レバレッジ取引入門

基礎から学ぶビットコインFX。レバレッジでハイリターン

ビットコインFX
この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

ビットコインFXと聞いてどんなイメージを持ちますか?

『FX投資は危ないんじゃないの?』と抵抗感のある人も多いのではないでしょうか。

実際にビットコインFXでないと利益が得られない局面があったりと、正しく使いこなすことができれば投資の強い武器になります。

そこで、今回はビットコインFXとは何なのか、ビットコインFXのメリットとデメリットについて紹介します。

ビットコインFXとは何なのか

現物取引と証拠金取引

通常のビットコインを購入したり、それが値上がりしたときに売却したりして利益をあげる売買方法は、『現物取引』といいます。

それに対して、ビットコインFXは『証拠金取引』のことです。これは、一言でいうと、証拠金を担保にして、実際に持っている金額以上のビットコインを売買することです。

証拠金取引の例

例えば、証拠金として50万円を取引所に預けます。通常であれば、50万円相当の0.5ビットコインを購入することができます。(仮に1ビットコイン=100万円とする)

これが、証拠金取引の場合は500万円相当の50ビットコインで取引できるようになります。

50万円払えば、なぜか500万円分のビットコインをもらえるということではありません。

証拠金の50万円を担保にして、500万円(5ビットコイン)相当の取引ができる、ということなのです。

これをレバレッジといい、50万円を担保に500万円相当の取引ができることをレバレッジ10倍といいます。

レバレッジはてこという意味で、てこの原理は小さい力で大きな力を生む仕組みのことを言います。

例)

取引所 証拠金 レバレッジ 取引金額
bitFlyer 10万円 15倍 1500万円
DMMビットコイン 10万円 5倍 500万円

 

ハイリスク・ハイリターンの証拠金取引

通常であれば10万円で仮に5倍に値上がりをしたとるすると、50万円になります。つまり40万円の利益ですね。

一方で、証拠金取引を利用して、10万円を元手に50万円の取引をしていたとすると5倍の値上がりで250万円。つまり200万円の利益を手に入れることができます。

ビットコインFXの説明

この例からわかるように証拠金取引は『ハイリスク・ハイリターン』の投資なのです。

この『取引ができる』というところがポイントで、5倍の資金をもらえるわけではなくて、最終的には取引をした後の差額で計算をして精算します。上の図でいうと『元手資金の10万円』と『200万円の利益』の部分が精算されるという仕組みです。

ビットコインFXのメリット

利益額が大きくなる

先にも説明をした通り、価格が変動する場面では現物取引をするよりも、ビットコインFXの方が利益が大きくなります

例えば、1ビットコインが50万だったときに50万で1ビットコインを買って、ビットコインの価値が60万になって、価値が高くなったときに1ビットコインを売ると10万円の利益になります。

ビットコインの価値が0円になると50万の損失になりますが、自分が投資した金額以上に損失が発生することはありません。

ビットコインFXは元手の最大25倍のレバレッジをかけて取引を行うことができます。

資金が少なくても大きなリターンを狙える

少ない元金でレバレッジをかけて投資をできることもビットコインFXのメリットの1つです。ビットコインが5倍に10倍になっても、そもそもの投資額が小さいからあまり意味がない、と感じている人は多いと思います。

例えば10万円しか投資できる金額がなかったとしても、25倍のレバレッジをかければ、250万円相当のビットコインを持って投資ができるのです。

このように少額の元手資金でもハイリターンを狙うことができるのが、ビットコインFXのメリットです。

売りから入ることができる

ビットコインFXの場合は、証拠金を預けておいてその金額を元に『買い』または『売り』から入ることができます。どちらかの方向にポジションを持つことで、実際の価格が動いた分だけ利益を出すことができます。

つまり、ビットコインの価格が下がっている局面でも利益を出すことができるのは現物取引にはない魅力です。

 

ビットコインFXのデメリット

損失額が大きくなる

ビットコインFXのメリットの裏返しですが、デメリットはハイリターン、ハイリスクなので、損失が出たときは25倍の損失を生む可能性があるということです。

そのため、少額で10万円しか手元になかったとしても25倍のレバレッジをかけて、250万円相当のビットコインで取引をしているので、元々の資金以上に損を出してしまうこともありえます。

このあと説明するロスカットという仕組みで強制終了されてしまうこともあるので一定額の損失にはなりますが、リスクも大きいことを認識しておきましょう。

ロスカットによる強制終了

ハイリスクな証拠金取引では、ロスカットや追い証という仕組みで一定の損失に抑える仕組みがあります。

追加証拠金を支払うケース

ビットコインFXを行う場合は、証拠金を担保として取引所に預けておくことを説明しました。

証拠金には維持率という基準がある場合があり、元手の資金がその基準を下回った場合には証拠金を追加で預ける必要があります。これを追加証拠金といいます。

例えば、50万円の証拠金を担保に取引をしていたとします。利用している取引所が設定している維持率の基準が80%の場合は、常に25万円は資金として残っている必要があります。

取引をしているうちに、残高が15万円になってしまったとすると、基準の25万円に10万円足りません。その場合に追加で証拠金を支払う必要があります。

日付 証拠金 損益 証拠金残高
3/1 50万円 -10万円 40万円
3/10 40万円 -10万円 30万円追加証拠金+10万円必要!
3/20 30万円 -15万円 15万円
3/20 15万円

※追証発生の維持率80%の場合

仮想通貨の取引所では追加証拠金なしの取引所もいくつか存在しています。

ロスカットで強制終了

追加証拠金なしの場合やそのまま放っておいて、取引が継続して損失を出していくとはロスカットというルールに当てはまります。ロスカットとは、証拠金維持率の一定の割合を下回ってしまうと取り引きが強制終了されることをいいます。

日付 証拠金 損益 証拠金残高
3/1 50万円 -10万円 40万円
3/10 40万円 -10万円 30万円→追加証拠金+10万円必要
3/20 30万円 -15万円 15万円
3/20 15万円  強制終了  ロスカット発動!

※追証発生の維持率50%の場合

 

GMOコインZaif(ザイフ)など、ビットコインFXで追加証拠金なしの取引所も存在します。いくつか仕組みが異なったりするので、取引所選びの際のポイントとして確認してみてください。

 

FXとビットコインFXの違い

FX(外国為替証拠金)とビットコインFXの違いは何でしょうか。

価格の変動の大きさ

外貨FXとビットコインFXの大きな違いは価格の変動の大きさです。

FXの場合もあまりメジャーではない通貨では変動が大きい場合もありますが、1日に20%-30%も変動する投資はビットコインをはじめとする仮想通貨くらいです。

FXの場合は説明をした通り、『売り』から入ることができますし、価格変動の恩恵も受けられます。

短期間で稼ぐことができるのが、ビットコインFXの魅力です。同時に短期間であっという間に投資した金額が無くなってしまうという危険性もあることを覚えておきましょう。

24時間365日トレードできる

FX(外国為替証拠金)とビットコインFXの違いにトレードが行える時間の違いがあります。

通常のFXの取引は土日は取引することができません。それに対してビットコインFXは24時間365日トレードをすることができます。

平日は仕事で忙しく投資する時間が取れない人でFXをやってみたい人には土日取引ができるビットコインFXの方が時間の調整はし易いということになります。

ビットコインFXをはじめてみる

ビットコインFXがある取引所を確認

ビットコインFXを利用するにはどうすればいいのでしょうか?

まずはビットコインFXを扱っている取引所を調べましょう。現在では、ほとんどの取引所でFXのサービスを提供しています。

取引所の選び方

取引所を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 証拠金取引対象の通貨
  • 最大のレバレッジ倍率
  • 追加証拠金の有無と維持率
  • ロスカット対象

ビットコインFXの取引所を選ぼう

ビットコイン、仮想通貨の証拠金取引サービスを上で説明したポイントを基準にまとめてみました。

取引所 通貨 レバレッジ 追加証拠金 ロスカット
bitFlyer 3通貨(BTC/ETH/BCH) 15倍 80% 50%
coincheck 3通貨(BTC/ETH/BCH) 5倍 なし 50%
DMMコイン 7通貨(BTC/ETH/XEM/
XRP/LTC/ETC/BCH)
5倍 なし 80%
GMOコイン 1通貨BTC 5倍 なし 75%

 

取引所によって、かなり個性があります。

アルトコインで証拠金取引をしたい場合…

DMMbitcoinトップページ

DMMコインは人気のネムやライトコインを含む7通貨でFXを行うことができます。他の取引所では取り扱っていない通貨も多いです。価格変動の激しいオルトコインでさらにレバレッジ取引でハイリスク・ハイリターンを楽しみたい方はDMMコインがおすすめです。

レバレッジをできるだけ高くして取引したい場合…

bitflyerトップ

bitFlyerでは15倍を最大のレバレッジとして取引を行うことができます。通常のFXであれば、レバレッジ25倍などもあったりしますが、仮想通貨はただでさえ価格変動も激しいので5倍や15倍でも十分な値動きになります。

それでもできるだけ、レバレッジを効かせたい場合はbitFlyerが良いでしょう。

まとめ

ご自身にあったスタイルでレバレッジ取引を、是非チャレンジしてみていただければと思います。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

レバレッジ取引入門