仮想通貨を売る

仮想通貨の売り方を徹底解説!【損しないための注意点】

仮想通貨って売れるの?仮想通貨を売りたいけれど、売るときに損したくないと悩んでいませんか?

仮想通貨を売る場所やタイミングがわからなければ、損をしてしまいますよね。この記事を読めば、あなたが仮想通貨取引でできるだけ損をしないように仮想通貨を売りましょう。

仮想通貨を売りたい時はどうすれば良い?

仮想通貨を売る

仮想通貨はインターネットで登録をした取引所や販売所で「売る」ことができます。

まずは、仮想通貨を売るには、「取引所・販売所どちらが良いのか」について検討する必要があります。

次に、仮想通貨を売る際には、いくつかの注意点があります。注意点をよく理解して仮想通貨を売るタイミングや売り方について決定していく必要があります。

仮想通貨を売れる場所は?

取引所と販売所仮想通貨が売れる場所には、2つの選択肢があります。「取引所で売る」方法と「販売所で売る」2つの方法です。

  • 仮想通貨を取引所で売る
  • 仮想通貨を販売所で売る

取引所・販売所で売る時のメリット・デメリットまで詳しく解説します。

そもそも仮想通貨の取引所・販売所の違いは?

取引所と販売所の大きな違いは仮想通貨の購入先です。

取引所では、個人同士が直接取引をして仮想通貨の売買を行います。個人同士の取引でありますが、約0.2%の手数料が取られます。

それに対し、販売所では個人と仮想通貨交換業者が直接取引をして仮想通貨の売買を行います。

個人と仮想通貨交換業者が取引をする際は「スプレッド」という手数料のようなものが取られます。スプレッドの割合は大手の業者の場合だいたい5%となっています。

取引所と販売所の違いがわかったところで、仮想通貨を「売る」ときに注目して比較をしていきます。

取引所で仮想通貨を売るメリット・デメリット

取引所の特徴は、ユーザー同士で売買をすること。

では、仮想通貨を売る際にはどのようなメリット・デメリットがあるのか挙げていきます。

取引所で売るメリット

取引所で仮想通貨を売るメリットは、販売所で仮想通貨を売るよりも安い手数料で仮想通貨を売れることとレートを自分で決めること(いくらで売るか)ができるということです。

  • 販売所より手数料が安い
  • 指定したレート(価格)で売れる

取引所で売るデメリット

デメリットは、取引所では取引相手がすぐに見つからなければすぐに売ることができない場合があるということです。今すぐ、この価格で売りたいと思っていても成約しない場合があることに注意しましょう。

  • 取引相手が見つからずすぐに売れないことがある

販売所で仮想通貨を売る時のメリット・デメリット

販売所の特徴は、取引所の運営企業と仮想通貨を売買をすること。

では、仮想通貨を売る際にはどのようなメリット・デメリットがあるのか挙げていきます。

販売所で売るメリット

販売所で仮想通貨を売る時のメリットは出した注文がすぐ確約し、注文の出し方も簡単ということです。自分が売りたいと思ったときに売れるということが販売所で仮想通貨を売る利点です。

  • 売りたいと思ったときに売れる

販売所で売るデメリット

一方で、デメリットは、販売所が提示するレートでしか取引が行えないので不利なトレードになってしまう場合があるということです。買値は販売所が決めてしまうので、そのレートに従って売る以外に選択肢がありません。

  • 販売所が提示するレートで売る
  • 取引所より手数料が高い(ことが多い)

仮想通貨を売る時の注意点

仮想通貨を売る場所を選ぶことはもちろん、仮想通貨を売るタイミングを見定めることも損をしないためにはとても大切なことです。

また、仮想通貨にかかってくる税金にも注意が必要です。

注意点①:仮想通貨で損をしない売り方

仮想通貨を取引する上でもっとも重要なのはタイミングです。どれほど良いコインを選んでも、またどれほど将来性のあるコインを選んでも悪いタイミングで売りに出してしまえば損をしてしまいます。

価格が上昇していると、さらなる上昇を期待して売りのタイミングを逃してしまいがちです。特に仮想通貨の場合は、上昇も下落も激しく変動します。確実に利益を確定できるタイミングを逃さないようにしましょう。

注意点②:仮想通貨を売るタイミングを事前に決めておく

仮想通貨を売るタイミング(目標)をあらかじめ決めておくことが損をしない取引の秘訣です。

無理に利益を最大化しようとせずに、自分の目標利益まで達したら売りに出すという明確な目標があれば「もっと上がるはず」などの期待から大暴落に巻き込まれるリスクを減らせます。

注意点③:仮想通貨を売る時の税金

仮想通貨で出た利益は雑所得に分類されます。最大で55%もの税率が適応されるので、儲かったと思って安心して使い込んでしまうと税金を支払えなくなってしまいます。 

2017年12月に国税庁が発表した「仮想通貨に関する所得の計算方法について」によると、仮想通貨の利益が20万円を超える場合は確定申告の必要があるとのことです。

また、主婦や学生など扶養されている方は33万円以上の場合に確定申告が必要になります。
▼おすすめ記事▼
ビットコインの換金率とは?換金方法と税金について解説!

仮想通貨の出金について

仮想通貨をドルや円で出金する場合、取引所によって差はありますが手数料が発生します。出金は頻繁に行うことでないため、手数料について重視する人は少ないかもしれませんがBITPOINT、 DMMbitcoin、GMOコインはクイック手数料が無料となっているので要チェックです。

日本円で出金する場合、銀行振り込みになるので銀行の営業日や時間によっても影響されます。

▼おすすめ記事▼
これを読めば完璧!ビットコインを現金化する方法を徹底解説

仮想通貨取引で得をするために

仮想通貨を売るときに大切なのは、売る場所とタイミングでしたね!
自分の持っている仮想通貨を売るときはいつどこで売るのかをよく考えてから売れば、より良い投資に繋がること間違いなしです。

それから、仮想通貨にかかる税金についても該当する方は確定申告を忘れないようにしてください!

初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト