ネム(XEM)

ネム(NEM/XEM)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

この記事を読んでほしい人
✔ ネムの将来性が気になる方
✔ ネムの特徴や強みを詳しく知りたい方
✔ ネムで儲けようとしている方

ネムはビットコインと違う仕組みを持ったユニークな通貨。コインチェックの流出事件といったこともあり、ネムはなかなか評価されずに価格面ではイマイチでした。

ここでは、ネムの特徴や強みを踏まえたうえで、今後の展望について解説していきます。

ネムの魅力を知らない人、ネムの今後が気になる人には有益な記事です!

この記事の要約
  • 日本にはネムを扱っている取引所はまだ少ない
  • ネムは拡張性が高いので実用性が高いアップデートが期待される
  • ネムを扱う取引所が増えてくれば価格は上昇していく

これからネムに投資をするならbitFlyer(ビットフライヤー)に口座開設(無料)をする!

ネム(NEM/XEM)とは

通貨名ネム(NEM)
通貨略号XEM
公開日2015年
開発者名Utopianfuture
公式サイトhttps://nem.io/
発行上限約90億
通貨の目的企業やユーザーにとって使いやすいブロックチェーン技術の提供
国内取引所GMOコイン
Coincheck(コインチェック)
Zaif(ザイフ)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
海外取引所Bittrex(ビットレックス)
POLONIEX(ポロニエックス)
HItBTC(ヒットBTC)
YoBit(ヨービット)
Cryptopia(クリプトピア)
Binance(バイナンス)
etc

ネムが誕生したのは2015年。「New Economy Movement」の頭文字から名前がつけられました。

直訳すると「新しい経済運動」。「国や政府といった既存の経済の枠組みに縛られずに、新しい経済の仕組みを目指そう」という理念のもとに開発された暗号資産(仮想通貨)です。

ちなみにネムは「NEM」と表記しますが、通貨の単位は「XEM」が使われています。

取引の処理が速く、公開されてから投資家に90億万枚のネムを分配している通貨です。

また、ビットコインのマイニングで報酬を得るのではなく、PoI(Proof-of-Importance)という仕組みで報酬を分配していきます。後の項目で詳しく解説していきますが、ネムは他の通貨にはない特徴を持った通貨です。

ネム(XEM)の特徴

ネムの特徴や強みについて解説していきます。他の通貨と違う長所や短所があるので、しっかり把握しておきましょう。

特徴1:マイニング不要!ハーベスティングによる承認作業

ネムはすでに全通貨発行完了しているので、ビットコインのようにマイニングする必要はありません。

そのかわりに、ハーベスト(ハーベスティング)と呼ばれる承認作業によって報酬を得ることができる通貨です。

具体的には、ナノウォレットにネムを保管すると、ハーベストによる報酬を受け取る権利が発生します。あとは、取引回数が多い人ほどスコアを獲得でき、最も多くのスコアを得た人に多くの報酬が支払われる仕組みになっています。

ハーベストの利点は、使用頻度が多い人ほど報酬がもらえること。マイニングは、高性能コンピューターといった莫大な設備をそろえる巨額な資金を持っている人が有利でした。

ハーベストは、このような不公平をなくし、平等に報酬を得らえる権利を作っています。

特徴2:ビットコインの10倍の承認スピード

暗号資産(仮想通貨)の送金速度は、ブロック生成時間に比例して早くなります。ビットコインであれば約10分がブロック生成時間。取引する際には約10分かかるという意味です。

ネムのブロック生成時間はどれぐらいだと思います?約1分です!

ビットコインよりも早いといわれているライトコインでも約2.5分です。

ネムはビットコインの10倍の承認スピードを兼ね備えています。決済面では他の暗号資産(仮想通貨)よりも抜きんでた性能を持っているといえますね。

特徴3:公文書の証明にも活用可(アポスティーユ)

アポスティーユは公証機能です。日本の官公署や自治体が発行した公文書にたいして、外務から証明してもらうことをアポスティーユといいます。

国内では遺言書のような、役場での証明が必要なものネムのアポスティーユ機能で証明が可能となっています。使用方法は、ナノウォレット上で行えます。

ブロックチェーンは、改ざんが難しいので、このような重要な証明に対しての利用はピッタリです。

ネム(XEM)の将来性を期待させるポイント

ちょっと他の通貨とは違う雰囲気のネム。

過去、ネムが話題となった事例や、最新の将来性が期待されている要因をまとめました。

ネム自体に問題がないにも関わらず、2度のハッキング対象となった不遇の暗号資産とも言えます。

逆の発想では、不遇だったからこそ「ネムは過小評価」されており、2021年現在は驚異的なスピードで成長をしているとも言えるでしょう。

ポイント1:コインチェック事件以降の価格回復

2018年の1月、日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックがネムの流出事件を起こしました。被害総額は約580億円。これにより、大きくネムが売られました。

当然といえば当然ですね。ネムに懸念があって大きく売られましたが、実際にはネムのセキュリティに問題があったわけではありません。

コインチェックのずさんなセキュリティが原因で起きた事件です。2018年の11月にはコインチェックが営業再開を果たし、少しづつ事件は収縮していっている状況です。

2021年現在は、完全にネム市場は回復しており、史上最高値も更新しました。

ポイント2:取り扱い取引所が増えていく

まだまだ日本にはネムを扱っている取引所は少ないです。日本ではDMM Bitcoin、Coincheck、GMOコイン、ZaifbitFlyerが扱っていましたが、このうちZaifが2018年9月20日に約70億円もの不正流出を起こしてしまいます。

結果、当時Zaifを運営していたテックビューロ株式会社は補償のための資金援助と引換に株式会社フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所へZaifを譲渡。事業承継の手続きで長く新規口座開設を停止しました。2020年3月6日、Zaifは新規口座開設を再開しています。

ネムを扱う取引所が増えてくればくるほど、いずれは価格も上昇していくと思われます。

ポイント3:拡張性が高く実用的なアップデートが期待される

ネムは、数ある暗号資産(仮想通貨)でも拡張性が高いです。
2021年現在でも、大型アップデート「カタパルト」を目前に市場は注目されています。

カタパルトへが実装されると、1秒間に3000件から4000件の取引を処理できるようになります。分かりやすく言うと、カタパルト実装後のネムはクレジットカードと同じ処理速度です。

✓カタパルト実装前
【プラットフォーム】ネム(NEM)
【暗号資産(仮想通貨)】ゼム(XEM)

✓カタパルト実装後
【プラットフォーム】シンボル(Symbol)
【暗号資産(仮想通貨)】ジム(XYM)

カタパルトが実装されると、ネムは「シンボル(Symbol)」へと名称が変わります。取引所で購入する際は、名称がXEM→XYM(ジム)です。

アップデートと共に、ネム保有者は同量のジム(XYM)が配布されます。

オプトイン(旧暗号資産(仮想通貨)を保有していた人に対し、移行後に同量の新通貨を受け取る意志があるかの確認)がジムを受け取るのに必要です。

オプトインは、専用のウォレットから手続きを行うか、対応する取引所にネムを預けて置く必要があります。

国内取引所ではコインチェック、海外取引所ではBinanceが自動的に保有中のネムをオプトインを行うと公式で発表がありました。

ネム(XEM)の今後・将来の価格予想

nemjpy-1dコインチェックのXEM/JPY 日足チャート
ネムの目標価格
  1. 目標価格 55円
  2. 目標価格 79円~80円
  3. 目標価格 117円

ネムは、2021年も引き続き高騰し続けています。

やはり、前述したカタパルト実装へ向けた期待感が相場を押し上げていると言えるのが現状です。

直近では、ウェッジを形成しつつ「流石にここまで上がれば一旦下がるか?」といった見通しでしたが、トレンドラインを抜け、第一目標価格である55円を超えました。

下がったところで買われやすいのが現在の相場環境です。

直近の安値と高値から、テクニカルツール「フィボナッチ・エクステンション」を使い、次の高値予想を目安で計算しています。

ジム(XYM)を狙った買い圧

ネムの高騰を支える要因として大きいのは「ジム(XYM)を狙った買い圧」だと考えられます。

ネムと同量で配布されるジム、オプトインにより配布を受ける権利は100XEM以上の保有が絶対条件です。

つまり、ネムの新しい暗号資産(仮想通貨)をジムを受け取るには、新規保有者は100XEM以上を購入する必要があります。

カタパルト実装と共に暴落する可能性も

カタパルトの実装、およびジムの配布が完了した場合に暴落するリスクも警戒すべきです。

なぜなら、カタパルトとジムの配布が今の相場を支えていると考えられるからです。期待感が支える相場ですから、期待→実現となった時に売られる可能性もあります。

例えば、ジムが配布され、既に保有したネムも手元に残る場合は、いずれか一方は売り抜けても、元々保有していた暗号資産は変動しません。

一方で、ジムが取引所に上場すると同時に一定の値が付けば、安心して売りたいと考える投資家も多いでしょう。

ネム(XEM)購入におすすめの取引所

ネムは日本の暗号資産(仮想通貨)取引所でも徐々に取り扱いが増えてきています。取引所が増えるということは、流通量が増えるということです。

ぜひ今のうちに投資をして、値上がりを待ちましょう。

おすすめ1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインリスクネムベーシックアテンショントークンステラルーメンテゾス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内最高の取引高と資本力を持つ取引所です。三菱UFJやみずほの子会社といったメガバンクや大手企業が株主であるため、企業としての信用力は言うまでもありません。

ネムなど12種類の通貨を取引でき、利用ユーザーが多いことから取引の安定性は群を抜いています。取引サイトやアプリの使い方が直感的に分かるため、操作性が優れているのも特徴です。

そしてシステム改善が迅速なことから、世界一のセキュリティを誇ると発言する人がいるほど安心して利用できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産(仮想通貨)の取引になれていなかったり、取引所にこだわりがなかったりする方におすすめです。

おすすめ2位:GMOコイン

GMOコイン
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークンオーエムジーテゾスクアンタムエンジコイン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

インターネット大手のGMOグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。ネット金融に豊富なノウハウを持つグループらしく脆弱性をグループ内で逐一共有するなど、強固なセキュリティに定評があります。

ビットコインやリップル、イーサリアムなど主要な5通貨では取引所・販売所・レバレッジとどの取引形態でも投資ができます。GMOコインは、売買するだけの取引に慣れた人や無駄な手数料を払いたくない人におすすめです。

ネム(XEM)の取り扱いは2019年12月から開始をしました。同じ時期に取扱いが始まったステラルーメン(XLM)と一緒で、販売所で購入することができます。

おすすめ3位:DMM bitcoin

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱暗号資産ビットコイン
イーサリアム
ネム
リップル
ライトコイン
イーサリアムクラシック
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料 ※BitMatch取引手数料を除く)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

DMM bitcoinの販売所では、現物取引のネムを購入することができませんが、レバレッジ取引での取り扱いがあります。

ネムをレバレッジ取引の対象として考えている方にはDMM bitcoinが選択肢です。特にこれから暗号資産取引の主体となるレバレッジ取引に強いDMM Bitcoinは口座開設しておいて良いでしょう。

おすすめ4位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

2019年1月11日、みなし業者から正式に交換業登録が完了した再注目の取引所コインチェック。ネムの流出問題までは圧倒的に日本国内で利用者が多かった取引所です。

初心者にも使いやすいインターフェースが人気で、多くのユーザーが投資をしていました。不正流出の前例があるだけに不安に思う人もいるかもしれませんが、経営体制も刷新され、セキュリティ面も強化しています。

Coincheck(コインチェック)は、取扱い通貨数が多く、取引画面の操作性もわかりやすいため、さまざまな通貨を取引してみたい初心者の方におすすめです。

おすすめ4位:Zaif(ザイフ)

ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
  2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
  3. 低リスクな積立ができる

FISCO暗号資産(仮想通貨)取引所に事業譲渡をした暗号資産(仮想通貨)取引所のZaif(ザイフ)。

これまでのクリエイティブなサービスの数々に加えて、今後フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所がもたらすセキュリティの向上で期待の大きい取引所です。

実は2021年現在、世界で3番目にネムの取引高が大きい取引所でもあります。

取引ツールが他社と比較して不便な点はあるものの、流動性の高さからネムに特化して使うのがオススメです。

まとめ

この記事のまとめ
  • 日本にはネムを扱っている取引所はまだ少ない
  • ネムは拡張性が高いので実用性が高いアップデートが期待される
  • ネムを扱う取引所が増えてくれば価格は上昇していく

ネムに投資をするならbitFlyer(ビットフライヤー)に口座開設(無料)をする!

2021年は、カタパルトの実装を控え、過去最大規模の価格上昇をネムは続けています。

日本でもネムは、早い段階でビットコインと同時に決済を採用するコミュニティも存在していました。2017年以降は徐々に衰退していましたが、大型アップデートで再注目される可能性も高いです。

ネムはシンボルへ、新しいステージに進む2021年で注目すべき銘柄と言えるでしょう。

ネム(XEM)
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事