ネム(XEM)

ネム(NEM)はどこまで下がる?下落理由と上がる時期予想

損失を未然に防ぐ

この記事を読んでほしい人
✔ ネムの投資を始めようと思っている方
✔ ネムの価格が下落している原因を知りたいという方
✔ ネムの価格がこれからどうなるのか知りたいという方

ビットコインにつづいて開発された暗号資産(仮想通貨)のひとつが「New Economy Movement」、略して「NEM」というプラットフォームから生まれた、暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)

既存の経済システムに縛られない、新しい経済システムを目指すというコンセプトのもとに誕生したネムですが、今年に入ってからも下落傾向にあります。

そこで今回は、ネムの下落が続く原因は何なのか、そしてネムはこれからどうなっていくのかについてお伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • ネムの価格が下落している原因として「風評被害」「盗難されたネムの大量売却」「取り扱っている取引所が少ない」といったものがあげられる
  • ネムの価格を左右する要素として「カタパルトの実装」「ICOの普及」「スーパーノード」などがあげられる
  • ネムは「処理速度が速い」「取引コストが低い」「セキュリティが万全」といった面で将来性に期待できる暗号資産(仮想通貨)である
  • ネムの価格の下落は止まり、将来的には価格が上昇していくと予想される

ネムに投資をするなら大手で安心の「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。

ネム(NEM)が下がる原因

ネムの価格が下がり続ける原因は、何なのでしょうか。

特に大きく影響している要素を3つ、説明していきましょう。

  • 原因1:風評被害
  • 原因2:ネム売却による下げ
  • 原因3:取り扱いの取引所がまだ少ない

原因1:風評被害

2018年の1月に暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheckが不正アクセスを受けて、ネムが大量に盗難されるという事件がありました。

この事件は、コールドウォレット保管をしていなかったなど、Coincheck側のセキュリティの問題点をつかれた結果生じたもの。

決してネム自体に問題があったわけではないのですが、事件の余波を受けて価格が下がってしまったのです。

原因2:ネム売却による下げ

Coincheckから盗まれたネムですが、そのままでは犯人側も利益を得られないので、盗んだネムを売却したり、他の暗号資産(仮想通貨)と交換したりするはず。

盗難にあったネムの量は膨大なものですから、大量売却となって価格が下がってしまった可能性も指摘されています。

原因3:取り扱いのある取引所が少ない

ネムの取り扱いのある国内の暗号資産(仮想通貨)取引所は、Coincheckのほかには以下の取引所が挙げられます。

などがありますが、ビットコインやイーサリアムと比べるとそう多くはありません。

取り扱っているところが少ないということは、それだけ取引が少なくなるということ。価格が下がった時に買いに入る人が少なくなるので、価格を戻しにくくなるのです。

もしネムに投資をするなら大手で安心の「GMOコイン」がおすすめです。

ネム(NEM)は暴落しうるのか?

この記事を読んでいらっしゃる方の多くは、ネムの価格が今後も下がり続けるのかどうか、気になりますよね。

ネムは取引コストが低いうえに、処理速度の点でも優れた暗号資産(仮想通貨)。つまり、実用性が高い暗号資産(仮想通貨)とも言えるわけで、さらなる普及とユーザーの増加が期待されています。

ネムの需要が増大すれば、ネムの価格の下落は止まり、上昇に転じるのではないでしょうか。

ネム(NEM)の価格が上がる将来性

ネムは、どのような将来性を期待されている暗号資産(仮想通貨)なのでしょうか。将来性の面からネムをみつめてみましょう。

将来性1:決済面で将来有望な通貨

ネムの処理速度は、ビットコインの約10倍。処理速度が速ければ、決済にかかる時間が短く、便利になると期待されるわけです。

ネムの実用性は、他の暗号資産(仮想通貨)よりも高いので、普及が進む可能性も高いですね。

将来性2:取引コストで将来有望な暗号資産(仮想通貨)

ネムには、ビットコインのようなマイニングがありません。

マイニングが行われている暗号資産(仮想通貨)の場合、マイナーに手数料を支払わなければなりませんが、ネムの場合はその必要がないのです。

手数料を支払う必要がないぶん、取引コストも下がるので、他の暗号資産(仮想通貨)よりも将来有望といるでしょう。

将来性3:安全性の面で将来有望な暗号資産(仮想通貨)

アポスティーユという機能があります。これは、公的な第三者による証明である公証を意味する機能。

公証の重要性は契約書よりも高いので、この機能を備えるとイーサリアムのスマートコントラクトを上回る安全性を確保できると考えられています。

アポスティーユがネムに実装されれば、より安全性が高くなり、ネムの利用できる分野が拡大していくかもしれませんね。

ネム(NEM)が上がる時期

この記事のまとめ
  • ネムの価格が下落している原因として「風評被害」「盗難されたネムの大量売却」「取り扱っている取引所が少ない」といったものがあげられる
  • ネムの価格を左右する要素として「カタパルトの実装」「ICOの普及」「スーパーノード」などがあげられる
  • ネムは「処理速度が速い」「取引コストが低い」「セキュリティが万全」といった面で将来性に期待できる暗号資産(仮想通貨)である
  • ネムの価格の下落は止まり、将来的には価格が上昇していくと予想される

ネムに投資をするなら大手で安心の「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。

さて、ネムの価格が下がっている原因、そしてこれからネムの価格はどうなっていくのかについて、将来性という点から考察してみました。

ネムは処理速度が速い、取引コストが低いなど将来性が期待される暗号資産(仮想通貨)。むしろ価格が下がっている現在は、ネムの買い時であるとも考えられます。

ネムの今後の普及に期待したいという方は、今のうちにネムに投資を初めてみてはいかがでしょうか。

ネム(XEM)
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事