以外の本業の年収で税率が変わります。所得税は累進課税なので、収入が多いほど税率が上がるからです。

仮想通貨の売却益と本業の収入の合計金額から所得控除を引いた金額が課税所得です。
課税所得に対する所得税の税率は以下のようになります。

課税所得 所得税率
195万円以下 5%
195万円超~330万円以下 10%
330万円超~695万円以下 20%
695万円超~900万円以下 23%
900万円超~1,800万円以下 33%
1,800万円超~4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

たとえば、仮想通貨以外の本業で年収500万円以上ある人が仮想通貨現金化で5万円儲けた場合、課税所得が500万円程度になると税率は20%です。
5万円の利益があると、税額の目安は1万円ということになります。

一方で、本業と仮想通貨の利益5万円の合計から所得控除を引いた課税所得が195万円以下の人は、税率は5%です。
この場合は5万円の5%ということで、税額の目安は2500円です。

次に住民税ですが、こちらは住んでいる市区町村によっても変わりますが、だいたい課税所得の10%程度が税率です。

住民税は都道府県民税と市区町村民税が課税されますが、この2つを合計すると、日本全国どこに住んでいても10%程度になるようになっています。
そのため、住民税の計算はシンプルで、仮想通貨現金化で5万円の利益があれば、その10%ということで、税額の目安は5000円です。

所得税と住民税をそれぞれ個別に計算して、それらを足した金額が、仮想通貨現金化の利益に課税される税額です。

仮想通貨(ビットコイン)にかかる税金を抑える節税方法はある?

会社員が副業でトレーディングする場合は、確定申告が必要なのは副収入が20万円を超えたときです。

仮想通貨を売った利益が20万円以下なら、その年の確定申告は不要となり、所得税額は変わりません。

住民税は20万円以下の副収入でも課税されますので注意が必要ですが、所得税額は安くおさえられます。

仮想通貨現金化は取引所または、ATMを利用する

 

この記事のまとめ
  • 取引所・交換所で換金するのがもっとも簡単で安定する方法
  • 他にもビットコインATMを使う、直接別の人と取引する、決済サービスを利用することでビットコインを換金できる
  • 利益がある状態で現金化したり、別の仮想通貨を購入すると課税対象となる

仮想通貨を現金化するには、主に取引所を使う方法と、仮想通貨ATMを使う方法があります。

仮想通貨ATMはまだ数が多くありませんので、国内取引所で日本円にして、出金申請を行うのが基本です。

仮想通貨を売るときと口座に出金するときに手数料がかかりますので、その点にも注意して取引所を選ぶようにしてください。

仮想通貨を売る
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト