仮想通貨の今後

リップル(Ripple/XRP)はもう上がらない?その理由と今後の動向を予想

この記事を読んでほしい人
✔ リップルを保有しているという方
✔ リップルの取引を始めようと思っている方
✔ リップルの今後の価格推移や動向が気になるという方

国際送金に特化しているリップルは、大手銀行が参入するほど注目されている仮想通貨。

しかし、リップルの価格はなかなか上昇していきません。

そこで今回は、いまだに上昇傾向にならないリップルについて、価格が上昇しない原因や今後のリップルの動向についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • リップルは国外の送金に特化した仮想通貨で、多くの企業から注目されている
  • リップルは大手企業の参入や仮想通貨バブルの影響で価格が急騰したが、現在は価格が下がり続けている
  • リップルの価格が上がらない理由として「発行枚数が多い」「仮想通貨市場の低迷」「実用化が進まない」といった点があげられる
  • 「さらなる企業の参入」「リップルが基軸通貨になる」「仮想通貨市場の整備」などが進めば、リップルは再び価格が上昇する可能性がある

リップル(XRP)とは

リップルは2018年11月にイーサリアムを抜いて、時価総額2位となった仮想通貨。リップルの最大の特徴は

  • 国外に送金する際の手数料を安くできる
  • 国外に送金する際にかかる時間を短くできる

という点。つまり「国外に送金すること」に特化した仮想通貨というわけですね。特に銀行などの大手企業から注目されており、日本からも多くの銀行が参入を表明しています。

ちなみにリップルとは本来、送金システムを扱う企業の名前で、仮想通貨リップルの名称は「XRP」なのですが、日本では仮想通貨の呼び名としてリップルが使われています。

通貨名 リップル(Ripple/XRP)
通貨略号 XRP
公開日 2013年9月
公式サイト https://ripple.com/
発行上限 100,000,000,000XRP
国内取引所 ビットバンク(bitbank)、BITPOINT、Coincheck(コインチェック)、DMM bitcoin、GMOコイン、QUOINEX、bitTrade
海外取引所 Binance, BitMEX, Bitstamp 他多数

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

リップル(XRP)のこれまでの動向

新仮想通貨

まずはリップルが誕生してから、現在までの価格の動向を見ていきましょう。

リップルの時代①:誕生~2017年前半

  • 2012年:リップル誕生
  • 2014年まで:価格にさほど変化はなく、1XRP=1円にも満たない価格で推移
  • 2016年:みずほ銀行などのリップルネットワーク参入をきっかけとして、価格が上昇傾向となる
  • 2017年3月:1XRP=約3円まで上昇
  • 2017年5月:ロックアップ発表をきっかけに、一時1XRP=50円まで高騰

徐々にリップルの価値が高まり、価格が上昇していったことが特徴ですね。

ちなみにロックアップとは、リップル社の保有しているリップルを一定期間売却しないというもの。これによってリップルに対する安心感が生まれたのでしょう。

リップルの時代②:2017年後半~現在

 

  • 2017年後半:アメックスとの提携、日韓のリップルネットワーク実験開始などをきっかけに1XRP=150円前後まで急騰
  • 2017年12月:仮想通貨ブームにより、一時1XRP=400円以上まで急騰
  • 2018年前半:調整局面に入り、また仮想通貨市場の冷え込みもあり価格が急落
  • 2018年後半:1XRP=約30円で推移

いわゆる仮想通貨バブルが2017年末に起こり、それが終焉したことで価格が急落……というよりは元の価格に戻ったというところでしょうか。

リップルだけに資産を集中させていると、リップルの価格が急落したとき大きな損失を生みます。リップルの価格が急落したときの損失を抑えるためには、分散投資を行いましょう。

▼リップルの価格が急落したときの対策を解説!詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
リップル(Ripple/XRP)はどこまで暴落する?原因と将来の高騰時期予想 2017年には200円まで価格が急上昇したものの、2018年には30円前後にまで暴落してしまったリップル。 どうして、リッ...

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

リップル(XRP)の値段が上がらない理由

リップルの仮想通貨としての通貨価値は高いのに、なぜ価格が上がらないのでしょうか。

リップル価格低迷の理由1:発行枚数の問題

最も大きな理由は、発行枚数の多さでしょう。発行枚数が多いということは、1枚あたりの価値が小さくなりますから、価格はなかなか上がっていきません。

またリップル社は発行上限1000億枚の半数にあたる、550億枚を保有。もしこれを売却されれば一気に価格が下落するため、積極的に買えないという投資家も多いのです。

実際に2017年にロックアップが発表された時は、リップル社による保有リップル売却がなくなったという安心感から、価格が急騰しました。

リップル価格低迷の理由2:仮想通貨市場の低迷

2018年は多くの取引所でハッキング事件が起きたり、世界経済が不穏な状況になったりして仮想通貨市場全体が低迷気味となっています。

そのためリップルに限らず、他の仮想通貨も下落傾向に。

仮想通貨市場全体の活気がなくなればリップルの価格も下がりますし、逆に仮想通貨市場が活気づけば再びリップルの価格が上昇する可能性もありますね。

リップル価格低迷の理由3:リップルの実用化がされていない

多くの銀行が続々とリップルへの参加を表明していますが、実際にはまだ試験段階で実用化がされていないのも理由の1つといえるでしょう。

銀行が参入した時点では、期待感から価格が大きく上昇しましたが、その後の動きが見られないため、積極的にリップルを買うという動きにつながらないのです。

もしリップルの実用化に向けて大きな動きがあれば、再びリップルの価格が上昇するかもしれません。

ビットポイント(BITPoint)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

今後のリップル(XRP)の値段を左右する材料

サトシ・ナカモトの正体は望月新一氏

今後のリップルの価格を左右するかもしれない、さまざまな材料についてお伝えしていきましょう。

リップルへの世界的な企業の参入

リップルは国際送金システムに特化しています。

  • SBIグループ
  • グーグル
  • マイクロソフト

といった企業も出資しており、いかにリップルが世界の企業から注目されているかがわかりますよね。

これから参入する企業がさらに増えれば、注目度が高まりリップルの価格が上昇していくかもしれません。

リップルが基軸通貨になる

現在、仮想通貨の基軸通貨といえばビットコインですが、大手取引所のバイナンスは「リップルも基軸通貨とするべきだ」という意見を出しています。

  • 手数料の安さ
  • 送金スピード

という点でリップルはビットコインよりも優れていますから、もしリップルが仮想通貨の基軸通貨となればリップルの需要が高まり、価格も上がるかもしれません。

リップルを含む仮想通貨市場の整備

2018年の仮想通貨市場は

  • セキュリティのずさんさによるハッキング被害
  • 受けた被害に対する投資家の資産の保護

といった面からも、市場としての未成熟さを露呈させてしまいました。

仮想通貨市場がきちんと整備され、安心して投資できる環境が整ってくれば、再び価格も安定していくのではないでしょうか。

リップルの価格予想

2018年12月時点のリップルの価格は38円。2017年末に価格が急騰するまでは30円前後で推移していましたから、おおむね元に戻ったといっていいでしょう。

  • 底値(もっとも安い):30円前後
  • 天井値(もっとも高い):50円前後

しばらくはこの間を推移するのではないでしょうか。もし何らかの好材料が出てくれば、50円を突き抜けてさらに上昇していく可能性もありますね。

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

将来性を期待される仮想通貨リップル(Ripple/XRP)

この記事のまとめ

  • リップルは国外の送金に特化した仮想通貨で、多くの企業から注目されている
  • リップルは大手企業の参入や仮想通貨バブルの影響で価格が急騰したが、現在は価格が下がり続けている
  • リップルの価格が上がらない理由として「発行枚数が多い」「仮想通貨市場の低迷」「実用化が進まない」といった点があげられる
  • 「さらなる企業の参入」「リップルが基軸通貨になる」「仮想通貨市場の整備」などが進めば、リップルは再び価格が上がる可能性がある

さて、リップルの価格が上昇しない原因や、今後のリップルの動向についてお伝えしてきました。

大手銀行が参入しているリップルは、とても将来性の高い仮想通貨。

長期的に見れば価格が上昇していく可能性が高いですから、今のうちにリップルに投資しておくというのもアリかもしれませんね。

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト