仮想通貨取引所比較

コインチェック(Coincheck)に登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)に口座を開設したい方
✔ 仮想通貨取引を経験しようと思う未成年の方
✔ これから仮想通貨取引所に口座を開設しようとしている方

仮想通貨取引がブームになって以来、日本国内にもいろいろな仮想通貨取引所が開設されました。

そのひとつに、コインチェック(Coincheck)があります。

今回は、コインチェック(Coincheck)に口座を開設するときの年齢制限の有無や、必要書類などについて解説します。

▼コインチェック(Coincheck)の登録についてはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の登録方法を画像付きでわかりやすく丁寧に解説! 仮想通貨取引をするために、コインチェック(Coincheck)に口座を開設しようと思った時、どのような手続きが必要なのでしょうか...
この記事の要約
  • コインチェック(Coincheck)は口座開設に年齢制限がある
  • 未成年者の登録は難しい可能性がある
  • 国内には未成年者でも口座開設を認めてくれる取引所がある

コインチェック(Coincheck)は年齢制限はあるのか?

”20歳未満、75歳以上、および日本国外に居住する方のアカウント登録は、恐れ入りますが現在受け付けておりません。”
(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

コインチェック(Coincheck)では口座開設に年齢制限が行なわれており、20歳未満と75歳以上は口座開設ができません。

ですから、コインチェック(Coincheck)で口座開設できるのは、20歳以上75歳未満で日本国内に居住している方に限られます。

▼コインチェック(Coincheck)は大学生でも登録できる?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)で大学生は取引できる?注意点、オススメな点をチェック 仮想通貨取引を経験しようと思う大学生の方もいらっしゃることでしょう。 特に、社会人になってから始めようと思うと、なかなか時...
コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

未成年でもアカウントは作成できるのか、方法は?

コインチェック(Coincheck)では未成年の口座開設を受け付けていません。以下、コインチェック以外の取引所の一般的な口座開設手順を説明しています。

本人確認の方法が違う

コインチェック(Coincheck)では未成年者の口座開設を認めていませんが、日本国内の仮想通貨取引所のなかには、未成年者でも口座開設を認めてくれるところがあります。

こうした所では、通常の本人確認手続きに加えて、親権者の同意書が必要となります。

▼コインチェック(Coincheck)の本人確認書類についてはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の本人確認に必要な書類・完了して使えるまでの流れを解説 仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨取引所に口座がなければなりません。 日本国内にある仮想通貨取引所のひとつであるコイン...

未成年者の場合の一般的な口座開設ステップ

日本国内の多くの仮想通貨取引所では、下記のような流れで口座開設が行なわれます。

①アカウントの作成

仮想通貨取引所のホームページにログインして、アカウントを作成します。

②口座開設手続き

住所氏名などの個人情報を入力して口座開設の手続きを開始します。

③本人確認書類の提出

仮想通貨取引所の指定する本人確認を提出します。

④親権者の書類

未成年者の場合には、親権者の同書などの書類を追加して送ります。

⑤郵便物の受け取り

仮想通貨取引所から送られてくる書類を受け取って、本人確認が終了します。
書類の多くは簡易書留で送られてきます。

▼コインチェック(Coincheck)の審査は厳しい?詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
coincheckトップ
コインチェック(Coincheck)の審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 コインチェック(Coincheck)に口座開設の手続きをしたけれど、なかなか連絡が来ない、やっと届いたと思ったら、ダメだったとい...

未成年が投資を始めるのに必要なもの

コインチェック(Coincheck)は今のところ、未成年者の口座開設を認めていませんが、未成年者でも口座開設を認めてくれている取引所では、下記のような書類を別途提出することが求められる場合がほとんどです。

親権者の同意書

親権者の同意書については、仮想通貨取引所側が書式を指定し、ホームページにひな形を公開している所もあれば、そうでないところもあります。

指定がある場合はその書式で、指定がない場合は、指定している取引所の書式を参考に作成するといいでしょう。

親権者との続柄を証明する書類

住民票など、親権者との続柄を証明する公的書類が必要です。
どの証明書類なら有効としているのかは、それぞれの仮想通貨取引所ごとに違いがあります。

ですから、口座開設を考えている取引所がどの種類の証明書類を要求しているのかを調べましょう。

コインチェック(Coincheck)の口座開設に関する口コミ

コインチェック(Coincheck)の口座開設に関する年齢制限などについての口コミを、ツイッターから紹介します。

コインチェック(Coincheck)とは

coincheckトップ仮想通貨取引所はたくさんありますが、コインチェック(Coincheck)はその他の取引所と比べて、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 特徴1:アルトコインの取り扱いが多い
  • 特徴2:IDセルフィーを行なっている
  • 特徴3:貸仮想通貨サービス

特徴1:アルトコインの取り扱いが多い

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

コインチェック(Coincheck)は、ビットコイン以外の仮想通貨をイーサリアム、リスク、リップル、ネムなど8種類も取り扱っています。

アルトコインを使って仮想通貨投資をしようと思っている方に、おすすめの仮想通貨取引所といえます。

特徴2:IDセルフィーを行なっている

コインチェック(Coincheck)では、本人確認にIDセルフィーを採用しています。

IDセルフィーとは、本人確認書類の写真と本人が同一人物かを証明するために、本人と本人確認書類を同時に撮影した写真を提出するものです。

本人確認書類だけでは、本当にその人物かを証明するのは難しいので、IDセルフィーによってコインチェック(Coincheck)は本人確認の信頼性を高めているのです。

IDセルフィーを採用している仮想通貨取引所はあまりありません。ですからIDセルフィーもコインチェック(Coincheck)の特徴のひとつに数えられます。

特徴3:貸仮想通貨サービス

仮想通貨を一定期間コインチェック(Coincheck)に貸し出します。

すると、ユーザーは、貸し出した仮想通貨に対する利息をコインチェック(Coincheck)から受け取ることができます。

仮想通貨を長期間運用しようと考えているユーザーにおすすめのサービスです。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

20歳以上の方はコインチェック(Coincheck)がオススメ

この記事のまとめ
  • コインチェック(Coincheck)は口座開設に年齢制限がある
  • 未成年者の登録は難しい可能性がある
  • 国内には未成年者でも口座開設を認めてくれる取引所がある

コインチェック(Coincheck)は、未成年には口座開設を認めていませんが、IDセルフィーを導入し、口座開設段階からのセキュリティ対策がなされているのが特徴です。

しかも、アルトコインの取り扱いが多く、貸仮想通貨サービスという独特のサービスを展開しているという特徴もあるユニークな仮想通貨取引所です。

未成年者の登録は難しい可能性があるため、未成年の方は、20歳になるのを待ってみるのもいいのではないでしょうか。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト