仮想通貨取引所比較

仮想通貨の現物取引とは?仮想通貨FXとの違いとおすすめの取引所紹介

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨の現物取引を詳しく知りたい方
✔ 仮想通貨とFXの違いを知りたい方
✔ 仮想通貨取引で儲けようとしている方

仮想通貨を売買するにはウォレットを持ち、販売所や取引所を経由することが一般的です。

仮想通貨は実体がないため、よく分からないふわふわしたような印象を持つ人も一定数いると思いますが、形が違っても、株や債券と同じような仕組みとなっています。

そのため仮想通貨にも現物取引と信用取引(FX)があります。
今回は仮想通貨の取引方法について書いていきたいと思います。

この記事の要約
  • 仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を購入し価格の上昇幅で収益を上げること
  • 仮想通貨FXとは、取扱企業等に通貨を預け、仮想通貨を借りて運用すること
  • 自分の行いたい取引のできる取引所を選ぶことが重要

仮想通貨の現物取引とは

一般的に取引時の時価で株や債券を売買する、この通常の取引を「現物取引」といいます(「現物」とのみ言うこともあります)。

仮想通貨にも「現物取引」という手法がありますが、ご存知でしょうか?
投資対象となる仮想通貨を購入し、価格の上昇幅によって収益をあげるやり方のことです。

  • 現物取引とは、取引時の時価で株や債券を売買すること
  • 仮想通貨では、購入した通貨で収益を上げる手法のこと

仮想通貨FX(信用取引)との違い

そもそもFXとは「外国為替証拠金取引」のことを指しますが、仮想通貨の「外国為替証拠金取引」では意味が通じません。しかしこのように呼ばれているのは、FXと同じような方法で取引ができるためです。

仮想通貨におけるFX(信用取引)とは、取扱企業等に証拠金となる通貨を預け、仮想通貨を借りて運用することをいいます。

信用取引を行うためには、取扱手数料・借入手数料・(利益が出た場合)利益手数料といった各種手数料が必要となるので注意しましょう。

リスクとしては、レバレッジが考えられます。
レバレッジとは自分の元金以上の取引ができる仕組みでFXのメリットでもありますが、そのぶん損失が出た時に想定以上の損失がでることもあります。

  • FXと同じ方法で取引可能
  • 証拠金を預けて、仮想通貨を借りて運用する
  • 各種手数料は必要
  • レバレッジのリスクが考えられる

仮想通貨の現物取引をオススメする理由

損失が想定内に

メリットとして、損失が出ても自分の想定内の額であるという点が挙げられます

例えば、ビットコインを50万円分購入し、その価値が0円になったとしても最大で50万円のみが損失となります。

金額によっては大きな金額にはなりますが、購入金額の範囲内であるため、想定可能です。

仮想通貨の現物取引でおすすめの取引所

仮想通貨を手に入れたい場合、仮想通貨の現物取引のおすすめの取引所は以下のとおりです。

アルトコイン取引なら「bitbank

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

アルトコインが「取引所」で、売買できるというメリットのあるbitbank。
アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指します。

他の仮想通貨取引所においては、アルトコインを取引しようと思った場合、「取引所」ではなく「販売所」で購入する方法のみの場合が多いです。
しかし、bitbankでは「取引所」で売買可能です。

「取引所」のメリットは、手数料を安価に抑えることができるという点でしょう。

「販売所」では、仮想通貨取引所が設定した価格で売買を行う必要があります。
つまり、売値と買値の差が実質的に手数料となってしまいます。

一方で「取引所」で売買が可能な場合は、ユーザー同士の合意さえあれば売買成立となり、相場と同じ価格で売買しやすくなるのです。

安定した取引所である「bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

bitFlyerは、ユーザー数・取引量ともに日本一の取引所であり、大手企業や銀行からも多数出資を受けているという点で安定した取引所といえます。

bitFlyerでは現物取引をする方法として、販売所と取引所の2通りがあります。
販売所ではbitFlyerから仮想通貨を売買し、取引所では他のユーザーからビットコインを購入します。

bitFlyerでは、ビットコインの売買手数料が0.01% ~ 0.15%と低めの設定となっております。
さらにビットコイン以外の仮想通貨に関して、販売所での手数料が無料と利用者にとってやさしくなっています。

マイナス手数料が強みの「Zaif

Zaif(ザイフ)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

Zaifはテックビューロ株式会社が運営している取引所で、本社は大阪にあります。Zaifを利用するメリットとして、マイナス手数料というものがあります。

手数料がマイナスなので、取引を行うたびに金額が増えていく仕組みが強みのZaifu。

つまり、仮想通貨取引をするにあたってお得な取引所ということになります。

現物取引ではじめる仮想通貨投資

この記事のまとめ
  • 仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を購入し価格の上昇幅で収益を上げること
  • 仮想通貨FXとは、取扱企業等に通貨を預け、仮想通貨を借りて運用すること
  • 自分の行いたい取引のできる取引所を選ぶことが重要

いかがでしたでしょうか。仮想通貨は実体がないぶんイメージがつかみにくい印象があるかもしれません。しかし仮想通貨の取引は株や債券と非常に似ています。

さらに、日常の買い物の支払いにも仮想通貨が使えるようになってきています。
そういった意味でも仮想通貨は、日常に浸透しはじめているといえるのではないでしょうか。

仮想通貨取引所も様々な種類があり、メリットも多様です。

自分の行いたい取引等に合わせた取引所を選ぶことで、より効果的な取引を行うことができます。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨取引所比較