レバレッジ取引入門

仮想通貨FXの仕組みとは?知っておくべきキーワードも併せて解説

この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨FXの仕組みについて知りたい方
✔ 仮想通貨FXを始めようとしている方
✔ 仮想通貨FXで儲けようとしている方

「仮想通貨FXってよく聞くけどなんでFXが付いているの?」のように、仮想通貨FXという言葉や内容について疑問を感じている方も多いでしょう。

今回は、仮想通貨FXの仕組みなどについて、分かりやすく解説していきます。また、仮想通貨FXでおすすめの取引所についても3ヶ所紹介します。

仮想通貨FXに興味はあるけど、よく分からないので取引していないという方は、仕組みをよく理解した上で検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の要約
  • 仮想通貨FXとは、取引所から借りた資金で取引すること
  • 仮想通貨FXでは、「買い」と「売り」から取引開始できる
  • レバレッジで自己資金以上の取引が可能
  • 相場の変動が激しいので、余剰資金で始めるのがおすすめ

仮想通貨FXとは?

仮想通貨FXとは何かということですが、専門用語では差金決済及び証拠金取引の仕組みを取り入れた仮想通貨取引のことを意味します。

これだけでは、分からない方も多いと思いますので、もう少し分かりやすくまとめますと、仮想通貨取引所から借りた資金を使って取引を行います。

そして、取引を行っている最中の資金移動は行われず、取引結果に応じて元本が増減するという仕組みです。

仮想通貨FXと現物取引の違いは?

仮想通貨FXと現物取引の仕組みは、自己資金の取り扱いと取引における資金移動について大きな違いが有ります。

現物取引は自己資金で取引しますが、仮想通貨FXでは自己資金を取引所へ預けて、その金額に応じた円や仮想通貨を借りて取引を始めます。

また、現物取引は買いから売りの間でも、実際に資金が増減しますが仮想通貨FXは買いと売りを1セットとして、1セットの取引が完了するまで資金の増減はしません。

仮想通貨FXの取引の仕組み<事例を交えて説明>

まず、レートは1BTC=100円、ユーザーが100円を保有していると仮定して、取引所に100円を預けます。

実際の取引では、「買い」または「売り」から始められるので、「円」もしくは「ビットコイン」を取引所から借りて取引を開始します。

この後の流れは、買いからであれば「安く買って高く売る」、売りからであれば「高く売って安く買い戻す」というシンプルな仕組みとなっているのでチャレンジしやすいでしょう。

仮想通貨FXの特徴

続いては仮想通貨FXの特徴を3つ紹介していきます。

特に仕組みについては、現物取引とは大きく違う特徴があるので、今回は仕組みに関連した特徴をピックアップしています。

  1. 自己資金以上の取引が可能
  2. 売りから取引を始められる
  3. 差金決済取引なので取引途中で受け渡ししていない

特徴1:自己資金以上の取引が可能

仮想通貨FXの仕組みを知る上で必要なポイントの1つが、証拠金取引についてです。

証拠金取引とは、自己資金を取引所に預けて自己資金と同額もしくはそれ以上の金額で取引を行うことをいいます。

それ以上の金額とはレバレッジのこと。自己資金10万円の場合、レバレッジ2倍であれば、20万円分の取引ができます。

また、レバレッジによって倍率を掛けた分だけ、利益・損失額も大きくなるという仕組みとなってるため注意しましょう。

特徴2:売りから取引を始められる

仮想通貨FXは証拠金取引ですので、売り注文から取引を始めることができます。

円とビットコインの通貨ペアの場合、証拠金に応じてビットコインを借り、そのビットコインを売却。ビットコインを売ったことで円を手に入れられます。

次に、手元にある円を売ってビットコインを買い戻して、取引完了です。

売り注文によって、手に入れた通貨の価値が下がり、買い戻した時に手元に残っていれば利益が得られています。

特徴3:差金決済取引なので取引途中で受け渡ししていない

仮想通貨FXの仕組みと特徴を理解する上で、差金決済取引というルールが存在していることを忘れてはいけません。

現物取引の場合は、買い注文でビットコインを購入したら、自分の資産として決済や送金・別の取引に用いることができます。

しかし、仮想通貨FXの場合は、資金の移動は行われていないので、仮に買い注文を入れて約定しても、自身の残高に変化はありません。

買い・売りの1セットが完了した時点で、口座残高に変化が起きます。

仮想通貨FXで覚えておくべきキーワード

続いては、仮想通貨FXの仕組みを覚える上で、比較的高い頻度で出てくるキーワード4つを説明していきます。

どれも、仮想通貨FXの基本ですので、しっかり押さえておきましょう。

  1. 追証
  2. ロスカット
  3. 赤残
  4. 証拠金

追加証拠金、略して「追証」

仮想通貨FXの仕組みを知る上で追証は、欠かすことができません。

追証を簡単に説明しますと、取引所に預け入れた自己資金(証拠金)が、設定した損失額以上の損失が発生したとき、追加で資金を投入するという制度です。

例えば、自己資金の維持率が80%として、ある取引で損失を出してしまい自己資金が60%まで減少すると、取引がストップ。80%以上まで資金を投入しないと再開できないということです。

取引を中断させる「ロスカット」

ロスカットとは、損切のことです。仮想通貨FXの場合は、強制ロスカットという言葉もあります。

前述で解説した追証が必要な場面で、取引をストップさせるために自動的にロスカットされることです。

ロスカットは、仮想通貨FXの仕組みについて学んでいると良く出てくるので、聞いた事のある人も多いでしょう。

実際は、現物取引でもよく出てくるのですが、仮想通貨FXの仕組みを説明する上で頻出するため印象的となっているのかもしれません。

使用頻度は少ないが、覚えておきたい「赤残」

仮想通貨FXの仕組みを解説しているサイトや書籍によっては、赤残という言葉を使う場合もありますが、あまり使わない言葉です。

赤残とはマイナスという意味で、例えば取引の結果マイナス1万円になり、自己資金が減少した際に赤残したなどと使います。

レバレッジ取引で一般的には「マイナスや損失」といった言葉ですが、むしろ、取引所から取り立てを受ける状態のことで避けたい状態とおぼえておきましょう。

取引所に預けている自己資金の「証拠金」

ここまで既に何度か証拠金という言葉が出ていますが、仮想通貨FXの仕組みの柱ともいえるものです。

証拠金とは担保となるお金のことで、取引所に預け入れている自己資金のことを指しています。

また、証拠金維持率という言葉もあり、追証で説明したように一定の損失額が発生すると取引がストップして、追加で証拠金を入れる必要があります。

ちなみに証拠金維持率は取引所によって異なります。

仮想通貨FXでおすすめの取引所

最後に仮想通貨FXを行う上でおすすめの取引所を3つ紹介します。
どれも、仮想通貨FX取引を行うユーザーにメリットとなる、仕組みやサービスが含まれているので要注目です。

取引所1:ビットバンクトレード

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

1つ目は仮想通貨取引所ビットバンクトレードです。

ビットバンクトレードは、日本で初めて仮想通貨の先物の取引サービスを始めた取引所で、仮想通貨FXサービスも展開しています。

追証の仕組みがないという点がおすすめポイント。

ビットバンクトレードでは、追証制度がないので一定の損失が発生した際に追加で資金を投入する心配がないというメリットがあります。

しかし、その分損失の管理は自身でしっかり行う必要があります。

取引所2:DMMBitcoin

取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

2つ目は国内で有名な仮想通貨取引所の、DMMBitcoinで、仮想通貨FXのサービスを展開しています。

おすすめポイントは、国内のFX対応業者の中では取り扱い通貨が7種類と豊富な点、操作画面の使いやすさが魅力な点です。

国内の取引所の多くは、ビットコインやイーサリアムの仮想通貨FXに限定されていました。DMMBitcoinは7種類という取り扱い通貨ですので、戦略の幅が広がります。

取引所3:ビットポイント

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

3つ目は国内取引所のビットポイントで、仮想通貨FXのレバレッジ最大25倍、メタトレード4が使えるという点がおすすめです。

レバレッジが最大となる25倍ですので、大きな利益を得たいという方におすすめです。しかし、その分損失額も同じ倍率ということに注意です。

また、メタトレード4はテクニカル分析ツールとして、高い評価を得ているもので、こちらを使用できるというのは大きな魅力といえます。

仮想通貨FXを始める際は現物取引とは仕組みが違うことを意識するのが大切

この記事のまとめ
  • 仮想通貨FXとは、取引所から借りた資金で取引すること
  • 仮想通貨FXでは、「買い」と「売り」から取引開始できる
  • レバレッジで自己資金以上の取引が可能
  • 相場の変動が激しいので、余剰資金で始めるのがおすすめ

仮想通貨FXの仕組みについて解説しましたが、これから仮想通貨FXを始める方は現物取引とは仕組みも取引の流れも違うことを理解することが大切です。

一見すると同じように見えますが、証拠金取引という点や倍率が掛けられること、空売りができる点など様々な違いがあります。

また、相場の変動も現物取引より大きい傾向があるので、余剰資金で始めることがリスク回避に繋がるでしょう。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

レバレッジ取引入門